とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ:タイ国内旅行 > チャンタブリー旅行Jan/2019

こんにちは、とも先生です。

2019年1月、ふらっとやってきたタイ東部の街チャンタブリー。

1泊2日のショートトリップでしたがとても楽しかった🌟これからバスに乗ってバンコクへ戻りますよー。
BlogPaint
↑チャンタブリーのバスターミナル。オールドタウンから普通に歩ける距離(約1km)だけど、暑いのでバイタク使ってもいいかもw

BlogPaint
↑さあバンコク行きのバスチケットを買って戻りま…あれ?チケットカウンターが無人?!しかもなんか荒れてる?

BlogPaint
↑アワアワしていると近くの人が教えてくれました。写真に写っているブルーシートの仮説テントみたいのがバスチケットカウンターだとw

BlogPaint
↑こちらバスの時刻表。早朝から深夜までバンバカ走っているから便利だね!

BlogPaint
↑とも先生は11:20発の東バスターミナル行きのバスチケット(180バーツ=約630円)を購入。

BlogPaint
↑このバスはトラート発チャンタブリー経由バンコク行きなので、まあ遅れるだろうなあと思ったら定刻に到着しましたすげえ!w

BlogPaint
↑車内は横4席ですが長距離ではないのでまあオッケー。足元もそんなに狭くないよ。

BlogPaint
↑このバスでは無料でお水をくれました。

BlogPaint
↑途中でトイレ休憩のためレストラン兼土産物店に20分ほど立ち寄り

BlogPaint
↑ちょうど5時間後の16:20にバンコク・東バスターミナルに到着!目の前がBTSエカマイ駅なので、その後の移動がとても楽なバスターミナルです。

これにて1泊2日のチャンタブリー旅行はおしまい🌟


こんにちは、とも先生です。

2019年1月、ふらっとやって来たタイ東部の街チャンタブリー。

あっという間にバンコクへ戻る時間が来てしまいましたが、最後の最後までチャンタブリーを楽しみたいと思います!チャンタブリーの名物といえば!大聖堂!新鮮なフルーツ!!そしてシーフード!!!さらにはクイッティアオ(米麺)!!!!

オールドタウンには、シーフードをふんだんに使った料理をリーズナブルに食べさせてくれる庶民的なお店がいくつかあるというので、とも先生朝からはしごしてきました🌟
BlogPaint
↑まずやって来たのは、オールドタウン北端にあるJe Ong Seafood Noodles。角にある木造の古いお店です。

BlogPaint
↑朝から店内席はお客さんで混んでいたのでとも先生は通り沿いのオープンエア席へ。

BlogPaint
↑英語はまったく通じなかったのですが、写真入りのメニューがあったので指差し注文。頼んだのはシーフード・トムヤンクン・ヌードル(70バーツ=約240円)

BlogPaint
↑トムヤンクンスープの細い米麺(センレック)の上に、シャコ、カニ爪、エビさんがこんもり盛られています。もうビジュアルだけで美味しそうだよね!

スープはそれほど辛くなく旨味たっぷり!シーフードは茹でてあるだけなので、スープに浸しながら美味しくいただきました🌟

他にも、シーフードをご飯に乗せたものや、茹でシーフード盛り合わせなど、いくつかメニューがありましたよー。


店名: Je Ong Seafood Noodles
場所: Tambon Wat Mai, Amphoe Mueang Chanthaburi, Chanthaburi 22000
電話: 081-3992899
営業: 9:00-16:00
FB: https://web.facebook.com/jeongseafoodnoodles/

BlogPaint
↑そして2軒目!オールドタウン南端近くにあるJe Eed Seafood Noodlesです。古い木造家屋の狭い間口の1階がお店ですが、通りから見える位置に看板があるのですぐに見つかると思うよ。

BlogPaint
↑週末は大行列ができるほどの人気店なんだそうですが、平日の朝はこんな感じで落ち着いています。

BlogPaint
↑ゆっくり食べられそうなのでまずはジュース(20バーツ=約70円)を。カラマンシーだったかな?柑橘系のフルーツジュースは甘酸っぱくて朝から元気になれそう!

BlogPaint
↑注文したのは、海鮮スープの幅広米麺(クイッティアオ)の上に、これまたシャコ、カニ爪、エビさんたちがたっぷり乗ったシーフード・クイッティアオ(100バーツ=約350円)

ここもシーフードは茹でてあるだけなので、スープに浸したり自分で味付けをしていただきます。薄味スープとモチモチ麺が美味しい🌟

こちらもシーフード・ライスやシーフード単品の注文ができます。


店名: Je Eed Seafood Noodles
場所: 44 Sukhaphiban Rd, Tambon Wat Mai, Amphoe Mueang Chanthaburi, Chang Wat Chanthaburi 22000
電話: 039-314738
営業: 9:00-16:00

【まとめ】
どちらのお店のシーフード麺も美味しかったです!が!特にどちらが劇的にずば抜けて美味しかったというほどの違いは感じられませんでした!どこのお店も外れはなさそうです!w

こんにちは、とも先生です。

2019年1月、ふらっと1泊2日でやってきたタイ東部の街チャンタブリー。

今日はもうバンコクへ戻る日だよ💦天気も良いことだし、オールドタウンを中心にチャンタブリー市内を散策してみます。午前中に目一杯観光するぞー!
BlogPaint
↑まず朝イチでやって来たのは、ホテルから徒歩5分ほどのタイ国立公文書館チャンタブリー分館(National Archives of Thailand, Chanthaburi Branch)。とても広い敷地です。

BlogPaint
↑入口の門が全開オープンで警備員さんもおらず、敷地内をお散歩している風の人もいたので、そーっとお邪魔して写真だけいただきました。

外は塗り替えていますが、コロニアル風の建物自体が歴史的建造物。すっごいステキでしばらく動けませんでしたw きっと館内もステキなんだろうなあ。

BlogPaint
↑そして昨夜お散歩したオールドタウンへ再び。平日の朝の風景、これが週末になると激混みなんだそうな。

BlogPaint
↑観光客らしき人の姿もまばらなのでのんびりゆっくり歩いてみよう。ただ、バイクの往来がけっこう激しいから気をつけて歩いてね

BlogPaint
↑ここはLuang Rajamaitri Historic Innという、川沿いの古い建物を利用したホテル。本当はとも先生ここに泊まりたかったんだけどね、満室で泊まれなかったんだよ…。

BlogPaint
↑ホテルの1階はギャラリーというか資料館みたいになっているので興味のある方はどうぞ。

BlogPaint
↑建物と建物の間の細い路地を入って川へ出てみました。もちちん川の水はキレイではないけどw独特の雰囲気があります。川沿いにはカフェやレストランもたくさんあるので、リバービューランチなんていいね。

BlogPaint
↑オールドタウンの通り沿いにはこのようなコロニアル風の古い建物もたくさん残っているよ。もうため息が出ちゃうね。

BlogPaint
↑昨夜渡った橋をもう一度。向こう側に大聖堂が見えます。

BlogPaint
↑橋の中央からオールドタウンを見たところ。今日も川の流れは止まっているかのよう。

BlogPaint
↑最後にチャンタブリー名物のカトリック大聖堂に到着。内部のステンドグラスがなかなかに美しいらしいのでぜひこの目で見たかったのですが…訪問時はお葬式のため関係者以外入場不可となっていました。

まあ…バンコクから4時間半で来られるしね、大聖堂の内部は次回のお楽しみにしよう。

さあ、今夜は友人と食事の約束があるので夕方までにバンコクへ戻らなくちゃー。


こんにちは、とも先生です。

2019年1月、ふらっと1泊2日でやってきたタイ東部の街チャンタブリー。

美味しい地元料理ディナーの後は、川沿いのオールドタウンをお散歩してみました。

↑チャンタブリーのオールドタウンは、約800mに渡る川沿いのSukhaphiban通りにあります。

BlogPaint
↑週末の日中は激混みらしいのですが、平日の夜はこんな感じで閑散としています。なんだか日本の昔の下町を歩いているみたいで雰囲気いいよー。

BlogPaint
↑古い建物を改装したオサレなホテルやお店もあって歩くのが楽しいよ。平日の夜だからほとんど閉まっていたけどね!w

BlogPaint
↑オールドタウンの南端近くにはカワイイ橋がかかっていて対岸へ行くことが出来ます。

BlogPaint
↑2019年1月現在、対岸は護岸工事をしているので写真的な見栄えはあまりよくないのですが、流れのほとんどのない静かな川がまるで水鏡のよう。

BlogPaint
↑川を渡ってすぐ見えてくるのは、チャンタブリーで一番の観光スポットであるカトリック大聖堂。約300年前に建造されたフランス様式の大聖堂です。また明日見に来よう。

BlogPaint
↑オールドタウンを歩いた後はロータリーそばのお地元系ナイトマーケットへ。こちらは観光客感ゼロのマーケットで食べ物屋台がたくさーん!

BlogPaint
↑ここは生鮮朝市かな?人気がまったくないのは夜だから?

BlogPaint
↑なんだかお土産物屋さんっぽいお店でお菓子を買いました。マンゴスチンのジャムをチーズビスケットで挟んだ悪魔のお菓子。甘くてしょっぱくて止まらない…永久運動w

さあ、明日はもう一度オールドタウンを散策してみよう!


こんにちは、とも先生です。

2019年1月、バンコクからふらっと1泊2日で行ってきたタイ東部の街チャンタブリー。

夕飯は、宿泊ホテルそばにあるレストラン「Chanthorn Pochana Restaurant」で、チャンタブリーの地元料理をいただきます。美味しくて思わず笑みがこぼれてしまうお店でした🌟
BlogPaint
↑お目当てのお店はチャンタブリー市内に2店舗あり、とも先生が行ったのは観光エリアに近いBenchamarachuthis通り店。写真手前の建物1階がお店です。

BlogPaint
↑人気のお店なのでかなり混むらしい、とのネット情報を得ていたので17:30に入店したのですが、平日ということもあってかお客さんはほとんどいません。どうやら混むのは週末だけみたいだね。

BlogPaint
↑メニューは一部写真付きの英語併記なので注文は難しくないよ。片言の英語が話せる店員さんがいたので、おすすめの料理を3品頼みました。

BlogPaint
↑お店が混んでいないからか、注文して10分くらいですべてのお料理が来ました。早い!

BlogPaint
↑まずこちらは海老と月桂樹の若枝の炒め物(150バーツ=約520円)。月桂樹の葉(ローリエ)はさまざまな料理に使うスパイスですが、これは月桂樹の若くて柔らかい枝(茎?)の部分をスライスして海老と炒めたもの。

月桂樹がとってもさわやかな香りで海老がめちゃくちゃ美味しいんですけど、若い枝(茎)自体は繊維質で口触りが良くないので、海老だけをほじくり出していただくのがいいみたいw

BlogPaint
↑お次はインゲンの海老ペースト炒め(100バーツ=約350円)。素揚げしたインゲンを干し海老、海老ペーストとともに炒めたものです。

これねえ…

頭が割れそうなほど美味しいぃいいいいいぃいいいっ!!!

歯触りの良いインゲンとカリカリクリスピーな海老ペーストとの相性が抜群で、わざとなのかなんなのか、お酒や白ご飯に合うようにちょい濃いめの味付けになってます!最高っ!

BlogPaint
↑そして最後の〆はチャンタブリー風カニのパッタイ(小サイズ50バーツ=約170円)。チャンタブリーの麺は独特のモチモチ感があって、たっぷりの生野菜とスパイシーな味付けがちょうど良いバランス。麺の上には揚げたカニが乗っていて、パリパリ香ばしく殻ごと食べられるよ。

BlogPaint
↑店内にはオーナー一家の写真がたくさん飾られていて、他所様のお宅の歴史を強制的に見せられてるようw 家庭的で温かみがあるって言えばいいのかw

川沿いのオールドタウンや主要ホテルから近い場所にあるので行きやすいと思います。とにかくインゲンの海老ペースト炒めはめちゃくちゃ美味しかったよ🌟機会があればぜひ!ぜひ!!


店名: Chanthorn Restaurant(Benchamarachuthis Branch)
場所: Benchamarachuthis Rd, Tambon Wat Mai, Amphoe Mueang Chanthaburi, Chang Wat Chanthaburi 22000
電話: 039-302350
営業: 9:00-21:00

↑このページのトップヘ