とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:シーフード

こんにちは、とも先生です。

ふらりとやって来たクラビですがあっという間に最終夜、まあ2泊だからね。

夕方になり天気が落ち着いてきたので、アオナンビーチまでお散歩しておひとりさまサンセット鑑賞。その後、ホテルそばの「A-Hud Seafood Restaurant」でイカ祭りディナーをしました。

観光地のレストランでねえ、酒が無かったのビックリ!

BlogPaint
↑午後は猛烈スコールだったけど夕方から落ち着いてきました。干潮の超遠浅アオナンビーチはどこまでもどこまでも地平線に向かって歩いて行けそうな遠浅具合。

BlogPaint
↑雲が出ちゃったけど、雨季の8月にしては上出来だと思うんですよこのサンセット。涼しいのでみんなお外で遊んでいます。

BlogPaint
↑イカが食べたくなったのでホテルそばのレストランで夕飯にしまーす。お客さんで賑わっていたので即入店。入口には水槽があってロブスターさんやお魚さんたちがいました。

BlogPaint
↑店内はかなり広いけどお客さんで一杯だったよー。これはディナータイムが一段落した時間の一瞬の写真。

BlogPaint
↑メニュー豊富であれもこれも食べたかったけど一人なのが悔しい!というわけでまずはカニチャーハン(100バーツ=約330円)。チャーハンがとても小さく見えるのはお皿がめちゃめちゃデカいからですw ほぐしたカニ身たっぷりで美味しー。

そして!ビール飲みたかったんだけどここハラルレストランだから酒無し!!仕方ないのでスプライト(25バーツ=約80円)!!!スプライトなんて飲むの20年ぶりかも!!!

BlogPaint
イカの塩卵炒め(140バーツ=約470円)は、プリプリのイカさんと塩卵の濃厚なコクが合わさってもうこれは酒無しで食べてはいけない逸品。包んでもらってホテルで食べてもよかったなw

お料理美味しいです!ただ繰り返し書きますがここお酒ありません!ちうか、アオナンビーチのモスク周辺のレストランは多分全部ハラルレストランなのでお酒ありません!飲ん兵衛さんは気をつけて!



店名: A-Hud Seafood Restaurant
場所: 13 Moo 2 Ao-nang Muang, Krabi Thailand 81000
電話: 075-695123
営業: 11:00-23:00

こんにちは、とも先生です。

先月、友人のお誕生日のお祝いでシンガポールへ行ってきたわけですが、お祝いディナー会場のレストランというのがまたお好きな方にはたまらない物件だったのでぜひご紹介しますね!もうね、飛行機がお好きな方にはたまりません!

今回行ったのは、シンガポール・チャンギ国際空港の本当にすぐそばにあるシーフードレストラン「徳光海鮮楼/Tekong Seafood Restaurant」です。

BlogPaint
↑お店は「チャンギ・ビレッジ」という空港そばの再開発エリアにあります。

BlogPaint
↑店内には生簀があって美味しそうな新鮮なお魚さんたちがたくさん!

BlogPaint
↑この日はお天気が良く少し風が吹いていたのでテラス席で乾杯☆ お通しのカリカリジャコ的なものにチリソースをつけて食べるとビールノンストップ!

BlogPaint
↑で、さっきからチュイーンチュイーン音がするなあと思ってふと空港の方を見たら、

見たら!

飛行機!中華航空!

着陸態勢!飛行機が目の前っ!

そうだ!ここ!空港のそばだった!


BlogPaint
↑まさか飛行機を目前で愛でながらお料理がいただけるだなんて♡ 蒸し海老もいつもと一味違うね☆

BlogPaint
↑お酒のアテ的な貝さんたちがやってきましたよ。奥のはスパイシーな味付けの赤貝みたいの。手前の貝は「ゴンゴン」という巻貝。串でクルっと回すようにして中身をほじくってタレつけていただきます。味が濃くて美味しい〜!

BlogPaint
↑おおっと!今度はシンガポール航空のA380が来たー!でも、とも先生のカメラ望遠レンズじゃないし飛行機の撮影テクなんてないからなんだかピントが合わない!w

BlogPaint
↑これはお魚を蒸したもの。とても上品な白身でまるで自分も上品になったような味わい。

BlogPaint
↑これは細かく刻んだ青菜と卵を炒めたもの、だったかな。

BlogPaint
↑これは鳩のロースト。小さくて身は少ないんだけど、味がめっちゃ濃い!旨味たっぷりでこれもお酒がすすみそう☆

BlogPaint
↑そろそろ日没に近づいてきましたがまだまだ撮るよ。次はスリランカ航空ー!

友人と航空会社当てっこしながら飲むお酒は格別です。


BlogPaint
↑鴨のローストは濃いめの味付けでご飯が欲しくなるーけどガマン。

BlogPaint
↑イカフライは衣にスパイスがピリッと効いていて美味しい☆

BlogPaint
↑羊さんのカレー炒めはもう間違いようのないご飯のオカズ。シーフードレストランだけど肉料理も美味しいよう。

BlogPaint
↑〆としてミーゴレン(シンガポール風焼きそば)を。辛くはなくてマイルドな味付けなのでするする飲めますw

友人カップルに車で連れて行ってもらったので公共交通でのアクセスはわからないのですが、空港の本当にすぐそばなのでタクシーでちゃっと来れそうな感じ。近くには海浜公園もあってお散歩によさそうですよー。



店名: 徳光海鮮楼/Tekong Seafood Restaurant
場所:
電話:
営業: 11:30-14:30/17:00-23:00
WEB:

こんにちは、とも先生です。

ギリ・トラワンガン初日の夕飯は〜夕飯は〜何食べよ〜。

島に来たんだからやはりここはシーフードでしょ!というわけで、船着き場そばの「ナイトマーケット/Gili Trawangan Night Market」へやって来ました。

まさかまさかの三日三晩!ここで!毎晩魚やイカやエビを貪りました!w

BlogPaint
↑夕方から徐々にお店がオープンするよ。このキラキラが子どもの頃の祭りの夜を思い出させてなんだか興奮してくるんだよね。

BlogPaint
↑マーケットの端っこに獲れたての魚を売るコーナーがあったので見学。魚、イカ、エビ、カニ、貝などなど。せっかく新鮮なんだから氷を敷けばいいのにねー。

BlogPaint
↑ここでBさんに魚の目利き&値段交渉をしてもらって、カマス、大イカ、エビの盛り盛り海鮮セット(400,000ルピア=約3,280円/ご飯やチリソース込み)をオーダー。もうこの時点で3人で完食は無理かな、と予想w

BlogPaint
↑選んだシーフードがBBQになって出てくるまでしばし待機。写真右の緑の飲み物はアボカドジュース。インドネシアはアボカドが安い&バンバカ獲れるのでジュースにしてよく飲みます。

BlogPaint
↑さあさあまずはカマスさん焼き上がり!表面はかなり焦げ焦げだけど、中はほっくりいい塩梅の焼き加減で美味しい!

BlogPaint
↑そしてエビさん焼き上がり!これは殻ごとバリバリ食べてしまうくらい美味しかったよ。

BlogPaint
↑そして大イカさんも焼き上がってテーブルの上はあっという間に満漢全席!食べきれなくてホテルへお持ち帰りするくらいの大ボリュームでした!

BlogPaint
↑ナイトマーケットには、シーフードBBQだけではなく他にもいろいろな料理が売っています。これはナシ・チャンプル(Nasi Campur)という、さまざまなおかずをご飯と一緒に盛り合わせるインドネシア料理。

欧米人観光客に合わせて辛さは控え目なのでチャレンジしやすいかも。


BlogPaint
↑とも先生はこんな感じで。おかずはナスの煮物、インゲンとココナッツのサラダ、テンペ(インドネシアの大豆発酵食品)の炒めたの、春巻き。どれもマイルドな味付けで野菜たっぷり。ナシ・チャンプル(20,000ルピア=約170円)

結構量があるのに安いので、バックパッカー系の方たちはみなさんこれ食べてました。


BlogPaint
↑そしてナイトマーケットにはなんとデザートの屋台も!インドネシアの伝統的なお菓子や洋風のケーキなどが並んでいて美味しそう!

BlogPaint
↑芋とココナッツのお菓子、ココナッツ団子、ブラウニーなど、お菓子ひとつ(5,000ルピア=約40円)とリーズナブル。お味は…やはりここはインドネシアなのでインドネシアのお菓子が一番美味しかったw

BlogPaint
↑ナイトマーケットでは並ぶ魚が日替わりなので毎日見ても楽しい☆

BlogPaint
↑というわけで、2日目も3日目も夕飯はこのようなシーフードBBQを満喫したのでした。贅沢だよねえ!

一人だと食べられる量が限られるからBBQの注文は難しいけど、家族や友人グループなどで行った時はぜひ一度試してみてください!ただ値段交渉はしっかりとね!


こんにちは、とも先生です。

バリ島旅行初日。今回一緒に旅をする友人カップルK&Bとサヌールのホテルで無事に合流したので、バリ島半在住のH姐と在住数十年のAさんも誘って夕飯へ出かけました。

バリ島で食べたいものは山のようにあるのですが、まずは在住時代からお世話になっている、デンパサール・セセタンにある「ムティアラ/Mutiara」へ。

このお店、インドネシア料理を出すワルン(食堂)でもあるし、日本食もあるし、酒のアテが豊富な居酒屋でもあるし、お店のカテゴリー表記が難しいのでムティアラとだけ書いときます。一般的に呼ばれている店名は「イカンバカール(焼き魚)・ムティアラ」かな。

BlogPaint
↑お店はデンパサールのJl. Raya Sesetan(ラヤ・セセタン通り)沿いにあるのですが、ビッとしてバッとした看板がないのでちょっと分かりにくい…。初めて行く場合は、バリ島在住のお友達やダイビングショップの方に連れて行ってもらうのが確実ですー。

BlogPaint
↑店内はシンプルな食堂風ですが、それが気安い雰囲気でとても居心地がいいんです。お客さんはバリ島在住の日本人がかなり多いかと。

BlogPaint
↑メニューはすべて写真付きで、インドネシア語と日本語で書いてあるので注文がとても簡単。お値段もどれもお手頃でうれしくなっちゃう☆

BlogPaint
↑今夜は旅の初日なので祝い酒ー!まずはインドネシアのビンタンビール(30,000ルピア=約240円)で乾杯!大瓶でこの値段って今時めちゃめちゃ安い!

BlogPaint
↑では酒のアテをバンバン注文しましょー。まずはアジ刺身(15,000ルピア=約120円/写真は3人前)。バリ島でお刺身???って思う方もいますが、かなりイケるんですよー。

BlogPaint
↑これはトコブシのボイル(30,000ルピア=約240円/写真は2人前)。柔らかく旨味たっぷりのトコブシはお酒にぴったりー!

BlogPaint
焼き餃子(15,000ルピア=約120円/写真は2人前)はニラがたっぷりでうまうまー。ビールに合う合うw

BlogPaint
↑これはTempe Tumis Kecap(13,000ルピア=約110円)というインドネシア料理。テンペという大豆発酵食品を揚げて甘辛く炒めたもので、辛いけど後を引く美味しさ。

BlogPaint
↑そしてこれがお店の自家製からすみ(25,000ルピア=約200円)。ねっとりとチーズのような濃厚なコクと旨味が口の中一杯に広がります。これで延々と呑めちゃう☆

BlogPaint
イカフライ(22,000ルピア=約180円)はイカぷりぷりの衣サクサクで間違いのない美味しさ。

BlogPaint
↑これはちょっと珍しい鯛の天ぷら(25,000ルピア=約200円)。淡白な白身の天ぷらはお塩でいただく他に…↓

BlogPaint
↑…このサンバル・マタ(12,000ルピア=約100円)を付けて食べると美味しさ倍増!これは、唐辛子、レモングラス、エシャロット、にんにくなどを刻んで、発酵エビペーストやバリのレモンで仕上げた辛旨サルサ。なんにでも合う魔法のサルサ♡

BlogPaint
↑これはイカンバカール・アサムマニス(75,000ルピア=約610円)という、グリルした丸ごとの魚にタマネギベースの甘酸っぱいソースをたっぷりかけたもの。

BlogPaint
↑まだまだガンガン食べますよー。次は中トロ刺身(35,000ルピア=約290円)。プレゼンテーションはとてもシンプルなんだけどしっかり中トロ、焼酎飲みたいなーw

BlogPaint
↑これはマグロ刺身(25,000ルピア=約200円)。たまーに切り方が?ってな時もあるけどお値段考えたら上等上等!

BlogPaint
イカの甘酢炒め(22,000ルピア=約180円)。これはちょっとタレが甘いかなー。でもイカがぷりぷりで美味しい。

BlogPaint
↑もういっちょイカ行きましょうイカ姿焼き(15,000ルピア=約120円)。これも先ほどのサンバル・マタを付けて食べると辛旨ー!

BlogPaint
↑そろそろ〆に取りかかりますネギトロ丼(25,000ルピア=約200円)。雪だるまのような衝撃的なビジュアルですが!w スプーンで崩しながらいただきます、美味しいよ。

BlogPaint
↑これは中華風インドネシア料理のYi Fu Mie(23,000ルピア=約190円)。日本でいうところのかた焼きそばですが、たっぷり野菜の餡がさっぱりでモリモリいけちゃうw

BlogPaint
↑最後の本〆はこちら!自家製からすみのチャーハン(24,000ルピア=約200円)!!こ、これは!すんげえ旨すぎる!美味しくないわけないじゃん!折り詰めにしてホテルへ持ち帰りたいレベル!

お店の場所が観光エリアから外れているためなかなか気持ち的に行きにくいのですが、どれも安くて美味しいですよ。バリ島滞在中にお時間があればぜひー☆


店名: レストラン・ムティアラ/Restoran Mutiara
場所: Jl. Raya Sesetan No.296B, Denpasar Selatan
電話: 0361-724775
営業: 12:00-22:00(日曜休)
WEB: http://www7b.biglobe.ne.jp/~mutiara/index.html

こんにちは、とも先生です。

タイ深南部、ナラティワート滞在2日目。午前中にホテルへチェックインしたものの、Wifiがなかなかつながらず設定に時間がかかり気がついたらもうお昼!

お腹が空いたので外へ出かけまーす。

何食べようかなー☆と迷うほど選択肢のないナラティワートなので、ガイドブック掲載の「マンコーン・トン/Mangkorn Tong」へ行ってみました。川沿いの気持ちの良いレストランでしたよ。

BlogPaint
↑お店はPhupapakdee通り沿い、看板と丸い中華風エントランスが目印です。

BlogPaint
↑お店へ入ってどんどん奥まで行くと川を臨む開放的な空間。写真左の階段を下りて行くと川に浮かぶフローティング棟へ行けますが、とも先生はここがいいや。

BlogPaint
↑暑いけどほーんのり風が吹くので寝ちゃいそうになるくらい気持ちいい!

BlogPaint
↑ここはタイ&中華&シーフード料理って感じのお店ですね。メニューには英語表記もあるので注文しやすいのがうれしー。

BlogPaint
↑いつもはビールなのですがこの時はなぜか冷たい水モードw ウマい!

BlogPaint
↑イカ好きのとも先生はもちろんイカをいただきます。イカチャーハンにイカのヤム(スパイシーなサラダ)。どちらもイカがぷりぷり新鮮で美味しかった☆ お会計(200バーツ=約660円)

BlogPaint
↑このお店の無料Wifiがホテルのより速かったので、しばらく風に吹かれながらのんびりさせてもらいました。

一人でもいいけど、何人かで行ってワイワイいろいろ注文するのがよさげな店だね☆



店名: マンコーン・トン/Mangkorn Tong
場所: 433 Phupapakdee Road, Narathiwat
電話: 073-511835
営業: 10:00-22:00

↑このページのトップヘ