とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 芸術・教育

こんにちは、とも先生です。

ここ数年で高層コンドミニアムや大型ショッピングモールが建ち並び、その風景が激変しているバンコク。古い建物がどんどん取り壊され新しい時代の都市に変わっていく様をこの目で見られるのは非常にエキサイティングですが、同時に寂しさもおぼえるとも先生…。

さて今回は、1930年代のバンコクの古き良き時代の住居をそのまま保存している民俗博物館「Bangkok Folk Museum(Bangkokian Museum)」をご紹介します。期待しないで行ったけどめっちゃ楽しかった☆
BlogPaint
↑博物館入口。最寄りの国鉄(MRT)フアランポーン駅から約1.2kmの距離にあります。どこの駅からも離れているので、ジャルンクルン通りなどの周辺散策をしないでここだけに行くなら車が一番楽だよ。

ちなみにこの博物館は入場無料です☆うれしいね。

BlogPaint
↑緑豊かな庭を抜け最初に見える建物は、1937年に建てられたスラヴァディ家の邸宅。

ここは個人の邸宅でしたが、古き良き時代のバンコクの生活様式と周辺地区の歴史文化を後世に残すため、2004年にバンコク市に遺贈されたそうです。

BlogPaint
↑ここで靴を脱いでお邪魔します。磨き込まれた木の床が「良家の邸宅」って感じ。

ここにはタイ語または英語で無料ガイドをしてくださる女性がいます。必要であればじっくり説明してくれますし、そうでなければ放っておいてくれるので自分のペースで見学できるよ。

BlogPaint
↑はーん♡もうお好きな方にはたまりませんね。80年前にタイムスリップしたかのような錯覚におちいるほど維持管理がしっかりしています。

BlogPaint
このステキなお部屋、写真では伝えきれないのでぜひ実際に見て欲しいよ。

BlogPaint
↑2階へ上がってみましょう。階段もステキだねえ。

BlogPaint
↑2階にもたくさん部屋がありますが、エアコンの無い時代に建てられた住居だけに風の取り入れ方に工夫があるみたい。ここにはタイの磁器コレクションの展示も。

BlogPaint
↑当時のスラヴァディ家が実際に使っていた生活用品などが展示されています。

BlogPaint
↑おおっと、敷地奥にはさらにもうひとつ建物があるよ。

BlogPaint
↑ここはスラヴァディ家オーナーの義父であるフランシス医師の住居兼診療所だったそうです。

BlogPaint
↑診療所だけあって、当時の医療器具や衛生用品の展示もあります。

BlogPaint
↑広い敷地内には計3棟の建物があって、最後のこの建物は比較的新しいのかな。

BlogPaint
↑この建物だけエアコンがあるので涼しくて気持ちいいw 主に生活道具が多く展示されています。

BlogPaint
↑これは昔のマッチ箱だね、お好きな方にはたまらないであろうコレクション。

BlogPaint
↑料理好きのとも先生にとっては当時の台所用品も面白いなあ。欲しい道具がたくさんw

BlogPaint
↑そして2階の部屋は、博物館のあるバーンラック地区やジャルンクルン通りの歴史と文化を紹介するコーナーになっています。ただ、説明文のほとんどがタイ語なのでこれはちょっと残念…できたら英語でも希望。

駅から離れているので気持ち的にはほんのり行きにくいのですが、バンコクの生活文化を知る施設として大変興味深いものでした。周辺散策も楽しいので、週末にぜひ行ってみてください!


名称: バンコク民俗博物館/Bangkok Folk Museum(Bangkokian Museum)
場所: 273 Saphan Yao Alley, Khwaeng Si Phraya, Khet Bang Rak, Bangkok 10500
電話: 02-2337027
開館: 9:00-16:00(月曜お休み)
FB: https://web.facebook.com/BkkMuseum/

こんにちは、とも先生です。

11月も下旬に入ると、良くも悪くも少しずつ気持ちが急いてきて、2018年の終わりに向けてカツカツと早足で歩いている自分がいます。今年は本当にいろいろなモノやコトを無くしまして、それは改めて別のところでお話しようと思いますが、何か激変の時期に来たのだと感じています。

さて今回は、シーロムにあるアートギャラリー「Number 1 Gallery & Cafe」をご紹介しますね。こじんまりとしたスペースですが、カフェでお茶やケーキを楽しみながらアート鑑賞ができるんですよ☆
BlogPaint
↑シーロム通りからですとソイ・シーロム21へ入ります。最寄り駅のBTSスラサック駅からは約400m。

BlogPaint
↑ソイを200mほど入った右側にある一軒家のような建物がギャラリーです。

BlogPaint
↑なーんか人気がまったく無いんだけど…まいっか入店。

BlogPaint
↑入って右側がギャラリースペース、左側はカウンターのあるカフェ。ドリンクだけではなくケーキやスコーンなどお菓子系もそろっていました。

BlogPaint
↑とも先生はふかふかソファに倒れ込んでwフローズンカプチーノ(70バーツ=約240円)で休憩。

訪問時は、タイ人アーティストTanongsak Hariraksaphitak氏のドローイング作品が展示されていました。

BlogPaint
↑週末の午後遅くに訪問しましたがお客さんらしき人はゼロ。ゆっくりできました☆

各展覧会情報は以下のギャラリーのサイトから調べてみてくださいね。


名称: Number 1 Gallery & Cafe
場所: 19 Soi Silom 21, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Bangkok 10500
電話: 083-4458333
営業: 11:00-19:00(日曜お休み)
URL: http://www.number1gallery.com/


こんにちは、とも先生です。

いきなりですがホアン・コルネラ/Joan Cornellaさんをご存知ですか。

昨年日本で初の個展を開いたスペイン・バルセロナ出身のイラストレーター/風刺漫画家で、ブラックなユーモアあふれる作品がSNSからブレイクし、今や世界中で人気を博しています。

そのホアン・コルネラのバンコクでの個展が、昨年に引き続き今年も開催されているので友人たちと行ってきました。

JOAN CORNELLÀ
"HAPPY ENDINGS"

会期: 2018年11月8日-12月3日
時間: 11:00-22:00
会場: WOOF PACK
入場料: 200バーツ

BlogPaint
↑実は先月、エカマイ通りを歩いていたら壁一面にホアン・コルネラの個展のポスターが貼られていてビックリ!

これは行くしかないでしょー!と思っていたら、仲良しの友人たちも行く予定だったらしく、みんなで一緒に行くことにw

BlogPaint
↑会場は、ビルがまるごとアートスペースやアート系オフィス、レストランになっている「WOOF PACK」。MRTルンピニ駅2番出口から約400m、徒歩5-7分。

BlogPaint
入場料(200バーツ=約690円)を払うとチケットとオリジナルステッカーをくれます。

BlogPaint
↑第一展示場は階段を上がって2F(建物3F)。白のシンプルなスペースに作品が展示されています。

BlogPaint
↑けっこう作品点数があるので現地でのお楽しみ♡

BlogPaint
↑こちらは有名な"Selfie"の立体作品。

BlogPaint
↑次は第二展示場へ。階段の途中にもいくつか作品が。

BlogPaint
↑第二展示場は5F(建物6F)。こちらも作品点数は多いのですがスペースは狭め。

BlogPaint
↑ここにも有名な"FREE HUGS"の立体作品が。

BlogPaint
↑オリジナルグッズのショップもあります。とも先生はここでTシャツとトートバッグをお買い上げ☆

BlogPaint
↑5F展示場脇にはルーフトップバーもあり、ここにも作品が展示されています。

夜22時まで鑑賞できるので仕事帰りでも余裕ですよ。12月3日までなのでぜひー!


名称: WOOF PACK
場所: 1/3-9 Sala Daeng 1 Alley, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Bangkok 10500、MRTルンピニ駅2番出口から約400m、徒歩5-7分。
電話: 089-8262299
営業: 10:00-24:00
URL: https://www.woofpackbangkok.com/

こんにちは、とも先生です。

10月19日からバンコクで開幕した現代美術の国際展覧会「バンコク・アート・ビエンナーレ2018/Bangkok Art Biennale(BAB)」。

ここでは、18番目の展示会場であるワン・バンコク/One Bangkok(BAB Box)」の訪問レポートをお届けします。

【訪問日】
2018年11月4日(日)
BlogPaint
↑MRTルンピニ駅3番出口からワイヤレス通りを200mほど歩くと右手に写真のような建物があります。

BlogPaint
↑実はここ、ワン・バンコクという再開発工事中エリアに建てられた期間限定の展示会場「BAB Box」なんです。

BlogPaint
↑屋外の芝生エリアにも作品が展示されています。奈良美智のイッヌ。

Yoshitomo Nara/奈良美智, Japan
'Your Dog' 2017
painted aluminum 304.8 x 223.5 x 452.1 cm.
Collection of PACE Gallery, New York

BlogPaint
↑イッヌのおしり。立体作品は360度ぐるっとまわりながら鑑賞したいですよね。

BlogPaint
↑韓国のアーティストChoi Jeong Hwa氏の作品は、大きな花がまるで呼吸しているかのように動きます。

Choi Jeong Hwa, Korea
“Happy Happy Project : Breathing Flower” 2016
( 808 Chinese Characters )
inflatable flower , fabric, 4.5 x 8 meters
Collection of the Artist

BlogPaint
↑それでは館内へ。まずは受付で記帳をしてから鑑賞開始です。

BlogPaint
↑トルコの作家CANAN氏の作品は、カラフルな動物園に迷い込んだよう。

CANAN, Turkey
'Animal Kingdom' 2017
installation, sequins, cloth, fibre, and rope size variable
Collection of the Artist

BlogPaint
↑全部ぬいぐるみでできているのかな?見る角度によっていろいろな顔を見せてくれます。

BlogPaint
↑こちらもChoi氏の作品。ピンクの豚さんの羽根が空気圧で上下に動きます。

Choi Jeong Hwa, South Korea
'Happy Happy Project: Love me I' 2013
inflatable pig, fabric 3.5 x 5 meters
Collection of the Artist

BlogPaint
↑それでは2階へ。こちらは1階とは違って静かで落ち着いた雰囲気の空間。右側にはタイのアーティストSriwan氏の作品が展示されています。

Sriwan Janehuttakarnkit, Thailand
'Consider Myself' 2018
oil on canvas 200 x 200 cm.
Collection of the Artist

BlogPaint
壁一面の大作には、タイ・イサーン地方の風景がカラフルに描かれています。

Hooptam Laos-Thai, Lao-Thailand
'The Adventure of Sinxay' 2018
mixed-technique 15 x 3.80 m.
Collection of the Artists

BlogPaint
↑セルビアの作家Maria氏の作品は、クリスタルとヘッドホンを使った瞑想体験ができます。

Marina Abramović, Serbia
'Standing Structures for Human Use' 2017
Unique size per each piece, wood and crystal
Private Collection

BlogPaint
↑タイ人アーティストNatee氏の油絵作品。

Natee Utarit, Thailand
"L'enfer, c'est les autres. (Hell is others)
250 x 450 cm
oil on canvas
Private Collection

BlogPaint
↑一番の奥の部屋にはイタリア人アーティストFrancesco氏の連作が展示されています。

Francesco Clemente, Italy
'Shadow IV', 'Shadow VII', 'Shadow X', 'Shadow XVII', 'Shadow III', 'Shadow XI' 2017
watercolor and miniature on paper 45.72 x 60.96 cm.
each Collection of the Artist

BlogPaint
↑ロシアのアーティスト集団AES+Fの映像作品は、ソファでごろごろしながら鑑賞できます。

AES+F, Russia
'Inverso Mundus' 2015
3-channel video and sound, 38 mins 20 sec
Collection of the Artists

BlogPaint
↑2階から1階展示スペースを臨む。

BlogPaint
↑1階にはビエンナーレ特設カフェ&ショップがあるので休憩もできます。

BlogPaint
↑アイスラテ(115バーツ=約400円)。ちょっとお高めですが、お客さんが少ないのでゆっくりできますよ。

ここはエアコンがかなり効いています。外との温度差で体調を崩してしまう場合もあるので、何か羽織るものを用意したほうがいいですよー。

【バンコク・アート・ビエンナーレ2018展示会場 / BAB Venues】
01_タイ中央銀行学習センター/Bank of Thailand Learning Center(BOT)
02_ワット・アルン/Wat Arun Ratchawararam Ratchawaramahawihan
03_ワット・ポー/Wat Phra Chetuphon Vimolmangklararm Rajwaramahaviharn
04_Wat Prayurawongsawas Waraviharn
05_O.P.プレイス/O. P. Place
06_ザ・ペニンシュラ・バンコク/The Peninsula Bangkok
07_マンダリン・オリエンタル・バンコク/Mandarin Oriental, Bangkok
08_イースト・アジアティック・カンパニー跡/The East Asiatic Company
09_バンコク・アート&カルチャーセンター/Bangkok Art and Culture Centre(BACC)
10_サイアム・スクウェアワン/Siam Square One
11_サイアム・ディスカバリー/Siam Discovery
12_サイアム・センター/Siam Center
13_サイアム・パラゴン/Siam Paragon
14_セントラル・ワールド/Central World
15_セントラル・エンバシー/Central Embassy
16_ナイラートパーク・ヘリテージホーム/Nai Lert Park Heritage Home
17_アリアンス・フランセ・バンコク/Alliance Francaise Bangkok
18_ワン・バンコク/ONE BANGKOK
19_ザ・エムクオーティエ/The EmQuartier
20_Theatre of Indulgence Gallery, By Lotus Arts de Vivre


【開催日程】
2018年10月19日〜2019年2月3日

【開館・展示時間】
10:00-21:00(火曜日お休み)

【アクセス/行き方】
MRTルンピニ駅3番出口からワイヤレス通りを日本大使館方面へ歩き約200m、徒歩3分。

【入場料】
無料

【その他】
特に無し。

【問い合わせ】
URL: http://www.bkkartbiennale.com/
E-Mail: : info@bkkartbiennale.com
TEL:
+66 02-785-5555(月〜金の9:00-17:00)

こんにちは、とも先生です。

10月19日からバンコクで開幕した現代美術の国際展覧会「バンコク・アート・ビエンナーレ2018/Bangkok Art Biennale(BAB)」。

ここでは、17番目の展示会場であるアリアンス・フランセ・バンコク/Alliance Francaise Bangkok」の訪問レポートをお届けします。

【訪問日】
2018年11月4日(日)
BlogPaint
↑MRTルンピニ駅3番出口から日本大使館方面へ歩くと、日本大使館手前に右へ曲がる道があります。

このソイの入口に、アリアンス・フランセ送迎用のトゥクトゥクが待機しています。もしいなかったら近くの警備員さんに呼んでもらってください。

BlogPaint
↑このようにサインがあるから迷わないよ。

BlogPaint
↑オーストラリア大使館を左手に見ながら延々と真っすぐな道を歩きます。

BlogPaint
↑そしてオーストラリア大使館を過ぎてすぐの左手奥にアリアンス・フランセがあります。オサレな建物だねえ。

BlogPaint
↑館内ロビーは思っていたよりこじんまり。フランス文化センター的な機関なのかな、各種イベントや展覧会のお知らせがたくさん。

BlogPaint
↑1階と3階を結ぶ長い階段の下にビエンナーレの作品が展示されていました。

P_20181104_105822_vHDR_Auto
↑フランス在住の中国人作家Yan Pei Ming氏の作品。毛沢東、ピカソ、マイケル・ジャクソンなどの著名人を大きなブラシで白黒または赤白で描くことで有名ですが、これはYan Pei Mingの母親を描いた作品だそうです。

Yan Pei Ming, (China, lives in France)
’Ma Mere’ 2018
Oil on canvas
350 x 350 cm
Collection of the Artist

BlogPaint
↑ロビーに設置されたモニターでは中国のTao Hui氏の映像作品が上映されて…上映さ…あれ?

訪問時に限って機械故障…なんてこった💦

前日に訪れた友人は映像作品を鑑賞できたそうなので…いずれまた再訪します(泣)。

Tao Hui, China
’The Dusk of Teheran’ 2014
single channel HD video, 4 mins 14 sec
Collection of the Artist

ここに展示されているビエンナーレの作品は2点のみですが、他にも各種イベントや展覧会が定期的に開催されています。館内にはカフェもあってゆっくりできそう。

【バンコク・アート・ビエンナーレ2018展示会場 / BAB Venues】
01_タイ中央銀行学習センター/Bank of Thailand Learning Center(BOT)
02_ワット・アルン/Wat Arun Ratchawararam Ratchawaramahawihan
03_ワット・ポー/Wat Phra Chetuphon Vimolmangklararm Rajwaramahaviharn
04_Wat Prayurawongsawas Waraviharn
05_O.P.プレイス/O. P. Place
06_ザ・ペニンシュラ・バンコク/The Peninsula Bangkok
07_マンダリン・オリエンタル・バンコク/Mandarin Oriental, Bangkok
08_イースト・アジアティック・カンパニー跡/The East Asiatic Company
09_バンコク・アート&カルチャーセンター/Bangkok Art and Culture Centre(BACC)
10_サイアム・スクウェアワン/Siam Square One
11_サイアム・ディスカバリー/Siam Discovery
12_サイアム・センター/Siam Center
13_サイアム・パラゴン/Siam Paragon
14_セントラル・ワールド/Central World
15_セントラル・エンバシー/Central Embassy
16_ナイラートパーク・ヘリテージホーム/Nai Lert Park Heritage Home
17_アリアンス・フランセ・バンコク/Alliance Francaise Bangkok
18_ワン・バンコク/ONE BANGKOK
19_ザ・エムクオーティエ/The EmQuartier
20_Theatre of Indulgence Gallery, By Lotus Arts de Vivre


【開催日程】
2018年10月19日〜2019年2月3日

【開館・展示時間】
8:00-18:00(月)
8:00-19:00(火-金)
7:30-17:30(土)
8:30-12:30(日)

【アクセス/行き方】
MRTルンピニ駅3番出口から日本大使館方面へ歩き、日本大使館手前の道を右へ入りオーストラリア大使館を過ぎた左手。駅から約800m、徒歩10-15分。

【入場料】
無料

【その他】
曜日によって開館時間が異なるので注意(特に日曜日)。

【問い合わせ】
URL: http://www.bkkartbiennale.com/
E-Mail: : info@bkkartbiennale.com
TEL:
+66 02-785-5555(月〜金の9:00-17:00)

↑このページのトップヘ