とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:クアラルンプール

こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

タイ国際航空のエコノミークラスで
クアラルンプールからバンコク(スワンナプーム)へ〜

<2017年12月>
BlogPaint
↑夕暮れの空港ってなんか出発よりも到着、おしまいを感じさせるのですが…いやいやこれから出発しますよー!バンコクへ帰るんだから!

BlogPaint
↑飛行機は定時に出発したのですが、離陸して水平飛行に入ってから1時間以上経っても機内食が来ず…気流が乱れているわけでもなく。やっと来たよと思ったらメインがなくてなんじゃこりゃw

BlogPaint
↑そしてバンコクへ到着する40分前になってやっとメインがやって来たのですが…熱くない。どちらかというと「生温かい」「ほの温かい」感じ。機内のオーブンの調子が良くなかったのかな。

メニューは、海老のソテートムヤンクン風味に塩卵とご飯添え、サラダ、アップルケーキにお水。うん、温度の問題もあるけどそんなに美味しくなかった。



こんにちは、とも先生です。

先月のことなのですが、とある航空券をクアラルンプール(KL)発券した関係で、バンコクから日帰りでKLへ行ってきました。

空港からバスでちんたらKL市内へ出たらそこまでゆっくりする時間もなくなったので、以前から行きたかったお店「Coliseum Cafe & Hotel」でさっくりコロニアルランチ☆

BlogPaint
↑お店はJalan Tuanku Abdul Rahman沿いのインド人街。周辺にはここ以外にも歴史あるコロニアル建築がまだ残っています。

BlogPaint
↑なんかもう入口からしてお好きな方にはたまらない風情。入口は2つあり、右側がレストラン、左側がバーになっていますが、中でつながっているのでどちらから入っても大丈夫。

BlogPaint
↑うおおおおおおおおおお!とも先生この時点で金縛り!目の前に大好き空間があると人って静止しますねw ランチタイムを過ぎていましたがそれでもかなりの混雑。

BlogPaint
↑まずはガーデンサラダ(10.9リンギット=約310円/+16%)フレッシュレモンジュース(11.9リンギット=約340円/+16%)で栄養補給。

シンプルなサラダはパイナップル入りでさわやか、サラダより高いジュースは生絞りレモンがたっぷりで目が覚めそうw


BlogPaint
↑使われている食器はすべてお店のオリジナル。1921年創業だって。

BlogPaint
↑メインに注文したのはチキン・ア・ラ・キング(26.9リンギット=約760円/+16%)。グリルチキンと海老のソテーをクリームソースで合えた洋食系メニューなのですが、添えのライスがなんと玉子チャーハン、しかもレーズン入りというオリエンタルな一品。

見た目よりボリュームがあったけど、優しい味わいでぺろんと完食。


BlogPaint
↑レストランの隣りはバーになっているので昼から一杯やるのもよし。レストランが混んでいたらバーエリアで食事もできます。

BlogPaint
↑そしてこのお店、建物脇の入口から2階へ上がるとホテルになっているんです。ホテルと言ってもゲストハウス並らしいのですが、コロニアル建築に泊まれるとあって欧米人に人気があるそうですよ。

コロニアルな雰囲気に浸りながらゆっくりランチするにはいいかもしれないよ!このお店はステーキが有名らしいので次回挑戦!


店名: コロシアムカフェ&ホテル/Coliseum Cafe & Hotel
場所: 98, Jalan Tuanku Abdul Rahman, City Centre, 50100 Kuala Lumpur
電話: 03-26926270
営業: 10:00-22:00
FB: https://web.facebook.com/Coliseum1921

こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

タイエアアジアのエコノミークラスで
バンコク(ドンムアン)からクアラルンプールへ〜
BlogPaint
↑朝早い便でしたが天気が良くて眠気もぶっ飛ぶ青空ー!

BlogPaint
↑今回事前に予約した機内食はこちら。なんだか大きな紙箱が2つドカン!
リトルスターコンボ
お子様向け軽食ボックスで、トマトソース、チキンスライス、モッツァレラチーズ、チェダーチーズをふんだんに使用したピザのセット。
https://www.airasia.com/jp/ja/inflight-comforts/hot-meals.page
飲み物付きで、水、コーラ、コーヒーから選べます。子ども向けの機内食だということに気付いたのは完食した後でしたw

BlogPaint
↑フタオープン!小さめのピザに菓子パンが2つ?なかなかボリューム有り〼。

BlogPaint
↑チキンハムとチーズだけのシンプルピザですが、生地に厚みがあってもちもちしているので大きさの割にかなり食べ応えあり。普通に美味しい。

BlogPaint
↑もう1つの箱に入っていたのは、チキンフロス(鶏のジャーキーを細かくほぐしたもの)の入った総菜パンとイチゴクリームのロールケーキ。こちらもけっこう大きくて、完食すると大人でもお腹にかなりたまるボリューム。街のパン屋さんのパンって感じ。


こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

エアアジアのエコノミークラスでスマランからクアラルンプールへ〜

BlogPaint
↑この日のフライトは定刻通り。スマランから国際線に乗るのなんて初めてだよう。

BlogPaint
↑窓が汚いのが残念だけど天気はいいよー。

BlogPaint
↑朝早いフライトでホテルの朝食を食べる時間がないのはわかっていたので、あらかじめ機内食を予約しておきました。

BlogPaint
Chicken Vindaloo Biryaniは、そんなにスパイス臭くないビリヤニにそんなに辛くないチキンカレーが添えられています。+でコールスローと黒糖マフィンも付けちゃった、あとお水。

ビリヤニはスパイス加減もちょうど良く美味しく完食しました。機内食は白いご飯よりも味付けしたご飯の方が美味しく食べられると思う。コールスローもあっさり軽くて、マフィンも優しい甘さでペロリーヌ。


こんにちは、とも先生です。

みなさんは空港で飛行機を乗り継ぐ時、中途半端に時間が余ったらどうします?

日中だったら乗り継ぎ地を観光するなどして時間をつぶせますが、深夜だったら? ホテル取ります?数時間のために?

今回とも先生、タイからインドネシアへ行く時にクアラルンプールで乗り継ぎだったのですが、乗り継ぎ時間が深夜3時から朝9時までの6時間!

せっかくLCCで安く飛んでいるのにホテル代にお金をかけたらもったいない!ということで仮眠休憩に選んだのがここ「Capsule by Container Hotel」。ほぼ空港内にあるカプセルタイプのトランジットホテルです。
BlogPaint
↑LCC専用ターミナルであるターミナル2(Klia2)に直結のGatewayという複合商業施設のレベル1(バス乗り場の階)にあります。要所要所にサインはありますがちょっとわかりにくいので、近くの空港職員らしき人にガンガン話しかけてみてください。

BlogPaint
↑コンテナを使ったバジェットホテルグループの空港支店なので入口はコンテナw 写真左のフロントでチェックイン/アウトします。

以前は3時間休憩プランがあったのですが、現在は最低6時間からの利用になっています。短時間滞在の場合は以前より割高感がありますけど、場所がいいから仕方ないね。

BlogPaint
↑カードキーを受け取ったらフロント横からお部屋に向かいます。お部屋までにはドアが二カ所あって、カードキーをかざさないとドアが開きません。

大きなスーツケースなどがある場合は、ドア手前のロッカーを利用しましょう。

BlogPaint
↑ここはライブラリー&リラックススペース的な。お部屋で飲食をしてはいけないことになっているので、ここで食べるのはいいのかな。

BlogPaint
↑お部屋はカプセルホテルタイプで基本的に上下2段になっています。深夜3時過ぎだからみんな寝ているよ。

BlogPaint
↑こちらカプセル内部。リクエストしなかったので上段になってしまいましたが、どうしても下段がいい人はチェックイン時にお願いしてみましょう。やっぱり下段が楽だもの。

BlogPaint
↑狭いカプセルではあるものの、鏡付きの折り畳みテーブル、ユニバーサルタイプの電源、フロント直通電話有り。マットレスは固すぎず柔らかすぎず、枕も臭くないしけっこう快適。

たまーに、いびきの大きなお客さんが近くにいるとけっこう音が響くのですがw そういう時はフロントで耳栓くれます。

BlogPaint
↑そうそう、チェックイン時にお水、歯ブラシ、バスタオルの入ったバッグを渡されます。タオルとバッグだけはチェックアウト時に返却しますよー。

BlogPaint
↑こちらは共同のバスルーム。洗面台が並んでいますが、深夜だけあってシーンと静まり返っています。写真には写っていませんがドライヤー有り。

BlogPaint
↑トイレとシャワーのキレイ具合も、まあまあ許容範囲って感じでした。シャワーにはシャンプーの備え付け有り。

リーズナブルなお値段でしっかり仮眠がとれてシャワーも浴びられるから、かなり利用価値は高いと思いますよ。Klia2でトランジットの際はぜひー☆



Capsule by Container Hotel
http://capsulecontainer.com/capspace.html

↑このページのトップヘ