とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:クルーズ

こんにちは、とも先生です。

インドに来てます、インド。

今朝は、ホテルの朝食をルームサービスで食べている時に「紅茶とコーヒーどっち飲む?」とスタッフの男の子に訊かれたので「紅茶ちょうだい」と確かに言ったのですが、なぜか20分後にもう一度同じ朝食が届くという軽いハプニングを味わってからの出発です。

まずはホテルそばでリキシャをつかまえ、昨日のうちに予約しておいたトリヴァンドラム9:00発のエアコンバスに乗るためバスターミナルへ。

だが!広いバスターミナルには同じようなバスが何台も並んでいて全然わかんないし、人に訊いてもみんな違う方向を自信満々に教えてくれるから頭が混乱してきてどうしよう!と、

「ミスターTOMO?」

という言葉に振り返ると、なんとバスの車掌さん的お兄さんが立っているではありませんか!お兄さんの持つ予約者リストには確かにとも先生のフルネームが!予約時に名前を訊かれたのはそのためか?!w

バスの発車時刻近くになっても来ないからターミナル内を探していたんだよ♡なんて言われてすいません好きになってもいいですか。
BlogPaint
↑というわけでバスは定刻通り朝9:00にトリヴァンドラムを出発。今日は約150km北上してアレッピー(アラップーザ)という街を目指します。ちうか車内なんだか短距離路線バスみたい…長距離なんですがw

BlogPaint
↑そして4時間半後の13:30にバスはアレッピーのバスターミナルに到着!アレッピーにはバックウォータークルーズをしに来たのであてもなくフラフラと船着き場へなんとなく行ってみたらちょうど観光客向けのクルーズが出発するって!というわけでホテルへチェックインする前に観光しちゃう!

BlogPaint
↑ケララ州の水郷地帯をゆっくりのんびり進むクルーズツアーは往復3時間の短いものだったけど、景色はステキだし風も気持ちいいしで十分満足満喫!写真のようにホテルのような豪華なお泊まりクルーズもできるんだってー。

BlogPaint
↑バックウォータークルーズ観光を楽しんでから夕方前にチェックインしたアレッピーのホテルは、昨日に引き続きコロニアル建築の邸宅を利用したステキプチホテル。古いけどもうたまらん!頭からニヤニヤ汁が出っぱなし!w

BlogPaint
↑ホテルから徒歩10分でビーチに出られるというので夕方のお散歩へ。今日は土曜日だからか地元の人でビーチはもうお祭り騒ぎ!海は汚くはないけど…って程度だったけど眺めるには十分。

BlogPaint
↑早めの夕飯は、そろそろガソリンが切れてきたのでお酒の飲めるお店を探してインドのキングフィッシャービールで乾杯ー!料理にはまったく期待していなかったんだけど、酒のアテに頼んだチキンチャーハンがかなり良い出来映えで小さな幸せを噛みしめました。

今夜は夜遊びせず、コロニアルなお部屋を隅々までウフフフ楽しみながら寝ます。

ではまた明日ー🌟



こんにちは、とも先生です。

プノンペンからツーリストバスに揺られてやってきたカンボジア南部の街カンポット/Kampot。お昼ご飯を食べて落ち着いたので街中をお散歩してみることにします。
カンポット名物のイカ胡椒炒めがウマウマ
http://tomosensei.net/archives/1070012531.html
特に観光スポットもなく落ち着いた佇まいの小さな街カンポットには、フランス植民地時代に建てられたコロニアル建築がたくさん残っていました。
BlogPaint
↑古いフレンチヴィラを利用したプチホテル「Hotel La Java Bleue」。本当はここに泊まりたかったんだけど満室だったんだよう…。

BlogPaint
↑ショップハウスはオサレなバーやカフェになっていて、一軒ずつのぞいてみるのも楽しいよ。

BlogPaint
↑川沿いは遊歩道になっていて、地元の人たちがおしゃべりしたりお弁当食べたりのなごみ処。日中は暑いけどねw

BlogPaint
↑なんかほんのり春っぽい色の花が咲いていたのでパチリ。

BlogPaint
↑ここはかなり古そうだけど…洗濯物が干してあるから民家なのかな。1泊でいいからホームステイさせて欲しい。

BlogPaint
↑川沿いにあるこのフレンチヴィラはキレイに改修されています。どうやら団体のオフィスみたいだね。

BlogPaint
↑バイクと自転車、歩行者専用の細い橋「Entanou Bridge」もフランス植民地時代に築かれたもの。

BlogPaint
↑橋の上から夕陽を楽しんでいたら、すぐ下をクルーズ船が通りました。船上からサンセットを楽しむツアーみたい。

まだまだたくさん写真はあるんだけど、延々とコロニアル写真載せてもアレなのでw ここらへんで。

さあ、今夜は何食べようかな、たまには洋物イこうかな。


こんにちは、とも先生です。

トルコ旅行9日目。

いよいよトルコ旅行最終日ですが、夜のフライトまでイスタンブール満喫しますw 今日はビックリするほどの快晴!というわけでボスポラス海峡クルーズへ。

BlogPaint
↑クルーズはエミノニュ埠頭から出航します。クルーズ会社はいくつかあるようですが、とも先生はすぐ目についたTURYOLという会社の午前11:00発のクルーズに参加します。

TURYOL社の90分ショートクルーズ(15リラ=約450円)


【2017年4月の時刻表】
10:00〜18:00まで1時間おきに出航


BlogPaint
↑乗る船はこちら。大きすぎず小さすぎず、しかも新しそうで安心安心。

BlogPaint
↑クルーズ船は午前11:00ぴったりに出航。左手に新市街やガラタ塔が見えます。

BlogPaint
↑快晴ですが風がとても冷たいので薄着だと風邪ひきますよ!

BlogPaint
↑まず最初に見えるのは、昨日訪れたイスタンブール現代美術館。海側から見るとただの倉庫だねw

BlogPaint
↑これはなんだろうなにかの宮殿かな?と思ったら、どうやらミマール・スィナン美術大学という大学のようです。素晴らしい環境ですねー!

BlogPaint
↑オスマン帝国の宮殿だったドルマバフチェ宮殿が見えてきました。建物の全貌は海側からしか見られないようです。

BlogPaint
↑クルーズはアジア側ユスキュダルで一旦停船しお客さんが乗り降りします。

BlogPaint
↑クルーズは再び出航。写真の通り冷たい風がひゅんひゅん通り抜けるので、寒くなったら温かいお茶を注文することもできます(有料)。

BlogPaint
↑これはチュラーンパレスという、元宮殿を改装したケンピンスキー系列の超高級ホテルだそうな。

BlogPaint
↑海に建つオルタキョイ・メジディエ・ジャーミィというモスク。

BlogPaint
↑そして雄々しいオスマン帝国の要塞ルメリ・ヒサルが見えてきました。

BlogPaint
↑ルメリ・ヒサルを過ぎると第二ボスポラス大橋。クルーズはここでUターンします。

BlogPaint
↑こちらはオスマン帝国の王様の夏の離宮だったベイレルベイ宮殿。クルーズで海側からしか見られない建築がたくさんあるので非常に面白いね。

BlogPaint
↑そろそろエミノニュに戻ります。最後の撮影スポットは写真右の小さな小島乙女の塔。税関や灯台などに利用された後、現在は展望台とレストランになっているそうです。ここ行ってみたいなあ。

BlogPaint
↑クルーズは定刻より10分ほど遅れた12:40にエミノニュに戻りました。

ボスポラス海峡クルーズ、90分のショートコースから半日のロングコースまでいろいろなコースがあるようですが、とも先生は90分のショートで充分満喫しました!

ところで…さっき見た乙女の塔に行ってみたいな…時間あるかな…。

↑このページのトップヘ