とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:シオバッ

こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島北部おひとりさま2泊3日の旅。

ロビナビーチのゲストハウスにチェックインしたらすぐにバイクを調達して、約7km離れたシンガラジャの街へブンブンブン。街中にはお好きな方にはたまらない古い建物が点在しています。
Puri Mandhara Guesthouse Lovina
http://tomosensei.net/archives/1071187908.html
いろいろ走り回ったらお腹がペコペコなので、シンガラジャ名物のシオバッ/Syobak(Siobak)に挑戦!
BlogPaint
↑シオバッっていう料理の存在は知っているしおそらく一度くらいはどこかで食べた記憶があるのですが…本場は初めて!

BlogPaint
↑シンガラジャの街中にはいくつかシオバッ屋さんがあったので、バイクでチェックしながら一番入りやすそうな「Aye Syobak」というお店へ。

BlogPaint
↑午後遅めの時間だったので店内にお客さんはいなかったけど、持ち帰りのお客さんがバイクでひっきりなしにやって来ます。

BlogPaint
↑とも先生はシオバッにご飯とオレンジジュースを付けたシオバッセット(30,000ルピア=約240円)を。注文を受けてから、お店のおばあちゃんがトントントンとお肉を刻んでくれたよ。

BlogPaint
↑これはもともと華人によってもたらされた中国由来のお料理で、揚げたり蒸したりした豚のさまざまな部位(豚バラ、皮、内蔵など)を盛り合わせて、八角の効いた甘辛ソースをかけた料理。本場で食べたのは初めてだよ!んまい!

このソースの味に好き嫌いが分かれるみたいだけど、それは多分八角の香りのせいかね。とも先生は八角大好きなので美味しく瞬食ペロリーヌ☆ シンガラジャまで行かなくてもデンパサールにならシオバッ屋さんあるかな。もし見かけたら一度お試しをー!


店名: Aye Syobak
場所: Jl. Surapati No.38, Kp. Baru, Kec. Buleleng, Kabupaten Buleleng, Bali
電話: +62 819-9992-6965
営業: 7:30-21:00


こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行はいろいろな用事を兼ねてインドネシア周遊。

ほぼリアルタイム的な旅をちょこちょこアップしていきまーす。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

4月16日(月)

今日からウブドを離れ一路北へ向かいます。バリ島北部というとロビナビーチが有名ですが、とも先生の目的地はシガラジャ/Singarajaという古くから交易で栄えた港町。州都デンパサールに次ぐバリ島第二の街で、1849年にオランダの植民地政庁が設置された歴史から、街中には古い建物が数多く残っています。

BlogPaint
↑まずはPerama社のツーリストバスでロビナビーチへ。ウブドからロビナまでのバスチケット(125,000ルピア=約970円)。このバスに乗るの10年ぶりかもwww

BlogPaint
↑バスは一時間遅れてウブドを出発しましたが、のどかな風景を楽しみながら約2時間30分でバリ島北部のロビナに到着。

BlogPaint
↑ロビナのゲストハウスにチェックインしたらすぐにレンタルバイク(60,000ルピア=約470円)を調達して、約7km離れたシガラジャの街へ。街中にはお好きな方にはたまらない建物が点在しています。

とも先生、シガラジャ市内をバイクでかけずり回り、おばあちゃん世代に聞き込みしまくって、事前調査で狙っていたオランダ統治時代の某施設跡を発見することができました♡ 詳しくは後日発行予定のKIndle書籍でご紹介しますね。

BlogPaint
↑取材しまくったらお腹がペコペコw シガラジャ名物のシオバッ/Siobakで遅めのランチをいただきます。これは揚げたり蒸したりした豚のさまざまな部位を盛り合わせて、八角の効いた甘辛ソースをかけた料理。本場で食べたのは初めてだよ!んまい!

BlogPaint
↑無事にシガラジャ取材を終えたので、ロビナビーチまでバイクを飛ばしておひとりさまサンセットを楽しみます。波のほとんどない穏やかな海はほんのり水鏡。

明日はまた移動日だよwww 今夜は近所のビーチバーで軽く飲んだら早めにおやすみなさいします。



↑このページのトップヘ