とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:お菓子

こんにちは、とも先生です。

先月のマラソン大会に参加した後、クレット島で乾杯のビールを飲んだお話を昨日しましたが、
クレット島のリバーフロントで昼ビールなんて最高♡
http://tomosensei.net/archives/1073123053.html
もちろんビールだけで終わるわけないですよね、お腹空いたもん!

というわけで、場所を変えてタイ料理ランチを楽しんできました。なぜか海老フライが美味しかった☆
BlogPaint
↑お土産物店が軒を連ねる通りにお店の看板的な看板が。ずいずいと川へ向かって歩くと…

BlogPaint
↑お店がありましたドン!おしゃれではないけれど気安い感じがいいよね。

BlogPaint
↑せっかくなのでリバーフロントのテーブルへ。

BlogPaint
↑メニューには英語表記もあるので注文簡単。しっかしここのお店安い!一皿100バーツ以上のお料理が見つからなかったw

BlogPaint
↑まずはビールで乾杯☆大瓶ビール(80バーツ=約280円)なんて安い!!

BlogPaint
↑こちらは海老ステーキらしいんだけど…海老フライ?お味は日本の海老フライそのまんまで美味しい!タルタルソースが欲しいなあw

BlogPaint
↑こちらはシーフードたっぷりのヤム(サラダ仕立ての辛い和え物)。

BlogPaint
↑海老ステーキのほかに海老揚げを頼んだらまったく同じものが出てきたよw でも美味しいから全部いただくの。

BlogPaint
↑これはタイ風さつま揚げ。油じっとりでオイリーだけど美味しいよ。

BlogPaint
↑これは日本でも認知度高めだよねガパオライス。〆にもいいし酒のアテにもいいのです。

BlogPaint
↑誰かが注文したトムヤンクン?とも先生はトムヤンクンが嫌いではないんだけどそこまで好んで食する方ではないのでいただいていません。

BlogPaint
↑ここでのんびりダラダラしたいよねー。

川からの優しい風を感じながらいただくタイ料理ランチ。海老フライは意外だった、普通に美味しくて。


店名: Naval House Waterfront Restaurant
場所: 57 7, 57/1 หมู่, Tambon Ko Kret, Amphoe Pak Kret, Chang Wat Nonthaburi 11120 タイ
電話: 090-9616140
営業: 週末土日と祝日の朝から日没まで。


こんにちは、とも先生です。

もう先月のことだけどね、友人たちと3人でマラソン大会に参加してきたんですよ。まあたったの10kmなので楽勝かとお思いでしょうが、2月にフィットネスクラブを退会してからろくに運動してないとも先生、めちゃくちゃにキツかったです!頭からご飯の炊けたような匂いがしたの!

マラソン大会を終えて友人たちと急ぎ足で向かったのは「クレット島」。地図的にはバンコク市内から北北西約30kmくらいかな。正確にはバンコクではなくてお隣のノンタブリー県でちょっと距離があるんだけど、お菓子や陶器が有名な島で週末は多くの観光客でにぎわいます。

頑張って10km走ったからね!お昼だけど飲んじゃおうね!w

というわけで1軒目にやってきたのは、クラフトビールを飲ませてくれるリバーフロントのお店「Monglamai House Bed & Craft」です。
BlogPaint
↑クレット島はこのように細い道が多く、生活するには大変だろうけど散策するにはとても雰囲気が良くて楽しいんだよ。

BlogPaint
↑テクテク歩いているとなんや看板を発見。もともとクレット島にはクラフトビールを飲ませてくれるお店が何軒かあってさっきからずっと探しているんだけど…ここでも飲めるみたいだ!

BlogPaint
↑ずんずん奥へ歩いて行くと川に出た!なんだこれは!かわいいブルーのお家があるじゃないか!

BlogPaint
↑ここの本業はゲストハウスみたい。川を愛でながらお泊まりとかいいよねー☆

BlogPaint
↑とも先生たちはめっちゃリバーフロントのテーブルに座りました。川から吹く風が優しくてなんだかとろけちゃいそう♡

BlogPaint
↑クラフトビールってけっこういい値段するよね。これも1本200バーツ前後したような。まあ…まあ…そんなにグビグビ飲むような味じゃないねw

BlogPaint
↑フレンチフライはたしか60-70バーツだったような。不味くなりようのない鉄板の味。

BlogPaint
↑お店の人たちはとてもフレンドリーで、1泊しても楽しめそうな感じでした。

クレット島は週末のお気軽トリップにおすすめですよー☆


店名: Monglamai House Bed & Craft
場所: クレット島(ざっくりでスマンす!)
電話: 081-6433028
営業: 24時間営業(本当か?)
FB: https://www.facebook.com/monglamai/

こんにちは、とも先生です。

お正月休みに12年ぶりに訪れたパキスタン。あまりにも久しぶりだったので、見るもの触るもの食べるものすべてが新鮮で毎日目をキラキラ輝かせていましたw

そんな楽しい旅行の最後を飾るのはやはり「お買い物」。

とも先生は基本的にどこの国に行っても、お土産の類いはすべて現地のスーパーマーケットで探します。

カラチのスーパーには何があるかなーウフフ。

*写真のお土産は実際に友人や職場へのお土産にしたので値段はここには書きませんwww 知りたい方は個別に連絡ください。
BlogPaint
↑ここは市内のフォーラム・ショッピングモール1階にあるスーパーマーケット。お店はそれほど広くはないけど、食品を中心にコンパクトにまとまっています。

BlogPaint
↑これは南アフリカのナンドスレストランのソース。パキスタンにはこのナンドスレストランがチェーン展開していてかなりポピュラーな存在。わざわざパキスタンくんだりまで来て南アフリカのソース買うのも変だけどw 美味しいのですー!

BlogPaint
↑これは電子レンジや湯煎で温めるだけですぐに食べられる本格レトルトパキスタンカレー。便利な世の中になったもんだよ。

BlogPaint
↑こちらは定番のスパイスミックス。このShanというメーカーのスパイスはバンコクでもシンガポールでも買えるのですが、パキスタン国内販売用と輸出用とで種類と味が違うんです。なので買い込みます。

BlogPaint
↑こちらはシンド風ビリヤニミックスとカラヒスパイス。

BlogPaint
↑箱の裏には必要な材料がイラストで書かれていて、視覚的にとても分かりやすいし何と言ってもカワイイ☆

BlogPaint
↑ここは海沿いにあるドルメン・モール/Dolmen Mallで、本当にパキスタン?ってレベルの快適なショッピングモールでした。ここにも大きなスーパーマーケットが入っています。

BlogPaint
↑軽くて安いけど、かさばるので普段なら敬遠するスナック菓子も購入。マサラ風味のポテトチップスに、マンゴーチャツネ味のコーンスナック、どちらも美味しかった。

BlogPaint
↑右はマサラ風味のローストひよこ豆でこれは大ヒット!ビールのつまみに最高!左の小麦粉ビスケットは特に味が無く、写真のようにヨーグルトなどと一緒に食べるみたい。

BlogPaint
↑右はパキスタンの紅茶、左はホロホロッと口当たりの軽いビスケット。甘さ控え目でこれも美味しかったよ。

その国の食文化などが一発で分かる海外のスーパーマーケットは、いつ行っても楽しいですねー☆


名称: Dolmen Mall Hyperstar
場所: Dolmen City Mall، Sea View Rd, Karachi
電話: 021-35814760
営業: 10:00-24:00
Web:

こんにちは、とも先生です。

クリスマスまで後1ヶ月となりましたが、バンコクのみなさんいかがお過ごしですか!

12/23.24の土日2日間、とも先生のバンコク絵画造形教室・親子で作るクリスマスお菓子アートクラスを開講します。手焼きの美味しいクッキーを組み立ててお家やリースを作り、アイシングクリームやお菓子でたくさん飾り付けをしましょう!
christmas class

(親子で作るクリスマスお菓子アート)
12/23(土)10:00-11:30 クリスマスのお菓子の家を作ろう!
12/23(土)13:00-14:30 お菓子のクリスマスリースを作ろう!
12/24(日)10:00-11:30 クリスマスのお菓子の家を作ろう!
12/24(日)13:00-14:30 お菓子のクリスマスリースを作ろう!

(空席状況 11/24現在)
12/23(土)10:00-11:30 満員のため募集締め切り
12/23(土)13:00-14:30 空席あり
12/24(日)10:00-11:30 空席残りわずか
12/24(日)13:00-14:30 空席あり


今年のクリスマスは、豪華なケーキもいいけど、お子さんと一緒に作った手作りのお菓子でメリクリしませんか?お誘い合わせの上ぜひご参加ください!

http://www.melodieskinder.com/MyPDF/en/20171117134712.pdf

(お申し込み・お問い合わせ先)
チャイルドコネクト
Email: info@childconnect.co.th
Tel: 02-712-1685 (担当:伊藤)

こんにちは、とも先生です。

雨季が終わりようやく乾季に入ってきたようでそれはそれでうれしいのですが、季節の変わり目に思いきし風邪をひいちゃいましたヘップシッ! 咳がゲホンゴホン鼻水ジュルジュルで今週はおとなしくしていようと思います。

さて、先日ちょっとコンビニのお菓子棚をふと見たら「新発売」というポップ。お酒はガンガンいきますが甘物も美味しくいただきます、というとも先生は早速購入。

タイグリコが製造しているコロンに新しいフレーバーが出たようなので買って食べてみましたというゴマ粒ほどに小さな街のお話です。

BlogPaint
↑コロンは今何種類あるんだ?バニラ、抹茶、ストロベリーの3種類?それに新しくタイミルクティー味が加わって4種類!コンビニでひとつ16バーツでした。

タイミルクティーは発酵の効いた紅茶とコンデンスミルク!で作るタイのアイスミルクティー。濃いオレンジ色が特徴で、一般的にかなり甘いです。

BlogPaint
↑開封。重量は46gでカロリーは240kcal。パッケージの色もタイミルクティーのようにオレンジベースだから知っている人にはわかりやすいね。

袋を開けた途端にコンデンスミルクの濃密な甘い香りがもわっとしてきました。

BlogPaint
↑ひと袋開けてみましたが……かなり割れているよね。コロンはワッフル生地で巻いてあるのでどうしても割れやすいね、仕方ない。

BlogPaint
↑コロン拡大。中のクリームはそのまんまオレンジ色で、オレンジクリームだと勘違いしてしまいそう。

それでは実食……。

うん、美味しい。

コンデンスミルクの甘味がしっかりと出ていて、その後からやって来る紅茶の香りがいい感じ。甘いけど、そこまで激甘じゃないから食べやすい。

気心知れた日本の友達なんかに大量にバラまくバラマキ土産にはよさそうだけど、コロンの難点は「箱がかさばる」。うーん。

↑このページのトップヘ