とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ:タイ国内旅行 > タイ深南部旅行July/2017

こんにちは、とも先生です。

3泊4日のタイ深南部旅行も終わり、今日はお昼のエアアジア便でバンコクへ戻ります。帰りたいような帰りたくないような。

ナラティワート市内から空港までは15kmほどあるのですが、街中に流しのタクシーなどいないので、事前にホテルで空港シャトル(80バーツ=約270円)を予約しました。

BlogPaint
↑12:30発のフライトに合わせて、午前10:30にホテルへ車がやってきました。

BlogPaint
↑車内はゆったりしていて快適快適。途中で他のお客さんを拾いながらのんびり走ります。

BlogPaint
↑そしてナラティワート空港へ到着。最初の入口ゲートでのチェックが厳しかったものの空港自体はいたってのんびり。なんか変わった形の建物だね。

BlogPaint
↑空港内部はもう地方の小さな空港といった風情で、なんでか照明が落とし気味…暗いよう!

BlogPaint
↑港町ナラティワートにある空港だけに、オブジェも船ですね。

BlogPaint
↑ここは搭乗待合室ですが、写真左奥にカフェがあって食事ができます。そしてビールも売ってましたので搭乗直前まで飲みたい方はどうぞw

BlogPaint
↑バンコクへ戻る折り返しの飛行機がやってきたので、飛行機まで歩いて搭乗します。強い日射し対策で赤い傘を貸してくれるサービスも。

BlogPaint
↑ありがとうナラティワート!ありがとうタイ深南部!次来るときは渡航中止勧告(レベル3)が解除されているといいね!またね!

これでタイ深南部旅行2017はおしまい。

こんにちは、とも先生です。

いよいよタイ深南部旅行もナラティワートで最後の夜になりました、あっという間だったなあ。

最後の夜だから夕飯はビッとしてバッとしたところへ!と思っていても、ナラティワート市内にそこまでビッとしてバッとしたお店はないので、ホテル隣のレストランでさっくり夕飯を。

バーを併設しているかわいいパン屋さん「Muanfun Bakery & Bar」で、ギターの生演奏を楽しみながらガチ飲みしました☆

BlogPaint
↑夕暮れの空がとてもキレイ。でも完全に暗くなる前にどこかお店へ入りましょー。

BlogPaint
↑結局ホテル隣のお店に決定。左側がパン屋さん、右側が併設のバーです。

BlogPaint
↑店内にはプチガーデンもあって開放的な雰囲気。お客さんは少ないのですが、みなさんガンガンにビールやらウイスキーやらを飲まれております。というわけで、とも先生も安心してガンガンお酒をいただこうと思います♡

BlogPaint
↑まずは軽くハイネケンビール(120バーツ=約400円/大瓶)で乾杯ー!お冷やをサービスで出してくれるの珍しいと思うー。

BlogPaint
↑酒のアテに海老フライサラダ(120バーツ=約400円)。盛り盛りサラダの上にプリプリ海老フライが乗っていてボリューム満点!これだけでお腹いっぱいになりそう。

BlogPaint
↑そしてイカチャーハン(50バーツ=約170円)で〆。大きなイカがこれでもかって入っていて50バーツは安過ぎじゃないか?w

最後はウイスキーとソーダを注文して、心ゆくまでハイボールをぐびぐび。

お酒はビールとウイスキーしかありませんが、とも先生が訪れた日は大学生風の男の子2人がずっとギターを弾き語りしていました。隣りはパン屋さんなので、パンをかじりながらお酒をいただくこともできますよ☆



店名: Muanfun Bakery & Bar
場所: インペリアル・ナラティワート・ホテルの隣
電話: 073-512005
営業: 10:30-21:00

こんにちは、とも先生です。

タイ深南部、ナラティワート滞在2日目。アオマナオ国立公園から市内に戻ってきましたが時間はまだ午後。せっかく深南部くんだりまで来たので、何かお土産になりそうなものがないかお散歩しながらお店を探してみまーす。

BlogPaint
↑ナラティワートは小さな港町といった風情で特にこれといって何もないのですがw お、この先になんかあるので行ってみよう。

BlogPaint
↑街の中心にある時計台でした。

BlogPaint
↑ナラティワート市内にはまだまだ木造の古い建物がたくさん残っていて未だ現役。いいなあ、素敵だ。

BlogPaint
↑この建物も古そうだな。はめ込まれたステンドグラスがかわいい。

BlogPaint
↑そして、昨日泊まったタンヨン・ホテルの向かいにある、お土産屋さんのようなキレイなお店へ入ってみます。

BlogPaint
↑店頭にはパッタニー製やナラティワート製の魚せんべいが売っています。いろいろな種類やフレーバーがあってパッケージもカラフルでかわいいな。

BlogPaint
↑店内には、タイ製のものだけではなくお隣マレーシア製のお菓子や調味料、あとは化粧品の類いが売っています。エアコンが効いているのでゆっくりショッピング☆

BlogPaint
↑とも先生が買ったのは、まずパッタニー製造の魚せんべい。形や味も様々で、これはバンコクの友人へのお土産に買いました。お土産だから値段は内緒w

BlogPaint
↑そしてこちらがナラティワート製造の魚せんべい。深南部の名物は魚せんべいだけなのか?w これはほんのりスパイシー香ですが子どもでも食べられそうな優しい味でした。

なんかかさばるものばかり買っちゃったけど…まあいっか。

さあ、一旦ホテルへ戻って休憩したら最後のディナーへ出かけよー。

こんにちは、とも先生です。

タイ深南部、ナラティワート2日目。明日はお昼のフライトでバンコクへ戻るので、ナラティワートを散策できるのは今日だけ。でも街中には特に見所なさげだし…。

と、お昼ご飯を食べたレストランでスマホをいじりながら周辺の見所を探していると「アオマナオ国立公園/Ao Manao National Park」を発見!

どうやらビーチがあるらしいので行ってみることにしました。

BlogPaint
↑街中でモーターサイ(バイクタクシー)のおじさんに相談したところ、国立公園まで往復料金(100バーツ=約330円)で行ってくれるとのこと。即決してすぐにバイクの後ろにまたがりました、出発ー!

BlogPaint
↑アオマナオ国立公園はナラティワート市内から東へ約6km、モーターサイで10-15分の距離です。

BlogPaint
↑ビーチ沿いには芝生が植えられ、ピクニックエリアもあってかなり整備されている感じ。トイレも有り〼。

BlogPaint
↑まずはビーチへ。砂浜部分の幅がとても広いので海までたどり着くの大変!w しかも鬼のように暑いー!

BlogPaint
↑ヒイヒイ言いながら海!砂がベージュなのでどことなく日本の海のような風景です。砂が舞っていたので波打ち際の海水の透明度はそれほどではなかったけど、ちょっと沖に出たらキレイそう。

BlogPaint
↑地元の子どもたちが岩場で遊んでいたのでとも先生も岩場越え。だいたいこういう時って岩場越えるとシークレットビーチがあったりするんだよね。

BlogPaint
↑本当にあったドン!地元の家族連れがピクニックシートひいて日陰でお昼ご飯食べていました。

BlogPaint
↑ここはビーチだけではなく山や森もあり、どうやらトレッキングコースもあるみたいです。まあ事前に準備をしないとだけどね。

BlogPaint
↑お腹が空いたら売店で簡単な食事や飲み物を買うこともできます。

BlogPaint
↑ぽつりとブランコもありました。

公園内に宿泊施設もあったので(おそらく要予約)、事前に準備すれば大自然ツアーできるんじゃないかな。地域的にマイナーな国立公園だけど、ナラティワートへ行かれたら足を伸ばしてみてはいかが?


こんにちは、とも先生です。

タイ深南部、ナラティワート滞在2日目。午前中にホテルへチェックインしたものの、Wifiがなかなかつながらず設定に時間がかかり気がついたらもうお昼!

お腹が空いたので外へ出かけまーす。

何食べようかなー☆と迷うほど選択肢のないナラティワートなので、ガイドブック掲載の「マンコーン・トン/Mangkorn Tong」へ行ってみました。川沿いの気持ちの良いレストランでしたよ。

BlogPaint
↑お店はPhupapakdee通り沿い、看板と丸い中華風エントランスが目印です。

BlogPaint
↑お店へ入ってどんどん奥まで行くと川を臨む開放的な空間。写真左の階段を下りて行くと川に浮かぶフローティング棟へ行けますが、とも先生はここがいいや。

BlogPaint
↑暑いけどほーんのり風が吹くので寝ちゃいそうになるくらい気持ちいい!

BlogPaint
↑ここはタイ&中華&シーフード料理って感じのお店ですね。メニューには英語表記もあるので注文しやすいのがうれしー。

BlogPaint
↑いつもはビールなのですがこの時はなぜか冷たい水モードw ウマい!

BlogPaint
↑イカ好きのとも先生はもちろんイカをいただきます。イカチャーハンにイカのヤム(スパイシーなサラダ)。どちらもイカがぷりぷり新鮮で美味しかった☆ お会計(200バーツ=約660円)

BlogPaint
↑このお店の無料Wifiがホテルのより速かったので、しばらく風に吹かれながらのんびりさせてもらいました。

一人でもいいけど、何人かで行ってワイワイいろいろ注文するのがよさげな店だね☆



店名: マンコーン・トン/Mangkorn Tong
場所: 433 Phupapakdee Road, Narathiwat
電話: 073-511835
営業: 10:00-22:00

↑このページのトップヘ