とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ:タイ国内旅行 > 北部タイ旅行Dec/2018

こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

バンコク・エアウェイズのエコノミークラスでランパーンからバンコク(スワンナプーム)へ〜

<2018年12月>

BlogPaint
↑ランパーン空港は街中にあって、頑張れば歩いて行けちゃうくらい街中だよw

BlogPaint
↑現在バンコク線の国内線1路線にしか就航していないこともあってか空港はとてもこじんまり。

BlogPaint
↑ランパーン空港にはバンコク・エアウェイズのラウンジがない代わりに、搭乗待合室の専用コーナーでお茶や軽食がいただけます。バターケーキと餅菓子に紅茶、旨し。

BlogPaint
↑ランパーンからバンコクへ戻る飛行機はATR72という70人乗りのプロペラ機。

BlogPaint
↑横2-2のシートですが特に圧迫感は無く。ただこのフライトは最終的に満席になりました。

BlogPaint
↑1時間35分の国内線フライトですが機内食が出ます。鶏胸肉の唐揚げを甘酢和えにしたもの、キュウリ、ニンジンにチリソース。飲物はお水とオレンジジュースの他、食後にコーヒーか紅茶がいただけます。

午後のフライトだから量もちょうどいいし、機内食にしてはヘルシーだし、かなりいいよね🌟


こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

1泊だけでしたがランパーンの街歩きを楽しみ、あっという間にバンコクへ戻るフライトの時間が近づいてきました。最後は軽くランチでもしようかなーと歩いていたら、マッサージ屋さんを見つけたのでフットマッサージをしてもらったよ。
BlogPaint
↑日中の暑い時間帯だったからかお店の前の通りには人気がないのですがwお店は街の中心部にありますよ。

BlogPaint
↑外国人観光客的には、店頭に英語表記が多いと「ちょっと入ってみようかな?」って気持ちになるよね。とりあえず入店。

BlogPaint
↑店内は特に洗練されているわけではないけど、風通しが良くて素朴な温かい感じ。お店に入るとすぐにオーナーらしきマダムがキレイな英語で対応してくれました。

BlogPaint
↑マッサージは1時間200-399バーツ。とも先生はフットマッサージ(200バーツ=約680円/1時間)をお願いしました。

BlogPaint
↑施術室はエアコンがほどよく効いて快適。マッサージ師の女性とは片言の英語での意思疎通でしたが、マッサージはなかなかの腕前でしたよ。

BlogPaint
↑マッサージが終わるとハーブティーとココナッツミルクの餅菓子を出してくれました。

普通に英語が通じるのでとても気軽に利用できるマッサージ屋さんです🌟


店名: Sankul Thai Massage
場所: 1015/1 Upparat Suan Dok Road, Chang Wat Lampang 52100
電話: 080-7931783
営業: 9:00-21:00
FB: https://web.facebook.com/sankulmassageforhealth/

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

チェンマイから南東約100kmに位置するランパーン。良質の粘土が産出されるため窯業が盛んで、その中でもにわとり柄(鶏柄)の食器は日本人にも人気があることから、食器目当てにランパーンを訪れる人がいるほど。

時間がなかったので駆け足だったのですが、ランパーン市内で食器の買えるお店のうち、観光客も行きやすい2カ所をご紹介します。
BlogPaint
↑まずはここ。なんやコロニアル風建築の裏手にお店が何軒か並んでいます、1軒をのぞいて閉まってるけど!


↑場所はここ。警察関連施設の敷地内なのかな?

BlogPaint
↑朝から唯一開いていたお店を見学。

BlogPaint
↑にわとり柄の食器があります、が、けっこう雑多な品揃え…。

うーん…1軒しか開いていないから品揃えや値段の比較ができないなあ…。

BlogPaint
↑というわけで、どうしたものかと悩みながら歩いていたら偶然見つけました食器集合店。


↑場所はここ。City Ratsada Apartmentという宿の斜め向かい。

BlogPaint
↑ここは各店舗品揃えが豊富ー🌟

BlogPaint
↑にわとり柄の食器の種類もたくさんあるよ。

BlogPaint
↑とも先生いくつかお買い上げ。でもそんなに量を買えないから本当に少しだけ。茶碗サイズの中鉢(10バーツ=約34円/個)。安い!こんなに安いものなの?!

BlogPaint
↑そしてお魚さん型の醤油皿的な小皿(10バーツ=約34円/枚)。これもにわとり柄食器と並んで人気商品なんだそうです、よく知らんけど。

日本のネットショップでいくらで売っているか知らんけど、現地ランパーンで買うと30円台ってことでした🌟食器に興味のある方はぜひー。


こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

初めて訪れたランパーンは、木材などを北部地域からバンコクへ運ぶ中継地とされ、市内には当時からの古い建築物が多く残っています。というわけで歩いて探しまくってみたよ。
BlogPaint
↑鉄道の敷設とともに1916年に建てられたランパーン駅。1階がコロニアル風建築で2階が中国風という変わった造り。

BlogPaint
↑ああん、このアーチがたまらない。何度でも往復してアーチをくぐりたいw

BlogPaint
↑駅に改札はないので、利用客でなくても誰でも構内に入れます。

BlogPaint
↑夕方ののんびりしたホーム。列車の本数が少ないためか、市民のみなさんホームでくつろいでいますw

BlogPaint
↑Talat Gao通り周辺にはこのようなウォールペインティングも。カラフルなにわとりさん。

BlogPaint
↑こちらは1908年に建てられたMoung Ngwazin building。当時は木材関連の西洋人ビジネスマンのためのホテルだったそうな。現在は1階部分がカフェになってるよ。

BlogPaint
↑Yean si tai li ki buildingは、1913年に中国人実業家によって建てられた、当時この地域で一番大きな中国系デパートだったそうです。現在は建物の一部がゲストハウスとして利用されています。

BlogPaint
↑1917年建築のBaan Komsonは一般住居。中には入れないので外からちらっと眺めるだけ。

BlogPaint
↑中国人建築家によって1901年頃建てられたFong Lee building。現在はカフェ&ホステルになっています。

BlogPaint
↑タイ銀行博物館は、1930年に建てられたサイアム・コマーシャル銀行ランパーン支店の建物を利用しています。開館日であることを確認してから訪問したのですが…入口が固く閉ざされていました…。

実はこのタイ銀行博物館、事前に博物館に電話をして訪問予約をしないといけないそうです。
電話: 05-422-1976または05-422-5062

特にビッとしてバッとした見所のないランパーンですが、このような古い建築を訪ね歩くのもゆるふわで味わい深いですよー🌟


こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

チーク材などの集積地として栄えたランパーンには、ワン川に沿って古い木造建築が建ち並ぶエリア(カー・コン・ター/Kad Kong Ta)があります。その周辺で、週末だけナイト・マーケットが開催されるというのでちょこっとのぞいてみたよ。


↑ワン川に近いTalat Gao通りの約600mに渡ってたくさんのお店が出ます。

BlogPaint
↑ナイト・マーケットは週末の土日のみ、17:00〜22:00くらいの開催みたい。外国人観光客向けではなく地元の人が楽しむものだから、チェンマイに比べて規模は小さいけどローカル気分が味わえるよ。

BlogPaint
↑民芸品を始めとしたお土産屋さんもたくさんあったよ。タイ人観光客向けかな。

BlogPaint
↑橋のそばはアンティークのお店が並んでいました。若い人たちの出店が多くて、ここだけなんかオサレな感じ。

BlogPaint
↑日本では露店でお寿司販売なんて考えられないだろうけどタイでは普通w 一口サイズの小振りなお寿司たちが1つ10バーツで売られていたよ。

BlogPaint
↑サボテン屋さん、意外と繁盛してる。

BlogPaint
↑ナイト・マーケットが行われる通り沿いには古い木造建築が残っていて、夜にはライトアップもされてとってもキレイだよ。

BlogPaint
↑イサーンソーセージやネーム(発酵ソーセージ)が美味しそうだったので、真空パックのものをお土産に購入。

BlogPaint
↑そしてランパーンご当地Tシャツがたったの100バーツと安かったのでこれもお買い上げ。

夏休みに遊びにいった田舎のおじいちゃん家の小さな町で行われる夏祭りにこっそり参加したような感じ。週末にランパーン滞在をする方はお散歩がてらぜひー🌟


↑このページのトップヘ