とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:インドネシア料理

こんにちは、とも先生です。

備忘録振り返り旅行記インドネシア・クパン編

*すべて2011年3月当時のお話ですので軽く流してくださいね。

この日はクパン滞在最終日。明日のフライトでバリ島へ戻るので、なんか名物的な郷土料理的なものを食べたいなあ。泊まっているホテルの人に訊いたら「セイ・バビ/Se'i Babi」という豚肉料理が有名で美味しいよということで、場所を教えてもらい行ってみました。
BlogPaint
↑クパン市内は緩やかな坂道の多いのんびりとした街でした。住みやすそうだなあと直感が降臨。

BlogPaint
↑ビーチでサンセットを堪能。都市部なので海はキレイではなかったけどサンセットはうとぅくしい。

BlogPaint
↑道に迷いながらもなんとかお店に到着。「Depot Bambu Kuning」というお地元なお店です。殺風景な店内でメニューもありませんでしたが、壁に書かれた料理名を指さしで注文。

BlogPaint
↑これが「セイ・バビ/Se'i Babi」。薫製した豚肉をグリルしたものにパパイヤの花の炒め物が添えられ、ご飯、野菜スープ、サンバル(チリペースト)が付きます。

お味は…美味しい〜♡ 豚のロース部分を薫製にしているのかな、とっても柔らかくて香ばしくて旨味たっぷり!ほろ苦いパパイヤとの相性もバッチリ栄養満点!これでお酒があれば言うことないんだけどww

このセイ・バビは豚肉の薫製ですが、他に牛肉バージョンの「セイ・サピ」というものもあるそうです。薫製して切り分ける前の塊をお土産として購入することもできますよ。

そしてGooglemapで確認したところ(2018年7月)、お店が通りから少し奥まったところに移転していて新しくなっていました。クパンに滞在予定の方はぜひ〜☆


店名: Depot Bambu Kuning
場所: Jalan Perintis Kemerdekaan I, Oebufu, Oebobo, Kota Kupang, Nusa Tenggara Tim
電話: +62 821-4476-3383
営業: 8:00-17:00(日曜定休)

こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島北部2泊3日おひとりさま旅。

この日は、朝ムンドゥックを出発して途中ウルン・ダヌ・プラタン寺院を観光してからブドゥグルのプラマ社オフィスへ。
湖に浮かぶ寺院「ウルン・ダヌ・プラタン寺院」
http://tomosensei.net/archives/1071188081.html
ここでサヌール行きのツーリストバスを待っているのですが、どうやら30分ほど出発が遅れるとのこと…。とも先生なんだかお腹が空いてしまったので、オフィスそばでサクッとお昼ご飯を食べることにします。

植木屋さんの隣りにあるためすっごく緑豊かなワルン(食堂)「Warung Muslim Selera」で、ブドゥグル高原名物のウサギ料理をいっただっきまっす☆
BlogPaint
↑最初てっきり植木屋さんだと思って素通りしようとしたら「クイクイ」とおばあさんに手招きされて初めてここがワルン(食堂)だと気付きましたw

BlogPaint
↑店内は典型的なインドネシアの食堂といった風情。ビタミンカラーで元気が出そう。

BlogPaint
↑テーブルの上に乗っているおせんべいやお水は、お会計時に自己申告で払います。

BlogPaint
↑とも先生は懐かしのテーボトルを。砂糖がたっぷり入ったインドネシアの瓶入り紅茶は、昔からあるポピュラーなドリンクです。

BlogPaint
↑注文した料理が運ばれてきました、美味しそ〜う!

BlogPaint
↑これはサテ・クリンチ/Sate Klinchというウサギさんの串焼き。甘辛いピーナツソースをからめながら食べるのでウサギとは感じにくいかもしれませんが、鶏肉より上品で個人的には大好きです。

BlogPaint
グレ・カンビン/Gule Kambingは、山羊のモツがたっぷり入ったカレー風味のスープ。ちょいと塩辛いのでご飯と合わせるとモリモリいただけますw

サテ、スープ、ご飯にお茶を付けてお会計(50,000ルピア=約390円)でした。

ブドゥグルって高原だから?なぜか路上でよくウサギ(ペット用?食用?)が売られていて、ウサギ料理を出すお店もけっこうあるんですよね。もしブドゥグルを通ることがあったら一度ウサギさん食べてみてください☆美味しいよ。


店名: Warung Muslim Selera
場所: Jl. Raya Baturiti, Candikuning, Bedugul, Kabupaten Tabanan, Bali
電話: +62 878-6037-4764
営業: 8:00-20:00

こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島北部おひとりさま2泊3日旅。

やって来た高原避暑地ムンドゥック/Mundukはレストランの数が少なくてけっこうご飯食べるの困っちゃったw そんな中、なかなかオサレなレストランがあったので昼も夜も通ったよ。

Guru Ratna Homestay内にある「ワルン・マデ・クトゥッ/Warung Made Ketut」です。
BlogPaint
↑お店はムンドゥックのメイン通り沿いのホテル内にあります。ホテルは「ホームステイ」と言う割にはかなりオサレでお値段もなかなかw

BlogPaint
↑泊まっている宿でWifiが使えなかったので、ネットしたくて午後にお邪魔しました。写真には写っていませんが眺めの良い店内です。

BlogPaint
アイスレモンティー(15,000ルピア=約120円)。キレイなミントや飾り切りのレモン、木で作ったストローなどかなり手が込んでるよ。

BlogPaint
↑午後のおやつはダダール/Dadar(21,000ルピア=約160円)。パンダンという甘い香りの植物を混ぜた米粉生地をクレープのように焼いて、黒糖と和えたココナツフレークを包んだお菓子。ココナツが香る優しい甘さで美味しいんだよー。

BlogPaint
↑そして夜も来ちゃったよw サンセットを楽しみながらビンタンビール大瓶(40,000ルピア=約310円)で乾杯〜。

BlogPaint
↑メニューには写真がありませんが英語表記なので注文は簡単。インドネシア料理のほか、バリ料理メニューもいくつか用意されています。

BlogPaint
↑まずはビールのアテにルンピア・ゴレン/Lumpia Goreng(24,000ルピア=約190円)。これはインドネシアの揚げ春巻きで、上にピーナツソースがかかっています。

BlogPaint
↑メインのバビ・パンガン/Babi Pangan(45,000ルピア=約350円)は、バリのスパイスを塗りながら香ばしく焼いた豚肉に、ブラウンライスを混ぜたご飯と野菜のソテーが添えられています。お肉美味しいけど、それ以上に野菜のソテーが激ウマ!

天気が良ければめっちゃ眺めいいし、Wifiもあるのでのんびりできそうなお店だよ。


店名: ワルン・マデ・クトゥッ/Warung Made Ketut
場所: Munduk, Banjar, Kabupaten Buleleng, Bali。Guru Ratna Homestay内。
電話: +62 813-3719-4398
営業: 7:30-22:00
Web: http://www.guru-ratna.com/

こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島北部2泊3日おひとりさま旅行。

オランダ植民地時代からの避暑地ムンドゥックのコロニアルゲストハウスに無事チェックインしたとも先生。お腹がペコリーヌなのでお散歩がてらまずはお昼ご飯を食べよう。
ムンドゥックのコロニアルなゲストハウス「Bendesa Mas Inn」
http://tomosensei.net/archives/1071187985.html
が…ここはなんだかレストランが少ねえなあ…。どこもホテルやゲストハウスに併設されている形態のお店が多いのでちょっと入りにくいんだよね。というわけでGooglemapで見つけた近所のレストラン「ワルン・クラシック/Warung Classic」へー!
BlogPaint
↑お店はメインストリートから細道を少し入ったところにあります。なんだか危なっかしい建物だなw

BlogPaint
↑階段を上って2階へ行くと…おおうふ!うつぅくしい!この日はあいにくのくもり空でイマイチだったけど、青空だったらめためたにステキだろうね!

BlogPaint
↑店内は手作り感あふれる雰囲気で、車やツアーの手配もお願いできるそうです。

BlogPaint
↑お腹空いたぞー。メニューは英語表記で写真付きだから簡単に注文できるね。

BlogPaint
↑とも先生が注文したのはナシ・チャンプル/Nasi Campur(40,000ルピア=約310円)スプライト(10,000ルピア=約80円)。ナシ・チャンプルは、ご飯にいろいろなおかずを盛り合わせたインドネシア的ワンプレート定食。どのおかずも美味しいけど、特に野菜がめためたに新鮮でウマい!!!

BlogPaint
↑食後は紅茶(15,000ルピア=約120円)をいただきながらしばしボーッと贅沢な時間。

Wifiもバッチリ快適なので天気の良い日のランチなどにどうぞー!


店名: ワルン・クラシック/Warung Classic
場所: Munduk, Banjar, Kabupaten Buleleng, Bali
電話: 未確認
営業: 10:00-22:00

こんにちは、とも先生です。

春休みに行ったバリ島。一緒にバリ島を旅行したH君は一足先に日本へ帰ってしまったので、ウブド最終日の夜はとも先生ひとり…。ウブド在住の友人たちに声をかけたら集まってくれることになったので、ずっと行きたくて行きたくて心待ちにしていたお店「B SIDE - Modern Balinese Café」へ行ってきました!

このお店は、ウブドの人気レストラン「ビアビア/Biah Biah」「ビアビア・プラス/Biah Biah +」を経営するオーナーがオープンした3店舗目!しゅごい!
BlogPaint
↑お店はラヤウブド通りからスリウェダリ通りに入り2kmほど北上した右手にあります。最近はここいらへんにも新しいヴィラが増えて来て、ウブド本来ののどかな環境を好むゲストが滞在するようです。

BlogPaint
↑1階は「B Side Cafe」、2階は「8b Lounge」とそれぞれコンセプトが異なります。やばっ!オサレ!

BlogPaint
↑日没間際にお邪魔したので写真が暗くなってしまったけど、ここでランチしたら気持ち良さそうだなあ☆

BlogPaint
↑バリ島のクラフトビール「stark」も揃ってます。

BlogPaint
↑今回は2階の「8b Lounge」へ。うわー!カッコいい!ルーフトップだけど雨が降っても大丈夫的な!

BlogPaint
↑この日没の刻々と変わりゆく空の色を楽しむことができるのもルーフトップならではですね。

BlogPaint
↑メニューに写真はありませんが日本語表記があるのでオーダーは簡単☆

BlogPaint
↑まずはバリ島のクラフトビール「stark」 で乾杯〜!とも先生はこのビール飲むの初めてなんだけど…飲みやすいなぁおい!

BlogPaint
↑さーて!どんどんアテを頼むよー!まずはヤングコーンのグリル・コリアンダーマヨソース(28,000ルピア=約220円)。歯触りシャクシャク新鮮なヤングコーンに香りの良いソースがからんでもうたまらない!これはかなり危険な美味しさ!

BlogPaint
自家製レモンバジルレバーパテ(30,000ルピア=約240円)は、濃厚な旨味のパテなのに後口さわやかなイケナイ美味しさ。バゲットにたっぷり塗っていただきます。

BlogPaint
↑辛党にオススメな一品!スパイシーポテトフライ自家製スパイシーソース添え(32,000ルピア=約250円)。チリパウダーをまぶしたポテトフライにさらに辛いソースを付けまくり!ビールのためにあるようなポテト!辛っら〜い!でも美味しい!

BlogPaint
↑さっきのパテがオムレツに入ってるよ!自家製レモンバジルレバーパテを熱々のオムレツと共に(32,000ルピア=約250円)。スキレット調理されたふわっふわのオムレツとパテの相性が完璧!すみませんがバンコクまで配達していただけませんでしょうかお願いしますレベル。

BlogPaint
2種類の自家製バリニーズポークソーセージプレート(40,000ルピア=約320円)は、噛むごとにあふれる肉汁と、プルチンソース(唐辛子ベースのソース)のからんだポテトが最高にウマい!

BlogPaint
↑これは友人がオーダーしたラザニア、これもウマそうだなあ。もう食べたいものがたくさんあって困るwww

BlogPaint
↑こちらはガドガド/Gado-Gadoというインドネシアの温野菜サラダなんだけど、ここのガドガドはオサレにロールアップされています。めっちゃカワイイ盛り付けじゃないかっ!

BlogPaint
↑実はとも先生、こちらにお邪魔する2日前に誕生日を迎えまして、なんとお祝いをしていただきました(照)。このコーヒームースケーキがね、日本人が好みそうな甘物限界ギリギリのオトナの甘さで、めっちゃ美味しかったんですよっ!この甘さ控え目加減は酒のアテにもよさげなレベル!

いやあ、楽しかった!どれも手の込んだお料理なのにお値段リーズナブルでうれしくなっちゃうね。バリ料理の新鮮な食材を活かしてモダンな創作料理に昇華させるテクは見事です。次回ウブド滞在の時はブレックファストタイムから突撃しちゃおうかな!オススメです。


店名: B SIDE - Modern Balinese Café
場所: Jl. Sri Wedari No.8b, Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali
電話: +62 823-3992-2732
営業: 8:00-22;30
FB: https://web.facebook.com/bside8B/

↑このページのトップヘ