とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:スパ

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

さて、今日は午後のフライトでスリランカを発ち次の目的地へ移動します。なのでゲストハウスを昼過ぎに出発すればいいから午前中はのーんびり。

というわけで、前日見つけて一目惚れしたカフェ「ザ・センチュリー・カフェ/The Century Cafe」でオサレな朝ご飯といきましょう!
20181011_211822_0001
BlogPaint
↑お店は、市街地からオランダ要塞へ向かう道の途中、メインストリート沿いにあります。

これは1904年に建てられた邸宅で、ダッチコロニアルの薫りがむんむん☆

BlogPaint
↑開店とほぼ同時にお店に入ると…うおおおおおおお!なんじゃこりゃあ!!ステキコロニアル!!!

アーチの美しい白壁の店内に渋めの木家具が映えますねー。

BlogPaint
↑イケメン店員さんに促されるまま席に着き、座った位置からの眺めもこれまたステキコロニアル!

ほんのり吹き抜ける優しい風が気持ちよすぎてとも先生気絶しそう!

BlogPaint
↑メニューは写真がないものの完全英語なので注文しやすいね。ほーんのりお高めな価格設定w

BlogPaint
↑ここで朝ご飯をいただきます。フレンチトースト(650ルピー=約460円/+15%)は、ふわふわに柔らかいフレンチトーストにほんのり甘いココナツシロップがからみ、上にはぶどう、バナナ、マンゴーがたっぷり盛られています。ウマーい!

これにセイロンティーのブロークンオレンジペコ(280ルピー=約200円/+15%)を合わせるともう失神してしまいそうなオサレな朝ご飯!

BlogPaint
↑店内はそこまで広くはないのですが、写真のように「いくらでもここでゆっくりしてください」的な空間が♡

BlogPaint
↑建物裏手には系列のスパがあり、ここでトリートメントを受けることもできます。

サンドウィッチやハンバーガー、デザートメニューもあるので、朝食や軽いランチ狙いで行くのがいいですね。お時間があればぜひ行っていただきたいステキカフェです☆


店名:  ザ・センチュリー・カフェ/The Century Cafe
場所: 25 Main St, Negombo
電話: +94 312 238 097
営業: 9:00-18:00
URL: http://www.thespa.lk/

こんにちは、とも先生です。

楽しかったミャンマー年越し旅行もそろそろ終盤。夜のバスでバンコクへ戻るので、出発までラノーンをたっぷり楽しもうというわけでまず最初にやってきたのが♨温泉♨

ラーマ5世時代の1890年に発見された「ラクサワリン温泉(Raksa Warin Hot Springs)」でのんびり旅の疲れを癒しました〜


BlogPaint
↑温泉のモニュメント的な?タイの方はみんなこの前で記念写真を撮っていました。65℃は温泉の温度かな?

BlogPaint
↑源泉。熱いには熱いのですが触れないほど熱くはなく、中東系のおじさまは手にすくってお顔にぴちゃぴちゃ塗っていたのでなんか効能があるんだろうな。

BlogPaint
↑こちらは温泉プール。入場料を払って中へ入ってみましょう。

Tinidee Hot Springs
営業: 07:00-21:00
料金: 40バーツ

BlogPaint
↑さすがにダイレクトに写真を撮るのは憚られたのでちょっと遠目からパチリ。川沿いにあるリゾートちっくな温泉プールです。

BlogPaint
↑お湯は個人的にちょ〜っと熱めだったので長い時間は入れませんでした でも隣りに冷泉や水シャワーもあるので、適宜クーリングダウンしながらゆっくり楽しめますよ

BlogPaint
↑そして温泉プールの隣りには岩盤浴場が なんでもここの地下に温泉タンクがあるので床がホカホカしているそうです。冷え性の女性や妊婦さんが横になっていました。

岩盤浴場
営業: 05:00-21:00
料金: 無料

BlogPaint
↑友人たちもゴロゴロ岩盤浴。個人的にはちょっと温度が高すぎて(実は口だけじゃなくて全身猫舌)30秒も寝られなかった

BlogPaint
↑周辺にはマッサージやスパ施設もあり、吊り橋なんぞ旅情を盛り上げてくれるアイテムもバッチリ☆

ラノーン市民の憩いの場的な温泉郷なので週末はめっちゃ渋滞するようです 周辺に宿もいくつかあるし、時間があったらタイでゆっくり湯治旅行もいいですね


こんにちは、とも先生です。

なんとか無事にミャンマーへ入国し、コータウンの船着き場から送迎バスで本日のお宿へ。今日は「ビクトリア・クリフ・ホテル&リゾート/Victoria Cliff Hotel&Resort」に1泊して、翌日からの島生活に備えて身体を休めましょう。

ここはコータウン市街地から約6.5km北の丘陵に建つ、おそらく市内で一番設備の整った全40室のリゾートホテルです。


BlogPaint
↑レイクビューヴィラの客室。それほど広くはありませんが床でスーツケースを広げられるくらいの余裕は有り。

BlogPaint
↑テレビの下のキャビネット内には冷蔵庫、湯沸かしポットなどなど基本的なものは一通り揃っております。

BlogPaint
↑シャワールームは写真左手にありますが半屋外なので蚊がかなりブンブンブンブン…。トイレやシンクは清潔です。

そしてこのバスルーム…よくよく見ると壁に潰れた蚊がいくつもいくつもいくつもひっついていて…おそらく前のお客さんが蚊を潰しまくったんだと思いますがなぜか壁にひっついたまんま…ちうか掃除の時にキレイにせいや!!!まるでアート作品のようでしたが撮影は控えましたw

BlogPaint
↑部屋のテラスはかなり広めでゆったり。テラスから湖(池?)を臨みます。

BlogPaint
↑写真右手の建物はスパ&フィットネスセンターが入っています。他に最大500人対応のバンケットルームもあるので500人招待して大掛かりな披露宴も出来ますよ☆

BlogPaint
↑レストランに隣接したリゾートのレセプション。あまりにもこじんまりしすぎてて気付かなかった!w

BlogPaint
↑レストランの隣りにあるプール。小さいけど夜の雰囲気はなかなか。

BlogPaint
↑朝のプール。ほんのりとインフィニティプール仕様になっています。

BlogPaint
↑うーん気持ちのよい朝!水平線は見えないけど、なんだか心落ち着く風景です。

このミャンマーツアーは、日本語ペラペラPhyo Aung Shein(シェーン)くんの手配で実現しました!ご興味のある方はどうぞ日本語で問い合わせてみてくださいね!

VICTORIA CLIFF Hotel & Resort
No(1), Bogyoke Rd, Shwe Pyae Soe Quarter,(4mile) Kaw Thaung, Myanmar.
(+95) 092-5386-9977
victoriacliff.com

こんにちは、とも先生です。

バンコクからタイ南部のラノーンに到着し、美味しいマッサマンカレーとロティの朝食を☆ この日は午後にラノーン対岸のミャンマー領コータウンへ移動し1泊するのですが、まだまだ午後まで時間がたっぷりあるということで、ラノーン市内の「Chaoruean Spa/เจ้าเรือนสปา」でタイマッサージを受けてきました。

マッサマンカレーとロティの名店で美味しい朝食〜♪
http://tomosensei.net/archives/1063708794.html
BlogPaint


BlogPaint
↑スパ入口。看板にはThai Traditional Medicine & Herbal Product Demonstration Centreと書いてあります。

BlogPaint
↑スパレセプション。天井が高くてほんのりゴージャスな雰囲気ですが、スタッフの女性方はみなさん妙齢でほっと安らぎます。

BlogPaint
↑ロビーではシャンプーやソープ、サプリメントなどスパプロダクツ各種も販売。

BlogPaint
↑裏手にはジャグジーもありました。総合スパ施設って位置付けなのかな。

BlogPaint
↑敷地内は緑豊かで落ち着ける感じ。

肝心のタイマッサージは90分で350バーツ。妙齢のおねえさまがすっごい力でバキバキやってくれたので身体がスッキリしました。さあて、じゃあミャンマーへ行きますかー!


店名: Chaoruean Spa/เจ้าเรือนสปา
場所: Phoem Phone Rd., Bang Non, Amphoe Mueang Ranong
電話: 077-812524
営業: 10:00-19:00

↑このページのトップヘ