とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:グループ

こんにちは、とも先生です。

もう昨年の話しになっちゃうのですが、先月ちょいと所用で日本へ一時帰国しました。

この日は、元バンコク在住や現バンコク在住が集まっての飲み会。久しぶりに新宿まで行ったけど久しぶりすぎていろいろなことを忘れててうっかり迷子になってGooglemapのお世話になるダメダメとも先生w

外国のお友達を連れて行ったら喜ぶんじゃないかな、って感じの京風和ダイニング「茶茶白雨/ちゃちゃゆうだち」へ行ってきました。
BlogPaint
↑ビル入口の間口が狭いから1度通り過ぎちゃったw このビルの6階にお店があります。

BlogPaint
↑夕方17時の開店少し前にお店に着いちゃったけど、17時ピッタリになるまで頑にお店に入れてくれなかったのでけっこうな人数のお客さんが店前待機。そんなに人気店なのここ?!

BlogPaint
↑店内はカジュアルすぎずスマートすぎずでいい塩梅。個室もあるけどコース料理を予約しないと利用できないみたい。

BlogPaint
↑メニュー。京風おばんざいと炭火炙り焼きが推しらしい。そんなに高くないけど安くもない絶妙な価格設定。

BlogPaint
↑まずは生ビール(630円/+8%)とお通し(500円/+8%)で乾杯ー。

BlogPaint
↑おばんざい5種盛り合わせ(1,800円/+8%)は、いろいろなものをちょこちょこつまめるのがいいね。

BlogPaint
↑ごぼうの唐揚げ(530円/+8%)。バンコクでもごぼう買えるけど安くはないからここでいただきますw

BlogPaint
↑生湯葉のお刺身(950円/+8%)。気付いたら無くなっていたので美味しかったんだと思う。

BlogPaint
↑とびきりお造り4人前(4,400円/+8%)。すっごい長いお皿に乗ってきたのでカメラに納まりきらずw 写真ので2人前かな。

BlogPaint
↑塩鶏の柚子胡椒焼き(880円/+8%)。見た通りの味、美味しい。

BlogPaint
↑京の出汁巻き卵(680円/+8%)。出汁巻きってすごい儲かるらしいね。知り合いのお店はブランド卵使って1,200円で出してたけどそれでも飛ぶように売れてたって。

BlogPaint
↑鰤のカマ焼き(1,000円/+8%)。これも気付いたら無くなってたからきっと美味しかったんだと思う。

BlogPaint
↑お漬け物いろいろ(680円/+8%)でさっぱりと。

BlogPaint
↑ポテトサラダ、まめいろいろ小さなトマトおひたし(各550円/+8%)で〆て河岸を変えましょう。

ちょこちょこ飲んで最後に炭水化物を頼んだら一人6,000円くらいかな。外国のお友達を連れてきたら喜んでもらえそうな気がしました!


店名: 茶茶白雨/ちゃちゃゆうだち
場所: 〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目26 新宿3-26-18 カワノビル6f
電話: 03-53686302
営業: 17:00-23:30
URL: https://commercial-art.net/shop/chacha_sinjuku-yufudachi


こんにちは、とも先生です。

先々週末だったかな、プラカノンに住んでいる友人が「行かない?」と誘ってくれたので、久しぶりにプラカノン駅近の屋台村&ビアガーデン「W マーケット」へ行ってきました。
(2016年)プラカノンの目まぐるしく変わる屋台村「W Market」へ行ってきた!
http://tomosensei.net/archives/1051534538.html
まだ乾季じゃないから夜でも暑いんだけどね!気心知れた友人たちと飲むビールは美味しいよね!
BlogPaint
↑屋台村&ビアガーデンはW Districtという商業エリアの中にあります。なのでスクンビット通りからここをセブンイレブンを右手に見ながら奥へ入って行きますよー。

BlogPaint
↑まだまだ、もっと奥。

BlogPaint
↑この写真の右奥がWマーケットです。久しぶりだからウキウキ☆

BlogPaint
↑土曜日の早めの時間に行ったから余裕で座れたけど、ちょいと遅めに行くともう座るとこないからね!週末は夜19時前には入ったほうがいいんじゃないかな。

BlogPaint
↑とも先生は少々遅れて参加したんだけど、着いたらすでにこれが!アサヒ生ビール3L(750バーツ=約2,510円)。ぷはー。

BlogPaint
↑各店舗は、中央のテーブルエリアを取り囲むようにして並んでいます。遠くのお店まで注文に行くの大変だから、お気に入りのお店があったらその前のテーブルに座ったほうが楽かも。

BlogPaint
↑まーずーはービーフステーキ(150バーツ=約500円)。食べやすいように小さめにカットしてくれているのがうれしいね、おつまみ用にバッチリ☆

BlogPaint
↑安定のチキンウイング(110バーツ=約370円)は、外サクッの中ジューシーで美味しくないわけないじゃんね!

BlogPaint
↑これはPanzerotti(180バーツ=約600円)と言って揚げカルツォーネみたいな。中からとろりと4種類の濃厚チーズがあふれ出てきてこれ美味しい!

BlogPaint
↑イタリアのアテ、アンティパストミスト(320バーツ=約1,070円)。お値段の割にお皿にみっちり詰まっていて食べ応え十分。

BlogPaint
↑タイ料理、中華、イタリアン、寿司、鉄板焼き、カフェ飯的なものなどお店のジャンルは幅広くて、どれにしようか迷うのも楽しいね。

BlogPaint
↑炭水化物が欲しいのでピザ屋さんへ。

BlogPaint
ピザ各種(2枚で100バーツ=約330円)。注文するとグループで食べやすいように細切りにしてくれるのすごくうれしい!味もなかなか。

BlogPaint
↑テーブルから離れた場所のお店で注文した場合、このような目印のモノを渡されるのでテーブルの見えやすい位置に置いておきます。するとお店の人がこれを目印にして料理を運んできてくれますよ。お会計はすべてキャッシュオンデリバリー。

BlogPaint
↑最後の〆にパットママー(150バーツ=約500円)。タイのインスタント麺を使った焼きそばですが、これがジャンキーでかなり美味しい!w

週末はもちろん、平日も仕事帰りの人たちでにぎわっているWマーケット。一人より二人、二人より三人、できたらグループで行くとワイワイ楽しめると思いますよー!トイレ完備です!ぜひ!


店名: W マーケット/W Market
場所: BTSプラカノン駅から約250m、徒歩3〜5分。
電話: +66 86 566 2929
営業: 16:00-00:00

こんにちは、とも先生です。

ギリ・トラワンガン初日。バリ島から高速ボートで到着したとも先生たちは、港からテクテク歩いて予約していたホテルへチェックイン。

3泊お世話になった「シュガー・シャック/Gili T Sugar Shack」は、わずか4室のみというオーストラリア人オーナーのステキなスモールバンガローでした。

BlogPaint
↑ホテルは港から約1km、チドモ(ロバ車)を利用すると1台(100,000ルピア=約820円)が相場だそうです。荷物が少なければ充分歩ける距離ですが…暑いよw

ビーチ沿いではなく内陸部にありますが、のどかな村の中といった感じで好印象。最寄りのビーチまでは約500m、のんびり歩いて10分といったところ。


BlogPaint
↑ホテルの門をくぐると目の前にバレ(東屋)とかわいいプールがあります。

BlogPaint
↑まずはバレで休憩しながらチェックイン手続き。なんかここもしかしたら沈没しちゃいそうな予感w

BlogPaint
↑ウエルカムドリンクのオレンジジュースをいただきます、ちと薄いがな!w

BlogPaint
↑今回とも先生たちは3人なので、2ベッドルームバンガローを予約しました。敷地裏の階段を上って2階がお部屋です。広々してるー。

2部屋は引き戸で別れているだけで、しかも天井がつながっているため、お互いの部屋の音は完全100%筒抜けです。なので、かなり気心の知れた関係同士でないと気を使うかもしれませんね。

BlogPaint
↑ベッドタイプはダブルベッドが2台。追加料金でエクストラマットレスも入れられるそうなので、最大6人まで泊まれるかなー。

ベッドはスプリングがちょうど良く枕もフカフカ。島リゾートにありがちな湿ったお布団とは無縁の快適ベッド☆

BlogPaint
↑部屋は2つですがバスルームは1つ。玉石を敷いたタイル張りのフロアは賛否両論ありそうですがとも先生的にはOK。

また、それぞれの部屋からアクセスできるのでw、お互い声を掛け合いながら使用する必要があります。


BlogPaint
↑アメニティはシャンプーとボディシャンプー。シャワーの湯量はバッチリでしたが水はけが若干悪かったです。

BlogPaint
↑エアコンとテレビは各部屋に1台ずつ。最初テレビがどこにあるのかまったく気付きませんでしたっていうくらい高い位置にありますw

BlogPaint
↑冷蔵庫は効きも良く、ビールやソフトドリンクが入っています。あ、そうそう、1日1人1本、ミネラルウォーターが無料。

コンセントはユニバーサルタイプで、冷蔵庫の裏にいくつか差し込み口がありました。


BlogPaint
↑テラスは2部屋分つながっているのでかなり広めで気持ちいい!写真中央のハシゴのような階段を上ると夕陽が見られるスペースがあるのですが、ほこりがすごくて結局上りませんでしたw

BlogPaint
↑プールはかわいらしいサイズですが部屋数自体が少ないので充分かな。写真右手のバーでは、毎日の朝食と飲み物を出してくれます。

BlogPaint
↑朝食はメニューから好きなものをひとつ選びます。これはトマトとチーズのホットサンド。パイナップルも入っているのが新鮮!

BlogPaint
↑これはバナナパンケーキ、インドネシアの朝食の定番ですね。

BlogPaint
↑これはオムレツ。かなり大きいのですがパンは付きません、オーストラリアスタイルなのかな?

ホテル予約サイトでめちゃめちゃ高評価を受けているホテルだったので泊まってみましたが、部屋は新しくて快適だしスタッフもノリがよくて楽しいし、とても気持ちよい滞在ができました。オススメでーす!



シュガー・シャック/Gili T Sugar Shack

こんにちは、とも先生です。

もう先月のことですが、友人たちと参加したカオヤイマラソン。
前日からカオヤイ入りして、Airbnbで予約した一軒家に6人で泊まりました。
まあ友人が予約したので詳細は知らんのだがねw

DSC04562
↑マラソン会場から近い宿泊施設はすでに満室かお値段が上がっていたので、比較的近い(2〜3キロ)この一軒家に泊まりました。

DSC04564
↑とても広い敷地内に本宅と離れがあって、秋に来たら紅葉がキレイだろうなあ、ってタイに紅葉ありましたっけ?

P_20160306_080559
↑お家というより別荘といったたたずまい。

P_20160306_080710
↑中へ入るとすぐにキッチン。ご飯も炊けるし必要なものはすべて揃ってますた。

DSC04569
↑ダイニングとリビング。Airbnbからの予約だけあって、いろんな棚に所有者家族の写真なんぞ飾られていてほんわかしか感じ。

DSC04570
↑リビング。ゆったりしているけど所有者家族の私物がばんばか置いてあって使用可能エリアはそれほど広くないw

P_20160306_080741
↑寝室。エアコンはないけど天井ファンがついているので夜も快適でした。カオヤイ自体が涼しいから、よほどの酷暑でない限りエアコンは要らないのかな。

DSC04567
↑テラス部分はかなり広めに作ってあるけど、長椅子とテーブルが離れてるんだよなあw 

1泊だけだったのでアレですが、バンコクから車で来て2泊くらいのんびりするにはいいと思いますー。最大6名まで泊まれるから大家族グループオケ。Airbnbでカオヤイあたり検索したら見つかると思います(無責任)。 

↑このページのトップヘ