とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:インターナショナル

こんにちは、とも先生です。

カンポット/Kampotのホテルに無事チェックインして荷物をおろしたとも先生は、一息つく暇もなく早速お昼ご飯を食べに外へダッシュ!お腹がペコペコですん。
ボコール・マウンテン・ロッジ/Bokor Mountain Lodge
http://tomosensei.net/archives/1070012519.html
ホテルそばの「オム・レストラン/Om Restaurant」で、カンポットの名物料理をいただきました☆
BlogPaint
↑お店は古いフレンチヴィラを利用したコロニアルレストラン。

BlogPaint
↑カンボジア料理&インターナショナルだから、まあ何でもあるってことだね。

BlogPaint
↑店内には服や雑貨を売るコーナーもあり。テラス席はクソ暑そうだったのでファンのある店内にします。

BlogPaint
↑まずはカンボジアビール(1ドル=約105円)で乾杯ー。凍ったジョッキを持ってきてくれたので冷え冷えでうまーい。

BlogPaint
↑最初にやってきたのが店名を冠したオムサラダ(3.5ドル=約370円)。キュウリ、トマト、インゲン、サラダ菜、タマネギ、人参の盛り盛りサラダにゆで卵と砕いたカシューナッツをトッピング。酸っぱめのドレッシングが美味しかったけど量が多い!

BlogPaint
↑そしてカンポット名物だというシーフードの生胡椒炒め(5ドル=約530円)。胡椒を生のまま料理に使うって日本ではないよねー。

BlogPaint
↑ぷりぷりのイカとエビがたっぷりで、生胡椒の優しい辛さとちょい甘めのタレが美味しい!ご飯も付いてボリューム満点だよ。サラダ頼まなくてもよかったなw

このシーフード生胡椒炒めは街中のほとんどのレストランで注文できて値段もピンキリなので、時間があれば食べ比べも楽しいかと思います。


店名: オム・レストラン/Om Restaurant
場所: Street 724, No.38 Krong Kampot 07451, Krong Kampot
電話: +855 90 798 152
営業: 8:30-20:30(土曜休)
FB: https://web.facebook.com/OmHouseKampot

こんにちは、とも先生です。

エアアジアの特典航空券が取れちゃったので急遽出発したカンボジア旅行。首都プノンペンの空港に到着してSIMカードを買い、Uberで市内のホテルへチェックイン。
プノンペンの空港でSIMカードを買って使ってみた
http://tomosensei.net/archives/1070012430.html
プノンペンで2泊した「アンコール・インターナショナル・ホテル/Angkor International Hotel」は、市内中心部の賑やかなエリアにほど近い典型的な中級ホテルでした☆
BlogPaint
↑到着した夜は雨だったのでこの写真は翌日の。周辺は規模の小さなプチホテルが多いので、客室数50程度のホテルでもけっこう目立ちます。

BlogPaint
↑フロントのあるロビーにはカフェや売店も併設。ザ・中級ホテルって感じw

BlogPaint
↑予約した一番安いカテゴリーのスタンダードルーム。うん、1泊3,000円もしないし全然OKです。

BlogPaint
↑小さめラップトップやタブレットも入りそうなセイフティーボックス有り〼。

BlogPaint
↑エアコン、テレビ、冷蔵庫などなど基本設備文句無し。

BlogPaint
↑お水は2本無料。お茶セットがあるのはうれしいね。

BlogPaint
↑バスルームはお部屋の古さに比べてけっこうピカピカ、最近改装したのかな?シャワーのお湯の出も温度もバッチリ。

BlogPaint
↑アメニティは石けん、シャンプー、歯ブラシセットとシンプル。あるだけ有り難いけどね。

ホテルの目の前には24時間営業のコンビニ、レストランが建ち並ぶリバーサイドへも300mほどなので立地はかなり便利だと思うよ。

あとここのホテルはJF無料。フロントで現地のお友達のIDチェックを受ければ、お友達をお部屋に案内することができるそうです。


名称: アンコール・インターナショナル・ホテル/Angkor International Hotel
場所: #50, Street 148, Phnom Penh 14206, Cambodia
電話: +855 23-217609
Web: http://angkorinternationalhotel.com/


こんにちは、とも先生です。

そろそろ楽しい夏旅行も終盤戦。最後の滞在地であるバリ島のサヌールビーチは、以前とも先生と友人Kが住んでいた思い出の場所。

あそこのアレが食べたい!あっちのナニが食べたい!と迷いに迷って決めたディナーは「ARENA Pub & Restaurant」。サヌール在住中はよく通いましたw

BlogPaint
↑お店はバイパス通りという幹線道路沿い。サヌールの目抜き通りであるタンブリンガン通りからは少し歩くけど、歩けないことはないです。

BlogPaint
↑店内は喫煙エリアと禁煙エリアが明確に別れているのでお好みで。ビリヤード台があったり生バンドの演奏があったりで、複数で行って楽しくワイワイする雰囲気だね。

ただ、欧米のお客さんが多いので、日本の飲み会のノリではしゃぎすぎると結構な確率で近所のテーブルから怒られますw

BlogPaint
↑まずはおビールで乾杯!ここはビンタンビールの生ビール(25,500ルピア=約210円/+16%)がありますよー。ジョッキのラベルを手前に向けて撮ればよかったね…だって喉が渇いてたんだもの。

BlogPaint
↑メニューに写真はないものの、英語で詳細な説明が書いてあるのでどんなお料理か想像しやすいです。アメリカ、イギリス、フランス、ベルギー、ドイツ、オーストリア、イタリア、中東、タイ、インドネシア…欧米を中心とした世界のお料理がいただけるお店すごい。

BlogPaint
↑前菜としてチキンレバーパテ(49,500ルピア=約400円/+16%)。これを食べることがバリ島を訪れる正当な理由になるほど美味しい!大好き!サヌール在住中からずっと好き!

まるでクリームのようにきめ細やかなパテはレバーの臭みを微塵も感じず、とにかくこってりと濃厚な旨味が楽しめます。

パテの他にトーストとバターも付いてくるので、まずトーストにバターをたっぷり塗った上にパテを厚く厚く塗って、端っこまできちんと塗って、それからかぶりつきます。

至福!


BlogPaint
フェットゥチーネ・カルボナーラ(89,500ルピア=約730円/+16%)は、濃厚でかなり食べ応えがあるのにけっこうな大盛り!場合によってはシェアしたほうがいいです。

BlogPaint
↑これはビーフ&ラムケバブ(87,500ルピア=約710円)。牛羊合い挽き肉で作ったケバブは、上質のハンバーグのようなジューシーな柔らかさ。添えてあるパセリライスやヨーグルト系のソースとの相性もバッチリ。

BlogPaint
↑そしてとも先生がオーダーしたチキンコルドンブルー(90,500ルピア=約740円)は、熱々のチキンフライの中から溶け出てくるチーズがビジュアル的に最高!さっぱり鶏胸肉をチーズのコクとハムの塩気が上手く補っていて美味しー!

他にインドネシア料理やタイ料理もありますが、やはりここは洋物、しかもお肉ガッチリ系がオススメです。週末は混むことも多いので、予定が決まっていたら事前予約しといたほうがいいですよー。



店名: Arena Pub & Restaurant
場所:
電話: 0361-287255
営業: 11:30-24:00(日〜金),11:30-01:00(土)
WEB:

こんにちは、とも先生です。

ギリトラワンガン3日目。今日も特に予定を入れずのんびりふらふら。ホテルで朝ご飯をゆっくり食べてお茶飲んで、お腹が空いたら「ちょっと出かけようかー」そんな感じ。

この日は午後から急遽スノーケリングツアーに参加することになり、その前に軽くランチをしようということで「GIli Viking Restaurant」へ入ってみました。島リゾートでスウェーデン料理が食べられるだなんて思わなかったw

BlogPaint
↑お店はGIli Diversというダイブショップ&ホテルに併設されていて、ショップ前のビーチ沿いにレストランがあります。

島だとこういう業態が多いよね、ダイブショップ+ホテル+レストラン。


BlogPaint
↑ビーチ沿いにはボートがたくさん停泊してはいますが、青い海と青い空が目に眩しい!

BlogPaint
↑お料理のメニューは洋食、インドネシア料理などなんでもありますが、その中でも目を引いたのが「スウェーデン料理」。気になったので注文してみました。

BlogPaint
↑スノーケリングの前だからお酒はやめとこうねアイスレモンティー(20,000ルピア=約160円)。レモンがたっぷりの酸っぱめで美味し。

BlogPaint
↑お料理がどかーんと運ばれてきましたよ、いただきまーす!

BlogPaint
↑これはMie Goreng/ミーゴレン(45,000ルピア=約370円)というインドネシアの焼きそば。目玉焼きものってボリュームはあるけど…まあ無難に美味しい特に特徴の無い焼きそば。

BlogPaint
↑これはローストトマトスープ(40,000ルピア=約330円)。味見させてもらったけど、トマトが濃くて美味しかった。

BlogPaint
↑定番のフレンチフライ(30,000ルピア=約250円)はマヨネーズ添え。ほっくりサックリ美味しくてビール飲みたくなって来たけどガマンガマン!

BlogPaint
スウェーデン風ミートボール(85,000ルピア=約700円)。ころころ可愛いビーフミートボールは見た目よりボリュームがあって、マッシュポテトとともにソースをたっぷり付けて食べると最高☆

BlogPaint
↑こちらはAyam Bumbu Rajang(65,000ルピア=約530円)という、鶏肉を使った現地ロンボクの料理。ロンボク島の料理ってどれもめちゃくちゃ辛いことで有名なんだけど、これは外国人観光客を意識してかほとんど辛み無し…そして…なんだか肉の量が少なくないか?w

どうやらこのお店はインドネシア料理より洋食系が美味しいみたいです。



店名: ギリ・バイキング・バー&レストラン/Gili Viking Bar & Restaurant
場所: Gili Divers Hotel内、Jl. Pantai Gili Trawangan沿い。
電話: 0370-6194888
営業: 朝〜夜
FB: https://web.facebook.com/giliviking/

こんにちは、とも先生です。

ギリトラワンガン島初日。予約したホテルに無事チェックインして一息ついたらなんだかお腹が空いてきました。朝ご飯食べたきりだもんね。

というわけで、お天気も良いしビーチ沿いの「Trawangan Dive Restaurant」でガッチリいただきました。

BlogPaint
↑お店は島の外周通り、Jl. Pantai Gili Trawangan沿いのダイビングショップにあります。

BlogPaint
↑ビーチにはテーブルが置かれ、もうこの景色だけでご飯おかわりできそうw

BlogPaint
↑まずはビンタンビール大瓶(45,000ルピア=約370円)で乾杯〜! そして最初に何かつまみたいなあと思っていたところ、メニューに酒のアテ盛り合わせがあったのでオーダーしました、コンボプラッター(155,000ルピア=約1,270円)

ブルスケッタ、サテ(インドネシアの焼き鳥)、ルンピア(インドネシアの揚げ春巻き)、イカフライ、ナチョス、コロッケ、フレンチフライ、枝豆ニンニク炒めという、昔の大学生の飲み会メニューみたいな茶色のリーサルウエポン!


BlogPaint
↑これはBさんオーダーのインディアンフィッシュカレーご飯付き(80,000ルピア=約660円)。スパイスが効いていて美味しいけどちょっと甘みが強くてBさんギブアップ、残りはとも先生が美味しくいただきました。

BlogPaint
↑こちらはシーフードナシゴレン(65,000ルピア=約530円)。ここのナシゴレンはご飯粒がきちんとパラパラになっていて具もたっぷり、美味しかったよ。

BlogPaint
↑友人Kがオーダーしたラザニア(75,000ルピア=約610円)。味見させてもらったけど、まあ、うん、普通に美味しいラザニアでした。

ビーチにテーブルと椅子を出して太陽の下でいただくランチ!贅沢!島リゾートならではの楽しみですね!お値段は島価格ですが、お料理は島にしてはかなりイイ線行っていると思います、オススメ。



店名: トラワンガン・ダイブ・レストラン/Trawangan Dive Restaurant
場所: Jl. Pantai Gili Trawangan。船着き場から約500m。
電話: 0370-6149220
営業: 朝〜夜

↑このページのトップヘ