とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:おすすめ

こんにちは、とも先生です。

週末に友人の車に乗せてもらいピャーとやって来たバンコク近郊のリゾート地ホアヒン。

ホアヒンでお酒とシーフードを楽しんでいたら、あっという間にバンコクへ戻る日が来てしまいましたw が、友人Sが、バンコクへ戻る途中にカニさんのすっごく美味しいお店があるというのでランチに立ち寄り。

バンコク市内から約90km、車で約1時間半の距離にある「Kaysorn Khlong Khon」で、カニさんやらエビさんやらをお腹いっぱい食べてきましたよ🌟
BlogPaint
↑なんか…ちょっと…幹線道路を外れてなんだか田舎道に入ってきたんだけど…本当にここにレストランがあるのー?

BlogPaint
↑あった!w 開店とともにお客さんが殺到する人気店だということで急ぎましょう!でもここは車じゃないと来られないなあw

BlogPaint
↑シーフードレストランとは思えないようなファンシーなお店。

BlogPaint
↑オープンエアの店内はめっちゃテーブルがあってこれは店内迷子になる予感!季節によって店内かなり暑くなりそうですが、扇風機の数に限りがあるのでそこは要領よくビッとバッと確保しましょ!w

BlogPaint
↑メニューは写真入りでとてもわかりやすいんだけど、だけど!タイ語表記のみでしかも値段表記無し!すべて時価なのか?!w

BlogPaint
↑と思ったらメニューの裏にきちんと値段が書いてありました。ただすべてタイ語表記なので、タイ人かタイ語の読める友達と一緒じゃないと注文大変だよね。

BlogPaint
↑まずはビールで乾杯ぷはー!運転してくれるSには大変申し訳ないのだけど、こればかりはやめられない。

BlogPaint
↑各種タレの他にまな板とハンマーがやって来ました。何用???

BlogPaint
↑これは貝のガパオ(バジル炒め)。貝の名前は忘れちゃったけど、かなり辛めに調理されていて、とも先生5秒で汗が噴き出して一向に止まらず!貝のコリコリ感がとても美味しいけど、白ご飯と一緒に食べてちょうどいいかも!

BlogPaint
↑こちらは一夜干しにしたイカさんを素揚げにしたもの(推測)。歯ごたえはあるけど旨味たっぷりのイカさんはお酒のアテにピッタリ!

BlogPaint
↑うひょー!来たよ来たよエビさん来たよ!大ぶりのエビさんは鮮度バッチリでプリプリ美味しい!

BlogPaint
↑そしてメインディシュ!!!名物の蒸し蟹(大サイズ約1kgで1,000バーツ=約3,500円)

半割にしたメスのカニさんをお皿ごと豪快に蒸し上げた一品!ビジュアルからしてもうよだれが大洪水!

BlogPaint
↑カニさんはプリプリの身だけでなく、濃厚なカニ味噌、旨味たっぷりの卵(内子)がもう口の中で混ざり合ってまさしく桃源郷(パラダイス)!3人であっという間にむしゃぶり尽くしました!w

BlogPaint
↑最後の〆はシーフードチャーハン。薄味でまるで飲物のようでした!

3人で満腹満喫!写真のお料理+ビールを3本か4本飲んでお会計(2,200バーツ=約7,700円)でした。ちょっとお値段しますけど、カニさんがすっごく美味しくて、まわりのタイ人グループもみんなカニさんにむしゃぶりついていましたよ!また行きたい!もう一度行きたい!


店名: Kaysorn Khlong Khon
場所: หมู่ 2 88/1, Tambon Khlong Khon, Amphoe Mueang Samut Songkhram, Chang Wat Samut Songkhram 75000
電話: 087-0360556
営業: 10:00-20:00
Facebook: https://web.facebook.com/yuykongklon/

こんにちは、とも先生です。

2019年1月、ふらっとやって来たタイ東部の街チャンタブリー。

あっという間にバンコクへ戻る時間が来てしまいましたが、最後の最後までチャンタブリーを楽しみたいと思います!チャンタブリーの名物といえば!大聖堂!新鮮なフルーツ!!そしてシーフード!!!さらにはクイッティアオ(米麺)!!!!

オールドタウンには、シーフードをふんだんに使った料理をリーズナブルに食べさせてくれる庶民的なお店がいくつかあるというので、とも先生朝からはしごしてきました🌟
BlogPaint
↑まずやって来たのは、オールドタウン北端にあるJe Ong Seafood Noodles。角にある木造の古いお店です。

BlogPaint
↑朝から店内席はお客さんで混んでいたのでとも先生は通り沿いのオープンエア席へ。

BlogPaint
↑英語はまったく通じなかったのですが、写真入りのメニューがあったので指差し注文。頼んだのはシーフード・トムヤンクン・ヌードル(70バーツ=約240円)

BlogPaint
↑トムヤンクンスープの細い米麺(センレック)の上に、シャコ、カニ爪、エビさんがこんもり盛られています。もうビジュアルだけで美味しそうだよね!

スープはそれほど辛くなく旨味たっぷり!シーフードは茹でてあるだけなので、スープに浸しながら美味しくいただきました🌟

他にも、シーフードをご飯に乗せたものや、茹でシーフード盛り合わせなど、いくつかメニューがありましたよー。


店名: Je Ong Seafood Noodles
場所: Tambon Wat Mai, Amphoe Mueang Chanthaburi, Chanthaburi 22000
電話: 081-3992899
営業: 9:00-16:00
FB: https://web.facebook.com/jeongseafoodnoodles/

BlogPaint
↑そして2軒目!オールドタウン南端近くにあるJe Eed Seafood Noodlesです。古い木造家屋の狭い間口の1階がお店ですが、通りから見える位置に看板があるのですぐに見つかると思うよ。

BlogPaint
↑週末は大行列ができるほどの人気店なんだそうですが、平日の朝はこんな感じで落ち着いています。

BlogPaint
↑ゆっくり食べられそうなのでまずはジュース(20バーツ=約70円)を。カラマンシーだったかな?柑橘系のフルーツジュースは甘酸っぱくて朝から元気になれそう!

BlogPaint
↑注文したのは、海鮮スープの幅広米麺(クイッティアオ)の上に、これまたシャコ、カニ爪、エビさんたちがたっぷり乗ったシーフード・クイッティアオ(100バーツ=約350円)

ここもシーフードは茹でてあるだけなので、スープに浸したり自分で味付けをしていただきます。薄味スープとモチモチ麺が美味しい🌟

こちらもシーフード・ライスやシーフード単品の注文ができます。


店名: Je Eed Seafood Noodles
場所: 44 Sukhaphiban Rd, Tambon Wat Mai, Amphoe Mueang Chanthaburi, Chang Wat Chanthaburi 22000
電話: 039-314738
営業: 9:00-16:00

【まとめ】
どちらのお店のシーフード麺も美味しかったです!が!特にどちらが劇的にずば抜けて美味しかったというほどの違いは感じられませんでした!どこのお店も外れはなさそうです!w

こんにちは、とも先生です。

バンコクから1泊2日でやってきたタイ東部の街チャンタブリー。

川沿いのオールドタウンには古い建物を利用したホテルやゲストハウスが何軒かあるのですが、お目当ての宿はすでに満室💦 川沿いではないけど口コミ評価の高い「カセムサン・ホテル/Kasemsarn Hotel」に泊まったら本当に快適だったのでご紹介します🌟
BlogPaint
↑ホテルはけっこう交通量の多い通り沿いにあります。建物の角のカーブがステキだねえ♡

BlogPaint
↑1961年に建てられた古いホテルだそうですが、最近大規模リノベーションをしたとのことで、ガラス張りのロビーは明るくとてもさわやか。フロントのおねいさんたちも英語バッチリでスムーズにチェックインできました。写真奥にレストランがあり毎日の朝食がいただけます。

BlogPaint
↑ひとりっぷなので一番お手頃なスタンダードルーム。ベランダがなくて敷地奥に位置していますが、逆に通りの車の音が聞こえてこないので静かー。ツインルームもあるよ。

お部屋は広すぎず狭すぎずで、お値段1,000バーツ以下ということを考えると十分なクオリティかと。

BlogPaint
↑エアコンは効き目パワフル、冷蔵庫もテレビも有り〼。NHKも映るとのことだったんだけど確認はしていません。

BlogPaint
↑3階のお部屋の窓から見える外の景色は…まあ別にね…w

BlogPaint
↑冷蔵庫には無料のミネラルウォーターが2本入っていました。とも先生は1泊だけだったので、毎日補充してくれるのかどうかは未確認です。

BlogPaint
↑なにげにドライヤーがあるのうれしいよ。電話はまず使わないけど、ないよりはあったほうがいいね。

BlogPaint
↑バスルーム。バスタブはありませんが清潔で問題無し。シャワーブースの仕切りがカーテン1枚だけですごい不安だったんですけど(トイレや洗面台がびしょびしょになっちゃう)、意外にもそれほど水は飛び散りませんでしたw

BlogPaint
↑このクラスのホテルにしてはバスアメニティに力を入れていると思います。ヘチマがあるし、シャンプーはMapeedという柑橘類を使ったナチュラルシャンプー。

BlogPaint
↑建物自体は昭和チックな感じでそれはそれでステキなのですが、キレイに改装されてさらに気持ちの良い空間になってるよ。2階と3階部分が客室で1階は駐車場。

BlogPaint
↑ところどころにこのような寛ぎスペースも設けられています、日中は暑いけどw

観光にとても便利な立地だしめっちゃ気に入りました!1泊3,000円程度とリーズナブルなのでぜひ!


名称: カセムサン・ホテル/Kasemsarn Hotel
場所: 98/1 Benchamarachutit, Wat Mai District, Mueang Chanthaburi, Chanthaburi 22000 Thailand
電話: 039-311100
URL: http://www.hotelkasemsarn.com/en/

こんにちは、とも先生です。

もう昨年の話しになっちゃうのですが、先月ちょいと所用で日本へ一時帰国しました。

とも先生は横浜の人なんですけど、今回はちょっと事情があって実家に泊まれなかったので、一時帰国なのに初めてビジネスホテルに泊まりました🌟

JR大井町駅前のめっちゃ便利な場所にある「アワーズイン阪急」、気に入ったw
BlogPaint
↑大井町駅を出てもうすぐ!目の前!ツインルームとシングルルームとで建物が別れています。

BlogPaint
↑とも先生は一人なのでシングルルーム。日本のビジネスホテルは狭いけどめちゃくちゃ機能的で無駄がないよね!こういうのけっこう好き!

BlogPaint
↑ただ…大きなスーツケースを床に広げるスペースがないのでベッドの上で広げるしかないの。まあこの狭さはパリのプチホテルなんかもそうだから仕方ないよね。

BlogPaint
↑冷蔵庫、テレビ、ドライヤー、湯沸かしポットなどなど備品が充実しすぎてて日本すごい。

BlogPaint
↑まだ新しいホテルのようでバスルームもピカピカ。日本のホテルはもうウォシュレット標準装備なんだね。

BlogPaint
↑ただバスタブがありませんシャワーのみ。まあ…毎日湯船に浸かりたいわけでもないからシャワーで十分だね。リンスインシャンプーやボディソープは備え付け。

BlogPaint
↑歯ブラシなど基本セットも有り〼。日本のビジネスホテルでは当たり前なのかw すいませんおのぼりさんで。

BlogPaint
↑たしか部屋が33階だったような、その33階のお部屋からの眺めはこんな感じ。

ホテルと同じビル内にスーパーあるしレストランあるしお風呂の王様も入っているし至れり尽くせり。これで1泊6,900円で泊まれちゃうんだからリピート決定だね🌟


名称: アワーズイン阪急/OURS INN HANKYU
場所: 〒140-0014 東京都品川区大井1丁目50−5
電話: 03-37756121
URL: http://www.oursinn-hankyu.co.jp/

こんにちは、とも先生です。

もう昨年の話しになっちゃうのですが、先月ちょいと所用で日本へ一時帰国しました。

とも先生は横浜の人なのですが、バリ島で知り合ったH姐さんMさん夫妻とお家が近かったのでもちろん飲み会のお約束。したらなんとM姐さんまで参戦してのめっちゃ楽しい集まりは、たいへん美味しい羊の串焼きから始まりました🌟
BlogPaint
↑H姐お気に入りという「韓族郷土料理 恋郷館/れんごうかん」。JR川崎駅東口から徒歩5-7分くらい。

BlogPaint
↑温かみのある気安い雰囲気でこれすっごい飲んじゃうかもーw

BlogPaint
↑メニューは豊富でどれも美味しそう!

BlogPaint
↑まずはお燗した紹興酒で乾杯ー🌟身体が温まるね。

BlogPaint
↑まず最初の一皿は干し豆腐炒め(900円)。優しい味付けでするする喉を通るー。

BlogPaint
↑お次はここの名物でもある羊肉串焼き(130円/串)。見た目はとっても辛そうなんだけど全然辛くなくて、スパイスの良い香りで食欲爆発!こ、これはめちゃくちゃウマい!

BlogPaint
香菜と青唐辛子の和え(800円)はサッパリとサラダ風。

BlogPaint
↑鉄串に刺して焼いた手羽先(350円)も美味しそー!

BlogPaint
緑豆粉皮和え(800円)。弾力のあるところてんのような緑豆粉皮とシャキシャキ野菜の歯触りが最高!

BlogPaint
↑これなんだっけ!w チヂミみたいな料理だけど美味しかった🌟

BlogPaint
ゆばと野菜の和え物(700円)。紹興酒が進むにつれてこうしたつるつる系のアテが止まらなくなってきたよw

BlogPaint
↑これなんだっけ!w マロニーみたいやつと野菜の炒め浸しみたいですっごく美味しい。

BlogPaint
↑最後はニラ饅頭的な美味しいやつ。

美味しい美味しいを連呼してしまいましたが、どのお料理も美味しくて特に羊さんがめためたに美味しくてビックリしました!一時帰国の時にまた行きたい!


店名: 韓族郷土料理 恋郷館/れんごうかん
場所: 〒210-0005 神奈川県川崎市川崎区東田町3−21
電話: 044-2443189
営業: 16:30-翌3:00

↑このページのトップヘ