とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:シュノーケリング

こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行でやってきたインドネシアの「ハッタ島/Pulau Hatta」。あの有名なウォーレス線を発見したイギリスの博物学者であり生物地理学の父、アルフレッド・ウォーレスが

「世界で最も美しい海」

と絶賛したバンダネイラの海を、シュノーケリングで満喫しました☆
BlogPaint
↑ハッタ島2日目の朝はこんなにお天気〜♪ 島のビーチは北側なので朝日も夕日もほとんど見られないんだけど、でもみんな早朝からお散歩しているよ。

BlogPaint
↑部屋のテラスで朝ご飯食べ終わってちょいと休憩していたらもう目の前のビーチがピカピカになってさ!

BlogPaint
↑うれしくて興奮して、思わず一眼デジ持ったまま海に入っちゃったよ! 危ない危ないw やっぱりお天気じゃないとこの海のキラキラ感は出ないよね!

BlogPaint
↑というわけでシュノーケリングマスクとフィンをレンタル(50,000ルピア=約390円)して早速部屋の前のビーチからエントリー。

部屋から2分でこの景色!!!w

BlogPaint
↑ここまでキレイな海だとGoPro必須ですよね!忘れたら悲しいだけじゃ済まないよ。日射しが強いので着衣のままシュノーケリングです。欧米系のお客さんはみんなラッシュガード持ってる。

BlogPaint
↑マスクしながらうっとりため息の連続。

BlogPaint
↑ハッタ島の特徴は、ビーチからエントリーしてちょっと泳ぐだけですぐにドロップオフなの。特に危険生物もいないし潮の流れも穏やかだし、沖まで行かなければ安心して楽しめます。

BlogPaint
↑アンボンからやってきたというインドネシア人ファミリーもカメラ片手に大興奮!しばらく一緒にシュノーケリングを楽しみました。

BlogPaint
↑遊び疲れたらバンガローに戻って休憩、お昼ご飯食べたらまたシュノーケリング、めっちゃ贅沢〜☆

BlogPaint
↑この日も雲が多かったけどなんとかほんのりサンセットを拝むことができました。

1週間くらいこの島でのんびりしたいところだけど、この後バリ島旅行も控えているし、明日はバンダネイラに戻りまーす。


こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行でやってきたインドネシアのバンダネイラ。とってもステキな島なのですが、今日はボートに乗って他の島へ2-3泊しに移動します。

目指すは「ハッタ島/Pulau Hatta」

電波が届かないからスマホが使えなくて、電気も夜の数時間だけという秘境感あふれる小さな島ですが、美麗海のシュノーケリングやダイビングで最近人気が出てきている注目のディスティネーション♡

ただ…ハッタ島へ行くローカルボートは週2便のみ…それ以外はチャーターするしかないそうで、とも先生はどうしようどうしようと困っていたのですが、バンダネイラで泊まったホテルのオーナーABBAさんが「今日ホテルの日帰りシュノーケリングツアーでハッタ島行くから一緒に乗っていきなよ」と言ってくれたのでお言葉に甘えることに。
BlogPaint
↑シュノーケリングツアーのみなさんと一緒に港までてくてくお散歩。とも先生はハッタ島に泊まるので荷物が重たいぜw

BlogPaint
↑この日のツアーは、スペイン、オランダ、フランスのご夫婦だったり家族だったり総勢9名。午前10:00に港を出航しましたが…天気良くないよねw

BlogPaint
↑とりあえず波は穏やかなのでシュノーケリング開始!うおおおおおお!キレイなんだけど!買ったばかりのカメラの使い方がよく分かってなくって写真がほとんど過剰な青!w

BlogPaint
↑前もって撮影の練習少しでもしとけばよかった!通常モードと水中モードの違いってなんだよ!でも海はメタメタにキレイ!

BlogPaint
↑かなり興奮しながらシュノーケリングを楽しんでいたんだけど!気付いたらお空が地獄の前触れのように悪い色になってきたよ!

BlogPaint
↑吹く風も少し冷たくなってきたので、まだお昼ちょい過ぎだけどハッタ島へ上陸することに。

BlogPaint
↑とも先生はハッタ島に宿泊するので、ハッタバンガローのビーチフロント部屋にチェックイン!

だがしかし!雨がかなり降って来て波もほんのり荒くなってきたので、日帰りツアーのみなさん帰るに帰れずしばしバンガロー雨宿り休憩。

とも先生のバンガローのテラスにみんな集まって、ツアーのお弁当食べてお茶飲んでおしゃべりして雨が止むまで過ごしたよ。

でも…天気はどうしようもないけど…せっかく海に来たし晴れてほしいなあw



こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行はいろいろな用事を兼ねてインドネシア周遊。

ほぼリアルタイム的な旅をちょこちょこアップしていきまーす。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

4月4日(水)

昨夜は深夜の大雨がなかったからか静かで、のんびり8:00過ぎに波の音で目覚める。
テラスへ出るとめっちゃお天気!うれしい!海キレイ!やはり海は天気じゃないとな!

ハッタ島/Pulau Hattaの宿の朝食
↑朝食は、黒糖パン、黒糖シロップ入りもっちり米粉クレープ、パパイヤ、朝から炭水化物たっぷりだけどwどれも美味しくて完食。

ハッタ島/Pulau Hattaはビーチからすぐでこんな海!
↑洗濯をしてから午前中は部屋の前の海でシュノーケリング。ビーチエントリーで数メートル入っただけでこんな感じ!めっちゃキレイ!

アンボンから旅行でやって来たインドネシア人グループもみんな「キレイキレイ!」ってはしゃいでたよ。

ハッタ島/Pulau Hattaの宿はほとんどビーチフロント
↑ランチ後、午後は気が向いたらシュノーケリングして疲れたら休憩して、昼寝して、気が向いたらまたシュノーケリングして、の繰り返し。贅沢だね。

ハッタ島/Pulau Hattaの夕陽
↑2日目の夕陽はバッチリ!

ハッタ島/Pulau Hattaの宿の夕食
↑19:00からの夕飯は、魚ハンバーグ、人参入りのパンケーキ、野菜スープにご飯。やっぱり島だから魚が美味しいけど、お肉大好きな人には毎食魚は辛いだろうなあ…。

ハッタ島は2泊の予定なので明日バンダネイラに戻りたいんだけど…でも船があるかなあ。



こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行はいろいろな用事を兼ねてインドネシア周遊。

ほぼリアルタイム的な旅をちょこちょこアップしていきまーす。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

4月3日(火)

今日も明け方ものすごい雨音に起こされて、うつらうつらしながら8時に起きて外を見るが雨がしとしと…。

今日はどうしようかなあ…バンダネイラからハッタ島に移動しようと思っていたけどやっぱりやめようかなあ…なんて細々荷物を片付けているとオーナーがやって来て「ハッタ島行くんだろう?10時に出発するから!」と一言。

Cilu Bintang Estateの朝食
↑火山ビューの部屋ってそんなにないよねw

10時出発というので9時過ぎに火山を愛でながら優雅に朝ご飯を食べていると、ガイドさんがチラチラととも先生の部屋にやって来てはやんわりと急かしてくる。どうしたのかと思ったらもう出発時間だってw オーナーと現場が全然つながってないじゃんw

9:30にホテルをチェックアウトして、ハッタ島へスノーケリングツアーへ行くグループに便乗させてもらうことに。

10:00港出発。バンダネイラからハッタ島まではボートで約1時間~1時間半。今日は波は穏やかだけどやはり雲が厚い。

ハッタ島/Pulau Hattaでシュノーケリング
↑ハッタ島少し沖合のシュノーケリングポイント。

最初、ハッタ島で降ろしてもらってからシュノーケリング開始って聞いていたんだけど、沖のポイントで1時間ほどシュノーケリングしてからハッタ島へ上陸すると言われとも先生船酔いが船酔いが。とりあえず酔い覚ましに海へドボン!

ハッタ・バンガロー/Hatta Bungalow
↑ハッタ・バンガロー/Hatta Bungalow

シュノーケリング後、ハッタ島に上陸しとも先生は近くのバンガローにとりあえずチェックイン。簡素な造りだけどどこもこんな感じだし、三食付きのビーチフロントだからこれ以上文句ゆってはいけない。

雨がなかなか止まず、ツアーの人たちはとも先生のバンガローを休憩所にしたのでそれまでわい荷物を開けることもできず辛いw

15:00にやっと雨が弱くなったのでツアーの人たちはバンダネイラに帰り、とも先生は雨が止まないのは仕方ないから傘さして島内お散歩。

ハッタ島/Pulau Hattaの集落
↑ハッタ島の集落はどこもお花を植えていて区画整理もされていて美しい。

集落の中をうろうろうろ。とりあえずみんな挨拶すると笑顔で返してくれるのでうれしい。途中コロニアルをひとつだけ発見、じいちゃんばあちゃんに聞いたらオランダ時代のものだと。

くもりでちと残念だったハッタ島/Pulau Hattaの夕陽
↑バンガローに戻り一人で夕陽。曇りだからパッとしないが。

ハッタ島/Pulau Hattaの宿の夕飯
↑島のご飯は魚が基本。

19:00の夕飯は部屋のテラスに運ばれて来た。揚げ魚のサンバル炒め、ミーゴレン(焼きそば)、野菜スープ、ご飯、バナナ。典型的な島のごはん、焼きそばがおかずの一品になっているのはインドネシアならでは。これからずっと魚料理が続くんだろうなー。

島を目指してきたのに、本とか時間つぶしアイテム持ってくるの忘れたw 明日から少し運動しよう。



こんにちは、とも先生です。

パキスタン旅行3日目。今日は朝から一日現地ツアーに参加します。

パキスタンでの観光アクティビティというと、砂漠や岩山を越えての遺跡巡りや、北部での登山・トレッキングなどを一般的にイメージされると思います。しかし、アラビア海に面する南部カラチでは、なんとマリンスポーツを楽しむこともできるんです!

今回は、パキスタン人向けの現地スノーケリングツアーに参加した一日の様子と、当地のマリンスポーツ事情について少し書きますね。


<今回参加したツアー会社>
Karachi Water Sports Club
http://www.kwsc.pk/


・基本スノーケリングツアー / 3,500ルピー(約3,500円)
・スキューバダイビング追加 / +1,500ルピー(+約1,500円)
*送迎、ボート、マスク、フィン、ライフジャケット、おやつ、昼食込み。

*スキューバダイビングは器材込み。

*スノーケリングツアーは冬期の週末と祝日のみ催行。事前にカラチの銀行にツアー代金を振り込まなければならないので、海外から参加希望の場合はまずツアー会社に要問い合わせ。あと必ず自分で十分な海外保険に加入しておく必要があります。
BlogPaint
↑この日は指定出発場所に朝7時集合だったので、朝6時に起きて眠い目をこすりながらKさん家の車で送ってもらいます。外まだ暗いしとにかく肌寒い!

BlogPaint
↑出発場所であるウスマニアレストラン前に到着。週末の朝ということもあり車も人影もまばら。

BlogPaint
↑今日はこのコースターに乗って行くそうです。思っていたよりも立派な車で安心。

BlogPaint
↑他のツアー参加者を待っている間に目の前を牛さんの大名行列がw

BlogPaint
↑アフガニスタンから来たと思しき小さな子どもは、朝からお父さんの手伝いでゴミ箱から売れそうな物を探しています。

…しかし1時間待っているのにツアー車出発する気配無し…もうこれ以上寒さに震えながらストリートウォッチングしたくないんですけどw

BlogPaint
↑何かトラブルが起きたんだか知らないけど、ツアー会社のおにいちゃんたちがあーでもないこーでもないとオタオタしていたおかげで、参加者を乗せた車は8時過ぎにやっと出発、埃っぽいカラチ市内を抜けて郊外へ走ります。

BlogPaint
↑途中でおやつが配られました。マンゴージュース、ピーナッツクッキーにカップケーキ。遠足みたいでうれしいね。

パキスタンはイギリスに統治されていた関係で、クッキーやケーキなどの焼き菓子が美味しい。安い市販のお菓子ですら侮れないんですよ。


BlogPaint
↑車は市内を抜け荒涼とした大地を走り続けます。

BlogPaint
↑そして午前10時にボート出航場所であるサンヘラビーチ(Sunhera Beach)に到着。雲ひとつない良い天気!

BlogPaint
↑ビーチには観光用のラクダさんが待機。一体誰が乗るんだよー、と思っていたら意外とパキスタン人のお客さんが多くてビックリw

BlogPaint
↑このビーチでお手洗いに行ったり着替えたりいろいろな準備を済ませたら、ツアー会社のおじさんからスノーケリングやダイビングの説明を受けます。

基本的に会話はすべてウルドゥ語ですが、パキスタンの方はかなりの確率で英語もできるので特に心配はないでしょう。


BlogPaint
↑さあ今日みなさんが乗るボートはこちらですドン!

素船!!!


BlogPaint
↑さすがのパキスタン人もちょっとドン引きしていたものの、これしかボートはないのでみんな大人しく乗り込みます…。

BlogPaint
↑午前11時。ボート初心者がどう優しく見てあげても人間過搭載なボートで出発!沈まないことだけを祈ります。

BlogPaint
↑生まれて初めて見ましたパキスタン人のダイビングインストラクター!たぶん本業は漁師だろうけど!

BlogPaint
↑しばらく進むと、穏やかな波の向こうに現れたのは!

本日目指すチュルナ島(Churna Island)!緑豊かなトロピカルアイランドかと想像していたらただのハゲ山じゃん!大丈夫かおい?

BlogPaint
↑お昼過ぎ、やっと目的地であるチュルナ島に到着しました。キャッキャはしゃぐパキスタン人の脇を通り抜けさっさと海に入るよー!

BlogPaint
↑ドボンッ!水温はちょい低めー!そして初めて分かったこと。

アラビア海の水はめちゃめちゃ塩辛い!!!

タイやインドネシアとは比べ物にならない塩っぱさ!!!

なんでだ?!


BlogPaint
↑海の透明度はなかなか、ただお水がグリーン系なので美しく映えないのが残念。

BlogPaint
↑他のツアー参加者はガイドさんの案内で岩山を登っているよ。どうやら崖から海へ飛び込む「クリフダイビング」ってやつ。

BlogPaint
↑写真には写っていないけどお魚さんもたくさんいたよ。

BlogPaint
↑まさかアラビア海でスノーケリングできるだなんてw バンバカ記念撮影。

BlogPaint
↑追加料金を払った参加者はオプションの体験スキューバダイビング開始。

でも、この写真どこかおかしくありません?わかる?

みんな服来たまま潜るんだよ!!!

イスラム教国だしむやみに肌出したらイカンのはわかるけどー!!!


BlogPaint
↑着衣ダイビングの人たちが戻ってくるまで船上待機。時間帯にもよるだろうけど、潮の流れがほとんどないのがスノーケリングにはうれしいところ。

BlogPaint
↑午後2時半。ボートはチュルナ島を出発して本土へ戻ります。パキスタン人は泳ぎに慣れている人が少ないからか、船酔いする人もけっこう多くて帰りはみんなこんな感じでグロッキー。

BlogPaint
↑あと少しで陸地だぞー!みんな頑張れー!

BlogPaint
↑午後3時半。陸に戻り、濡れた服を着替えてからお待ちかねのランチタイム!ランチは大きな鍋で炊いたほかほかのビリヤニだって!

BlogPaint
↑とも先生のむっちり豊満ボディを見たおじさんは、これでもかという山盛りチキンビリヤニをくれましたw

お肉はほろほろで柔らか、ビリヤニの炊け具合もバッチリだし味も本当に美味しくて夢中で完食。


BlogPaint
↑そして帰りは少し渋滞に巻き込まれたものの、夕方6時半にカラチ市内到着。降りた場所で運転手さんが待っていてくれたのでそのままお家へ帰りました。

いやあ、あまりにも衝撃的(笑撃的)な一日だったので、ビックリしたことを箇条書きにしてみますね↓

<パキスタンでできるマリンスポーツ>
スクーバダイビング、スノーケリング、ジェットスキー、ヨット、サーフィン。

<マリンスポーツを取り扱うツアー会社>
南部カラチに数社。

<主な客層>
自家用クルーザーを保有するまではいかないけどお金はあるよ、っていう中流よりちょい上のパキスタン人という印象。

<パキスタン人は泳げるのか?>
基本的に学校にプールは無いので、ホテルのプールに通えるような富裕層の子女だけが水泳の練習をする機会に恵まれる。そして、漁業で生計を立てている一部のパキスタン人以外は海に入ったことが無い!

<パキスタン人のマリンスポーツの楽しみ方>
スノーケリングやダイビングで泳いだり魚や海中世界を楽しむというよりは、海に入ってお水ちゃぷちゃぷで十分楽しい〜♡ってレベル。

<パキスタンでのダイビングについて>
パキスタンにはPADIなどの団体組織は一切無いので公認インストラクターなどいません。逆に言うとCカードなくてもお金さえ払えば好きなように潜らせてくれると思います!w そしてタンクは使い回し!器材も痛んでそうなのを修理しながら使ってたよ!

<ツアーに参加したい?>
できたら、10人ほど集めてクルーザーを1日チャーターしちゃうのが一番快適で何より安全だと感じました。現地ツアー参加はかなり覚悟してくださいねw




↑このページのトップヘ