とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ:インドネシア旅行 > バリ島&ギリ島旅行Aug/2017

こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

タイ国際航空のエコノミークラスでクアラルンプールからバンコク(スワンナプーム)へ〜

BlogPaint
↑この日の機材は777-300ER。タイ国際航空ってけっこうバルクヘッド空いてません?今回も余裕で指定OK。モニターが収納タイプなので若干シート幅が狭くなるけど、この足元の広さのメリットの方が大きいよね。

BlogPaint
↑夜便なので夕食が出ました。海老のグリーンカレー、ナスの辛い炒め物、ご飯、サラダ、アップルケーキにオレンジジュースとお水。食後にコーヒや紅茶も。

今まで食べた機内食で「こりゃ辛くて万人向けじゃねえだろう!」というものに何回か遭遇したことがあるのですが、それが全部タイの航空会社。なんでだろうねw

今回もしっかり辛くて美味しかったです。

たかだか2時間のフライトなのでもう文句のない内容、ごちそうさまでした☆

こんにちは、とも先生です。

8月のバリ島旅行の帰り、ハイシーズンだったからかバンコクへ戻る直行便のフライトがかなりお高く、しかも他の経由便もけっこう強気なお値段で困ってしまったとも先生。

仕方がないのでスカイスキャナーで調べまくって、

バリ島→クアラルンプール:エアアジアX(ビジネスプロモ運賃)
クアラルンプール→バンコク:タイ国際航空(エコノミー)

という、普段ならあり得ない組み合わせが一番安かったので即購入。

今回は、クアラルンプール空港でのターミナル移動のお話です。

BlogPaint
↑エアアジアXでクアラルンプール空港のKLIA2ターミナルに到着して税関を出たところ。これからタイ国際航空へ乗り換えるために、KLIAターミナルへ移動しなければなりません。

だがしかし!とも先生ターミナル移動初めてでしかも事前学習まったく無し!


ビルが違っても同じ空港なんだから簡単にチャッチャやろ!

BlogPaint
↑頭上のサインを見上げると、KLIAへ行くシャトルバスがあるじゃん!

BlogPaint
↑サインを頼りにずんずん前進していきます、簡単だね。

BlogPaint
↑まだまだ前進。シャトルバス乗り場はどうやらレベル1という階にあるらしいぞ。

BlogPaint
↑前進を続けると左斜め前方に下りエスカレーターが見えました。近くの係員らしきおじさんに尋ねると、シャトルバスは下の階から出発だと。確かにサインもあるしね。

BlogPaint
↑エスカレーターでレベル1へ下りていきます。キレイだけどなんだか暗いなここ。

BlogPaint
↑さあ!レベル1に到着!そして!

いきなりサインが消えた!!!

近くに係員もいないしインフォメーションセンターのおねいさんもいない!!!

どこからバスに乗るんだ?あ!外に出ればいいのか!


でも!外に出たけどシャトルバスの表示がどこにも無いし!!!

他の乗り継ぎ客もとも先生と同じように困っていて、みんなでバス乗り場どこだろうどこだろうと探していると、

車体に「無料」と書かれたシャトルバスが目の前をビューンと通過ー!!!えー!!!

みんな猛ダッシュしたよw

BlogPaint
↑そしてなんとか無料シャトルバスに乗れました!目の前のパパなんて子どもを振り落とすんじゃないかレベルでベビーカー爆走してたしw

KLIA2の無料シャトルバス乗り場は、レベル1から外へ出て一番左端のバス停に止まります。いいですか、一番左端ですからね(2017年8月現在)。


BlogPaint
↑シャトルバスは夕暮れの空港を予想以上にのんびりしたスピードで走ります。

BlogPaint
↑さあ!KLIAターミナルに着いたよ!と思ったらなんや辺鄙な場所でバス停車。どうやらここは空港の駐車場のようです。運転手さんに尋ねたら、

KLIA2→駐車場→KLIA→KLIA2というルートで走るらしい。

急いでいる時はたまらんな!

BlogPaint
↑そしてやっとKLIAターミナルの4番バス停に到着。これで一安心♡

KLIAからKLIA2へ行く時は、ここから乗ったらいいと思うよ。


BlogPaint
↑けっこうな汗かいてやっとKLIA出発階に到着ー。これからチェックインだ。

KLIA2の税関を出たところからKLIAの国際線出発階までちょうど50分かかりました。予想していたよりも時間かかったから、乗り継ぎには余裕もってね!

こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

エアアジアX(エックス)のビジネスクラスでバリ島(デンパサール)からクアラルンプールへ〜


LCCのビジネスクラスもなかなか快適ですた。
BlogPaint
↑楽しいバリ島旅行も終わって、これからクアラルンプール経由でバンコクへ戻ります。まずはエアアジアXでクアラルンプールへ。3時間の短距離線だけどなぜか大型機ですー。

BlogPaint
↑エアアジアXのビジネスクラスはわずか12席。映画を楽しむモニターなどエンターテイメント系の設備は何も無いので、寝ることだけに徹したシートのようです。一昔前のライフラットシートですが広さは十分。

BlogPaint
↑LCCといえど一応ビジネスクラスということからか、ウエルカムドリンクとしてお水が配られました。お水は頼めばいくらでももらえるようです。

BlogPaint
↑こちらが事前に予約していた機内食。お水も無料で付いてきます。

でも…あれ?機内食が2つあるんですけど…。

とも先生、予約の時に1つだけ注文したはずなんだけどな…。

食べきれないし1つ返そうとしたんだけど「ご予約は2つですし、すでに温めてしまったので2つともどうぞ♡」と言われ、要するにいいから食え、ということだな。


BlogPaint
↑こちらはとも先生が注文していたナシ・ミニャック(Nasi Minyak)というインドネシア料理、直訳すると油飯

チキンスープで炊いたご飯に、チリソースがけのBBQチキンと野菜の甘酢漬け添え。名前ほど油っぽくなくて普通に美味しい。


BlogPaint
↑1つでお腹一杯なんですけど…せっかくだから2つめいただきます。これはロティ・プラタ(Roti Prata)というマレーシア/シンガポール料理。

小麦粉にバターや油を混ぜてホットケーキのように焼くナンのようなロティ・プラタは、モチモチしていてボリューム満点。チキンカレーとの相性もバッチリ。

あれ…気付いたら2つとも完食w


BlogPaint
↑お腹一杯になったので少し横になります。ライフラットシートだけど、傾斜角度がそれほどでもないので熟睡できそうな快適さ。羽毛布団も貸してくれるので長距離線でも全然余裕だね。

さ、クアラルンプールに着いたらターミナル移動しなくっちゃ!

こんにちは、とも先生です。

この日は、サヌール在住時代から通っていたARENAで夕飯を食べて、ヴィラへ戻る前に少し腹ごなしのお散歩をしました。少しでもカロリー消費しなくちゃね!

ARENA Pub & Restaurant
http://tomosensei.net/archives/1067301515.html
でも…結局お散歩だけじゃ済まなかったんだよw

今回は、観光客でも行きやすい、初心者でも気軽に入りやすいサヌールのナイトマーケット/シンドゥ市場(Pasar Sindu)でまさかの夜食購入!!!夕飯食べたばかりなのに!!!というお話です。

BlogPaint
↑ナイトマーケットは、サヌールのメインストリートであるタンブリンガン通りから少しだけ奥に入ったところ。サヌール北部に滞在していたら歩いてすぐだけど、南部に滞在している人はタクシー利用がいいかもね。

BlogPaint
↑観光エリアから歩いてすぐという立地のため、観光客にとても人気のあるマーケットです。敷地内にはいろいろな屋台が並んでいてまるで夏祭りみたいに楽しい雰囲気☆

BlogPaint
↑さあさあ夜食を買い込みましょうw まずはサテ・カンビン(Sate Kambing)。これはヤギの串焼きで、滋養強壮に良いとのことから特に男性に好まれる料理です。

BlogPaint
↑サテは炭火でじっくり焼いてくれるので注文から出来上がりまでちょいとお時間かかりますが、待っている間に他の屋台ものぞいてみましょう。

BlogPaint
↑ここはナシ・チャンプル(Nasi Campur)という、いろいろなおかずをご飯に盛り合わせたインドネシア料理の屋台で、この屋台は特に東ジャワ(Jawa Timur)のおかずがそろっています。

BlogPaint
↑揚げ物に煮物に焼物、美味しそうな茶色いおかずたちがたくさん並んでいます、茶色は正義!

BlogPaint
↑この屋台はジュース屋さん。スイカ、パイナップル、メロン、パパイヤ、オレンジ、ドラゴンフルーツ、マンゴーなどなどのフルーツをその場でフレッシュジュースにしてくれます。

BlogPaint
↑ここはゴレンガン(Gorengan)の屋台。ゴレンガンは「揚げ物」という意味です、一面茶色の美しい風景。

BlogPaint
↑この屋台はジャムウ(Jamu)のお店。ジャムウとは、主にハーブを使ったインドネシアの漢方薬的な存在。カプセルになったものを購入できる他、症状に応じて調合したハーブドリンクを店頭でいただくこともできます。

BlogPaint
↑ヴィラに戻ってお夜食の始まり始まりw これはサテ・カンビン。写真だとすごいボリュームに見えますが、串にささったお肉自体が小さいので一口でパクリ。

お肉は最初から甘めの味付けなので、アチャールというピクルスや、サンバルというチリソースを付けると最後まで美味しくいただけます。


BlogPaint
↑これはミー・アヤム・ジャワ(Mie Ayam Jawa)という、直訳するとジャワ風鶏そば。汁無しのモチモチ太麺に、煮卵、鶏そぼろ、青菜、揚げワンタン、チリソースがかかっています。これは麺類だけに、屋台で出来立てを食べるのが一番美味しい。

屋台なので衛生状態を不安に思う方も多いかもしれませんが、まあ加熱したものをその場でいただく分にはリスクは低いと思われます。

B級グルメをはしごしてもいいし、ただぶらぶら見て歩くのも楽しいですよー!



サヌール・ナイトマーケット/シンドゥ市場/Pasar Sindu
Jl. Pasar Sindu No.5, Sanur
早朝5:00-夜23:00くらいまで

こんにちは、とも先生です。

そろそろ楽しい夏旅行も終盤戦。最後の滞在地であるバリ島のサヌールビーチは、以前とも先生と友人Kが住んでいた思い出の場所。

あそこのアレが食べたい!あっちのナニが食べたい!と迷いに迷って決めたディナーは「ARENA Pub & Restaurant」。サヌール在住中はよく通いましたw

BlogPaint
↑お店はバイパス通りという幹線道路沿い。サヌールの目抜き通りであるタンブリンガン通りからは少し歩くけど、歩けないことはないです。

BlogPaint
↑店内は喫煙エリアと禁煙エリアが明確に別れているのでお好みで。ビリヤード台があったり生バンドの演奏があったりで、複数で行って楽しくワイワイする雰囲気だね。

ただ、欧米のお客さんが多いので、日本の飲み会のノリではしゃぎすぎると結構な確率で近所のテーブルから怒られますw

BlogPaint
↑まずはおビールで乾杯!ここはビンタンビールの生ビール(25,500ルピア=約210円/+16%)がありますよー。ジョッキのラベルを手前に向けて撮ればよかったね…だって喉が渇いてたんだもの。

BlogPaint
↑メニューに写真はないものの、英語で詳細な説明が書いてあるのでどんなお料理か想像しやすいです。アメリカ、イギリス、フランス、ベルギー、ドイツ、オーストリア、イタリア、中東、タイ、インドネシア…欧米を中心とした世界のお料理がいただけるお店すごい。

BlogPaint
↑前菜としてチキンレバーパテ(49,500ルピア=約400円/+16%)。これを食べることがバリ島を訪れる正当な理由になるほど美味しい!大好き!サヌール在住中からずっと好き!

まるでクリームのようにきめ細やかなパテはレバーの臭みを微塵も感じず、とにかくこってりと濃厚な旨味が楽しめます。

パテの他にトーストとバターも付いてくるので、まずトーストにバターをたっぷり塗った上にパテを厚く厚く塗って、端っこまできちんと塗って、それからかぶりつきます。

至福!


BlogPaint
フェットゥチーネ・カルボナーラ(89,500ルピア=約730円/+16%)は、濃厚でかなり食べ応えがあるのにけっこうな大盛り!場合によってはシェアしたほうがいいです。

BlogPaint
↑これはビーフ&ラムケバブ(87,500ルピア=約710円)。牛羊合い挽き肉で作ったケバブは、上質のハンバーグのようなジューシーな柔らかさ。添えてあるパセリライスやヨーグルト系のソースとの相性もバッチリ。

BlogPaint
↑そしてとも先生がオーダーしたチキンコルドンブルー(90,500ルピア=約740円)は、熱々のチキンフライの中から溶け出てくるチーズがビジュアル的に最高!さっぱり鶏胸肉をチーズのコクとハムの塩気が上手く補っていて美味しー!

他にインドネシア料理やタイ料理もありますが、やはりここは洋物、しかもお肉ガッチリ系がオススメです。週末は混むことも多いので、予定が決まっていたら事前予約しといたほうがいいですよー。



店名: Arena Pub & Restaurant
場所:
電話: 0361-287255
営業: 11:30-24:00(日〜金),11:30-01:00(土)
WEB:

↑このページのトップヘ