とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ:シンガポール旅行 > シンガポール旅行May/2017

こんにちは、とも先生です。

在住の友人を訪ねるいつもの週末シンガポール旅行もこれでおしまい、夜のフライトでバンコクへ戻ります。

さて、友人とジョーチャット通りをお散歩していたのですが、まだ空港へ行くまでに時間があるので軽く食事をすることにします、何食べようかなー。

と、フラフラお店を探していたらCurry Chicken Noodleという魅惑的なメニューがあったので「Angmoh Noodle House/紅毛面家」へ入店。

BlogPaint
↑お店はジョーチャット通り沿い、ジョーチャットコンプレックスから約300m歩いた右側です。

BlogPaint
↑日曜午後の中途半端な時間帯ということもあり店内ガラガラ。扇風機はあるけどエアコンはないので少々暑いよ…。

BlogPaint
↑ここは麺料理のお店でワンタンミーが有名みたいだけど、さっきから気になっているCurry Chicken Noodleを注文。メニューはもちろん英語表記で見やすい。

BlogPaint
↑ドリンクは、お店で作っているというLuo Han Guo(ラカンカ/羅漢果)のジュース。う…ん…とっても不思議な味だけど身体によさそう…でも…。

BlogPaint
↑かなり待たされてやっと来ましたカレーチキンヌードル(4シンガポールドル=約330円)。中華麺の上に、大きな手羽のチキンカレーとポテト、茹でたキャベツが乗っています。

ではいただきまーす。

うん!カレールーはどちらかというとインド寄りのスパイス感あふれるもの。それに中華麺が不思議と合って…これ美味しい!手羽もプリプリ、ポテトもほっくり、そして茹でただけのキャベツがいい箸休めになっています。

量がかなりあったけど完食しました♡また食べたいなあ。



店名: Angmoh Noodle House
場所:
電話:
営業: 7:00-23:00

こんにちは、とも先生です。

シンガポール在住の友人と飲み会をするためだけに会いにやってきたシンガポール。

お天気も良いことだし、プラナカン建築が佃煮のように建ち並ぶ「ジョー・チャット/Joo Chiat」という通りへ連れて行ってもらいました。ゲイランロード/Geylan Rdとマリンパレードロード/Marine Parade Rdに挟まれたJoo Chiat Rdは、お散歩するだけで楽しい通りでしたよ。

BlogPaint
↑まずはゲイランロード沿いのJoo Chiat Complexから南へ向かってお散歩開始。シンガポールへは10回以上遊びに来ているけどこんなスカっとしたお天気に出会えたのは久しぶりー。

BlogPaint
↑友人がカットフルーツを食べたいとゆうのでまずは果物屋さんへ。店頭にぶら下げられているバナナがですね、バナナがですね!写真だと分かりにくいんだけど恐ろしく太くて長いの!!どうやって食べるんだろう、生食かな?

BlogPaint
↑フルーツをかじりながらテクテク歩くと左側に空き地が!ただの空き地なんだけどシンガポールって国土狭いでしょ!だからこんな空き地自体がすごく珍しくて思わず写真パチリw

BlogPaint
↑途中には中国寺院もあります。なんか写真を撮っている人が多かったけど…有名なのかな。

BlogPaint
↑さて、あまりにも数が多すぎて感覚が麻痺してしまったのですが、この通り、前も後ろも右も左もお好きな方にはたまらないオールドでレトロなプラナカン建築ばかり。

BlogPaint
↑ただ、朽ちるに任せるわけではなくそこはシンガポール。きちんと塗り直してキレイにして、住宅としてそして観光スポットとして売り出しています。

BlogPaint
↑使い勝手はともかく、こんなカワイイ家に住んでみたいなあと思ったのですが…

BlogPaint
↑物件にもよりますが、こういったプラナカン建築のお家は日本円で約1億円くらいするとのこと…そりゃそうだよね…シンガポールで一軒家だもんね。

特にビッとしてバッとした見所があるわけではありませんが、軽いお散歩にちょうどいいステキな通りでした、飲食店もたくさん有り〼。



ジョー・チャット通り/Joo Chiat Road

こんにちは、とも先生です。

シンガポール…1度行けばすべての観光スポットを見尽してしまうレベルの小さな国ですが、在住の友人がいるためバンコクからちょこちょこ遊びに行っています。まあ、いつも友人宅に泊まって毎晩飲み散らかしているだけなんですけどねw

だかしかし、今回はなんと「11kmハイキング」に挑戦! シンガポールくんだりまで行って柄にもなくガッチリ運動してしまいました!

シンガポールのど真ん中、自然あふれるマクリッチ貯水池のネイチャートレイルを、頭から湯気がわくんじゃないかってくらいにモリモリ歩きました!

BlogPaint
↑さあさあ、ハイキングのスタート地点であるマクリッチ貯水池のビジターセンターにやってきました。この地図を見てもなにがどのくらいどんななのか想像もつきません。

とりあえずお水は1Lペットボトルを1本、首にタオルを巻いて友人と2人で出発!


BlogPaint
↑空は快晴ではありませんが薄曇りでちょうど良い気温。貯水池を左手に見ながら遊歩道を歩いて行きます。カヌーの練習をしている大学生グループもいて、休日の穏やかな時間が流れます。

BlogPaint
↑しばらく歩くとネイチャートレイルの入口に到着。ここからはジャングル、いや森の中を歩いて行きます。

BlogPaint
↑これダメよ、という看板。一応禁止事項だけ簡単に書いておきますね。

<禁止事項>
喫煙、ゴミ捨て、ペット同伴、野生動物への餌付け、外部の動物の放流、釣り、動物の捕獲、植物採集、音楽、火気使用とバーベキュー、キャンプとテント使用、モーターを使う乗物の使用、ラジコン飛行機やドローンの使用、施設の破壊や落書き行為、自転車。

BlogPaint
↑ネイチャートレイルを歩き始めるといきなり目の前に倒木が!さすがネイチャーだ本格的だなこの演出!って思ったら、昨日の大雨で倒れた木だそうでw 早く撤去してください。

BlogPaint
↑トレイルは基本的に一本道なので迷うことはなく、分かれ道のところには必ず詳細な案内板が設置されているので安心。

BlogPaint
↑安心♡と思っていたらいきなりこんな看板があったよ!

「ヘビに注意!」

あそうそう、ハイキング中にヘビは一度も見ませんでしたが、大きなトカゲさんは何回か見かけましたよ。

BlogPaint
↑コースのちょうど中間あたりかな、休憩所があったのでトイレ&水補給。

お水を補給できる場所がそんなにないので、人によっては1.5Lのペットボトルを持ち歩かないとキツいかもしれません、11kmってけっこうな距離だし平坦な道じゃないしw


BlogPaint
↑そしてけっこうな上り坂を制覇してたどり着いたのが「TreeTop Walk」。ここから長い吊り橋を渡るよー。

BlogPaint
↑とも先生は高所恐怖症なので、なるべく下を見ないようにゆっくりゆっくり進みます…。

BlogPaint
↑下さえ見なければなんとか大丈夫!w 吊り橋は幅が狭いですが一方通行なので誰かとすれ違うことはありません。

でも、でもね!一方通行のはずの吊り橋を逆走してくるシンガポール人家族がいてね!何が起きたのかと思って聞いたら「怖いサルがいる!」と!

一方通行だし、うちらはとりあえず進んだのですが…

BlogPaint
↑さらに吊り橋を進んで行くと…いました…おサルさん。

まあきっと人間に慣れているだろうし大丈夫だよー♡とサクサク横を通り過ぎようとした時…

「ウッギャー!」とトートバッグに手を突っ込まれました!!!ギャー!!!

走ると追いかけられそうだったので、あくまでゆっくり、しかし迅速にサルから離れなんとかサルトラップを抜けることができましたw

BlogPaint
↑あー、ビックリした。トートバッグを閉じていなかったことと、中に入れていたお菓子の匂いが漏れていたことが原因だったと思います。気をつけてね…。

トレイルはまだまだ続きます、いやあイベント満載だなあここw

BlogPaint
↑トレイルには至るところにこのような休憩所があります。歩き疲れて座りたい時、突然のスコール時の雨宿りなどにうれしいですね。

BlogPaint
↑そろそろタオルがびしょびしょに濡れて絞れるレベルになってきた頃、目の前に展望台が現れました。疲れてるけどこれは上るしかないでしょ!

BlogPaint
↑ゼイゼイバアバア言いながらやっとのことでてっぺんまで上がりました。360度のパノラマです!って言ってもほとんど緑だがな!

BlogPaint
↑そして、長い長い森のトレイルを抜けるといきなり視界が開けて貯水池脇の道になりました。ああ、この開放感!雨が降りそうな天気だけど、おかげで涼しくて気持ちいい!

BlogPaint
↑少しお花を見る余裕も出てきたよw これは何の花だ?

BlogPaint
↑トレイルの一部はゴルフ場の敷地になっているので中を突っ切ります。うん歩きやすくていいね。

BlogPaint
↑看板には飲食禁止とは書いてなかったので、貯水池を臨むベンチがあったのでここでランチ。実は友人宅でサンドウィッチをたくさん作って持って来ていたのでしたー。

大自然の中、しかもシンガポールのど真ん中でピクニックだなんて最高!


BlogPaint
↑お腹も一杯になったところでラストスパート。整備された公園を通り抜けていきます。

BlogPaint
↑公園内のいたるところにもお花が。

BlogPaint
↑そして、出発から約4時間後にビジターセンターへ戻ってきました!完走!完歩か!

シンガポールにはこんな楽しみ方もあるんですね!シンガポールリピーターの方にぜひオススメしたいアクティビティです。

↓詳細はこちらでご確認ください。
MacRitchie Reservoir Park

↑このページのトップヘ