とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:インドネシア料理

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・西スマトラ州のサワルント。

オランダ植民地時代の炭坑町がユネスコの暫定世界遺産となっているサワルントには、当時からのコロニアル建築が佃煮のように盛りだくさん。徒歩でまわれる小さな町ですが、夢中になりすぎてお昼ご飯を食べるのをすっかり忘れていましたw

せっかく西スマトラ州へ来ているので有名なパダン料理を食べようと入ったのは、メインストリート沿いにあるレストラン「Rumah Makan Ande」です。
BlogPaint
↑お店は元ホンダショップだったのかな?写真では見切れていますがホンダショップが目印です。

BlogPaint
↑店内はごちゃごちゃした食堂といった雰囲気。お店の子どもらしき子がうろうろテーブルの下で遊んでいるのもなんか微笑ましい。

BlogPaint
↑店頭のショウケースに並んだたくさんのおかずの中から、自分の食べたいものを指差すとお皿に盛ってご飯と一緒にテーブルまで運んでくれます。簡単に済ませたい時は、最初からご飯のお皿におかずを盛り付けてもらうのもアリ。

本来のパダン料理は、客がテーブルに着いたと同時に料理をじゃんじゃか勝手に運んできて、客が手をつけた料理の代金だけ支払うというスタイルですが、最近はそうでもないみたい。すっごい数のお皿が必要だし、特に小さなお店は負担が大きいもんね。

BlogPaint
↑写真手前の料理はDendeng Baladoといって、揚げたビーフジャーキーと唐辛子を使ったこの地方の名物料理。奥は揚げたお魚さんの唐辛子和えです。どちらも色は真っ赤ですが、辛味の少ない品種の唐辛子を使っているので野菜の感覚で美味しくいただけます。

BlogPaint
↑こちらは揚げた塩魚とナスとジャガイモの唐辛子炒め。こちらも辛味の少ない品種の唐辛子を使っているので見た目よりマイルドです。塩魚の塩気と油を吸ったナスがめちゃくちゃにウマい!

BlogPaint
↑これはキャベツとニンジンのカレー風味の煮浸し。とても優しいお味で箸休めに最適。

BlogPaint
↑そしてこれがサンバル!唐辛子ベースの非常に辛いペーストです。本来はご飯やおかずと一緒にいただくものですが、とも先生はこの時コンディションが万全ではなかったのでサンバルは遠慮しましたw

写真のお料理にアイスティーを2杯頼んでお会計(45,000ルピア=約350円)

パダン料理はインドネシア全土で食べられる非常にポピュラーな料理ですが、やはり本場でいただくと一味違いますね☆


店名: Rumah Makan Ande
場所: Jl. A. Yani, Pasar, Lembah Segar, Kota Sawah Lunto, Sumatera Barat
電話: 0812-6713-1257
営業: 8:00-22:00

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・スマトラ島のメダン。

今回は各街に1泊ずつという弾丸旅行のため、メダンに到着した日が最終日…www

というわけでメダン最後のディナーは!

ミー・アチェで有名な、市内からちょい郊外のレストラン「Mie Aceh Titi Bobrok」で美味しいものをガッチリ食べてきたよ!

*ミー・アチェ/Mie Aceh…インドネシア・スマトラ島北端のアチェ州の麺料理で、スパイスの効いたカレー味、具に新鮮なシーフードを使うことなどが特徴。
BlogPaint
↑お店は市内から西へ約5km。歩いては行けないのでタクシーやバイクタクシーを利用しましょう。

BlogPaint
↑お店の入口。入口がキッチンになっている不思議な造り。

BlogPaint
↑キッチンを通り過ぎて階段を上がり2階の席へ。店内はかなり広いのですがあっという間に満席に!早めに訪問して正解でした!

BlogPaint
↑まずは生絞りみかんジュースであるエス・ジュルッ/Es Jeruk(10,000ルピア=約80円/+10%)を。このお店は残念ながらアルコールを置いていませんしおそらく持ち込みも不可です。

BlogPaint
↑お腹が空いているので一人で2品頼んじゃったw まずはアチェ風のマルタバ/Martabak Mesir(17,000ルピア=約130円/+10%)

BlogPaint
↑卵たっぷりの挽き肉入りパンケーキとでも言えばいいかな。香味野菜入りの酢醤油的なタレをかけていただきます。意外とさっぱりしていて美味しい。

BlogPaint
↑そしてお待ちかねのミー・アチェがやってきたよー!Mie Aceh Goreng Udang Kepiting(34,000ルピア=約260円/+10%)。カニと海老入りの一番高いメニューです☆

ここのミー・アチェは、焼きそばスタイル、つゆだく焼きそばスタイル、汁そばスタイルの中から選ぶ事ができるので、とも先生は焼きそばスタイルの「Goreng」でお願いしました。

BlogPaint
↑アップ写真w 1匹分まるごとのカニが入ったカレー味のスパイシーな焼きそばは、太めの麺と相まって食べ応え満点!これにビールがあれば最高なんだけどなw

BlogPaint
↑レモン、刻んだ赤タマネギ、キュウリ、豆せんべいなど口直し的なお皿も付いてきます。

BlogPaint
↑あらかた麺を食べた後はカニの身をほじくりほじくりしていただきます。うん!カニの身は甘みがあってふっくら美味しい☆

BlogPaint
↑2018年4月からのメニューと値段。メニューはインドネシア語のみですが、翻訳アプリなどを使えば特に難しくないと思います。

地元の人に大人気のミー・アチェ。カニの身を剥いたりするから、ウエットティッシュを持って行くと便利だよ。あー!また食べたくなってきたw


店名: ミー・アチェ・ティティ・ボブロッ/Mie Aceh Titi Bobrok
場所: Jl. Setia Budi No. 17D, Sei Sikambing B, Medan Sunggal, Kota Medan, Sumatera Utara
電話: +62 821-6374-7015
営業: 11:00-22:00

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・スマトラ島のメダン。

隠れたグルメタウンとして知られるメダンですが、オランダ植民地時代からずっと営業を続けている老舗レストランがあるというので、ちょこっと午後のお茶をしに行ってきました。

「Tip Top Restaurant」は1934年の創業以来、地元っ子から愛され続けているレストランです。
BlogPaint
↑1929年に小さなパン屋から始まり、1934年に現在の場所でレストランとしてオープンしたそうです。ということはこの建物もかなり古いのかな。

BlogPaint
↑インドネシア伝統のバティックの制服を着た店員さんがテキパキと席へ案内してくれます。

BlogPaint
↑店内もテラス席も満席だったのですが、お客さんの回転率も高いので待つことはありませんでした。とも先生はテラス席へ。

BlogPaint
↑メニューはインドネシア語と英語併記。インドネシア料理の他、中華や洋食系、旧宗主国であるオランダ料理のメニューもいくつか。

BlogPaint
↑喉が渇いていたのでまずはソーダ(12,000ルピア=約90円)で一休み。サイ印のカワイイボトルのソーダだよ。

BlogPaint
↑午後のおやつはモールコップ/Moorkop(22,000ルピア=約170円)というオランダのお菓子をいただきます。

本来はクリームをシュー生地で挟んでチョコレートにくぐらせたものですが、このお店のはバニラアイスクリームを固めのスポンジケーキで挟み、上から濃厚なチョコレートソースをたっぷりとかけたもの。

甘さ控え目のソースと昔懐かしのさっぱりアイスクリンで美味しく完食ペロリーヌ☆

BlogPaint
↑店内は地元のイブイブ(ご婦人グループ)たちでいっぱい。店内も雰囲気がありますが空調が効いていないので時期によってはちょっと暑いかな…w

建物も給仕も料理もクラシカルでお好きな方にはたまらないお店です。メニュー豊富で味にも定評のあるレストランなので、メダン滞在時にちょっと寄ってみてはいかがでしょう。


店名: ティップトップ・レストラン/Tip Top Restaurant
場所: Jl. Jend. Ahmad Yani No. 92 A-B, Kesawan, Medan Bar., Kota Medan, Sumatera Utara
電話: +62 61 4514442
営業: 8:00-22:30
URL: http://www.tiptop-medan.com/

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・スマトラ島。

無事にメダンのホテルにチェックインしたとも先生はお腹がペコペコ〜!
1898年開業のコロニアルホテル「Grand Inna Medan」
http://tomosensei.net/archives/1071854577.html
市内観光の前にまずはランチを!しかもできたらメダンの名物料理が食べたい!ということで、ソト・メダンというスープの有名店「Soto Kesawan」へやって来ました。
BlogPaint
↑お店は交通量の多いJl. Ahmad Yani沿いのショップハウスの1軒です。

BlogPaint
↑店頭にはなんだか美味しそうな具材がたくさん並んでいるよ。

BlogPaint
↑店内がこんなにガラガラなのは少し前にすんごいスコールがあったせい。雨が降る前にのぞいたらぎゅうぎゅうの満席でした。

BlogPaint
↑まずは生絞りみかんジュースのエス・ジュルッ(15,000ルピア=約120円)を。みかん果汁たっぷりで美味しい。

BlogPaint
↑そして運ばれてきましたソト・メダン(海老バージョン)ご飯付き(28,000ルピア=約220円)

入店時に「サピ(牛肉)?ウダン(海老)?」と訊かれるので好きな方を伝えると、ご飯やサンバル(チリペースト)と一緒に定食スタイルで出してくれます。ある意味注文は簡単だよ。

スープはまったく辛くなくて、ココナツミルクのコクとスパイスの複雑な旨味が合わさって、そこにプリプリの海老さんがたっぷり。

BlogPaint
↑スープだと具が見えにくいのでご飯に乗せてみましたドン!うをっ!海老さんがこんなに!

海老の他にプルクデルというインドネシアのポテトコロッケも入っていて、これがスープを吸ってとても美味しい。

午後には店仕舞いしてしまいますが、ぜひともランチで行ってみてくださーい!


店名: ソト・クサワン/Soto Kesawan
場所: JL. Ahmad Yani, Kesawan, Medan Bar., Kota Medan, Sumatera Utara
電話: +62 61 4514518
営業: 8:00-15:30(日曜定休)

こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

インドネシア・エアアジアのエコノミークラスで
バンコク(ドンムアン)からメダンへ〜

<2018年7月>
エアアジアが並ぶ朝のバンコク・ドンムアン空港
↑とも先生、初めて乗る路線なのでワクワクドキドキ。キレイにエアアジアが並んでいたのでパチリ。

バンコクからメダンまでは約2時間
↑朝のバンコクは曇りでしたが飛行中はずっとお天気。窓に傷が付いてて残念だけどw

インドネシア税関申告書
↑インドネシア入国の際に出入国カードの記入は不要になりましたが、税関申告書は今までと同じように記入します。

エアアジアの有料機内食
↑今回はインドネシア・エアアジアの運航ということで、有料機内食メニューにインドネシア料理があったので事前に注文しておきました。

エアアジアの有料機内食「ナシパダン」
ナシ・パダン/Nasi Padang(120バーツ=約400円)はインドネシア・西スマトラ州の料理で、ココナツミルクをふんだんに使った辛めのものが多いです。

内容は、パダン料理を代表するルンダン(牛肉のスパイシーココナツミルク煮込み)、サンバル(チリペースト)、シンコンという芋の葉っぱを茹でたものに揚げた小魚が添えられています。お水付き。

お味は…うん、とも先生的にはとても美味しい☆辛さも抑えめでペロリと完食。

こういった郷土料理をどんどん出してくれたら楽しいよね。

↑このページのトップヘ