とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ウブド

こんにちは、とも先生です。

春休みに行ったバリ島。一緒にバリ島を旅行したH君は一足先に日本へ帰ってしまったので、ウブド最終日の夜はとも先生ひとり…。ウブド在住の友人たちに声をかけたら集まってくれることになったので、ずっと行きたくて行きたくて心待ちにしていたお店「B SIDE - Modern Balinese Café」へ行ってきました!

このお店は、ウブドの人気レストラン「ビアビア/Biah Biah」「ビアビア・プラス/Biah Biah +」を経営するオーナーがオープンした3店舗目!しゅごい!
BlogPaint
↑お店はラヤウブド通りからスリウェダリ通りに入り2kmほど北上した右手にあります。最近はここいらへんにも新しいヴィラが増えて来て、ウブド本来ののどかな環境を好むゲストが滞在するようです。

BlogPaint
↑1階は「B Side Cafe」、2階は「8b Lounge」とそれぞれコンセプトが異なります。やばっ!オサレ!

BlogPaint
↑日没間際にお邪魔したので写真が暗くなってしまったけど、ここでランチしたら気持ち良さそうだなあ☆

BlogPaint
↑バリ島のクラフトビール「stark」も揃ってます。

BlogPaint
↑今回は2階の「8b Lounge」へ。うわー!カッコいい!ルーフトップだけど雨が降っても大丈夫的な!

BlogPaint
↑この日没の刻々と変わりゆく空の色を楽しむことができるのもルーフトップならではですね。

BlogPaint
↑メニューに写真はありませんが日本語表記があるのでオーダーは簡単☆

BlogPaint
↑まずはバリ島のクラフトビール「stark」 で乾杯〜!とも先生はこのビール飲むの初めてなんだけど…飲みやすいなぁおい!

BlogPaint
↑さーて!どんどんアテを頼むよー!まずはヤングコーンのグリル・コリアンダーマヨソース(28,000ルピア=約220円)。歯触りシャクシャク新鮮なヤングコーンに香りの良いソースがからんでもうたまらない!これはかなり危険な美味しさ!

BlogPaint
自家製レモンバジルレバーパテ(30,000ルピア=約240円)は、濃厚な旨味のパテなのに後口さわやかなイケナイ美味しさ。バゲットにたっぷり塗っていただきます。

BlogPaint
↑辛党にオススメな一品!スパイシーポテトフライ自家製スパイシーソース添え(32,000ルピア=約250円)。チリパウダーをまぶしたポテトフライにさらに辛いソースを付けまくり!ビールのためにあるようなポテト!辛っら〜い!でも美味しい!

BlogPaint
↑さっきのパテがオムレツに入ってるよ!自家製レモンバジルレバーパテを熱々のオムレツと共に(32,000ルピア=約250円)。スキレット調理されたふわっふわのオムレツとパテの相性が完璧!すみませんがバンコクまで配達していただけませんでしょうかお願いしますレベル。

BlogPaint
2種類の自家製バリニーズポークソーセージプレート(40,000ルピア=約320円)は、噛むごとにあふれる肉汁と、プルチンソース(唐辛子ベースのソース)のからんだポテトが最高にウマい!

BlogPaint
↑これは友人がオーダーしたラザニア、これもウマそうだなあ。もう食べたいものがたくさんあって困るwww

BlogPaint
↑こちらはガドガド/Gado-Gadoというインドネシアの温野菜サラダなんだけど、ここのガドガドはオサレにロールアップされています。めっちゃカワイイ盛り付けじゃないかっ!

BlogPaint
↑実はとも先生、こちらにお邪魔する2日前に誕生日を迎えまして、なんとお祝いをしていただきました(照)。このコーヒームースケーキがね、日本人が好みそうな甘物限界ギリギリのオトナの甘さで、めっちゃ美味しかったんですよっ!この甘さ控え目加減は酒のアテにもよさげなレベル!

いやあ、楽しかった!どれも手の込んだお料理なのにお値段リーズナブルでうれしくなっちゃうね。バリ料理の新鮮な食材を活かしてモダンな創作料理に昇華させるテクは見事です。次回ウブド滞在の時はブレックファストタイムから突撃しちゃおうかな!オススメです。


店名: B SIDE - Modern Balinese Café
場所: Jl. Sri Wedari No.8b, Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali
電話: +62 823-3992-2732
営業: 8:00-22;30
FB: https://web.facebook.com/bside8B/

こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島旅行。今回は日本からやって来た友人H君と合流しての二人旅なので、ウブドでの滞在はいつも泊まる宿「プラサンティ・ベッド&ブレックファスト」ではなく中心部のホテルにしてみました。

ウブド・プンゴセカン通りに建つ「ザ・グランド・スンティ・ウブド/The Grand Sunti Ubud」は、こじんまりとした居心地の良いプチホテルでしたよ☆
BlogPaint
↑ホテルはプンゴセカン通りにあるアルマ美術館入口の左斜め向かい。入口が駐車場、奥にフロントがあります。

BlogPaint
↑通り沿いのこの看板が目印、って今までバイクで目の前を何十回と通っているのに気付かなかった。ウブド在住日本人もみんなこのホテルを知らなかったので、ある意味隠れ家ホテルかもw

BlogPaint
↑今回泊まったお部屋は一番安いスーペリアルーム。レンガむき出しで、昔のバリ島の安いホテルってみんなこんな感じじゃなかった?

BlogPaint
↑日没前ギリギリにチェックインしたので全体的に写真が暗めなのですが室内。広くはないけどまあ1泊だしツインだし問題無し。

BlogPaint
↑エアコン、テレビ、冷蔵庫など基本設備はバッチリ。ただ全体的にちょっと古いね。

BlogPaint
↑冷蔵庫の中にはビールとコーラ。空きスペースがあるので、外のスーパーで買って来たものを冷やしておくこともできるよ。

BlogPaint
↑湯沸かしポットがあるのでお部屋でお茶やコーヒーも楽しめます。

BlogPaint
↑バスルーム。バスタブ付きで広めだけどここもちと古いな…汚いってわけじゃないよ。

BlogPaint
↑お水は1日2本無料。アメニティはシンプルだけど歯ブラシ有り〼。

BlogPaint
↑お部屋前のテラスにはソファがあって、涼しい季節や夜はめためたに気持ち良さそうだぞ。

BlogPaint
↑客室数の割に広めなメインプールの周りにはレストランとスパがあります。今回は朝食抜きプランで予約したのでレストランは利用せず。

BlogPaint
↑このホテルは少しずつ増築を重ねたのかな?メインプールの他に、敷地奥にもうひとつプールがありましたw

今回泊まったスーペリアルームのように古い部屋もあれば、ピカピカに新しいデラックスルームもあり、カテゴリーによってお部屋のクオリティが全然違うみたいだったよ。ホテル周辺にはレストランがたくさんあって立地は良いほうだと思うよ。


名称: ザ・グランド・スンティ・ウブド/The Grand Sunti Ubud
場所: Jl. Raya Pengosekan, Ubud Gianyar, Bali
電話: +62 361 977564
Web: http://www.thegrandsunti.com/

こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行はいろいろな用事を兼ねてインドネシア周遊。

ほぼリアルタイム的な旅をちょこちょこアップしていきまーす。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

4月15日(日)

旅もそろそろ終盤戦。今日は朝からサンデーマーケットへ行こうと思っていたんだけど、前日の疲れでなんか寝起きが悪く、バイク借りに行ったりお金を下ろしにいったりゴロゴロしたりしているうちにもうお昼近くw

今日のランチは友人のお誘いで、ウブドに新しくオープンした「Element by Westin Bali Ubud」へGo。

BlogPaint
↑このホテルはウェスティンのカジュアルロングステイ系のブランドみたいだよ。1泊1万円しないみたいだよ。

プールサイドでいただいたナシゴレンは、「ホテルのそこそこ美味しいけど特に特徴のない料理」ではなく、いやもうすっごい美味しかった☆

BlogPaint
↑夕方からは、以前から行きたかった「B Side Modern Balinese Cafe」へ。ここも初入店なんだけど、とにかく酒のアテが美味しすぎる!これは自家製レモンバジルレバーパテのオムレツ♡

BlogPaint
↑こちらは自家製ウルタン(バリのポークソーセージ)盛り合わせ。噛むと肉汁がブシュッと出るのー。プルチンソースもウマウマ!

BlogPaint
↑一昨日誕生日だったとも先生と、4月生まれの他のお客さんと一緒にケーキでお祝いしていただきました♡ コーヒームースケーキが甘さ超控え目で酒のアテにもなりそうな美味しさ!

今夜はモリモリいきましたw

明日は再び移動日でーす。


こんにちは、とも先生です。

バリ島のウブド滞在2日目。夕方の友人たちとの待ち合わせまで少し時間があったので、マッサージを終えたその足で少しお散歩をすることにしました。

やってきたのは「ブキッ・チンタ/Bukit Cinta」と呼ばれるお散歩コース。

直訳すると「愛の丘♡」

そう…愛を探しに行ってきます。

BlogPaint
↑スタート地点の目印は高級ホテル「イバ」。まずはイバホテルを目指しましょう。

BlogPaint
↑すると、イバホテル入口の左脇にこのような細道があるのでこちらを進んで行きます。

BlogPaint
↑下り坂をとことこ下って行くと、坂の左側に駐輪場があるのでバイクで来た人はここに停めましょう。

BlogPaint
↑坂を下りきり橋を渡る前に、右側に細い道があるんですよね。写真のようにサインがあるので右側へ進むと。

BlogPaint
↑ここはお寺の脇道なのかな?とにかく前進。観光客だけではなく地元の子たちもたくさんお散歩しているので迷子になることはなさそうです。

BlogPaint
↑、あ、少し道が開けてきた。右奥に廃屋らしきものがあるねえ。

ゆっくり歩いてはいるんだけど、この道なだらかーに上りで汗が出てきた…意外といい運動になりそうw


BlogPaint
↑まだ日没までには時間があるけど、空はすでに夕暮れモード。歩くにつれて気持ちのよい風が吹いてきましたよ。汗かきには最高のご褒美。

BlogPaint
↑緑たっぷりの景色は目のご馳走。

BlogPaint
↑そしてさらに道が開けてきたよと思ったら、丘の尾根らしき道になってきました。

両脇が緑で…なんだろう、今まであまり歩いたことのない道。

ここで愛を囁かれちゃったりしたらどうしよう…イエス、って答えちゃうのかな。ここで手をつなぎながら歩いたら…。ここで急に壁ドン?壁無いし。

とってもステキな風景だよ、好きな風景だよ。

でもねえ…人が多い!

さらに!一人で歩いている人なんていやしねえ!みんなカップルかグループ!


BlogPaint
↑遠くにはホテルらしき建物も見えます。

ずーっとずーっと歩くと先にカフェがあるそうですが、とも先生ここら辺でもう許してください、引き返していいですか。


BlogPaint
↑おそらくこの道の魅力を100%知ることなく来た道を戻ります。だってお腹空いたし人多いしw

夕方の時間帯は観光客+地元の方達でかなり混雑していました。逆にクソ暑い日中のほうが意外と空いているかもしれません。次回また来るぞー!

こんにちは、とも先生です。

バリ島ウブド滞在2日目。今日は共に旅行をする友人カップルとは一日別行動なので、とも先生はウブド在住のお友達とランチしてきました。

友達がちょこちょこランチしに行くという「ワルン・ハナ/Warung HANA」は、リーズナブルなのにどのお料理も手が込んでいて、お店の雰囲気も好きになっちゃいました☆

BlogPaint
↑お店はウブド中心部からゴアガジャ方面に走って左側にあります。お店の前に駐車場も有り。

BlogPaint
↑店内。テーブルや椅子もバラバラでどこか雑多な印象を受けたのですが、なぜかとても心地よい雰囲気。ギリギリのラインで調和がとれているような。

BlogPaint
↑店内に置かれたアンティークは、触りたくなっちゃったけどタッチ厳禁w

BlogPaint
↑メニューはインドネシア語と英語のみですが、写真入りなので注文に困ることはなさそうです。

BlogPaint
↑お腹が空いているのでしっかりいただきます。まずこのお店のオススメであるソップ・ブントゥット/Sop Buntut(40,000ルピア=約330円)は、インドネシアのオックステールスープ。牛肉の旨味が、さっぱりしつつも濃厚なスープにとけ込んでいて美味しい。

BlogPaint
↑こちらはお店のオリジナル料理アヤム・クラパ/Ayam Kelapa(25,000ルピア=約210円)。これは、ココナッツフレーク入りの衣で揚げた鶏胸肉のフライにマイルドなカレーソースをかけたもの。

これ…旨っつつつ!これを店のオススメにしたらいいんじゃない?っていうくらい美味しかったよ!


BlogPaint
↑インドネシアのポピュラーなおやつであるピサン・ゴレン/Pisang Gorengはバナナのフリッター。サクサクの衣と中のとろとろバナナが最高ー!友達が注文したので値段わかんないやw

BlogPaint
↑お店の2階は開放的なオープンテラスになっていて、暑くなければここでランチしてもよさそう。

BlogPaint
↑2階には子供用のプレイエリアも用意されているので子連れでも楽しめますね。

BlogPaint
↑特にビッとしてバットしているわけでもないんだけど、なんだろう、お店の雰囲気がとても気に入ってしまいました。長居したくなるような。

訪れた時の客層は、外国人観光客よりもインドネシアの地元のお客さんが多いような印象を受けました。地元に好かれる店なんて最高だよねー。



店名: ワルン・ハナ/Warung HANA
場所:
電話: 0361-970124
営業: 8:00-22:00

↑このページのトップヘ