とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:コロニアル建築

こんにちは、とも先生です。

備忘録振り返り旅行記インドネシア・クパン編

*すべて2011年3月当時のお話ですので軽く流してください。


アロールからクパンに戻って来たとも先生は、空港からバイクタクシーを捕まえて早速ビーチ沿いのホテル「Maya Beach Hotel」へチェックイン。ビーチ沿いって言ってもリゾート感はゼロなんだけどねw
BlogPaint
↑海を臨むローケションばっちりのホテルなんだけど部屋の窓ガラスが割れてるwww

BlogPaint
↑2011年当時、クパンの街はまだ開発が進んでいないためかどこかのんびりとしていて、建物はどれも古く地味ではあるけどお散歩するのがとても楽しい街でした。

BlogPaint
↑ティモール島におけるオランダ植民地時代の中心都市であったことから、市内にはコロニアル建築がいくつか残っています。

BlogPaint
↑この建物もかなり古そうだけど未だ現役のお店として利用されています。

BlogPaint
↑海沿いのシリワンギ通り(Jl. Siliwangi)にも古い建物がたくさん。廃墟のままほったらかしのものもかなりあって、きちんと整備したら観光客呼べそうなのにね。とも先生的にはこのままがいいけど…。

BlogPaint
↑日没とともにナイトマーケットが始まるよ。シリワンギ通りは屋台とテーブルで埋め尽くされ活気が満ちあふれてきます。

BlogPaint
↑この日のディナーはLele Goreng(揚げナマズ定食)にJus Alpukat(アボカドジュース)。上品な白身のナマズにはサンバル(チリソース)をたっぷりつけて美味しくいただきました☆




こんにちは、とも先生です。

雨季始めの5月にふらりと行ってきたプーケット1泊2日。

今回は「雨季、おひとりさま、たった1泊」ということで、ビーチエリアではなくプーケット県庁所在地のプーケットタウン/Phuket Townに滞在してみました。
オールドタウンのコロニアルなゲストハウス「RomManee Classic Guesthouse」
http://tomosensei.net/archives/1071402456.html
かつて錫の産出と貿易で栄えたプーケットには、周辺地域から影響を受けた古いコロニアル建築(この表現が適切かどうかはさておき)が多く残っているということで、これはもうお散歩するしかないでしょ!
BlogPaint
↑到着初日はあいにくの雨模様…。写真左の建物は、1914年に建てられた「プロムテープ時計塔」。数年前にキレイに塗り直されてテーマパークっぽくなりましたがw 右の古い建物は現在プラナカン博物館として利用されています。

BlogPaint
↑プーケットタウンのホンダショップの建物もかなり古いなあ。Google翻訳使ってショップの人に尋ねたらめちゃくちゃ古いらしいけど、もしかして昔は2階部分もあったんじゃね?と思わせるどっしりとした造り。柱がとてもステキだよ。

BlogPaint
「プーケット郵便切手博物館」は1932年に建てられたプーケット初の郵便局の建物を利用したもの。ザンザン振りの雨で訪問が遅い時間になってしまったため残念ながらすでに本日の営業終了…。

BlogPaint
↑ちょっとした路地の奥にも洋館がひっそり建っていたりプーケットタウンすげえ!

BlogPaint
↑2日目は朝からお天気なのでモリモリお散歩!オールドタウンエリアはすべて徒歩で観光できるのがうれしいよ。

BlogPaint
↑古いショップハウスもキレイに塗り直されて、絶好の写真スポットとして各国からの旅行者に大人気。

BlogPaint
↑交差点の角にある古い建物…この角の丸いところに住んでみたいと思った人はとも先生だけではないはずw

BlogPaint
↑これは「Thai Hua Museum」という博物館。1911年に建てられた中国語学校の校舎を利用しています。館内も欧中折衷コロニアルみたいでなかなか雰囲気良し。

まだまだたくさんのコロニアルがあったのですが、数が多すぎてここには載せきれないやw

別にプーケットタウンに泊まらなくてもプーケットの各ビーチから半日日帰りでサクッと行けますが、古い建物を利用したステキプチホテルも何軒かあるので1泊してみても楽しいと思うよ!
Thai Hua Museum

Read more at: http://www.phuket.com/attractions/phuket-thai-hua-museum.htm?cid=ch:OTH:001
Thai Hua Museum on Krabi Road is one of the best looking and well-maintained Sino-Portuguese buildings in Phuket. This recently renovated building was at one stage a Chinese-language school. These days it is used as a museum, exhibition space and an occasional function hall. In 2008, the Thai Hua Museum was given an award in the category of constitutional and public buildings by the Siam Architect Association under the King’s patronage for its outstanding role in conserving architectural arts.

Read more at: http://www.phuket.com/attractions/phuket-thai-hua-museum.htm?cid=ch:OTH:001
Thai Hua Museum on Krabi Road is one of the best looking and well-maintained Sino-Portuguese buildings in Phuket. This recently renovated building was at one stage a Chinese-language school. These days it is used as a museum, exhibition space and an occasional function hall. In 2008, the Thai Hua Museum was given an award in the category of constitutional and public buildings by the Siam Architect Association under the King’s patronage for its outstanding role in conserving architectural arts.

Read more at: http://www.phuket.com/attractions/phuket-thai-hua-museum.htm?cid=ch:OTH:001



こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島北部おひとりさま2泊3日旅。

オランダ植民地時代に避暑地として開発されたバリ島北部高原の小さな村ムンドゥック/Mundukは、冷涼な気候と豊かな自然、そしてコロニアルな建物が残る興味深いエリアでした。晴れたと思ったら雨が降ってきたりと天候がコロコロ変わる典型的な山気候でしたが、コロニアル探しを中心に周辺をちょろっとお散歩してみたよ。
BlogPaint
↑ムンドゥックのメインストリートはこんな細い道路。数は少ないもののゲストハウスやレストランが並んでいます。

BlogPaint
↑通りを少し歩いてみただけですぐにコロニアル発見!早っ!w

BlogPaint
↑周囲の建物と比べてここだけが異様に古くてそして手入れされてない…中を見たいなあ…ちょっとだけお邪魔したいなあ。近所のお店の人に尋ねたら別に入っても構わないというので少しだけ。

BlogPaint
↑おうううう!純コロニアルというよりバリスタイルや中国も少し混ざっているような雰囲気。基礎部分はかなり古そうです。

BlogPaint
↑せっかくこんな遠いところまで来たので自然でも味わおうかねえ、と思いつつ歩き出したものの…

BlogPaint
↑周辺はかなり起伏が激しくて、というよりメインストリートが山の尾根伝いに走っているので、

ちょっとお散歩しようかな=下山
ゲストハウスに戻ろうかな=登山

ということで早々にギブアップ!ゴメンナサイゴメンナサイ!

BlogPaint
↑それでもメインストリート沿いを丁寧に歩いてみると、コロニアルな古い建物がいくつか残っていました。

BlogPaint
↑雲が出ていたのでアレですがサンセットもなかなか。

さあ、お腹が空いたのでご飯食べに行こー!


こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島北部2泊3日おひとりさま旅行。

シンガラジャのコロニアルを堪能したとも先生は、ロビナビーチのゲストハウスをチェックアウトして次の目的地ムンドゥック/Mundukへ。

オランダ植民地時代に開発されたというこの高原避暑地ムンドゥックには、当時建てられたコロニアル建築が未だいくつか残っています。今回は、そのコロニアル建築をゲストハウスとして利用している「ベンデサ・マス・イン/Bendesa Mas Inn」に泊まるよワクワク☆
BlogPaint
↑ここはムンドゥックのメインストリート!…と言っても山の尾根を伝う細い道w この通り沿いに宿が集中しています。

BlogPaint
↑通りから細い路地を少し入ったところにBendesa Mas Innがあります。4月に行ったけどオフシーズンなのかな?他にお客さんがいなくてなんか工事中www

BlogPaint
↑無事にチェックインすることはできたのですが、ゲストハウスのオーナーが不在で部屋の鍵が無いということで、今回は一番古いお部屋に泊まることができませんでした…。でもこのお部屋もステキ。

BlogPaint
↑年中涼しい気候の土地なのでエアコンはありません。お部屋はシングルベッドが2台のみのシンプル仕様でまあまあ清潔です。

BlogPaint
↑窓際に椅子と机があったけど壊れそうな状態だったので触らずw

BlogPaint
↑バスルームもシンプル。エアコンはなくてもいいけどお湯シャワーは必須です!朝晩寒かったよー!!!(4月)

BlogPaint
↑ゲストハウスの庭には芝生が植えられ、メインストリートより一段高い位置にあるためなかなかの眺め。

BlogPaint
↑写真をバッチンバッチン撮っていたら、管理人のおじさんが一番古い建物へ案内してくれました。あまりにも古くて宿や住居には使えないらしく、現在は倉庫として使っているそうな。木の部分はそれほど古くありませんが、基礎部分はかなり古そう。オーナー一家の先祖らしき写真が壁にたくさん飾ってありました。

BlogPaint
↑ゲストハウスは朝食付きだったので、朝起きて芝生のテーブルへ行ったら…?

ねえねえ管理人のおじさん。これ…なあに?

え?これが朝ご飯?www

朝からチョコウエハースとバニラウエハースが食べ放題!ある意味朝食ブッフェ!!!

*ちなみに、欧米人観光客が押し寄せるハイシーズンでも、朝食は揚げバナナだけみたいですよ(某ホテル予約サイトの口コミより)

BlogPaint
↑朝食はあまりにアレだったけどゲストハウスの庭からの眺めはかなりいいよー!

設備的には猛烈オススメな宿ではないけど、値段がとにかく安いのとコロニアルな雰囲気が感じられるのとで、お好きな方にはたまらないと思います!ぜひ1泊くらいどうぞ!


名称: ベンデサ・マス・イン/Bendesa Mas Inn
場所: Gg. Jeruk, Munduk, Kabupaten Buleleng, Bali
電話: +62 812-3686-3789

こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島北部2泊3日おひとりさま旅行。

シンガラジャに、コロニアル建築の建物を利用したレストラン/ワルン(食堂)があるという事前収集情報を元にバイクで探しまくったらありました!バリ島にまだこんなステキなしかも現役の建物が残っていただなんて感激!!

「デポット・サリ・ミナ/Depot Sari Mina」は、魚のスープやBBQが人気のローカルレストランです。
BlogPaint
↑この建物は1912年にオランダ植民地政庁によって高官の住居として建てられたそうです。

お店は芝生の広い敷地内にあり、少し奥まったところに建物があるので通りからはほとんど見えませんw ただ通り沿いに大きめの看板が出ているので迷うことはないと思いますよ。

これがワルン(食堂)だなんて!信じられない!ステキコロニアル!

BlogPaint
↑軒先の看板は小さくてかわいいねw

BlogPaint
↑うおおおおおお!!!これがワルン(食堂)ってか!!!ステキすぎて漏れそう!!!

BlogPaint
↑なんだ!この!ステキ風景は!これ、コロニアル「風」建築ではないんですよ!ほ・ん・も・の!

BlogPaint
↑英語無しインドネシア語オンリーのメニュー。値段が書かれていないのがちょっと怖いのですが、まあボッタくられることはないでしょう。魚のスープや魚のBBQが人気だそうですが、そんなにお腹が空いていないので別のお料理を。

BlogPaint
ソーダ・グンビラ/Soda Genbira(10,000ルピア=約80円)は、イチゴシロップと練乳をソーダで割って飲むインドネシアのドリンク。とっても甘いのですが、ソーダの爽快感で意外と美味しいんです☆

BlogPaint
ナシゴレン・ブレレン/Nasi Goreng Buleleng(15,000ルピア=約120円)は、鶏肉がゴロゴロ入ったバリ島北部風のチャーハン。さっぱりとした薄味で美味しいけど…すっごく大盛りw

BlogPaint
↑午後遅い時間に行ったので他にお客さんはおらず、食後は敷地内をウロウロして写真バッチンバッチン撮りましたw 建物の裏手もまた変に改装しておらず当時の雰囲気が残るステキな風景でした。

地元でも人気のお店みたいです。通常の観光旅行でシンガラジャへ行くことはまずないと思いますが、もし!もし行く機会があれば、ぜひ寄ってみてください!


店名: デポット・サリ・ミナ/Depot Sari Mina
場所: Jl. Ngurahrai No.5, Banjar Tegal, Kec. Buleleng, Kabupaten Buleleng, Bali
電話: +62 852-3914-9911
営業: 10:00-22:00

↑このページのトップヘ