とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:オススメ

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北部最大の街ジャフナ滞在2日目。

翌日はもう次の目的地へ移動するんだけど、ジャフナ市内でまだまだ見ていないところがあったので、バイクでジャフナ郊外を観光した後、急いでジャフナ市内へ戻ってきたよ。
ジャフナ市内観光①
http://tomosensei.net/archives/1072274489.html
内戦の被害を免れたり修復された古いコロニアル建築がたくさん残っているジャフナを再び観光します。
BlogPaint
↑まずやって来たのは「Matri Manai」。ポルトガルに支配される前のジャフナ王国の宮殿だったとされる建物です。

BlogPaint
↑2007年からスリランカ政府の管理下に置かれたようですが…ボロボロやないの。

BlogPaint
↑朽ち果てそうな木彫りの彫刻が儚げです。

BlogPaint
↑ここは誰でも自由に出入りができるため、日中の明るい時間帯の訪問をオススメします。

BlogPaint
↑これも古いなあ…と思って建物の中をのぞこうとしたらおじいちゃんがソファで寛いでいました。そう、一般住居でしたw

BlogPaint
↑ここはDistrict Secretariatの真向かいにある、オランダ植民地時代の古い建物跡。

BlogPaint
↑柵があって中に入れないのが残念ですがステキ。

BlogPaint
↑入口ゲートに「関係者以外立ち入り禁止」と書いてあったので中に入れませんでしたが、係員さんがゲートにいる場合は交渉の上、中に入れることもあるようです。

BlogPaint
↑町中にはこのような朽ち果て寸前の建物がまだたくさん残っています。

BlogPaint
↑ここも修復中なのかな?有刺鉄線が張り巡らされていて中には入れませんでした。

BlogPaint
↑ジャフナ最後の観光は聖ジョン教会。

BlogPaint
↑1862年に建てられた古い教会ですが、内戦で破壊されたため2001年に修復されています。

いやー、全部ではないけど見たいものはだいたい見ることができたので満足満喫☆

さーてとジャフナ最後の夜は何を食べようかなー。


こんにちは、とも先生です。

先々週末だったかな、プラカノンに住んでいる友人が「行かない?」と誘ってくれたので、久しぶりにプラカノン駅近の屋台村&ビアガーデン「W マーケット」へ行ってきました。
(2016年)プラカノンの目まぐるしく変わる屋台村「W Market」へ行ってきた!
http://tomosensei.net/archives/1051534538.html
まだ乾季じゃないから夜でも暑いんだけどね!気心知れた友人たちと飲むビールは美味しいよね!
BlogPaint
↑屋台村&ビアガーデンはW Districtという商業エリアの中にあります。なのでスクンビット通りからここをセブンイレブンを右手に見ながら奥へ入って行きますよー。

BlogPaint
↑まだまだ、もっと奥。

BlogPaint
↑この写真の右奥がWマーケットです。久しぶりだからウキウキ☆

BlogPaint
↑土曜日の早めの時間に行ったから余裕で座れたけど、ちょいと遅めに行くともう座るとこないからね!週末は夜19時前には入ったほうがいいんじゃないかな。

BlogPaint
↑とも先生は少々遅れて参加したんだけど、着いたらすでにこれが!アサヒ生ビール3L(750バーツ=約2,510円)。ぷはー。

BlogPaint
↑各店舗は、中央のテーブルエリアを取り囲むようにして並んでいます。遠くのお店まで注文に行くの大変だから、お気に入りのお店があったらその前のテーブルに座ったほうが楽かも。

BlogPaint
↑まーずーはービーフステーキ(150バーツ=約500円)。食べやすいように小さめにカットしてくれているのがうれしいね、おつまみ用にバッチリ☆

BlogPaint
↑安定のチキンウイング(110バーツ=約370円)は、外サクッの中ジューシーで美味しくないわけないじゃんね!

BlogPaint
↑これはPanzerotti(180バーツ=約600円)と言って揚げカルツォーネみたいな。中からとろりと4種類の濃厚チーズがあふれ出てきてこれ美味しい!

BlogPaint
↑イタリアのアテ、アンティパストミスト(320バーツ=約1,070円)。お値段の割にお皿にみっちり詰まっていて食べ応え十分。

BlogPaint
↑タイ料理、中華、イタリアン、寿司、鉄板焼き、カフェ飯的なものなどお店のジャンルは幅広くて、どれにしようか迷うのも楽しいね。

BlogPaint
↑炭水化物が欲しいのでピザ屋さんへ。

BlogPaint
ピザ各種(2枚で100バーツ=約330円)。注文するとグループで食べやすいように細切りにしてくれるのすごくうれしい!味もなかなか。

BlogPaint
↑テーブルから離れた場所のお店で注文した場合、このような目印のモノを渡されるのでテーブルの見えやすい位置に置いておきます。するとお店の人がこれを目印にして料理を運んできてくれますよ。お会計はすべてキャッシュオンデリバリー。

BlogPaint
↑最後の〆にパットママー(150バーツ=約500円)。タイのインスタント麺を使った焼きそばですが、これがジャンキーでかなり美味しい!w

週末はもちろん、平日も仕事帰りの人たちでにぎわっているWマーケット。一人より二人、二人より三人、できたらグループで行くとワイワイ楽しめると思いますよー!トイレ完備です!ぜひ!


店名: W マーケット/W Market
場所: BTSプラカノン駅から約250m、徒歩3〜5分。
電話: +66 86 566 2929
営業: 16:00-00:00

こんにちは、とも先生です。

春休みのインドネシア旅行でやってきたマルク州のバンダネイラ。とも先生は、英語のガイドブックには必ず掲載されるほど有名なコロニアルゲストハウス「デルフィカ1/Delfika Guesthouse」に泊まりましたが、ここは食事の美味しさにも定評があります。
コロニアル建築のお宿「デルフィカ1/Delfika Guesthouse」
http://tomosensei.net/archives/1070822352.html
洋食系のメニューもあり、客のわがままオーダーにも可能な限り応じてくれることから、宿泊客以外の欧米人観光客がひっきりなしにやって来ていたよ。
BlogPaint
↑バンダネイラにはいわゆる「レストランとしてだけで営業しているレストラン」はほとんど無く、基本的にホテルやゲストハウスに併設されています。季節や天候によりバンダネイラへのアクセスが限られてしまうため、訪れる観光客の数が少ないからなんです。

BlogPaint
↑イスラム系のお店なのでメニューにアルコール類と豚肉はありません。また敷地内へのお酒の持ち込みも禁止なので気をつけてね。

BlogPaint
↑一般のお宅のご飯にお呼ばれしたような、そんな家庭的な雰囲気です。長テーブルの他に2人用テーブルもいくつかあるので、おひとりさまでも全然気楽に利用できるよ。

BlogPaint
↑メニューはすべて英語併記で一部のお料理には写真もあるのでとても分かりやすいよ。オーダーは、用意されたメモ帳に食べたいものを自分で書いて渡します。

BlogPaint
↑午前中の散策で歩き疲れたのでまずはさっぱりとレモンジュース(20,000ルピア=約160円)を。砂糖を別添えにしてくれるのはうれしいね。湯冷ましのお冷やは自由にいただけます。

BlogPaint
Nasi Goreng Ikan Tuna(35,000ルピア=約270円)。インドネシアでTunaはマグロだけではなく似たような魚も全部ひっくるめてTunaと言ったりするので、これはたぶんマグロじゃなくてカツオのチャーハンだと思います。

軽く味付けしてから素揚げしたカツオは生臭さゼロで身がふわっふわで新鮮。ちょっぴり辛めのご飯と相性抜群でこれは美味しい〜!

BlogPaint
↑これはTerong Goreng Saus Kecap(25,000ルピア=約200円)。素揚げしたナスをケチャップマニス(鰻の蒲焼きのタレのようなインドネシアの調味料)ベースのソースで合わせたお料理。これはご飯が進みまくること確実な美味さ!

BlogPaint
↑夕飯に食べたNasi Ikan(30,000ルピア=約230円)。お魚の煮付けに、青パパイヤの煮物、テンペ(インドネシアの大豆発酵食品)の甘辛炒め、目玉焼きが付いてボリューム満点。インドネシアご飯って感じ☆

料理はどれも美味しくて、物価が高めの島でありながら比較的リーズナブル。メニューにはない料理も、食材が用意できて作り方を教えてくれればなんとか頑張るってw とても居心地の良いお店なのでバンダネイラ滞在中にぜひ☆


名称: デルフィカ・カフェ/Delfika Cafe
場所: Banda, Kabupaten Maluku Tengah, Maluku
電話: +62 813-5572-8728/0910-21027
営業: 8:00-22:00(お客さんがいなければ早仕舞い)


こんにちは、とも先生です。

エアアジアの運賃無料プロモ航空券でやってきた中国の汕頭(スワトウ)。

空港からエアポートバスに乗って簡単に市内へ入ることが出来ました。
エアポートバスに乗って空港から市内へ
http://tomosensei.net/archives/1069779962.html
とも先生が今回チョイスしたホテルは(値段的にはほとんどゲストハウスなんですけどw)、エアポートバスが発着するめっちゃ便利な立地のホテル「Shantou Overseas Chinese Hotel/汕頭華僑大廈」です。
BlogPaint
↑エアポートバスがホテルの真ん前から発着するので迷子率は限りなくゼロ!けっこう古くからありそうなコテコテ大型ホテルです。

BlogPaint
↑ゲストハウス並みのお値段だった一番カテゴリーの低いスタンダードルームがこれ。年季は入っているけど十分清潔で広くて快適で文句なんてあるはずないじゃん!

BlogPaint
↑テレビ、冷蔵庫、空調ももちろん完備。コンセントは日本のものがそのまま差せますが、電圧が違うのでそれは自分で確認してね。

ただ、冷房はあるけど暖房がなかったので、とも先生が泊まった2月の寒い時期(日中の最高気温10-12度)は夜寒かったですー!布団を重ねて寝てましたw

BlogPaint
↑湯沸かしポットとお茶も用意されているので、中国茶でほっと一息も可能。

BlogPaint
↑バスルームもネットの口コミサイトで酷評されているほどではなく、別に古いだけで汚くはなかったですよ。シャワーは湯量も温度もバッチリ。

BlogPaint
↑アメニティは石けん、シャンプー、ボディソープ、櫛、歯ブラシと一通り。

BlogPaint
↑お部屋からの眺め。市内中心部のやや西側に位置しています。

BlogPaint
↑ホテル1階にはレストラン、そして土産店も有り〼。

BlogPaint
↑ホテルのとなりには大きなショッピングセンターがあって、中にはレストランやLOTUSという大きなスーパーマーケットも入っているからとても便利。

このホテル、ネットの口コミ評価がかなり低くて泊まるのを躊躇していたのですが、いざ泊まってみると全然快適なお部屋だったし、何よりホテル前にエアポートバスが発着するのが大変大きな魅力です。

立地さえよくて眠れれば十分!というカジュアルトラベラーさんにオススメ☆


名称: Shantou Overseas Chinese Hotel/汕頭華僑大廈
場所: 金平区长平路7号
電話: 0754-88911111


こんにちは、とも先生です。

2017年も今日で最後、大晦日がやってきました。

今年振り返ることはたくさんあるのですが、その中でも「旅」を振り返ります。

2017年の旅
(1月)
・マレー半島縦断/ミャンマー、マレーシア、シンガポール
(2月)
・ラオス/パクセ、コン島
(3月)
・タイ国内/ホアヒン
(4月)
・インドネシア/バリ島
・トルコ/カッパドキア、パムッカレ、イスタンブール
(5月)
・シンガポール
(6月)
・日本
・タイ国内/ピーターコン祭りでルーイ
(7月)
・ラオス/サワンナケート
・タイ国内/ヤラー、パッタニー、ナラティワート
(8月)
・インドネシア/バリ島、ギリトラワンガン島
・シンガポール
(9月)
・ベトナム/ハイフォン
(10月)
・インドネシア/マラン、ブリタール、スラバヤ、スマラン
(11月)
・シンガポール
(12月)
・タイ国内/パタヤ
・タイ国内/ランタ島、ロック島
・パキスタン/カラチ、サッカル、モヘンジョダロ

一時帰国も含めたら2017年は18回旅に出かけました。

<2017年の私的ステキ旅先ランキング>
【1位】イスタンブール(トルコ)
【2位】ニャウン・ウー・ピー島(ミャンマー)
【3位】スマラン(インドネシア)
BlogPaint
↑【1位】生まれて初めてのトルコ旅行は王道のカッパドキアやパムッカレも周遊しましたが、一番楽しくて感動して感激してワクワクしたのはイスタンブール!今すぐもう一度行きたい!
とも先生のトルコ旅行
http://tomosensei.net/tag/トルコ
BlogPaint
↑【2位】友人たちと年末年始を過ごしたミャンマー・メルギー諸島のニャウン・ウー・ピー島。ここは乾季しか行くことのできないシャングリラ(桃源郷)でした♡
とも先生のミャンマー・メルギー諸島旅行
http://tomosensei.net/tag/メルギー諸島
BlogPaint
↑【
3位】インドネシアの中でも特にオランダ植民地時代のコロニアル建築が多く残っているスマラン。まるでヨーロッパのような落ち着いた街並とご飯の美味しいところでした☆
とも先生のインドネシア・スマラン旅行
http://tomosensei.net/tag/スマラン

2018年はどこに行けるかな?

みなさま、良いお年を!


↑このページのトップヘ