とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:シンガラジャ

こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島北部2泊3日おひとりさま旅行。

シンガラジャに、コロニアル建築の建物を利用したレストラン/ワルン(食堂)があるという事前収集情報を元にバイクで探しまくったらありました!バリ島にまだこんなステキなしかも現役の建物が残っていただなんて感激!!

「デポット・サリ・ミナ/Depot Sari Mina」は、魚のスープやBBQが人気のローカルレストランです。
BlogPaint
↑この建物は1912年にオランダ植民地政庁によって高官の住居として建てられたそうです。

お店は芝生の広い敷地内にあり、少し奥まったところに建物があるので通りからはほとんど見えませんw ただ通り沿いに大きめの看板が出ているので迷うことはないと思いますよ。

これがワルン(食堂)だなんて!信じられない!ステキコロニアル!

BlogPaint
↑軒先の看板は小さくてかわいいねw

BlogPaint
↑うおおおおおお!!!これがワルン(食堂)ってか!!!ステキすぎて漏れそう!!!

BlogPaint
↑なんだ!この!ステキ風景は!これ、コロニアル「風」建築ではないんですよ!ほ・ん・も・の!

BlogPaint
↑英語無しインドネシア語オンリーのメニュー。値段が書かれていないのがちょっと怖いのですが、まあボッタくられることはないでしょう。魚のスープや魚のBBQが人気だそうですが、そんなにお腹が空いていないので別のお料理を。

BlogPaint
ソーダ・グンビラ/Soda Genbira(10,000ルピア=約80円)は、イチゴシロップと練乳をソーダで割って飲むインドネシアのドリンク。とっても甘いのですが、ソーダの爽快感で意外と美味しいんです☆

BlogPaint
ナシゴレン・ブレレン/Nasi Goreng Buleleng(15,000ルピア=約120円)は、鶏肉がゴロゴロ入ったバリ島北部風のチャーハン。さっぱりとした薄味で美味しいけど…すっごく大盛りw

BlogPaint
↑午後遅い時間に行ったので他にお客さんはおらず、食後は敷地内をウロウロして写真バッチンバッチン撮りましたw 建物の裏手もまた変に改装しておらず当時の雰囲気が残るステキな風景でした。

地元でも人気のお店みたいです。通常の観光旅行でシンガラジャへ行くことはまずないと思いますが、もし!もし行く機会があれば、ぜひ寄ってみてください!


店名: デポット・サリ・ミナ/Depot Sari Mina
場所: Jl. Ngurahrai No.5, Banjar Tegal, Kec. Buleleng, Kabupaten Buleleng, Bali
電話: +62 852-3914-9911
営業: 10:00-22:00

こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島北部おひとりさま2泊3日旅行。

州都デンパサールに次ぐバリ島第二の街シンガラジャ/Singarajaには、1849年にオランダの植民地政庁が設置された歴史から古いコロニアル建物が数多く残っています。今回はバイクでブンブンブンと街中を走り、興味のあるコロニアルをバッチンバッチン撮ってきました!
BlogPaint
↑道はキレイだし交通量も少ないのでとっても走りやすいよ。たまにポツポツ雨が降り出したりお天気が良くないのが残念だけど。

BlogPaint
↑街中には古い建物がたくさん、しかもそのほとんどが商店だったり民家だったり現役!

BlogPaint
↑コロニアルじゃない建物も古臭くてお好きな方にはたまらない風情。

BlogPaint
↑これはJembatan Belanda/オランダ橋という、その名の通りオランダ植民地時代に建てられたアーチ状の橋です。横に新しい大きな橋があるため、現在は歩行者用の橋として利用されています。

BlogPaint
↑オランダ植民地時代に建てられたシンガラジャ港湾事務所の建物は、現在Museum Soenda Ketjilという博物館になっています。

BlogPaint
↑残念ながら行った日は休館日で中に入れず…。

BlogPaint
↑ここはRumah Sakit TNI ADという病院ですが、かなり古いコロニアル建築をそのまま利用しています。

BlogPaint
↑この古い建物は、19世紀後半に建てられたKamar Bola/ボールルーム(ダンスホール)。当時はシンガラジャの貴重なナイトスポットとして人気があったそうです。現在は孤児院として利用されていますが、建物の老朽化がひどいため一刻も早い修復が必要です。

他にもまだまだたくさんあるのですが全部載せたらきりがなくなるのでwここいらへんで。



こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島北部おひとりさま2泊3日の旅。

ロビナビーチのゲストハウスにチェックインしたらすぐにバイクを調達して、約7km離れたシンガラジャの街へブンブンブン。街中にはお好きな方にはたまらない古い建物が点在しています。
Puri Mandhara Guesthouse Lovina
http://tomosensei.net/archives/1071187908.html
いろいろ走り回ったらお腹がペコペコなので、シンガラジャ名物のシオバッ/Syobak(Siobak)に挑戦!
BlogPaint
↑シオバッっていう料理の存在は知っているしおそらく一度くらいはどこかで食べた記憶があるのですが…本場は初めて!

BlogPaint
↑シンガラジャの街中にはいくつかシオバッ屋さんがあったので、バイクでチェックしながら一番入りやすそうな「Aye Syobak」というお店へ。

BlogPaint
↑午後遅めの時間だったので店内にお客さんはいなかったけど、持ち帰りのお客さんがバイクでひっきりなしにやって来ます。

BlogPaint
↑とも先生はシオバッにご飯とオレンジジュースを付けたシオバッセット(30,000ルピア=約240円)を。注文を受けてから、お店のおばあちゃんがトントントンとお肉を刻んでくれたよ。

BlogPaint
↑これはもともと華人によってもたらされた中国由来のお料理で、揚げたり蒸したりした豚のさまざまな部位(豚バラ、皮、内蔵など)を盛り合わせて、八角の効いた甘辛ソースをかけた料理。本場で食べたのは初めてだよ!んまい!

このソースの味に好き嫌いが分かれるみたいだけど、それは多分八角の香りのせいかね。とも先生は八角大好きなので美味しく瞬食ペロリーヌ☆ シンガラジャまで行かなくてもデンパサールにならシオバッ屋さんあるかな。もし見かけたら一度お試しをー!


店名: Aye Syobak
場所: Jl. Surapati No.38, Kp. Baru, Kec. Buleleng, Kabupaten Buleleng, Bali
電話: +62 819-9992-6965
営業: 7:30-21:00


こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島旅行。この日はウブドからプラマ社のツーリストバスを利用して「ロビナビーチ/Lovina Beach」へ。バリ島北部おひとりさま2泊3日ツアーへ出発です。
Perama Tour & Travel
https://www.peramatour.com/
初めてバリ島へやって来た時(20年以上前w)からあるツアー会社で、当時はめためたにオンボロバスだったけど今はどうなんだろう?
BlogPaint
↑ウブドのオフィス(バス発着場)はプンゴセカン通りにあります。


BlogPaint
↑メールや電話での予約もできますが、出発の前日に直接オフィスで申し込むのが確実。

BlogPaint
↑とも先生は前日にロビナ行きのバスチケット(125,000ルピア=約990円)を購入。追加で15,000ルピアを払うと、宿泊ホテルまでお迎えに来てくれます。

BlogPaint
↑出発当日。荷物が多かったのでホテルまで迎えに来てもらいオフィスへ。11:30発のバスですが、接続便との兼ね合いで出発が1時間近く遅れるようです。

ツーリストバスを利用する方はのんびり旅行だと思うので大丈夫でしょうが、多少の遅れも考慮に入れてスケジュールを組むと精神衛生上楽ですよw

BlogPaint
↑12:30になって乗るバスがやって来ました。車内はシートがみっちりで狭いけど新しいよ。

BlogPaint
↑この日は朝からお天気。のどかな風景を楽しみながらけっこうな速度でバスは走ります。

BlogPaint
↑13:45、バリ島中部のブドゥグルのオフィスに到着。ここで降りる人やここから乗り込む旅行者もいます。

BlogPaint
↑そしてウブドを出発してから約2時間半、午後15:00にロビナのプラマ社オフィスに到着。

オフィス敷地内にホテルがあり、泊まることもイルカウォッチングなど各種ツアーを申し込むこともできますが、とも先生はすでに近所の別のホテルを予約済だったのでスルー。バスの到着に合わせてオジェッ(バイクタクシー)のお兄ちゃんも何人か待機しているので、必要に応じて交渉してからどうぞ。

また、ブドゥグル〜ロビナ間はバリ島北部の街シンガラジャを通るので、事前に運転手さんに話しをしておけばシンガラジャで降りることもできますよ。



こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行はいろいろな用事を兼ねてインドネシア周遊。

ほぼリアルタイム的な旅をちょこちょこアップしていきまーす。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

4月16日(月)

今日からウブドを離れ一路北へ向かいます。バリ島北部というとロビナビーチが有名ですが、とも先生の目的地はシガラジャ/Singarajaという古くから交易で栄えた港町。州都デンパサールに次ぐバリ島第二の街で、1849年にオランダの植民地政庁が設置された歴史から、街中には古い建物が数多く残っています。

BlogPaint
↑まずはPerama社のツーリストバスでロビナビーチへ。ウブドからロビナまでのバスチケット(125,000ルピア=約970円)。このバスに乗るの10年ぶりかもwww

BlogPaint
↑バスは一時間遅れてウブドを出発しましたが、のどかな風景を楽しみながら約2時間30分でバリ島北部のロビナに到着。

BlogPaint
↑ロビナのゲストハウスにチェックインしたらすぐにレンタルバイク(60,000ルピア=約470円)を調達して、約7km離れたシガラジャの街へ。街中にはお好きな方にはたまらない建物が点在しています。

とも先生、シガラジャ市内をバイクでかけずり回り、おばあちゃん世代に聞き込みしまくって、事前調査で狙っていたオランダ統治時代の某施設跡を発見することができました♡ 詳しくは後日発行予定のKIndle書籍でご紹介しますね。

BlogPaint
↑取材しまくったらお腹がペコペコw シガラジャ名物のシオバッ/Siobakで遅めのランチをいただきます。これは揚げたり蒸したりした豚のさまざまな部位を盛り合わせて、八角の効いた甘辛ソースをかけた料理。本場で食べたのは初めてだよ!んまい!

BlogPaint
↑無事にシガラジャ取材を終えたので、ロビナビーチまでバイクを飛ばしておひとりさまサンセットを楽しみます。波のほとんどない穏やかな海はほんのり水鏡。

明日はまた移動日だよwww 今夜は近所のビーチバーで軽く飲んだら早めにおやすみなさいします。



↑このページのトップヘ