とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:クアラルンプール

こんにちは、とも先生です。

みなさんは空港で飛行機を乗り継ぐ時、中途半端に時間が余ったらどうします?

日中だったら乗り継ぎ地を観光するなどして時間をつぶせますが、深夜だったら? ホテル取ります?数時間のために?

今回とも先生、タイからインドネシアへ行く時にクアラルンプールで乗り継ぎだったのですが、乗り継ぎ時間が深夜3時から朝9時までの6時間!

せっかくLCCで安く飛んでいるのにホテル代にお金をかけたらもったいない!ということで仮眠休憩に選んだのがここ「Capsule by Container Hotel」。ほぼ空港内にあるカプセルタイプのトランジットホテルです。
BlogPaint
↑LCC専用ターミナルであるターミナル2(Klia2)に直結のGatewayという複合商業施設のレベル1(バス乗り場の階)にあります。要所要所にサインはありますがちょっとわかりにくいので、近くの空港職員らしき人にガンガン話しかけてみてください。

BlogPaint
↑コンテナを使ったバジェットホテルグループの空港支店なので入口はコンテナw 写真左のフロントでチェックイン/アウトします。

以前は3時間休憩プランがあったのですが、現在は最低6時間からの利用になっています。短時間滞在の場合は以前より割高感がありますけど、場所がいいから仕方ないね。

BlogPaint
↑カードキーを受け取ったらフロント横からお部屋に向かいます。お部屋までにはドアが二カ所あって、カードキーをかざさないとドアが開きません。

大きなスーツケースなどがある場合は、ドア手前のロッカーを利用しましょう。

BlogPaint
↑ここはライブラリー&リラックススペース的な。お部屋で飲食をしてはいけないことになっているので、ここで食べるのはいいのかな。

BlogPaint
↑お部屋はカプセルホテルタイプで基本的に上下2段になっています。深夜3時過ぎだからみんな寝ているよ。

BlogPaint
↑こちらカプセル内部。リクエストしなかったので上段になってしまいましたが、どうしても下段がいい人はチェックイン時にお願いしてみましょう。やっぱり下段が楽だもの。

BlogPaint
↑狭いカプセルではあるものの、鏡付きの折り畳みテーブル、ユニバーサルタイプの電源、フロント直通電話有り。マットレスは固すぎず柔らかすぎず、枕も臭くないしけっこう快適。

たまーに、いびきの大きなお客さんが近くにいるとけっこう音が響くのですがw そういう時はフロントで耳栓くれます。

BlogPaint
↑そうそう、チェックイン時にお水、歯ブラシ、バスタオルの入ったバッグを渡されます。タオルとバッグだけはチェックアウト時に返却しますよー。

BlogPaint
↑こちらは共同のバスルーム。洗面台が並んでいますが、深夜だけあってシーンと静まり返っています。写真には写っていませんがドライヤー有り。

BlogPaint
↑トイレとシャワーのキレイ具合も、まあまあ許容範囲って感じでした。シャワーにはシャンプーの備え付け有り。

リーズナブルなお値段でしっかり仮眠がとれてシャワーも浴びられるから、かなり利用価値は高いと思いますよ。Klia2でトランジットの際はぜひー☆



Capsule by Container Hotel
http://capsulecontainer.com/capspace.html

こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

タイ国際航空のエコノミークラスでクアラルンプールからバンコク(スワンナプーム)へ〜

BlogPaint
↑この日の機材は777-300ER。タイ国際航空ってけっこうバルクヘッド空いてません?今回も余裕で指定OK。モニターが収納タイプなので若干シート幅が狭くなるけど、この足元の広さのメリットの方が大きいよね。

BlogPaint
↑夜便なので夕食が出ました。海老のグリーンカレー、ナスの辛い炒め物、ご飯、サラダ、アップルケーキにオレンジジュースとお水。食後にコーヒや紅茶も。

今まで食べた機内食で「こりゃ辛くて万人向けじゃねえだろう!」というものに何回か遭遇したことがあるのですが、それが全部タイの航空会社。なんでだろうねw

今回もしっかり辛くて美味しかったです。

たかだか2時間のフライトなのでもう文句のない内容、ごちそうさまでした☆

こんにちは、とも先生です。

8月のバリ島旅行の帰り、ハイシーズンだったからかバンコクへ戻る直行便のフライトがかなりお高く、しかも他の経由便もけっこう強気なお値段で困ってしまったとも先生。

仕方がないのでスカイスキャナーで調べまくって、

バリ島→クアラルンプール:エアアジアX(ビジネスプロモ運賃)
クアラルンプール→バンコク:タイ国際航空(エコノミー)

という、普段ならあり得ない組み合わせが一番安かったので即購入。

今回は、クアラルンプール空港でのターミナル移動のお話です。

BlogPaint
↑エアアジアXでクアラルンプール空港のKLIA2ターミナルに到着して税関を出たところ。これからタイ国際航空へ乗り換えるために、KLIAターミナルへ移動しなければなりません。

だがしかし!とも先生ターミナル移動初めてでしかも事前学習まったく無し!


ビルが違っても同じ空港なんだから簡単にチャッチャやろ!

BlogPaint
↑頭上のサインを見上げると、KLIAへ行くシャトルバスがあるじゃん!

BlogPaint
↑サインを頼りにずんずん前進していきます、簡単だね。

BlogPaint
↑まだまだ前進。シャトルバス乗り場はどうやらレベル1という階にあるらしいぞ。

BlogPaint
↑前進を続けると左斜め前方に下りエスカレーターが見えました。近くの係員らしきおじさんに尋ねると、シャトルバスは下の階から出発だと。確かにサインもあるしね。

BlogPaint
↑エスカレーターでレベル1へ下りていきます。キレイだけどなんだか暗いなここ。

BlogPaint
↑さあ!レベル1に到着!そして!

いきなりサインが消えた!!!

近くに係員もいないしインフォメーションセンターのおねいさんもいない!!!

どこからバスに乗るんだ?あ!外に出ればいいのか!


でも!外に出たけどシャトルバスの表示がどこにも無いし!!!

他の乗り継ぎ客もとも先生と同じように困っていて、みんなでバス乗り場どこだろうどこだろうと探していると、

車体に「無料」と書かれたシャトルバスが目の前をビューンと通過ー!!!えー!!!

みんな猛ダッシュしたよw

BlogPaint
↑そしてなんとか無料シャトルバスに乗れました!目の前のパパなんて子どもを振り落とすんじゃないかレベルでベビーカー爆走してたしw

KLIA2の無料シャトルバス乗り場は、レベル1から外へ出て一番左端のバス停に止まります。いいですか、一番左端ですからね(2017年8月現在)。


BlogPaint
↑シャトルバスは夕暮れの空港を予想以上にのんびりしたスピードで走ります。

BlogPaint
↑さあ!KLIAターミナルに着いたよ!と思ったらなんや辺鄙な場所でバス停車。どうやらここは空港の駐車場のようです。運転手さんに尋ねたら、

KLIA2→駐車場→KLIA→KLIA2というルートで走るらしい。

急いでいる時はたまらんな!

BlogPaint
↑そしてやっとKLIAターミナルの4番バス停に到着。これで一安心♡

KLIAからKLIA2へ行く時は、ここから乗ったらいいと思うよ。


BlogPaint
↑けっこうな汗かいてやっとKLIA出発階に到着ー。これからチェックインだ。

KLIA2の税関を出たところからKLIAの国際線出発階までちょうど50分かかりました。予想していたよりも時間かかったから、乗り継ぎには余裕もってね!

こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

カタール航空のエコノミークラスでクアラルンプールからドーハへ〜

BlogPaint
↑本日の機材は787。モニターも大きいし新しくていいけどなんだか足元が窮屈です〜

BlogPaint
↑QR853便は、深夜02:55にクアラルンプールを出発して朝05:25にドーハ到着という完全深夜便。一応寝る前に希望者にだけ簡単なスナックとドリンクが配られます。

BlogPaint
↑中身はチーズたっぷりのピザブレッドにバナナケーキ。美味しかったけどすげえ炭水化物www ドリンクは赤ワインとお水をいただきました。

そして3時間ほど爆睡。


BlogPaint
↑ドーハ到着2時間前くらいに朝食。

鶏そぼろのお粥、フレッシュフルーツ、ブルーベリーヨーグルト、オレンジジュース、クロワッサン、バター、ジャムといったスタンダードな内容。メインの量がちょっと少ないけどw

カタール航空初めて乗ったけど、まあ文句ないよね、チケットも安いし、充分。

こんにちは、とも先生です。

お好きな方は大好きな機内食写真

マレーシア航空のエコノミークラスでデンパサール(バリ島)からクアラルンプールへ〜

BlogPaint
↑今回、デンパサール(バリ島)からクアラルンプールまでの片道航空券を購入するにあたり、エアアジアとマレーシア航空にほとんど価格差がなかったのでマレーシア航空にしてみました。生まれて初めてのマレーシア航空搭乗 いつもエアアジアだからなぁw

BlogPaint
↑夜便なので夕食が出てきましたが…あれ?ん?トレイじゃなくて紙箱

BlogPaint
↑中身は白身魚のチリソース、野菜、ご飯。あとはピーナッツ、クッキーとお水でした。

メインは一応ホットミールでしたが、マレーシア航空ってこんなにシンプルな機内食なの?っていうかこんなに量少ないの?

以前利用した、ガルーダインドネシア航空の「国内線」機内食の方が美味しかったし豪華だったよ〜

↑このページのトップヘ