とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:コロニアル建築

こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行はいろいろな用事を兼ねてインドネシア周遊。

ほぼリアルタイム的な旅をちょこちょこアップしていきまーす。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

4月16日(月)

今日からウブドを離れ一路北へ向かいます。バリ島北部というとロビナビーチが有名ですが、とも先生の目的地はシガラジャ/Singarajaという古くから交易で栄えた港町。州都デンパサールに次ぐバリ島第二の街で、1849年にオランダの植民地政庁が設置された歴史から、街中には古い建物が数多く残っています。

BlogPaint
↑まずはPerama社のツーリストバスでロビナビーチへ。ウブドからロビナまでのバスチケット(125,000ルピア=約970円)。このバスに乗るの10年ぶりかもwww

BlogPaint
↑バスは一時間遅れてウブドを出発しましたが、のどかな風景を楽しみながら約2時間30分でバリ島北部のロビナに到着。

BlogPaint
↑ロビナのゲストハウスにチェックインしたらすぐにレンタルバイク(60,000ルピア=約470円)を調達して、約7km離れたシガラジャの街へ。街中にはお好きな方にはたまらない建物が点在しています。

とも先生、シガラジャ市内をバイクでかけずり回り、おばあちゃん世代に聞き込みしまくって、事前調査で狙っていたオランダ統治時代の某施設跡を発見することができました♡ 詳しくは後日発行予定のKIndle書籍でご紹介しますね。

BlogPaint
↑取材しまくったらお腹がペコペコw シガラジャ名物のシオバッ/Siobakで遅めのランチをいただきます。これは揚げたり蒸したりした豚のさまざまな部位を盛り合わせて、八角の効いた甘辛ソースをかけた料理。本場で食べたのは初めてだよ!んまい!

BlogPaint
↑無事にシガラジャ取材を終えたので、ロビナビーチまでバイクを飛ばしておひとりさまサンセットを楽しみます。波のほとんどない穏やかな海はほんのり水鏡。

明日はまた移動日だよwww 今夜は近所のビーチバーで軽く飲んだら早めにおやすみなさいします。



こんにちは、とも先生です。

プノンペンからツーリストバスに揺られてやってきたカンボジア南部の街カンポット/Kampot。お昼ご飯を食べて落ち着いたので街中をお散歩してみることにします。
カンポット名物のイカ胡椒炒めがウマウマ
http://tomosensei.net/archives/1070012531.html
特に観光スポットもなく落ち着いた佇まいの小さな街カンポットには、フランス植民地時代に建てられたコロニアル建築がたくさん残っていました。
BlogPaint
↑古いフレンチヴィラを利用したプチホテル「Hotel La Java Bleue」。本当はここに泊まりたかったんだけど満室だったんだよう…。

BlogPaint
↑ショップハウスはオサレなバーやカフェになっていて、一軒ずつのぞいてみるのも楽しいよ。

BlogPaint
↑川沿いは遊歩道になっていて、地元の人たちがおしゃべりしたりお弁当食べたりのなごみ処。日中は暑いけどねw

BlogPaint
↑なんかほんのり春っぽい色の花が咲いていたのでパチリ。

BlogPaint
↑ここはかなり古そうだけど…洗濯物が干してあるから民家なのかな。1泊でいいからホームステイさせて欲しい。

BlogPaint
↑川沿いにあるこのフレンチヴィラはキレイに改修されています。どうやら団体のオフィスみたいだね。

BlogPaint
↑バイクと自転車、歩行者専用の細い橋「Entanou Bridge」もフランス植民地時代に築かれたもの。

BlogPaint
↑橋の上から夕陽を楽しんでいたら、すぐ下をクルーズ船が通りました。船上からサンセットを楽しむツアーみたい。

まだまだたくさん写真はあるんだけど、延々とコロニアル写真載せてもアレなのでw ここらへんで。

さあ、今夜は何食べようかな、たまには洋物イこうかな。


こんにちは、とも先生です。

プノンペンからツーリストバスに揺られて約150km、カンボジア南部のカンポット/Kampotという小さな街へやってきました。
ツーリストバス「Giant Ibis」でプノンペンからカンポットへ
http://tomosensei.net/archives/1070012500.html
フランス植民地時代の古い建物が多く残るこの街には、古いフレンチヴィラを改装して営業しているホテルが何軒かあって、直前の予約でも部屋が空いていた「ボコール・マウンテン・ロッジ/Bokor Mountain Lodge」に1泊しますウフフ。
BlogPaint
↑写真右側の建物がホテル。中心部にあり手前がすぐ川なので立地はかなり良いです。

BlogPaint
↑1階はレストランになっています。川沿いのステキなフレンチヴィラを利用したホテルなのに1泊2,000円以下ってどんだけコスパいいんだよ!

BlogPaint
↑レストランのレジがホテルのフロントも兼ねています。

このホテルにはオーナーかスタッフと思しき欧米人男性が二人働いていました。ここには1泊しかしませんでしたが、朝も昼も夜も常にどちらかを見かけたので、常駐しているのかなあ。

その割にはチェックインなどめちゃくちゃ雑で、予約バウチャーはもちろんパスポートも名前も確認しないで予約とは別のカテゴリーの部屋の鍵を渡されたりwww

BlogPaint
↑リバービューのお部屋。コロニアル建築らしく天井がとても高いです。ただ…部屋のランプだとか、掃除具合だとか、エアコンの効きだとか、いろいろな部分のメンテナンスがあまりされていないみたい。

BlogPaint
↑お部屋から見える外の景色。電線の束がなければもっといいんだけど仕方ないね。

BlogPaint
↑室内にはテレビと冷蔵庫もありますが最後まで冷蔵庫は動きませんでしたw

BlogPaint
↑バスルームは久しぶりに「すっごいの」を見てしまったのでモノクロにしてぼかしていますw いや…常にバックパック旅行をしている若い人なら大丈夫なのかな…とも先生的にはちょっとうーんと考えてしまうレベルでした。

BlogPaint
↑共用部分のコリドールはとてもステキで、ずっとここで読書をしているエスプリもいたよ。

このホテルなあ…コロニアルな建物はとてもステキだし雰囲気もいいんだけど…欧米人オーナーの管理が全然行き渡っていない印象。もう少し宿泊代金が高くなってもいいので、ぜひここらでキレイに改修していただきたいところです。

近所の他のコロニアルホテルはすぐに満室になったのに、ここだけ直前でも部屋が空いていた理由がわかったよwww


名称: ボコール・マウンテン・ロッジ/Bokor Mountain Lodge
場所: Riverside road, Kampot, Cambodia
電話: +855 17 712 062
FB: https://web.facebook.com/Bokor-Mountain-Lodge-144038359056919


こんにちは、とも先生です。

初めてやってきたカンボジアのプノンペン。軽いランチを済ませたら、本格的に市内観光に出発だよ!午後は「東洋のパリ」と呼ばれた市内のコロニアル建築を見て歩くよ!
コロニアルな麺食堂でサクッと軽ランチ
http://tomosensei.net/archives/1070012458.html
ベトナム、ラオスと共に「フランス領インドシナ」としてフランスの統治下にあったカンボジア。街には今でもエスプリの効いた建物が残っておりまして、これがまたとも先生の大好物。心ゆくまで堪能します☆
BlogPaint
↑プノンペンのリバーサイドエリアには多くのレストランやバー、ホテルが建ち並んでいるのですが、けっこうな建物がコロニアル。

BlogPaint
こちらはFCC「Foreign Correspondents' Club(外国人記者クラブ)」で、現在はホテルとレストランバーになってます。

BlogPaint
↑せっかくステキな建物なのに高い塀で中が見えないじゃないか!と思ったら、この建物は現在ユネスコのオフィスだそうです。そりゃ気軽に中を見せてはくれなそうだね…。

BlogPaint
↑色を塗り直しはしたもののどっしり重厚なステキコロニアル、プノンペン中央郵便局。現役の郵便局なので、中で普通に郵便業務やってます。

BlogPaint
↑これは1905年に建てられた当時のホテルなのですが、とってもステキな建物なのですが!表に看板が付けられてしまって台無し!なんだよSA◯SUNG!!

BlogPaint
↑市内をふらふら歩くだけで好きな風景が目に飛び込んできます。永遠に彷徨い歩きたいw

BlogPaint
↑プノンペン犬。ただの犬なのですが、気難しい顔をしていたのがかわいくて思わずパチリ。

BlogPaint
↑1930年代にフランスによって建てられた中央市場はアールデコ建築のステキ空間。冷房なんてないのに絶妙に通り抜ける風は設計当初からのもの?

この他にもたくさんのコロニアルがあったのですが、あまりにも数が多いのでここでは主だったものだけにしました。でもどんどん取り壊されたり改装されたりで、コロニアル建築が急速に減っていますね。早いうちにヤンゴンにも行かなくちゃ!w

さ、あまりにも歩きすぎたらお腹が減ってきちゃいましたw なんか食べよー。


こんにちは、とも先生です。

今日はプノンペン丸々一日観光の日。午前中、なんだか様子のおかしい市内観光を体験してしまったのでなんだかもう胸がいっぱいではあるんだけど、お昼もとっくに過ぎているし小腹も減っているのでなんか食べよう。
トゥクトゥクに乗ってプノンペン観光したよ
http://tomosensei.net/archives/1070012446.html
というわけで、ホテルのそばにとってもステキなコロニアル建築があって、1階がレストラン「ヌードル・ハウス/Noodle House」になっていたので軽くランチしました。
BlogPaint
↑お店はリバーサイドから1ブロック入ったところにあります。クリーム色の建物に緑の窓が目印。

BlogPaint
↑建物が細長いので店内も細長い。天井がものすごく高いんです。

BlogPaint
↑コロニアル建築を利用したお店なので、てっきりおされカフェやフレンチレストランを想像していたのですが、なんとここは麺食堂。バラエティ豊かな世界の麺料理がいただけます。

BlogPaint
↑まずはビールで乾杯☆アンコールビール(1.8ドル=約190円)。カンボジアはレストランでも缶ビールでの提供が多いね、なんでだろう。

BlogPaint
↑せっかくなのでカンボジアのクメール・ヌードルカレー(3.5ドル=約370円)をいただきます。コクのあるレッドカレーススープの中に、鶏肉、インゲン、タマネギ、ジャガイモがたっぷり。

BlogPaint
↑麺は押し出しの米麺なのでさっぱりモチモチで美味しいよ。

BlogPaint
↑カジュアルな麺食堂だけど、高い天井と入口のアーチがステキだなあ。

お料理を目当てに行くようなお店ではないけど、場所がいいので観光の合間にサクッとどうぞ☆


店名: ヌードル・ハウス/Noodle House
場所: 32A Street 130, Phnom Penh, Cambodia
電話: -
営業: 11:00-23:00


↑このページのトップヘ