とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ショッピング

こんにちは、とも先生です

先月、友人のお誕生日をお祝いするためにシンガポールへ行ってきました。バースデイパーティーのために国際線フライトに乗るだなんて日本にいたら考えられないんだけどw 東南アジアを網の目のように飛ぶLCC各社の低価格運賃のおかげだよ☆

今回は、シンガポール在住の友人に連れて行ってもらったスーパーのLCC「バリュー・ダラー/Value Dollar」をご紹介します。

シンガポールにももちろん100円ショップのダイソーがあって、ひとつ2シンガポールドル(約160円)で売っているのですが、ここバリュー・ダラーはなんと1シンガポールドル(約80円)! ダイソーより安いじゃん!
BlogPaint
今回はバスに揺られて、郊外のSembawang Shopping Centreへやって来ました。オーチャード通りでは感じられないローカル感あふれるエリア。

BlogPaint
↑お店は…「$1」の大きな値札があちこちにあるのですぐに分かりますねw

BlogPaint
↑店内にはお菓子、乾物、調味料、日用品などが陳列されています。ここはお菓子コーナーですがどれもひとつ1ドル!中にはお土産になりそうな箱入りのお菓子もあって、時間をかけて物色してみたーい!

BlogPaint
↑こちらは各種お茶コーナー。普通のスーパーではなかなかのお値段で売っている商品もなぜかここでは1ドル!別に賞味期限が近づいているとか箱が壊れているとかではありませんよ、なぜ1ドル?w

BlogPaint
↑陳列商品は基本1ドルですが、一部商品は2ドル以上、そして逆に2個で1ドルというお値打ち商品もあり。

BlogPaint
↑今回購入したのは、ロシア産リプトンのマンダリンオレンジグリーンティー。これ、シンガポールの普通のスーパーではひとつ5ドル近かったんです。それがここでは1ドル!

商品によってはめちゃめちゃお得にお買い物ができるので、お土産探しはまずバリュー・ダラーでチェックしてからスーパーへ行くのがいいかもしれませんね!

ただ…残念ながらこのお店…シンガポールの中心部には店舗がないみたいで、旅行滞在中に観光エリアで見つけるのは難しいかも。というわけで、以下サイトから調べてみてくださーい。

Valu Dollarを運営するRadha Exports社サイト
http://www.radhaexports.com/

店名: バリュー・ダラー/Value Dollar

こんにちは、とも先生です。

ムクダハンのホテルにチェックインして少し休憩したら、ムクダハンの街中を少し歩いてみます。初めて訪れる街だしね、興味津々。

ガイドブックに載っていた「インドシナ・マーケット/Indochina Market」のある川沿いまでてくてくお散歩しよう。

BlogPaint
↑ホテルスタッフのお兄さんがとても優しくて「マーケットは午後3時から、ホテルを出たらこの道を真っすぐ行ってください」と、英語で丁寧に教えてくれたおかげで迷子にならずw

BlogPaint
↑噴水のあるロータリーを越えてさらに歩くよ。バンコク以上に歩道がきちんと整備されているのでとっても歩きやすい!

BlogPaint
↑ホテルから約1km、15分ほどでマーケットらしきところへ到着。もう少し歩いて川まで行ってみよう。

あ、このそばに「ワット・シーモンコン・タイ/Wat Sri Mongkol Thai」という寺院があります。とも先生写真撮るの忘れちゃってw

BlogPaint
↑メコン川に到着!もう夕方17時だけどまだ暑い〜。

BlogPaint
↑メコン川を臨む展望台的場所があったので川へ。対岸がもうラオスのサワンナケートだよ。川一本で国が変わるなんて、日本人的にはそれだけで胸がワクワクするね。

BlogPaint
↑まだ西陽がキツいということもあってか人影はまばら…もう少し涼しくなってからみんな外に出てくるのかな?

BlogPaint
↑それでもお店は開いているので通りを歩いてみよう。

BlogPaint
↑ガイドブックには「ベトナム陶器、ラオスのコーヒーやお茶、中国の雑貨などが並び…」なんて書いてあったけど、お店のほとんどが乾物&お菓子屋みたいだな。

BlogPaint
↑あとバカでかいタライやステンレス?用品のお店がほとんどだったよ。観光客にはなかなかハードルの高い店構成だw

BlogPaint
↑せっかくなのでバンコクの友達にお土産を。右がベトナム製のフルーツチップス、左がタイ製のアワビ味のビスケット。3つでお会計(100バーツ=約330円)

もう一度繰り返す、アワビ味のビスケット

アワビの磯臭をなかなか再現している甘いビスケットでした!

どちらかというと嫌がられるお土産!


BlogPaint
↑さて、さっきから気になっていたのですが、川沿いに等間隔でなんやこんな建物が…近づいてみると…。

BlogPaint
↑ん?…地下街?ん?…とりあえず下りてみよう。

BlogPaint
↑どうやらここは地下マーケットのようです。地下マーケットって書くとなんだか怪しいけどねw地上のお店と同じ構成のお店が数件営業していました。

同じ商品なら、地上のお店よりこの地下のお店のほうが安かったよ。

BlogPaint
↑今日は特に予定も無いしムクダハンの観光スポットも特に無いしで、日が落ちる前に夕飯を食べることにしました。

でも、ホテルの周辺にパッとしたレストランを見つけることができなかったので、美味しそうなお粥の屋台へ〜。


BlogPaint
↑ピータン、塩卵、しいたけの甘煮、揚げワンタン、豚挽き肉、豚ソーセージ、豚レバー、生姜、青ネギといった具がてんこ盛りの中華粥(50バーツ=約170円)

胃に優しくてお腹も一杯!簡単だけど満足ディナーでした。


BlogPaint
↑そしてホテルの部屋で暮れ行くムクダハンの街を眺めます。

ムクダハンは特に魅力的な観光スポットは無さそうだけど、のんびりしたい時にまた1泊で来てもいいかなって思いました☆


こんにちは、とも先生です。

トルコ旅行7日目。

今日はイスタンブールの2大バザール「グランドバザール」「エジプシャンバザール」へ行ってみます。バザール大好き!市場大好き!マーケット大好き!

昨日は丸1日かけてイスタンブールの主要観光スポットをモリモリ巡ったので少々疲れてしまいましたw 今日からは少しペースを落としてお散歩を楽しみたいと思います。

BlogPaint
↑ゆっくり朝食を楽しんでから午前10時頃にふらふらホテルを出発。今日もいい天気でとてもうれしい。

BlogPaint
↑写真を撮りながら20分ほど歩くとグランドバザールのどこかの入口に到着。バザールの入口はいくつもあるようですが、各入口で必ずセキュリティチェックを受けます。

BlogPaint
↑あ、もう、混雑しすぎることもなく適度な活気がステキ♡ バザール内には4,000軒以上のお店が入っているんだって。こりゃ迷子になっちゃうね。

BlogPaint
↑ここは典型的なトルコ土産屋さんかな。

BlogPaint
↑布地(ショール?)を売るお店もたくさん。

BlogPaint
↑銀製品のお店はディスプレイがピカピカで目を引くよね。

BlogPaint
↑トルコの食器屋さんだ。

BlogPaint
↑と、一目惚れした品があったので値段も聞かずに瞬殺で2個購入。トルコカップ(44リラ=約1,320円/2個)

このカップ、軽くてとても手になじむので、バンコクに戻って来てからも毎日使ってます。

BlogPaint
↑さあ、ステキなカップが買えたので次のバザールへ行ってみよう。途中の道もなんだか活気があって歩いているだけで楽しいよ。

BlogPaint
↑グランドバザールから15分ほど歩いてエジプシャンバザールへ到着。ここは多分裏口。

BlogPaint
↑エジプシャンバザール内部。グランドバザールよりも新しくてキレイでこじんまり。

BlogPaint
↑美味しそうなトルコ菓子の店や

BlogPaint
↑総合土産店のようなお店もあり。純粋にお土産を探すならグランドバザールよりエジプシャンバザールのほうが買い物しやすそう。

BlogPaint
↑エジプシャンバザールを出ると「シュミット」というトルコパンの屋台が。この屋台は街のいたるところにあるので、みんな大好きなんだろうね。

BlogPaint
↑そしてこのシュミット、スーパーで売っているシュミット用チーズと一緒に食べると倍の倍でドン!ってくらいに美味しいのでした。

さて、次は新市街の方をまたお散歩してみよう。


こんにちは、とも先生です。

12月に行ったカンボジアのアンコール遺跡。ツアーで立ち寄った土産店です〜!

H.I.S.の現地オプショナルツアーに参加しました。
「アンコールワット、アンコールトムと夕日鑑賞。終日観光(昼食/夕食付き)」
http://tomosensei.net/archives/1063327267.html
BlogPaint
↑午前の観光を終え、昼食前に立ち寄ったのが「アンコールクッキー」というお店。

BlogPaint
↑実はこのツアーの前日にスーパーでお土産のクッキーをたくさん買ってしまったんですね。だからここに来ても買う物がなくって…店内が混んでいたこともあって店内写真ありません

とりあえずここはクッキー屋さんなので、クッキーがたくさんありましたおしまいw


BlogPaint
↑H.I.S.のツアーでここに立ち寄ると、冷たいマンゴーシェイクが1杯もらえます。甘さ控え目で美味しかった〜。

BlogPaint
↑すべての観光を終えて夕食会場へ向かう前に訪れたのが「カンボジア・ティータイム」というお土産もの屋さん。

BlogPaint
↑ここはカンボジアのお菓子だけではなく、雑貨、Tシャツ、布製品、伝統工芸など、いろいろな物が置いてある総合店でした。

BlogPaint
↑このクロマー(カンボジアの伝統布)は5ドル。市場で買えばもちろんもっと安いと思いますが、日本人好みの色合いの一定以上の品質の品をこれだけ揃えているんだからここで買ってもいいかなあ、と。

BlogPaint
↑店内はお客さんがたくさんいましたが、伝統工芸コーナーはガラガラ…。

どちらのお店も日本人経営ということで、日本語の話せるカンボジア人スタッフが必ずいますし、行った日は日本人の方(オーナー?スタッフ?)が自ら接客していました。

市場で値切り交渉に疲れたり変なものつかまされるくらいだったら、こういうお店で買い物してもいいかな〜と思います。

こんにちは、とも先生です。

12月に行ったカンボジアのアンコール遺跡。初めてのカンボジア旅行だったので、スーパーでちょこちょこお土産を買いました。

BlogPaint
↑市内のラッキーモールスーパーでいろいろ買ってみました。残念ながら特に「これっ!」っていうのはないねカンボジア土産は。

ラッキーモール/Lucky Mall
http://tomosensei.net/archives/1063327230.html


BlogPaint
↑これはカンボジアのカレーパウダー。アモックというココナツミルクカレーとクメールカレーの2種類(各1.4ドル)。薄くてかさばらないのでこれはお土産にいいかも、ただし料理をする相手にねw

BlogPaint
↑これはマンゴー味のクッキー(1.7ドル)。中身は手焼き風の素朴なクッキーが10枚入っていてアンコールワットの刻印が。味はマンゴーがフワッと香ってサクサク美味しいフルーティなクッキーでしたよ。箱もコンパクトでこれもお土産にいいかも。

BlogPaint
↑これはお土産というか…お土産じゃないんですけど…。以前インドネシアに住んでいたものでついインドネシアのインスタント麺が恋しくて思わず買ってしまいましたw おとなりのドリンクは脂肪を分解するというゴーヤ茶w

いやあ、海外のスーパーは見るのも楽しいし、お土産を探すのも楽しいですね☆

↑このページのトップヘ