とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:アクセス

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

まずはチェンマイ空港から市内のホテルまで移動します。
BlogPaint
↑バンコクからチェンマイ空港へ到着したのが夜21:40。たしか空港から市内まではそんなに距離がなかったはずなのでタクシーでぴゃーっと移動しちゃおうと思ったんだけど…なんやバスの看板を発見。

どうやら路線バスで市内まで行けるみたいだね今。

どうせ今夜はホテルにチェックインして寝るだけなので、興味半分でバスに乗ってみることにするよ。

BlogPaint
↑看板の矢印が指す方向(1番出口)からとりあえずお外に出てみます。

BlogPaint
↑お外に出ると左手にタクシー乗り場があって…バスどこ?わからない時はとりあえず直進するとも先生。

BlogPaint
↑タクシー乗り場を過ぎて数十メートル直進したらなんやバス停みたいの発見。

BlogPaint
↑さらに歩いて行くとバス発見!近くに英語の話せる若いお兄ちゃんがいたので話してみたら…

・空港から市内へは、旧市街を時計回りに走る「赤バス」と逆時計回りに走る「黄バス」がある。
・料金20バーツ。
・とも先生の目的地であるターペー門へは黄バスが便利。
・今とも先生の目の前に停まっているのが黄バス。

BlogPaint
↑というわけで、若いお兄ちゃんが料金徴収係だというので彼に20バーツを直接支払い車内へ。バンコクのBTSで利用するラビットカードでの支払いも可能だとのことだったんだけど、なぜか端末がカードを認識してくれず断念。

バスは20分おきに定時運行しているらしく、お客さんは数人だけだったけどすぐに出発。

BlogPaint
↑途中チェンマイ門付近で渋滞に巻き込まれたものの、空港から約20分でターペー門に到着。イム・ホテル/Imm Hotelというホテルの目の前で降ろされたよ。

BlogPaint
↑バスを降りて振り返ると目の前はもうターペー門。

このバスめっちゃ安くていいねルートが決まっているのですべての人におすすめできるわけじゃないけど、朝6:00から深夜23:30まで走っているし、とも先生的には全然アリですわこれ🌟

では予約したホテルにチェックインするよー。


こんにちは、とも先生です。

先々週の話しなんですが、念願の「スリンの象祭り」へ行ってきました!

これは毎年11月にタイ東北部スリン県で開催される象さんのお祭りで、タイ全土から200頭以上の象さんたちが集まり、華々しいパレードやショーが繰り広げられるもの。

今年2018年はなぜかお祭り2週間前でもホテルや列車に空きがあったので、急遽友人たちを誘い総勢5名で旅を楽しんできました。まずは寝台列車に乗ってバンコクからスリンへ向かいまーす♡
BlogPaint
↑金曜日の夜、仕事を終えたメンバーたちと国鉄フアランポーン駅前のレストランで待ち合わせ。駅舎のライトアップがとてもキレイだよ。

BlogPaint
↑今回利用する寝台列車は20:30発のウボンラチャタニ行きです。とも先生はヨーロピアンな雰囲気のこの駅舎が好きなんだ。

BlogPaint
↑乗車。ラッキーにも新型車両だったので車内はピカピカでとってもキレイ☆ちなみにバンコクからスリンまでの寝台列車料金は、オンライン予約で下段ベッド(899バーツ=約3,070円)、上段ベッド(799バーツ=約2,730円)。

BlogPaint
↑列車は定刻にフアランポーン駅を出発し、しばらくすると係員が個々の乗客の希望時間に応じてベッドメイキングをしてくれます。でもまだ20:30じゃ興奮して眠れないよねー。

BlogPaint
↑というわけで機内食ならぬ車内食をオーダーしてみました。係員さんがメニューを持ってきてくれたので、とも先生はディナーセット(210バーツ=約720円)をオーダー。カレーと炒め物のおかず2品にご飯、スープ、フルーツまで付いてボリューム満点!味もマイルドで外国人旅行者にも食べやすい味付けでした☆

BlogPaint
↑おしゃべりしながらご飯を食べて、眠る前にベッドメイキングをしてもらいました。ベッドは成人男性でもゆったりくつろげる長さと幅で、枕元にコンセントとライトが付いているのもうれしい配慮。

〜そして寝台列車はスリンへ向けて走る走る〜

BlogPaint
↑まだまだ眠い超早朝の4:10にほぼ定刻でスリン駅に到着。スリンが終点ではないので乗り過ごさないよう注意が必要ですが、係員さんが乗客の降車駅を事前に確認してモーニングコールをしてくれるのは素晴らしいサービスです。

BlogPaint
↑さすが象祭りで有名なスリンの駅だけあってカワイイ象さんがお出迎え。

BlogPaint
↑駅を出ると外はまだ真っ暗w 駅前で待機しているトゥクトゥクに分乗してホテルへ向かいまーす。

次回はスリンで泊まったホテルをご紹介しますね。



こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン最終日。来た時と同じように格安のシャトルバスで空港へ向かいます。
ヤンゴン空港から市内までシャトルバスで格安移動!
http://tomosensei.net/archives/1072856203.html
BlogPaint
↑スーレー・パゴダから空港へ向かうバスは5分おきに発車らしいのですが、とも先生が利用した時はだいたい15分間隔の感じでした。

BlogPaint
↑車内でバス運賃(500チャット=約35円)を払い席へ座ります。空港から来た時と同じく車内はガラガラ…大丈夫なのかこれ?!

(ヤンゴン市内から空港へ)


スーレー・パゴダ(Sule Pagoda)

ヤンゴン中央駅(Yangon Central Railway Station)

タマダ・シネマ(Thamada Cinema)

パークロイヤルホテル・ヤンゴン(Parkroyal Hotel Yangon)

ヤンゴン動物園(Zoological Garden)

シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda)

シュエゴンディン(Shwe Gone Dine)

エクセル・ホテル(Excel Hotel)

メリアホテル・ヤンゴン(Melia Hotel Yangon)

ミャンマー・プラザ(Myanmar Plaza)

セドナホテル・ヤンゴン(Sedona Hotel Yangon)

カバルアイェ・パゴダ(Kabar Aye Pagoda)

ナワディ・シネマ(Nawaday Cinema)

ヤンゴンホテル(Yangon Hotel)

8マイル・ジャンクション(8 Mile Junction)

ヤンゴン国際空港(Yangon Int’l Airport)


↑実際の運行ルートはこんな感じ。

バス停ではない場所で人の乗降があったり、バス停に人がいない時などは通過していました。始発のスーレー・パゴダから乗る場合は問題ありませんが、途中のバス停から乗る場合は注意が必要かもね。

BlogPaint
↑スーレー・パゴダを15:00に出発して空港へ着いたのが15:50。行きとほぼ同じ所要時間でした。

バスを降りた向かいの建物が国際線出発口なのですっごく便利だよ。

BlogPaint
↑ヤンゴン空港初めてのとも先生は完全なおのぼりさんw 空港内にチャット建てで買い物ができるコンビニスタイルのお店があってこれはうれしい!お値段も市内とほとんど同じじゃないかな?

BlogPaint
↑古いコロニアル建築も好きだけど、新しい建物も気持ちがいいね。

BlogPaint
↑搭乗口。それではバンコクへ戻りまーす。



こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ミャンマー旅行自体は2回目なんだけど、ヤンゴンへ行くのは初めて!ドキドキ!
ミャンマー南部の離島リゾートでの年越しは控え目に言って最高だった☆
http://tomosensei.net/tag/ニャウンウーピー島
BlogPaint
↑ヤンゴン国際空港に到着!初めて来たけど空港新しいねー。

BlogPaint
↑入国審査では何も質問されることなくスタンプ押されてすぐに終了。

BlogPaint
↑空港で両替したりSIMカード買ったりお手洗いを済ませてから、インフォメーションで市内へ行くバス乗り場の場所を尋ねると…

BlogPaint
↑「とりあえず外に出てひたすらへ歩け」とシンプルなアドバイスをいただきましたw

BlogPaint
↑とりあえず建物の外へ出た…でもわからんw

BlogPaint
↑とりあえず左手に歩いてみる…なんか遠くの方に何か…何か赤いものが!

BlogPaint
↑荷物も少ないのでズンドコ歩いてみる…やっぱり遠くの方に赤い何かがある!

BlogPaint
↑いえーい!シャトルバス発見!ヤンゴン市内のスーレーパゴダまで1本で行くというので即乗車。


↑ちなみにヤンゴン市内行きのシャトルバス乗り場はここ、国際線出発口の向かい。

BlogPaint
バス運賃(500チャット=約35円)を払い車内へ。まだそれほどバスの知名度がないからか、空いていて、とってもキレイで、エアコンがほどよく効いていて最高ー!


↑空港からヤンゴン市内へ向かうシャトルバスには2つの異なるルートを走るバスがあるそうなのですが、とも先生が今回利用したバスは「Pyay Road」を走るルートでした。目的地が終点のスーレーパゴダなら、どちらのバスに乗ってもOK。

BlogPaint
↑空港を朝8:30に出発して、市内のスーレーパゴダそばのバス停(終点)に到着したのが朝9:15。

なんと45分で市内に着いちゃったよ!のんびりバスで1時間半かかると思っていたから意外!

空港から快適なバスに揺られて!乗り換えも無しで!格安運賃で!最高じゃんねこれ!

BlogPaint
↑スーレーパゴダ。お天気が曇り空なのであまり映えないけど、タイとはまた違う形で面白いね。

さて、それではここから少し歩いて、予約したゲストハウスへ向かいまーす。

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

コロンボ・フォート駅前のペター地区でコロニアル散策を堪能したとも先生は、最後の目的地であるニゴンボへ向かいます。
コロンボでコロニアル市内観光
http://tomosensei.net/archives/1072401815.html
コロンボから空港そばのニゴンボまでは、タクシー、バス、列車といくつか手段がありますが、今回はバスターミナルからエアコンバスを利用しました。
BlogPaint
↑コロンボのバスターミナル。思ったよりも大きくないので迷子になる心配もなさそう。

BlogPaint
↑バスターミナル内は行き先によって番号が分かれているので外国人旅行者も分かりやすい。ベンチがたくさんあるのがうれしいね。

写真左手の187番がバンダラナイケ国際空港行きのエアポートバス乗り場です。

BlogPaint
↑とも先生は空港ではなくニゴンボへ行くのでさらに奥へずいずいと歩きます。

BlogPaint
↑あった!ニゴンボ行きのバスは240番だね。

BlogPaint
↑シルバーの車体のエアコンバスに乗り込みます。とも先生が最後の一人だったようですぐに出発💦

BlogPaint
↑バス車内はとても静かで清潔。エアコンの効き具合もほどよくてついウトウトしちゃいそう。

BlogPaint
バスチケット(150ルピー=約110円)は車内で係員のお兄さんから購入します。

〜そして高速道路をひた走り〜

BlogPaint
↑ぴったり1時間でニゴンボのバスターミナルに到着。コロンボのバスターミナルより近代的。

BlogPaint
↑おや、ここで空港行きのバスを発見。

BlogPaint
↑240/3番?とりあえずニゴンボから空港行きのエアポートバスが出ているんだ、明日空港行く時に乗ってみようかな。

さ、それではニゴンボのゲストハウスにチェックインしまーす。




↑このページのトップヘ