とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:エアポートバス

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン最終日。来た時と同じように格安のシャトルバスで空港へ向かいます。
ヤンゴン空港から市内までシャトルバスで格安移動!
http://tomosensei.net/archives/1072856203.html
BlogPaint
↑スーレー・パゴダから空港へ向かうバスは5分おきに発車らしいのですが、とも先生が利用した時はだいたい15分間隔の感じでした。

BlogPaint
↑車内でバス運賃(500チャット=約35円)を払い席へ座ります。空港から来た時と同じく車内はガラガラ…大丈夫なのかこれ?!

(ヤンゴン市内から空港へ)


スーレー・パゴダ(Sule Pagoda)

ヤンゴン中央駅(Yangon Central Railway Station)

タマダ・シネマ(Thamada Cinema)

パークロイヤルホテル・ヤンゴン(Parkroyal Hotel Yangon)

ヤンゴン動物園(Zoological Garden)

シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda)

シュエゴンディン(Shwe Gone Dine)

エクセル・ホテル(Excel Hotel)

メリアホテル・ヤンゴン(Melia Hotel Yangon)

ミャンマー・プラザ(Myanmar Plaza)

セドナホテル・ヤンゴン(Sedona Hotel Yangon)

カバルアイェ・パゴダ(Kabar Aye Pagoda)

ナワディ・シネマ(Nawaday Cinema)

ヤンゴンホテル(Yangon Hotel)

8マイル・ジャンクション(8 Mile Junction)

ヤンゴン国際空港(Yangon Int’l Airport)


↑実際の運行ルートはこんな感じ。

バス停ではない場所で人の乗降があったり、バス停に人がいない時などは通過していました。始発のスーレー・パゴダから乗る場合は問題ありませんが、途中のバス停から乗る場合は注意が必要かもね。

BlogPaint
↑スーレー・パゴダを15:00に出発して空港へ着いたのが15:50。行きとほぼ同じ所要時間でした。

バスを降りた向かいの建物が国際線出発口なのですっごく便利だよ。

BlogPaint
↑ヤンゴン空港初めてのとも先生は完全なおのぼりさんw 空港内にチャット建てで買い物ができるコンビニスタイルのお店があってこれはうれしい!お値段も市内とほとんど同じじゃないかな?

BlogPaint
↑古いコロニアル建築も好きだけど、新しい建物も気持ちがいいね。

BlogPaint
↑搭乗口。それではバンコクへ戻りまーす。



こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ミャンマー旅行自体は2回目なんだけど、ヤンゴンへ行くのは初めて!ドキドキ!
ミャンマー南部の離島リゾートでの年越しは控え目に言って最高だった☆
http://tomosensei.net/tag/ニャウンウーピー島
BlogPaint
↑ヤンゴン国際空港に到着!初めて来たけど空港新しいねー。

BlogPaint
↑入国審査では何も質問されることなくスタンプ押されてすぐに終了。

BlogPaint
↑空港で両替したりSIMカード買ったりお手洗いを済ませてから、インフォメーションで市内へ行くバス乗り場の場所を尋ねると…

BlogPaint
↑「とりあえず外に出てひたすらへ歩け」とシンプルなアドバイスをいただきましたw

BlogPaint
↑とりあえず建物の外へ出た…でもわからんw

BlogPaint
↑とりあえず左手に歩いてみる…なんか遠くの方に何か…何か赤いものが!

BlogPaint
↑荷物も少ないのでズンドコ歩いてみる…やっぱり遠くの方に赤い何かがある!

BlogPaint
↑いえーい!シャトルバス発見!ヤンゴン市内のスーレーパゴダまで1本で行くというので即乗車。


↑ちなみにヤンゴン市内行きのシャトルバス乗り場はここ、国際線出発口の向かい。

BlogPaint
バス運賃(500チャット=約35円)を払い車内へ。まだそれほどバスの知名度がないからか、空いていて、とってもキレイで、エアコンがほどよく効いていて最高ー!


↑空港からヤンゴン市内へ向かうシャトルバスには2つの異なるルートを走るバスがあるそうなのですが、とも先生が今回利用したバスは「Pyay Road」を走るルートでした。目的地が終点のスーレーパゴダなら、どちらのバスに乗ってもOK。

BlogPaint
↑空港を朝8:30に出発して、市内のスーレーパゴダそばのバス停(終点)に到着したのが朝9:15。

なんと45分で市内に着いちゃったよ!のんびりバスで1時間半かかると思っていたから意外!

空港から快適なバスに揺られて!乗り換えも無しで!格安運賃で!最高じゃんねこれ!

BlogPaint
↑スーレーパゴダ。お天気が曇り空なのであまり映えないけど、タイとはまた違う形で面白いね。

さて、それではここから少し歩いて、予約したゲストハウスへ向かいまーす。

こんにちは、とも先生です。

中国の汕頭(スワトウ)旅行を満喫したのでバンコクへ戻りますよー。

帰りは、来た時と同じようにエアポートバスで掲陽潮汕空港(SWA)へ。
エアポートバスに乗って掲陽潮汕空港(SWA)から汕頭市内へ
http://tomosensei.net/archives/1069779962.html
BlogPaint
↑老街観光などが目的で汕頭市の西エリアに滞在の場合は、「Shantou Overseas Chinese Hotel/汕頭華僑大廈」がエアポートバスの発着場となります。
Shantou Overseas Chinese Hotel/汕頭華僑大廈
http://tomosensei.net/archives/1069885030.html
BlogPaint
↑ホテルのフロントでバスのチケットを購入します。

<ホテル発空港行きバスの時刻表>
5:30, 7:30〜16:30(1時間おき), 18:00

BlogPaint
エアポートバスチケット(22元=約370円)。次のバスのチケットしか売ってくれないので、希望の時間(例えば4時間後)のチケットを事前に買うことはできません。

BlogPaint
↑空港行きのエアポートバスは、来た時と同じ比較的新しいバスだよ。

BlogPaint
↑壊れているシートもあったけど車内はキレイで文句無いよー。

BlogPaint
↑バスはちょうど1時間で掲陽潮汕空港に到着。

BlogPaint
↑2011年開港のまだ新しい空港です。

BlogPaint
↑中国発のエアアジアはオンラインチェックインが出来ないので(涙)、問答無用で全員チェックインカウンターに行かねばなりません。エアアジアなのにこんな立派なチケットだw

BlogPaint
↑出国審査を終えて国際線の搭乗待ち合いエリア。まだ就航している国際線が少ないからかのんびりした雰囲気。

免税店、カフェ、トイレのみのシンプルな造りで、無料Wifiがあるとのことでしたがうまくつながりませんでした…。

BlogPaint
↑バンコク・ドンムアン空港行きエアアジアの搭乗開始。みなさんきちんと静かに整列して搭乗しているのしゅごい。

BlogPaint
↑旅行最終日になってやっとクッキリ青空になりました!悔しい!w

その後、定刻通りのフライトでバンコクへ戻りました。

これで中国・汕頭(スワトウ)旅行はおしまい☆


こんにちは、とも先生です。

エアアジアの運賃無料プロモ航空券でやってきた中国の汕頭(スワトウ)。

空港からエアポートバスに乗って簡単に市内へ入ることが出来ました。
エアポートバスに乗って空港から市内へ
http://tomosensei.net/archives/1069779962.html
とも先生が今回チョイスしたホテルは(値段的にはほとんどゲストハウスなんですけどw)、エアポートバスが発着するめっちゃ便利な立地のホテル「Shantou Overseas Chinese Hotel/汕頭華僑大廈」です。
BlogPaint
↑エアポートバスがホテルの真ん前から発着するので迷子率は限りなくゼロ!けっこう古くからありそうなコテコテ大型ホテルです。

BlogPaint
↑ゲストハウス並みのお値段だった一番カテゴリーの低いスタンダードルームがこれ。年季は入っているけど十分清潔で広くて快適で文句なんてあるはずないじゃん!

BlogPaint
↑テレビ、冷蔵庫、空調ももちろん完備。コンセントは日本のものがそのまま差せますが、電圧が違うのでそれは自分で確認してね。

ただ、冷房はあるけど暖房がなかったので、とも先生が泊まった2月の寒い時期(日中の最高気温10-12度)は夜寒かったですー!布団を重ねて寝てましたw

BlogPaint
↑湯沸かしポットとお茶も用意されているので、中国茶でほっと一息も可能。

BlogPaint
↑バスルームもネットの口コミサイトで酷評されているほどではなく、別に古いだけで汚くはなかったですよ。シャワーは湯量も温度もバッチリ。

BlogPaint
↑アメニティは石けん、シャンプー、ボディソープ、櫛、歯ブラシと一通り。

BlogPaint
↑お部屋からの眺め。市内中心部のやや西側に位置しています。

BlogPaint
↑ホテル1階にはレストラン、そして土産店も有り〼。

BlogPaint
↑ホテルのとなりには大きなショッピングセンターがあって、中にはレストランやLOTUSという大きなスーパーマーケットも入っているからとても便利。

このホテル、ネットの口コミ評価がかなり低くて泊まるのを躊躇していたのですが、いざ泊まってみると全然快適なお部屋だったし、何よりホテル前にエアポートバスが発着するのが大変大きな魅力です。

立地さえよくて眠れれば十分!というカジュアルトラベラーさんにオススメ☆


名称: Shantou Overseas Chinese Hotel/汕頭華僑大廈
場所: 金平区长平路7号
電話: 0754-88911111


こんにちは、とも先生です。

2月の頭に中国へ行ってきました、ちうごく。

去年の5月だか6月だったかな、エアアジアの運賃無料プロモで予約していた「バンコク(DMK)〜汕頭(SWA)線」。空港使用料だけの往復1,500バーツで予約できちゃった!安ーい!なんて感激していたのですが、あまりにも先の予約なのですっかり忘れていましたw

まずは汕頭の空港から市内までエアポートバスで移動します。
BlogPaint
↑バンコク・ドンムアン空港からタイ・エアアジアで汕頭まで3時間ちょっと。

BlogPaint
↑到着した掲陽潮汕空港(SWA)は2011年に新しく出来ただけあってピカピカ。

BlogPaint
↑汕頭市内へのエアポートバスチケットは国内線出口そばのこのカウンターで購入できます。国際線出口には何もないので、出口出て右へ歩き国内線出口へ向かってください。

BlogPaint
↑カウンターのおねいさんは英語が通じたので、目的地のホテル名を告げると一番最寄りの停留所までのエアポートバスチケット(22元=約370円)を発券してくれました。

ま、今回は事前に調べてエアポートバス終点停留所直結のホテルを予約したんだけどね。とりあえずカウンターで英語で相談できるのは安心ですよね。

BlogPaint
↑建物の外へ出るとバス停がいくつかあるので、カウンターのおねいさんに言われた通り4番のバス停を探します。

BlogPaint
↑あった、ここだ。市内へ向かうバスは朝から夕方まで1時間おきに走っているね。

BlogPaint
↑バスの発車まで少し時間があったので、駐車場側から空港ビルをパチリ。インスタ映えを狙ったのかバカでかい空港コードのオブジェがありました。もちろんみんなここで記念撮影。

BlogPaint
↑時間ちょうどにバスがやって来ました。とも先生以外おそらく中国のお客さんみたいですが、みんな静かにきちんと整列乗車。

BlogPaint
↑バスの座席は比較的ゆったりしていますが、リクライニングの壊れたガタガタの座席もあったので早い者勝ちでw

BlogPaint
↑訪れた時期の問題か大気汚染なのか、なんかすっごくどんよりしています空。

BlogPaint
↑空港から約35km、約1時間で汕頭市内のホテルに到着しました。

なんだ、空港から市内までのアクセスめっちゃ簡単だなw

次回は汕頭のホテルについて書きます。



↑このページのトップヘ