とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ:タイ国内旅行 > パタヤ旅行Dec/2017

こんにちは、とも先生です。

友人と3人でやって来た1泊2日のパタヤ旅行。昨夜は安くて美味しい日本食ディナーだったので、2日目のランチはやはりシーフードで攻めたい。

パタヤの有名日本食レストラン「姉御/Anego」
http://tomosensei.net/archives/1068696236.html
ホテルをチェックアウトし外をブラブラ……なかなかお店が決められずウロウロ……しばらく歩いていると「シーフード有り〼」という看板を見つけメニューで値段チェックしてから即入店。

パタヤサイソン通りの「Khwanjai Seafoods」は、飛び込みでいきなり入ったお店だけどお手頃で美味しかったですー。

BlogPaint
↑店頭には生簀やショウケースがあるのですぐに分かると思うよ。

BlogPaint
↑この看板が目印。

BlogPaint
↑店内は素っ気ないけど、周囲に建物が密集していないのと扇風機をガンガンに回してくれるので涼し〜。

BlogPaint
↑メニューはタイ語、英語、ロシア語、中国語対応で日本語はありませんが、写真入りなので分かりやすいかと。

BlogPaint
↑まずはレオビール(150バーツ=約520円)で乾杯〜。

BlogPaint
↑とも先生の大好物!イカの塩卵炒め(150バーツ=約520円)は、イカの身の甘さと塩卵の塩気&コクが合わさってもう最高☆

BlogPaint
貝の炒めたやつ(150バーツ=約520円)は友人Gの好物。ビールがすすむ味〜。

BlogPaint
シーフードグリーンカレー炒飯(100バーツ=約350円)はボリューム満点なんだけど、カレーの香りだけで辛みがほとんどなかったのは辛党には残念。

BlogPaint
シーフードの春雨サラダ(150バーツ=約520円)も、シーフードたっぷりで美味しいんだけど辛くない…注文の時にきちんと「普通のタイ人仕様で」って言わないとダメなんだね。

BlogPaint
生海老のナンプラーソース(150バーツ=約520円)。海老を生でいただくので抵抗のある方多いかもしれませんが美味しいのです。

BlogPaint
海老カツ(150バーツ=約520円)はおそらく冷凍物だけど海老プリプリで美味しかったよ。

生簀から選ぶとかなり高額になると思いますが、メニューから選ぶだけなら立地考えてもお手頃だと思いますー。ランチで3人でビールガンガン飲んで写真の料理をいただいて、お会計が1,500バーツでした☆



店名: Khwanjai Seafoods
場所: Tawanna Bazaar Second Road 21250 Pattaya
電話: 088-0098538
営業: 12:00-24:00

こんにちは、とも先生です。

友人たちと3人でやって来た1泊パタヤ旅行。バンコクから気軽に来られるビーチリゾートなので、お目当てはやはり新鮮なシーフード!

とも先生たちももちろんシーフード狙いだったのですが、友人Sが「パタヤに安くてウマい日本食レストランがあるからそこ行こう!」と。

ええええええええ!!!わざわざパタヤまで行って日本食?!?!

Sがかなり推してくるので「姉御/Anego」というパタヤで有名な日本食レストランへ行ってきました。

BlogPaint
↑お店はパタヤサイソン通りのティファニーショー隣り、レストランが集まっているエリアの一番左奥にあります。

BlogPaint
↑ここまで来たら店構えでもう日本食レストランだと分かりますね、さあ入店。

BlogPaint
↑1階が禁煙、2階が喫煙可ということで、日本人のお客さんはほとんど2階を利用するみたい。とも先生たちは全員吸わないのでもちろん1階。なので1階はとても静かで落ち着いてていい感じ。

BlogPaint
↑メニューは写真入りの日本語表記有りで注文も日本語で。ビックリしたのはメニューの数がとんでもなく多いこと!200以上はあるんじゃない?

BlogPaint
↑3人いるのでまずはアサヒ生ビールピッチャー(300バーツ=約1,050円)で乾杯〜!

BlogPaint
イカゲソの刺身(150バーツ=約520円)は新鮮そのものでコリコリした歯ごたえとイカの甘さがたまらない!

BlogPaint
牛タン焼き(100バーツ=約350円)は端切れ的な部分だけどコリコリ美味しい。濃いめの味付けでビールがすすむ!

BlogPaint
↑ついつい頼んでしまう殻付き銀杏(90バーツ=約310円)

BlogPaint
カニ姉御風(150バーツ=約520円)は、揚げたソフトシェルクラブに特製姉御ソースをかけたもの。これ美味しいよう!

BlogPaint
↑中高生がよってたかってかぶりつきそうなチーズマヨちくわボート(80バーツ=約280円)は安定のジャンキーな美味しさ。

BlogPaint
納豆ワンタン(100バーツ=約350円)は加熱することで納豆の匂いが抑えられているので納豆嫌いな人にもオススメ、って納豆嫌いな人は最初から食べないよねw

BlogPaint
↑揚げ物は裏切らない。衣サクサク中はふんわりのキスフライ(120バーツ=約420円)でビールピッチャーおかわりー!

BlogPaint
↑イカも裏切らない。プリプリ新鮮なイカ塩焼き(120バーツ=約420円)は一人で全部食べたくなるよう。

BlogPaint
↑ここの筑前煮(100バーツ=約350円)は、ごま油が少し多めなのかとてもこってり濃厚で、お家で夕飯作った残りを翌日に温め直して食べたような、そんな家庭的な美味しさ。

BlogPaint
↑最後は寄せ鍋(600バーツ=約2,090円/3-4人前)を。具沢山でとても幸せな気持ちになりましたレベルで大満足。

3人でたらふく飲んで食べたのにお会計が3,000バーツ以下!これにはビックリ!お刺身やシーフード系料理はどれも素材が新鮮ピカピカだし安いしで、これからパタヤ行く度に通っちゃうかもw



店名: 日本食レストラン 姉御/Anego Japanese Restaurant
場所: Pattaya Sai 2 Rd, Pattaya
電話: 038-488299
営業: 17:30-24:00
Web: http://www.anegothai.com/

こんにちは、とも先生です。

以前バンコクに住んでいた友人Sが久しぶりに長期でタイへ遊びに来ています。せっかくの再会だし話したいこともたくさんあるしで、いつもつるんでいる友人Gと3人で一泊パタヤへ行ってきました。

今回泊まったホテルは、パタヤのビーチロードに近い「ベスト・ビーチ・ヴィラ/Best Beach Villa」です。かなり古いけど、安いしコスパ的にはかなり良い中級ホテルでしたよ。

BlogPaint
↑ビーチロードからソイ5を約200m入ったところにホテルがあります。最寄りのコンビニまで約200m。

BlogPaint
↑ロビーは古臭くて時代を感じるけどそれがまたお好きな方にはたまらない。

BlogPaint
↑今回泊まったお部屋は「デラックス・シービュー」というカテゴリーのツインルームで、3人1部屋のトリプル予約のため最初からエクストラベッドがセットされています。

お部屋は公称32㎡で、狭くもなければだだっ広くもなく標準的な広さ。


BlogPaint
↑バスタブ付きのバスルーム。清潔ではあるのですが……トイレの水流が弱い!!!2.3回流さないと流れないいいいいいいいいいい!!!この部屋だけの問題なのかホテル全体的にそうなのかは不明ですがこれは困りました。

BlogPaint
↑アメニティは石けん、シャワーキャップ、コットン、シャンプー。日本人宿泊率が比較的高い中級ホテルだそうですが日本人が喜ぶ歯ブラシはありません。

BlogPaint
↑ベランダからの眺め。部屋カテゴリーは「シービュー」なのでビルとビルの間にかすかに海が見えますw

BlogPaint
↑プールは思っていたより大きくてなかなかグッドなのですが、プール脇に客室テラスがあり、常連らしきお客さんたちがデッキチェアで寛いでいることもあり、ちょっと落ち着かないため利用しませんでした。

BlogPaint
↑旅先でも運動した方向けにジムもあります。マシンは一通り揃ってましたよ。

BlogPaint
↑翌日の朝食は1階ロビー奥のレストランで。基本アメリカンブレックファスト+タイ料理各種に加えて、生野菜のサラダバーやお粥もありました。

BlogPaint
↑チャーハンにグリーンカレーかけてソーセージと目玉焼き添えて朝からモリモリいただきます。なんだか懐かしい味のものばかりです。

BlogPaint
↑ホテル前のソイ5は道幅が狭い割にけっこうな交通量で、酔っぱらってふらふら歩いているとクラクション鳴らされまくるのでご注意を。

今回3人で1部屋に泊まって朝食付きで6,000円しませんでした。この内容なら全然アリだしリピしてもいいくらい。トイレの水流の問題がなければねーw



名称: ベスト・ビーチ・ヴィラ/Best Beach Villa
場所:
電話:
Web:

↑このページのトップヘ