とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: インド旅行

こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

タイ・エアアジアのエコノミークラスでバンコク(ドンムアン)からチェンナイへ〜

FD153/DMK-MAA

<2019年2月>
BlogPaint
↑初めてのインド旅行はタイ・エアアジアで。

BlogPaint
↑機内は満席!乗客はほぼインド人かと思いきや欧米人旅行者や日本人もけっこう乗っていたよ、春休みだからかな。

BlogPaint
↑有料機内食を事前の予約していたのは覚えていたんだけど…さっき空港ラウンジでご飯食べちゃったw

BlogPaint
↑今回予約したのは野菜たっぷり丼(コーヒーかお水が付いて120バーツ)。白ご飯の上に、しめじ、にんじん、チンゲンサイ、厚揚げ、キクラゲが乗っています。これはベジタリアンフードってやつだね!

それでは実食!

うん!味がしない!

とも先生はベジタリアンではないのでベジタリアンフードとはこうなのだ!と言われたらもう何も言えないのですが、これは味がしない!ごくごく薄味のめんつゆのようなものでご飯が色付いているだけ…。

せめて塩をください…ごめんなさい完食できませんでした…。

BlogPaint
↑食後のコーヒー。普段コーヒーを飲まない猫舌のとも先生にとってこれはちょっと…お水もらえばよかった。

さて…寝るかw

こんにちは、とも先生です。

先日インドへ行ってきました、初めてのインド。

仕事を終えたその日の夜にバンコク・ドンムアン空港からの出発だったのですが…なーんかほんのりと腰に違和感があるぞ…。20代後半でギックリ腰をやってしまってから腰にはかなり気をつけているのですが、それでもなんだか嫌な予感…ちょっとどこかで横になりたいけど…。

そうだ!昨年末に作ったプライオリティパスがあることをふと思い出して、ドンムアン空港国際線ターミナル(ターミナル1)のミラクル・ラウンジ2/Miracle Lounge2を初めて利用してみました🌟念のためにパスをお財布に入れておいてよかったーw
BlogPaint
↑ドンムアン空港国際線出発ロビーにはプライオリティパス対応のラウンジが3カ所。手荷物検査場を終えてすぐ、VAT払い戻しカウンターのとなりにあるのがThe Coral Executive Lounge。

BlogPaint
↑手荷物検査を終えて左に歩いて行くと右手に見えてくるのがMiracle Lounge 1。

BlogPaint
↑そしてMiracle Lounge 1を過ぎて数十メートル歩くと左手に見えてくるのがMiracle Lounge 2。今回は出発ゲートから一番近いこのラウンジに入ってみます。

BlogPaint
↑カウンターでプライオリティパスを見せてサインをして、レシートとWifiパスワードの紙をもらってからカウンター裏の階段を上ります。

BlogPaint
↑あれ?…夜19:30頃に入ったのですが…他にお客さん誰もいないんですけどw

BlogPaint
↑ラウンジ内にはうっかり眠りこんで飛行機に乗り遅れてしまいそうなチェアがあり。

BlogPaint
↑みんなでウフフアハハできるようなお部屋もあり。

とも先生は横になれそうな静かなソファシートでしばし休憩〜

BlogPaint
↑そうそう、夕飯の時間帯だからか食事や飲物もなかなか充実していました。お酒はビール、各種ハードリカー、ワインなど。どれもバンコク市内のスーパーで売っているようなものでしたが。

BlogPaint
↑飛行機に乗る前にここで夕飯にしちゃおう。豚肉のパネンカレーがとても美味しかったし、ビールはキンキンに冷えているし、ペットボトルのお水もあるしでもうなんかありがとうございます。

BlogPaint
↑スマホの充電をしながら第二弾。チーズサンドとソーセージパイにロールケーキでデブ食。コンセントはほとんどのテーブルにあったのでとても便利。

Screenshot_20190215-103227
↑ミラクルラウンジのWifi状況はこんな感じ。速度的には遅いけど不便ではないです。

今回利用したミラクル・ラウンジ2があまりにもガラガラだったので後日ネットで調べたら、ドンムアン空港国際線出発ロビーにある3カ所のラウンジのうちここが一番空いていて穴場なんだそうですよ🌟


こんにちは、とも先生です。

インドへ来ています、インド。

今日はコーチ滞在最終日、ホテルをチェックアウトし荷物を預かってもらってからさっそく出発ー。

南インド最大の国際現代美術展「コーチ=ムジリス・ビエンナーレ/Kochi-Muziris Biennale 2018」を丸一日かけて楽しみまーす🌟
BlogPaint
↑本来はビエンナーレのチケットを購入する必要があるのですが、なんと毎週月曜日は全会場入場無料という太っ腹!そして今日はうれしい月曜日!ビエンナーレ会場はどこも古いコロニアル建築の施設を利用していて、とも先生なんだか盆暮れ正月が一度に来たような多幸感w

BlogPaint
↑どこかで見たような作品だな…と思ったら、インドネシアの作家ヘリドノさんの作品でした。バンコク・アート・ビエンナーレにも出展してたしもう売れっ子だねー。

会場はフォートコーチンと呼ばれる地区を中心に、会場が10カ所以上に分散しているのですが、どこも作品のボリュームがあって一日じゃ見て回れないよ!

BlogPaint
↑こちらでは、展示スペースにさまざまな食材や調理器具が並び、鑑賞者はそれを手に取って好きに料理をしていいという作品。ちょうどお昼時だったので、見学の学生さんを中心にみんな真剣に調理していましたw

BlogPaint
↑そしてちょいとフェリーに乗って、フォートコーチンから対岸のエルナクラムという新市街へ。たった6円で楽しめるローカルフェリーの旅。

BlogPaint
↑エルナクラムにもビエンナーレの会場があったので、作品を鑑賞しつつ、帰りにスーパーでお土産も買ったりしてふたたびフェリーでフォートコーチンに戻る。

BlogPaint
↑早めの夕飯は、ケララ州の名物料理だという「Prawn Molly」をいただきました。スパイスの効いた海老のココナッツミルク煮込みは、優しい味わいの中にチリのピリッとした辛さが来るとんでもなく好みのお料理でした!お酒とともに食べられたら最高だったけど酒無し!w

歴史探訪、街歩き、カレー系グルメ、ヨガ、クルーズなんてキーワードにピントきた方はケララ州の旅行はめちゃくちゃに楽しいと思いますよ!

またすぐにでも来たーい!1ヶ月くらい時間をかけて周遊したいエリアでしたおしまい🌟



こんにちは、とも先生です。

インドに来ています、インド。

今日はアレッピーを出発して最終目的地であるコーチ(コーチン)へ移動しました。
BlogPaint
↑アレッピーのコロニアルホテルの朝食は、マサラドーサにココナッツチャットニー、紅茶にバナナという南インドスタイル。南アフリカから一人で来たというマダムと2人で。

BlogPaint
↑アレッピーのホテルをチェックアウトして、エアコンバスとローカルバスを2回乗り継いでコーチの旧市街であるフォートコーチンまで所要約2時間半。どローカルなバスに乗る久しぶりだったんだけど、もう南インドの人たちみんな親切にあれこれ世話を焼いてくれて無事に到着。

BlogPaint
↑コーチのお宿は築300年のコロニアル建築を改装したホテル。雰囲気はいいんだけど、古いっていうかちょっとボロくて暗いー。でもとも先生は逆にそのほうが興奮するのでお好きな方にはたまりません。

BlogPaint
↑フォートコーチンは視界に入る景色のほとんどがコロニアル建築まみれ。お好きな方は好きすぎて卒倒してしまうと思いますがとも先生は踏ん張りましたw

BlogPaint
↑コーチのビーチはなかなかにきちゃないのですがw 潮風を受けながら冷たいジュースでも飲めばまあ幸せ。日曜日なのでクッソ暑いけど地元の人たちでにぎわっております。

BlogPaint
↑早めの夕飯はシーフードを🌟イカラブのとも先生が前菜に頼んだマサラ風味の揚げイカが最高に美味しいんだけど、美味しいんだけど!

酒がない!

いや、ビールやワインを出してくれるレストランもあることにはあるんですが、探さないとないんだよ!

なんだか不完全燃焼、ちうかガソリンが切れたのでこれからちょっと飲み屋さんを探しに夜のお散歩に行ってきまーす。

ではまた明日ー🌟



こんにちは、とも先生です。

インドに来てます、インド。

今朝は、ホテルの朝食をルームサービスで食べている時に「紅茶とコーヒーどっち飲む?」とスタッフの男の子に訊かれたので「紅茶ちょうだい」と確かに言ったのですが、なぜか20分後にもう一度同じ朝食が届くという軽いハプニングを味わってからの出発です。

まずはホテルそばでリキシャをつかまえ、昨日のうちに予約しておいたトリヴァンドラム9:00発のエアコンバスに乗るためバスターミナルへ。

だが!広いバスターミナルには同じようなバスが何台も並んでいて全然わかんないし、人に訊いてもみんな違う方向を自信満々に教えてくれるから頭が混乱してきてどうしよう!と、

「ミスターTOMO?」

という言葉に振り返ると、なんとバスの車掌さん的お兄さんが立っているではありませんか!お兄さんの持つ予約者リストには確かにとも先生のフルネームが!予約時に名前を訊かれたのはそのためか?!w

バスの発車時刻近くになっても来ないからターミナル内を探していたんだよ♡なんて言われてすいません好きになってもいいですか。
BlogPaint
↑というわけでバスは定刻通り朝9:00にトリヴァンドラムを出発。今日は約150km北上してアレッピー(アラップーザ)という街を目指します。ちうか車内なんだか短距離路線バスみたい…長距離なんですがw

BlogPaint
↑そして4時間半後の13:30にバスはアレッピーのバスターミナルに到着!アレッピーにはバックウォータークルーズをしに来たのであてもなくフラフラと船着き場へなんとなく行ってみたらちょうど観光客向けのクルーズが出発するって!というわけでホテルへチェックインする前に観光しちゃう!

BlogPaint
↑ケララ州の水郷地帯をゆっくりのんびり進むクルーズツアーは往復3時間の短いものだったけど、景色はステキだし風も気持ちいいしで十分満足満喫!写真のようにホテルのような豪華なお泊まりクルーズもできるんだってー。

BlogPaint
↑バックウォータークルーズ観光を楽しんでから夕方前にチェックインしたアレッピーのホテルは、昨日に引き続きコロニアル建築の邸宅を利用したステキプチホテル。古いけどもうたまらん!頭からニヤニヤ汁が出っぱなし!w

BlogPaint
↑ホテルから徒歩10分でビーチに出られるというので夕方のお散歩へ。今日は土曜日だからか地元の人でビーチはもうお祭り騒ぎ!海は汚くはないけど…って程度だったけど眺めるには十分。

BlogPaint
↑早めの夕飯は、そろそろガソリンが切れてきたのでお酒の飲めるお店を探してインドのキングフィッシャービールで乾杯ー!料理にはまったく期待していなかったんだけど、酒のアテに頼んだチキンチャーハンがかなり良い出来映えで小さな幸せを噛みしめました。

今夜は夜遊びせず、コロニアルなお部屋を隅々までウフフフ楽しみながら寝ます。

ではまた明日ー🌟



↑このページのトップヘ