とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ゲストハウス

こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行でやってきたインドネシアのバンダネイラ。電波の届かないハッタ島ステイから戻ってきたとも先生は、どうしても泊まりたいもうひとつの宿へ急ぎ足で向かいました。
アルフレッド・ウォーレスが絶賛したバンダネイラの海・ハッタ島
http://tomosensei.net/archives/1070822288.html
ここバンダネイラには、オランダ植民地時代に建てられたコロニアル建築を利用した宿が二軒あって、Cilu Bintang Estateにはすでに泊まったので、今回はもうひとつの「デルフィカ1 ゲストハウス/Delfika Guesthouse」へ。
バンダネイラのコロニアルホテル「Cilu Bintang Estate」
http://tomosensei.net/archives/1070821245.html
BlogPaint
↑デルフィカ1は古い建物が建ち並ぶ中心の通り沿いにあります。

BlogPaint
↑パッと見「え?ここゲストハウス?」と気付きにくいので写真の小さな看板を目印に。英語のガイドブックには必ず載っている有名なゲストハウスなので、もし迷ったら近くの人に尋ねてみてくださいね。

BlogPaint
↑建物の中へ入るといきなりリビング。オーナーファミリーの孫らしき男の子がたまにゴロゴロしながらテレビゲームしてますが、高い天井の開放感あふれるステキ空間。

BlogPaint
↑リビングを抜けてさらに奥へ行くと、客室棟に囲まれた中庭に出ます。ここは外部からでも自由に利用できるカフェレストランになっていて、宿泊客はここで朝食もいただけます。

BlogPaint
↑お部屋は全部で7部屋かな。とも先生は築100年以上は経っているという古いお部屋にしました。入口もなんかかわいいよ。

<宿泊代金>
250,000ルピア=約1,970円 *税金、サービス料、朝食込み

<その他>
ボート手配やシュノーケリングギアのレンタルも可能。ランドリーサービスあり。ピクニック用のお弁当や、料理のわがままオーダーもできるだけ頑張るとのこと。

BlogPaint
↑室内はそれほど広くはないけど天井が高いのでまったく気にならない。ベッドシーツもタオルも清潔で問題無し。冷蔵庫はないけど、テレビとエアコン完備、無料Wifiもなかなか快適な速度でした。

BlogPaint
↑バスルームは典型的なインドネシアスタイルで、トイレは洋式ではありますけど全体的に古いね。シャワーはお湯が出ます。

BlogPaint
↑朝食はフルーツ盛り合わせorフルーツジュースに、パン、コーヒーか紅茶が付きます。シンプルだけど美味しかったよ。

実はこのデルフィカ1、なぜ数字の「1」が付いているかというと、港近くにデルフィカ2という系列のゲストハウスがあるからなんです。2の方がお値段高めながら、眺めが良くて新しくて設備が整っているそうです。ただ、古き良きコロニアルな雰囲気を楽しみながら滞在したい方は、絶対に「デルフィカ1」ですよ、間違えないでね。

久しぶりに腰を据えて長期滞在したいと思ったゲストハウスでした♡


名称: デルフィカ1 ゲストハウス/Delfika Guesthouse
場所: Banda, Kabupaten Maluku Tengah, Maluku
電話: +62 813-5572-8728/0910-21027


こんにちは、とも先生です。

春休みのインドネシア旅行。バンダネイラを出発してハッタ島という小さな島へやって来たとも先生。あいにくお天気はイマイチなんだけど、キレイな海が目の前という「ハッタ・バンガロー/Hatta Bungalow」にチェックインしました。

離島のバンガローがどんなものかご紹介しますね。
BlogPaint
↑バンガロー目の前の海はめためたにキレイなんだけどあいにくの曇り空で雨…。

BlogPaint
↑バンガロー自体はまだ新しくて清潔だったので即決。バンガロー1泊3食付き(300,000ルピア=約2,350円)

BlogPaint
↑室内は本当に何もないのw シンプルなベッドに蚊帳、あとはテーブルと椅子があるだけ。

BlogPaint
↑蚊帳もまだ新しくて穴も空いていなかったので快適ー。

BlogPaint
↑コンセントそばにテーブルがあったのでここでパソコン作業しました。

BlogPaint
↑インドネシアのコンセントはこんな形。日本のはそのまま使えないので変換アダプターが必要だよ。

ちなみに電気は毎日18:00-22:00の4時間のみ使えます。この時間内にバッテリーの充電をしないとね。

BlogPaint
↑ビーチフロントなので、お天気の日は室内もかなり明るいよ。

BlogPaint
↑バスルームはインドネシアスタイル。トイレは洋式ですが自分でお水をくんで流します。シャワーはお水だけでお湯は使えません。

BlogPaint
↑バンガローのテラス。テーブルに椅子、あと洗濯物を干すためのロープもあるよ。

BlogPaint
↑テラスにはミネラルウォーターのタンクがあって、お水、コーヒー、紅茶は好きな時に自由にいただけます。これも宿泊料金に含まれているよ。

BlogPaint
↑晴れた日のお部屋の目の前。好きな時にビーチエントリーでシュノーケリングが楽しめるの最高だったよ!

2018年4月現在、ハッタ島には6軒のバンガローやホームステイがあり、立地によって3食付きで1人250,000〜300,000ルピアでした。現在建設中の宿もいくつかあったので、今後さらに快適な滞在ができるようになるのかなあ…でも今のままがいいなあw


名称: ハッタ・バンガロー/Hatta Bungalow
場所: Pulau Hatta, Maluku, Indonesia
電話: 無し

こんにちは、とも先生です。

4月のインドネシア旅行はスラウェシ島のマカッサルから入国し、国内線に乗り換えてマルク州の州都アンボンに夕方到着。

実は…まだここまで来ても最終目的地に辿り着いていないんですw 今夜はアンボンに1泊して、翌朝のフライトで再び移動なのです。

空港から比較的設備の整ったホテルが集まるアンボン市内までは約20km、タクシーで45分くらいの距離なのですが…なんか面倒くさいw

というわけで、空港目の前のゲストハウス「Penginapan Amydiah」に1泊しました。
BlogPaint
↑マカッサルは晴れていたのにアンボンはざんざんの大雨www 傘をさしながら空港の敷地を抜けて集落っぽいところへやってきました。

BlogPaint
↑空港の目の前には、同じようなゲストハウス、雑貨屋、食堂が軒を連ねています。

BlogPaint
↑なんか見た感じはちゃんとしていそうなここに泊まってみよう、お部屋空いているかな。

BlogPaint
↑Penginapanとはインドネシア語で「宿泊施設」という意味。ただ一般的にカジュアルなお安い宿を指します。

BlogPaint
↑イスラムおばあちゃんが一人で切り盛りするこのゲストハウスは全部で4部屋くらいかなあ。バスルーム共同のお部屋とバスルーム付きのお部屋があったので、とも先生は迷わず後者を。

エアコンは無くて扇風機のみ、窓は採光のためだけで眺めもなにもないけどまあトランジットの1泊だけだから問題無し。シンプルだけど清潔なお部屋です。

バスルーム付き個室素泊まり(150,000ルピア=約1,170円)

BlogPaint
↑バスルームは古いけど、便座やシャンプーディスペンサーだけが新品みたいにピカピカだったり中途半端感満点w あ、もちろんお湯は出ません水シャワーのみ。

BlogPaint
↑ゲストハウスの入口は寛ぎスペースになっていて、テレビを見たりタバコ吸ったり、あとおばあちゃんにお願いすればナシゴレン(炒飯)やミールブス(インスタントラーメン)を安く作ってくれます。

BlogPaint
↑マッサージ師さんも呼べるみたいだよ。

今回はトランジットの1泊だけで10時間程度の滞在だったので問題無く過ごせました。でもここに連泊は無理だよー!

空港周辺にはここと同じようなゲストハウスが何軒もあったので、どこも部屋が満室で泊まれないってことはおそらくないと思います。アンボントランジットの際にはぜひ☆


名称: Penginapan Amydiah
場所: Jl. DR. Leimena, Depan, Bandara) Patimura, Laha, Tlk. Ambon, Kota Ambon
電話: +62 812-4784-9590

こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行はいろいろな用事を兼ねてインドネシア周遊。

ほぼリアルタイム的な旅をちょこちょこアップしていきまーす。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

4月5日(木)

ハッタ島でのステキな2泊を終えて、今日はバンダネイラに戻ります。
ただ…行きはホテルのツアーボートに便乗させてもらったけど、帰りはどうしよう…。

バンガローの周辺で聞き込みをすると、どうやら午後13:00にバンダネイラ行きのボートが出るとのこと、しかし海況による、と。
ハッタ島からバンダネイラに戻るよ
↑ハッタ島からバンダネイラへ。お客さんはオランダフランスアメリカなどなど。

波が少し静かになってきたので13:00ぴったりにボートはビーチから出発し、1時間ほどでバンダネイラに到着。今日は天気があまりよろしくないから移動して正解だったかも。

バンダネイラのデルフィカ・ゲストハウス/Delfika Guesthouse
↑オランダ統治時代の建物がゲストハウスになっています。

バンダネイラに到着したとも先生は、その足で今日の宿にチェックイン。このゲストハウスは、古いコロニアル建築を利用したもので高級感はないけど雰囲気満点。なによりとっても居心地が良いー!

バンダネイラの名物料理
↑島なのでやはりお魚さんはとっても美味しい。

ゲストハウスに荷物を置いたら再び外へお腹が空きすぎて大変!近所のカフェに入ってメニューを見せてもらったら、バンダネイラの名物的料理がいくつかあったので注文。

やってきたのは、香辛料のナツメグの生の果実部分、トマト、お魚を煮込んだスープ。それからクナリというアーモンドのようなナッツのソースをかけた揚げナス。

スープはナツメグの果実の酸味がかなり効いていてさっぱりとした美味しさ。揚げナスはコクのある濃厚なソースでご飯が丼でいけちゃいそうw どちらも美味しい!

バンダネイラは至るところがコロニアル
↑バンダネイラの中心部には古い建物がそのまま残されています。

食後は周辺を少しお散歩。オランダやポルトガル統治時代の建物がたくさん建ち並んでいて、とも先生歩くごとにため息と興奮の鼻息がノンストップ。

とっても居心地の良い町なのでこれから3泊するよ。



こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行はいろいろな用事を兼ねてインドネシア周遊。

以前よりは宗教紛争が落ち着いてきた「アンボン/Ambon」
歴史に翻弄されたスパイスアイランド「バンダネイラ/Banda Neira」
そしていつもの「バリ島/Bali」を巡ります。

電波の届かない、電気の通っていない島へ行く予定もあるのでどうなるかわかりませんが、その日の出来事をちょこちょこブログにアップしていきますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

4月1日(日)

アンボン空港目の前のロスメン(ゲストハウス)からのアップです。

昨夜23時のフライトでバンコクを出発し、マレーシアのクアラルンプールを乗り継ぎ、マカッサル(旧ウジュンパンダン)からインドネシアに入国、そしてさらに国内線に乗り換えてようやく辿り着いたのは、インドネシア・マルク州の州都アンボン。

同じ東南アジア内なのにバンコクからアンボンまで17時間かかったよ!!!ww

DSC00878
↑明朝再び国内線に乗るんだけど、空港からアンボン市内までは車で1時間ほどかかるというので、今夜は空港の目の前にある掘建て小屋みたいなゲストハウスに1泊します。

DSC00873_1
↑優しいイスラムおばちゃんが面倒見てくれます。エアコンはないけど清潔な部屋でよかった。

DSC00884_1
↑夕飯はNasi Ikanという、カツオみたいな魚を揚げて他のおかずと一緒にご飯の上に盛り合わせたもの。魚がめためたに美味しい!

さ、深夜のフライトで眠れなかったので今日は早めにおやすみなさーい。


↑このページのトップヘ