とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ:ミャンマー旅行 > ヤンゴン旅行Oct/2018

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン2日目、コロニアル市内観光やシュエダゴン・パゴダ観光で丸一日動き回ってけっこうヘロヘロなとも先生。気付いたら夜も21:00を過ぎていて…夕飯どうしよう…冷たいビールも飲みたい。
お寺系に興味がなくても一度はぜひ!のシュエダゴン・パゴダ
http://tomosensei.net/archives/1072916880.html
ヤンゴンって市内中心部でも外国人観光客がパッと入れるようなお店が少ないような気がするんだけど、その中で地元の人でにぎわうビアホールみたいなお店があったので晩酌&ご飯してきました。
BlogPaint
↑お店はマーチャント通り沿いにあります。周囲よりネオンが派手目なのですぐにわかるよ。

BlogPaint
↑店内はオープンエアで4人掛けテーブルがみちみち。とも先生が入店した日曜夜21:00頃は地元のお客さんで満席!写真は22:00過ぎのもの。

BlogPaint
↑メニューは英語表記有りの一部写真付きなので注文は比較的簡単だと思うよ。酒のアテ系がけっこうあってうれしいw

BlogPaint
↑まずはミャンマーの生ビールで乾杯☆軽くて飲みやすい。

BlogPaint
↑とも先生が注文した揚げ豚ご飯。ご飯は白いご飯かと思ったら、豆や青菜の入ったバターピラフ!とっても美味しいんだけど油っこいw

BlogPaint
↑メニューに餃子があったのでこれも注文したら、やって来たのはなんと揚げワンタン!これもビールのアテにはいいんだけど油っこいw

生ビール2杯に料理2品でお会計(10,000チャット=約710円)

宿周辺にあまり夜遅くまでやっているレストランが見つからなかったので、夜ちょっと飲みたい時などにここは重宝しました。ヤンゴン市内に同名の同じ看板のお店をいくつか見つけたので、チェーン店なのかもしれないね。


店名: Lion World Restaurant
場所: Merchant Rd, Yangon
電話: 未確認
営業: 10:00-23:00

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン2日目、とも先生の大好きなコロニアル建築を見て歩いて見て歩いて一日が終わろうとしたのですが、バンコクの友人から「どんなにお寺系に興味がなくてもシュエダゴン・パゴダには行って!絶対に行って!」と言われたのを思い出しました。
ヤンゴン市内観光はコロニアル建築巡りがおすすめ
http://tomosensei.net/archives/1072907471.html
とも先生…お寺系にはあんまし興味ないんだけどな…。でもヤンゴンの唯一にして最大の観光名所ということもあるし行ってきました「シュエダゴン・パゴダ/Shwedagon Pagoda」
BlogPaint
↑ヤンゴン市内中心部からGrabタクシー(2,600チャット=約180円)に乗ってシュエダゴン・パゴダの東口に到着。時間は夕方17:20くらい。

BlogPaint
↑パゴダへ入る前に注意書きの看板が。靴を脱いで露出の少ない格好だったら問題無し。

BlogPaint
↑なんだかゴールがまったく見えない長い階段を上っていきます。ただ両脇にずらりとお土産物屋さんや仏教系グッズ屋さんが並んでいるので見てて飽きなかったよ。

BlogPaint
↑階段を上りきった所にチケット売り場があるので拝観料(10,000チャット=約710円)を払います。もしここで服装チェックに引っかかった場合は、ロンジー(ミャンマーの腰巻き)を貸してくれますが有料です。

BlogPaint
↑チケットと一緒に日付の入ったシールもくれるので胸元に貼っておきましょう。このシールを見せれば、当日何回でも入退場ができます。

BlogPaint
↑そして中へ…うおおおお!なんかピカピカ! 語彙の少ない自分が憎い!w

BlogPaint
↑日没前の日射しが和らいだステキタイムだからか境内はミャンマー人でえらいこっちゃ状態。外国人観光客もいるにはいますがお祈りに来たミャンマー人のほがはるかに多いー。

BlogPaint
↑うおおおおおお!これがシュエダゴン・パゴダか!

…あれ…でも…なんか…カバーがかかっているみたいなんだけど。

よくよく見てみると、パゴダの上部に竹で足場が組まれています。

実はシュエダゴン・パゴダは5年に一度修復工事を行うそうなのですが、劣化が激しいため1年前倒しの今年2018年9月から修復工事を始めたそうな。

少し残念だけど、でも修復工事中のパゴダは5年に一度しか見られないしね、これはこれでよし!w

BlogPaint
↑お釈迦様もみちみち。

BlogPaint
↑柱の彫刻もすっごく造りが細かくて静かに感動。

BlogPaint
↑もうそろそろ日が沈むよう、って頃になるとみなさんお祈り開始。すごい人の数です。

そしてとも先生は18:00頃に一旦パゴダを出て近所のマッサージ屋さんへーw

BlogPaint
↑夜20:00、再びシュエダゴン・パゴダへ戻ってきました。ここは北口。

BlogPaint
↑うおおおおおおおおおお!!!なんだこ・れ・は!!!美しい!!!黄金!!!

BlogPaint
↑この時間になると、地面はひんやり冷たく気温も落ち着いてきて、とてもさわやかな気持ちで見学できました。

日中の暑い時間はちょっと…だけど、夕方と夜、どちらもそれぞれに美しい姿を見せてくれました。もしお時間に余裕があったら夕方と夜、または早朝と夜の2回行ってみてください!


名称: シュエダゴン・パゴダ/Shwedagon Pagoda
場所: Shwedagon Pagoda, Yangon, Myanmar
拝観: 4:00-21:00
URL: https://www.shwedagonpagoda.com.mm/

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン2日目、市内観光に夢中になっていたらお腹がグーグー鳴り出したので、シャンヌードルの人気店「Aung Mingalar Shan Noodle」でランチしてきたよ。
BlogPaint
↑お店はボージョー・アウンサン・マーケットの約400m北側、Nawaday StとBo Yar Myunt Rdの角にあります。

BlogPaint
↑ちっさいけど看板もあります。漢字で書くと吉祥小吃店なんだね。

BlogPaint
↑日曜日のランチタイムに訪問。店内はけっこうみっちりテーブルが詰め込まれていて席数はありますが、それでもお昼の入店時は満席!おひとりさまは相席が基本みたいだよ。

BlogPaint
↑ここはシャン族のシャン料理がいただけるということで、シャンヌードルという麺料理が美味しいんだって。メニューには英語表記もあるので注文簡単でした。

BlogPaint
↑とも先生はシャンヌードル(豚)/Shan Sticky Noodle(Pork)とレモンジュースを注文。

スープ無しバージョンの油そばみたいのを頼んだんだけど、さっぱり味を予想していたらけっこうなこってり油としっかり味ですっごく美味しい☆付け合わせの高菜みたいのが口をさっぱりさせてくれます。

BlogPaint
↑麺だけだと足りないかなと思ってポークBBQサラダという料理も追加。豚バラ肉を揚げて辛いタレと和えた料理で、ビールに絶対合う美味しい味なんだけど!とにかく激辛!!!ジュースをおかわりしないと泣いちゃうレベルの辛さでしたw

料理2品とジュースでお会計(8,000チャット=約570円)。ディナーというよりランチ向けかな。観光の合間にサクッと食べられる美味しいお店でした☆


店名: Aung Mingalar Shan Noodle Shop
場所: Corner or Nawaday Street, Bo Yar Nyunt Rd, Yangon
電話: +95 1 385 185
営業: 7:00-21:00

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン2日目は、イギリス植民地時代のコロニアル建築が多く残る市内を歩いて観光するよ。
BlogPaint
↑まずは歴史的建造物が軒を連ねるストランド通りを歩きます。写真左手前から、中央郵便局、イギリス大使館、オーストリア大使館跡。

BlogPaint
↑1901年にサーキーズ兄弟の設計で建設されたストランド・ホテル。

The Strand Yangon
https://www.hotelthestrand.com/

BlogPaint
↑ミャンマー・ナショナル航空のオフィスビルもかなり古いね。

BlogPaint
↑ミャンマー港湾ビルの建物は教会にも見えるよ。

BlogPaint
↑旧中央会計士事務所の建物も朽ち果て感がステキだ。

BlogPaint
↑パンソダン通りの建物はほとんどが歴史的建造物で保存対象になっているみたいだよ。

BlogPaint
↑マーチャント通りのインド大使館ビルもステキコロニアル。大使館なのに厳重な警備とかなくて通りからダイレクトインというカジュアルさw

BlogPaint
↑マーチャント通りにあるインド・マーチャンタイル銀行跡(写真右)と香港上海銀行跡(写真左)。

BlogPaint
↑ミャンマー経済銀行の建物は白とブルーの色合いがステキ。

BlogPaint
↑重厚で大きな建物は一体なんだろう?と思ったらヤンゴン中央病院でした。コロニアルな病院!

BlogPaint
↑白亜のヤンゴン市庁舎。

BlogPaint
↑1912年に建設された中央消防署。

BlogPaint
↑旧最高裁判所は、ミャンマーの首都がネーピードーに遷都するまで使われていました。

ヤンゴン市内に残るコロニアル建築の数があまりにも多すぎてとも先生ビックリ!

主要なコロニアル建築は市内中心部に比較的密集しているので徒歩で観光することができます。街中には歴史的建造物一覧マップがいくつか設置されているので、興味のあるものを探しながら散策するのも楽しいですよ☆




こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

到着初日、ランチをしてからさあヤンゴン観光だ!と思っていたのですが、雨は降らずともあいにくのどんより曇り空…。
ヤンゴンのコロニアルなビルマ料理レストラン「Burma Bistro」
http://tomosensei.net/archives/1072867959.html
まあ明日も明後日も時間はたっぷりあるし、今日はまずお土産を探しにスーパーマーケットへ行ってみよう!ということでやって来たのは、市内中心部のスーレースクウェア地下にある「マーケット・プレイス/Market Place」。ヤンゴン市内を中心に28店舗を展開するスーパーです。
BlogPaint
↑写真左手の建物がスーレースクウェア。初めてのヤンゴンですが、高層建築が増えてきているとはいえバンコクに比べるとまだまだのどかな感じ。

BlogPaint
↑まだ新しいショッピングモールのようですが…なんだか人気がほとんどなくてテナント数も少なくて寂しいよう。

BlogPaint
↑というわけで早々に地下のスーパーマーケット「マーケット・プレイス/Market Place」へやってきました。現在、ヤンゴンで最も充実した内容のスーパーマーケットだそうです。

BlogPaint
↑店内は明るくとても清潔で、生鮮食品から輸入食品、生活用品まで品揃え豊富。とも先生は旅行者なのでお土産になりそうなものを探してみます。

BlogPaint
↑これは「モヒンガー」というナマズ出汁スープの麺料理キット。自宅でミャンマーの味が楽しめます。

BlogPaint
↑これは「ラペソー」というお茶っ葉の発酵食品。気になるね。

BlogPaint
↑ミャンマーはお茶も有名なのかな?緑茶の種類が豊富でした。

BlogPaint
↑ビールコーナーには、各種輸入ビールの他、ミャンマーのビールも種類豊富☆飲み比べてみるのもいいね。

BlogPaint
↑そしてとも先生が買ったものはこんな感じ。写真に写っているもの全部で800円くらいだったかな。

モヒンガーキット、揚げタマネギ、ミャンマーのインスタント麺、粉末海老、ケーキラスクなど、帰りの飛行機が手荷物だけなので軽いものを中心に。

ミャンマーのもので、うおおおお!これすっごく美味しそうっ!ってものは少なかったのですが、面白そうなものはけっこうありました。インスタント麺やお茶系はお土産にしてもよさそうだね☆


店名: マーケット・プレイス/Market Place
場所: 221A ဆူးလေဘုရားလမ်း, Yangon, スーレー・スクウェア地階。
電話: +95 1 925 5132
営業: 9:00-22:00
URL: http://www.citymart.com.mm/

↑このページのトップヘ