とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:オランダ植民地

こんにちは、とも先生です。

3泊4日でやってきたインドネシア・スマトラ島。

最終滞在地である西スマトラ州の州都パダンを訪れるのはなんと17年ぶり!当時はトランジットでほとんど市内観光をしなかったので、今回1泊だけですが、オランダ植民地時代の古いコロニアル建築が残る街をじっくり散策してみます。
BlogPaint
↑パダン・ホテルにチェックインして荷物を置いたらすぐに市内観光へ出発!ホテルから南へ2kmほどのバタン・アラウ川沿いの旧市街を目指します。
パダン市の文化財にも指定されているコロニアルホテル「Hotel Padang」
http://tomosensei.net/archives/1071895612.html

BlogPaint
↑川が近づくにつれて建物がだんだんと古くなってきました。旧市街は華人エリアでもあるのかな、中国寺院もたくさんあるよ。

BlogPaint
↑あれなんだこの看板?どうやらパダン市主催の市内観光バスがあるみたいだね。

BlogPaint
↑川沿いにあるこの建物は、オランダのスパール銀行として1908年に建てられたもの。2009年までアメリカ人オーナーのコロニアルホテルとして運営されていましたが、残念ながら現在は借り手がつかないのか文化財として保存するためかわかりませんが廃墟のような状態となっています。

2001年にパダンを訪れた際にこのホテルに泊まっておけばよかった…と強く後悔するほど魅力的な建物です。

BlogPaint
↑バタン・アラウ川。当時はこの川沿いに商館や倉庫が多く建てられにぎわっていたようです。


↑コロニアル建築は川沿いのこのエリア約1kmの間に集中しているよ。

BlogPaint
↑それでは川沿いをお散歩してみよう。歩道がキレイに整備されいるのでとても歩きやすいよ。

BlogPaint
↑これは…線路の跡だね。物資や石炭を運ぶために鉄道は不可欠だもんね。

BlogPaint
↑Gedung Geo Wehry & Coは、オランダ植民地時代のバタビア(ジャカルタ)に本社を構えていた大手流通会社のパダン支店跡。適切な修復と維持管理が望まれます…いつか崩れちゃう!

コロニアル観光その②に続きます。

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用して3泊4日の弾丸ツアーでやってきたインドネシアのスマトラ島。

ツアー最後の滞在地であるパダンのお宿は、パダン市内最古のホテルで、市の文化遺産にも指定されているコロニアルホテル「ホテル・パダン/Hotel Padang」です。
BlogPaint
↑パダン市内のビジネスエリアに位置しておりとても静かな環境。本館のエントランスが往年の風格を感じさせます。

BlogPaint
↑本館フロントの裏手はゲストの共用スペースとなっており、ここでおしゃべりしたりお茶を飲んだりと贅沢な空間。

BlogPaint
↑本館の脇のコリドールも雰囲気満点で写真バチバチ撮りまくりw

BlogPaint
↑重厚な本館の廊下を奥へ進んで行くと

BlogPaint
↑裏手の離れの建物が客室棟です。手入れされた庭もステキ。

BlogPaint
↑今回とも先生はデラックスルームに泊まりました。お部屋はきれいにリノベーションされとても快適。少し狭めかな?とも思いますが、大きな窓から差し込む光が気分を明るくしてくれます。

BlogPaint
↑ベッド側から見た室内。エアコンの効きも良くて汗かきとも先生うれしいw

BlogPaint
↑冷蔵庫と湯沸かしポットも完備。

BlogPaint
↑バスルームもとてもキレイで、もしかしたらリノベーションしたばかりなのかな?シャワーのお湯はドバドバで温度も十分。

BlogPaint
↑アメニティは歯ブラシのみですが、シャワーブースに備え付けのシャンプーとボディソープがありました。

BlogPaint
↑部屋の前は広いテラスになっています。インドネシアの古いホテルはこのようにゆったりした造りなのがうれしいんです。

BlogPaint
↑本館と客室棟の間にあるレストランでは、毎日の朝食のほか、アラカルトでランチやディナーもいただけます。冷蔵庫に冷えたビールも入っていたのでお好きな方はどうぞ(パダンではお酒を売っているお店が少ないからね)。

BlogPaint
↑ホテルの朝食は完全インドネシアご飯。種類は多くありませんが、ココナツミルクで炊いたほんのり甘いご飯、ビーフン炒め、野菜炒め、揚げ卵のチリソースなど、なかなか美味しかったですよ。

古いホテルなのでそれほど期待していなかったのですが、お部屋はキレイでとても快適でした。ビジネスエリアに位置しているため周辺にお店が少ないのが唯一の難点(ホテル最寄りのコンビニまで500m)ですが、Gojekなどのアプリを使えばバイクタクシーで簡単に移動できますし問題無いかな。オススメです☆


名称: ホテル・パダン/Hotel Padang
場所: Jl. Bgd. Aziz Chan No.28, Sawahan, Padang Tim., Kota Padang, Sumatera Barat
電話: +62 751 31383
URL: https://www.hotelpadang.com/

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・西スマトラ州のサワルント。

オランダ植民地時代に開発された炭坑の町がユネスコの暫定世界遺産として世界遺産にリストアップされていることを知り、このサワルント/Sawahluntoという小さな町に興味をもちました。

弾丸旅行のためたった1泊2日の滞在ですが、お天気も良いことだし隅々まで散策したいと思います。
BlogPaint
↑サワルントのメインストリートは全長数百メートルw とってものどかでのんびりした雰囲気です。

BlogPaint
↑中国のエッセンスを取り入れ1917年に劇場として建てられたこの建物は、現在インドネシア政府の信託銀行。

BlogPaint
↑中国商人によって1906年に建てられたかわいいこの建物は現在個人の住居。

BlogPaint
↑Gedung Koperasi ONS BELANGは、炭坑で働く欧米人技術者のための生活協同組合所として1920年に建てられました。現在はなんと1階がコンビニw

BlogPaint
↑町の中心にあるHotel Ombilin Heritageは1918年に建てられた古いコロニアルホテル。とも先生はここに泊まりたかったのですが残念なことに満室でした…。

BlogPaint
↑聖バーバラ教会は、もともと1942年に建てられた軍の寮だそうです。

BlogPaint
↑教会のとなりには聖ルチア小学校があります。ここは当時の炭坑で働く欧米人技術者たちの子弟が通うヨーロッパ系の学校でした。

BlogPaint
↑1916年に鉱山会社の事務所として建てられたGedung Ombilin Meinen。なんだか教会のようなたたずまいですね。

サワルントは隅から隅まで歩いても半日でまわれてしまう小さな町。他にもたくさんの魅力あふれる建築があったのですが、また別の機会にご紹介しますね。



こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・スマトラ島。

オランダ植民地時代から開発された炭坑の町が暫定世界遺産になっている西スマトラ州のサワルントに到着したとも先生は、あるひとつのことに気付きました。

この小さな町には宿泊施設がほとんど無いwww

実はサワルントのことを下調べしていた際に歴史あるコロニアルホテルが1軒あることを知り、そこへ1泊しようと思っていたんですよ。でもホテル予約サイトでの取り扱いがなかったので当日ウォークインで飛び込んだら「満室です♡」って…w

ホテルの人に相談したら、サワルントの町にはホテルが2軒しかないこと、もう1軒のホテルもコロニアルホテルだということを教えてもらいました。

今回泊まった「Parai City Garden Hotel」は週末料金でちょいと割高感はあったけど、まあ外国人観光客でも不満のない滞在ができるホテルでした。
BlogPaint
↑ホテルのレストラン棟は、1915年に建てられた、近所の病院に勤める欧米人医師の住居だった建物。

BlogPaint
↑アーチがステキ♡ここで毎日の朝食がいただけますしアラカルトでランチとディナーも注文可。

BlogPaint
↑この趣のあるレストランの中を通って奥へ行くと…

BlogPaint
↑レストランの裏手が新しく建てられた客室棟になっています。

BlogPaint
↑今回とも先生が泊まったのはデラックスルーム。本当はもっと安いカテゴリーのお部屋があったのですが、気付いたのは支払いを済ませてからでした…w

BlogPaint
↑お部屋はこざっぱりとしていてシンプルで飾り気無し。テレビ、作業デスク、エアコンなど完備ですが冷蔵庫は無し。

BlogPaint
↑お部屋でコーヒーや紅茶が作れますよ。

BlogPaint
↑バスルームはちょいと狭めで古いのですがまあ1泊だしいいでしょう、という感じ。シャワーのお湯はドバドバ出ました。

BlogPaint
↑お部屋のバルコニーからの眺め。建物が丘の斜面にあるのでほんのり町ビューが楽しめます。

BlogPaint
↑ブッフェスタイルの朝食はインドネシアご飯。野菜のかき揚げ風、ライスケーキの野菜カレーがけ、野菜ビーフン炒め、目玉焼き、豆せんべいと完全ベジタリアンだったよ。それにコーヒー、紅茶、フルーツがありました。

ホテルの数が少ないのでもう選択の余地がないのですが、まあサワルントに1泊する時はここだったらハズレはないかと思います。車だとけっこうな回り道になるんだけど、ホテル専用の階段を降りて行けばほんの200mほど歩くだけで町の中心部へ行けるのすごい便利。


名称: パライ・シティ・ガーデン・ホテル/Parai City Garden Hotel
場所: Jalan Baginda Aziskan, Pasar, Lembah Segar, Kota Sawah Lunto, Sumatera Barat
電話: +62 754 62888
FB: https://web.facebook.com/paraisawahlunto/

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・スマトラ島のメダン。

ここメダンは、オランダ植民地時代のコロニアル建築が現在でも多く残っている、お好きな方にはもうたまらない街。

17年前に初めてメダンを訪れた時は、わずか1泊だけの滞在ですぐにトバ湖へ移動してしまったので、ちゃんとした市内観光は今回がほぼ初めてだよ!
BlogPaint
↑コロニアル建築が多く残るメダン市内中心部のJl. Ahmad Yani通り。一方通行で道が細いので、車ではなく徒歩での散策をおすすめします。

BlogPaint
↑1909年に建てられたインドネシア中央銀行。日本でいうところの「日本銀行」なので一般人は入場できず、警備員さんにお願いして写真だけ撮らせてもらいました。

BlogPaint
↑この建物はかなり古そうですが建築年代不明。現在はヘアサロン。

BlogPaint
↑1909年に建てられたイギリスの化学企業ビルは、現在パームオイルやゴムを作る会社のビルとなっています。

BlogPaint
↑こちらも1909年から1911年にかけて建てられたメダン中央郵便局。現在も現役の郵便局として機能していますが、とも先生が訪れた時は残念ながら営業時間後のため中に入れませんでした…。

BlogPaint
↑Jl. Ahmad Yaniから一本裏道に入っただけでこんなショップハウスが軒を連ねます。

BlogPaint
↑これは1919年に建てられた企業の倉庫で、デパートとして利用された後、現在はほとんど廃墟のような様子。

いやあ、メダンってこんなに古い建物がまだまだ現役で残っているんだね!この他にも古く魅力的なコロニアル建築がたくさんありましたがあまりにも数が多いのでここでは省略。また別の機会にでもご紹介できればと思います。


コロニアル建築はJl. Ahmad Yani/アフマッド・ヤニ通りの約1kmに集中しています。

↑このページのトップヘ