とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ:タイ国内旅行 > ルーイ旅行Jun/2017

こんにちは、とも先生です。

2017年度のピーターコン祭りも楽しんだことだし、再び夜行VIPバスでルーイからバンコクへ戻ります。本当は帰りくらい飛行機に乗りたかったんだけどね…国内線で片道4,000バーツ(バンコクへ戻る人殺到でチケット価格高騰)はちょっといくらなんでも…というわけで帰りもバスです(´;ω;`)

BlogPaint
↑ルーイ発バンコク行きの夜行VIPバスは19:30発。念のために19:00にバスターミナルへ。

BlogPaint
↑そして時間になったので目の前のバンコク行きバスに乗ろうとしたら、どうやらこのバスではないらしい…もう19:30だよ?

バスが遅れているのかな…カウンターのおばさんに聞いてもとにかく座って待ってろの一点張り…。


BlogPaint
↑ふとバス会社カウンターの壁の端っこに目をやると…21:00?なにが21:00?バスは19:30発でしょ?チケットにも書いてあるし。え?え?

BlogPaint
↑そして蚊に刺されまくりながらカウンターで2時間待って、21:00ぴったりにバンコク行きの夜行VIPバスが到着!

一体どういうこと???と後日友人に教えてもらったことは、


・チケットに書いてある出発時間は始発地を出発する時間。
・このルートの始発地はルーイではなくてチェンカーン。
・よって経由地であるルーイの出発時間は19:30ではない。

…わかった…そういう事情なら仕方ない…しかしだ!各経由地の出発時間もチケットに書いておいておくれ!ホテルの部屋であと2時間ゴロゴロできたじゃないかっ!

BlogPaint
↑乗車前から疲れてしまいましたがバス車内は快適。レッグレストもあるしリクライニングも深いので意外とぐっすり眠れます。

BlogPaint
↑夜中のおやつはマドレーヌ2個とザクロジュース、お水。途中で食事休憩もありましたが、とも先生は睡眠確保のため食事取らず。

BlogPaint
↑バスは順調に走り、翌朝5時ぴったりにモーチットバスターミナルに到着。ルーイから約8時間の旅でした。そして一度帰宅してから仕事〜w

これでピーターコン祭りを見に行くルーイの旅はおしまい☆

こんにちは、とも先生です。

先月末、タイ東北部イサーン地方のルーイ県ダンサーイで行われる年に一度の奇祭「ピーターコン祭り/Phi Ta Khon Festival」へ行ってきました。

お祭りは3日間行われますが、メインである2日目の様子をさらっと。出発を決めたのが祭り2日前だったので事前学習無しでしたがw 熱気あふれるにぎやかなパレードを楽しむことができました☆

BlogPaint
↑ルーイからロットゥー(乗り合いワゴンバス)でダンサーイに到着。まだ朝9時過ぎですが、会場へのゲートはすでに大にぎわい。

BlogPaint
↑祭りとはいえ具体的に何が行われるのかまったく学習していないとも先生は、とりあえずにぎやかな通りをテクテク歩きますw ちゃんと事前準備必要だな!

この日の天気は曇りで気温は思っていたほどではなかったです。でも激暑だけどね!

BlogPaint
↑右側にお寺発見!とりあえず中へ入ってみます。

BlogPaint
↑境内も大にぎわい。いろいろな屋台が出ていて、お坊さんも記念写真バンバカ撮っていてとても楽しそう。

BlogPaint
↑早速ピーターコンのお面発見!子どもたちがお面をかぶって練り歩き、観光客の記念撮影に応じています。

BlogPaint
↑境内にダンサーイ民俗博物館/Dansai Folk Museumを見つけたので入館。木造のかわいい造り。

BlogPaint
↑民俗博物館という名前ではあるけど、中は実質ピーターコンのお面博物館といった様相。みなさん館内でも写真バンバカ撮ってます。

BlogPaint
↑境内にはほかにお土産物屋さんも有り。

BlogPaint
↑ピーターコンのお面やTシャツ、木彫りやマグネットなどたくさんのグッズが。

BlogPaint
↑お寺から通りへ戻るとなんだかさきほどよりさらににぎやか。さまざまなお面をかぶった村人たちが通りを練り歩き始めています。

BlogPaint
↑可愛げのあるものから気の触れたものまでwお面の種類はたくさんあり、見ているだけでワクワクしてくるよ。

BlogPaint
↑もうみんなとにかくお面さんたちと記念写真撮りたいので、お面さんたち大忙し!

もしお面さんたちと一緒に写真を撮りたかったら、遠慮しないでどんどん撮らせてもらいましょう。もちろん最後に一言お礼もね。


BlogPaint
↑通り沿いには飲み物や食べ物の屋台がたくさん出ているので、こまめに水分補給をしましょう。でもこんなクソ暑いところで寿司の屋台はいかがなものかと!

BlogPaint
↑通り沿いにはピーターコンデザインのTシャツ屋さんもたくさんあります。意外なことに店舗ごとにデザインが異なっているので、意外にも選ぶのが楽しかったりしてw

BlogPaint
↑子どもたちもお面かぶってママと一緒に歩いています。

BlogPaint
↑パレードが始まったようです。伝統衣装を身につけた娘さんたちが練り歩き。

BlogPaint
↑中華風な?赤い衣装の息子さんたちが練り歩き。

BlogPaint
↑だんだんキンキンキラキラしてきました。

BlogPaint
↑そしてピーターコン2017車がパレード。もうコテコテでそろそろお腹一杯。

BlogPaint
↑大きなオバケ?精霊?さんたちも続々と練り歩き。

今回、出発を決めたのが祭り2日前と急だったのですが、やはりお祭りイベント関連はきちんとした事前準備と学習が必要だね!痛感!w

さて、帰りもロットゥーに乗ってルーイに戻りますよー。

こんにちは、とも先生です。

年に一度の奇祭「ピーターコン祭り/Phi Ta Khon Festival」を見にタイ東北部イサーン地方のルーイ県までやって来ました。

アクセスのあまり良くない田舎でのお祭りなので、通常はバンコクからツアーで訪れる場合が多いそうですが、とも先生は完全個人旅行で行き当たりばったり旅に挑戦!

ここではルーイからピーターコン祭り会場であるダンサーイまでの往復のアクセス、行き方をさらっと書きますね。
2018年のピーターコン祭りへ行くときの参考に少しでもなれば幸いです。
BlogPaint
【行き】↑朝6:30頃、ダンサーイ行きの交通を調べにバスターミナルへ行くと「ダンサーイ!ダンサーイ!」という声が。おじさんのいるデスクへ行くと、朝8:00にダンサーイ行きのバスが出発するとのこと。そこでバスチケット(120バーツ=約400円)を買い、一時ホテルへ戻り身支度。

BlogPaint
↑バスは8:00発と言われたけど置いて行かれたら困るので年のため7:30にバスターミナルへ行くとワゴンバス(ロットゥー)はすでに出発体制!どうやら定員になったので早く出発するらしい…みんなとも先生待ちだったんだね…すいません。

BlogPaint
↑ロットゥーは7:30ピッタリにバスターミナルを出発して田舎道を延々と走ります。

BlogPaint
↑そして1時間40分後の9:10にダンサーイへ到着。これがロットゥーというタイの乗り合いワゴンバス。

BlogPaint
↑降ろされた場所は祭り会場の入口ゲート前でした。これなら迷子になりようがないね!意外と簡単だった!

dansaimap
↑これはダンサーイのロットゥー発着場所あたりの地図。きっちり正確なものではないので参考程度にとどめておいてくださいね。

BlogPaint
【帰り】↑ルーイへ戻るロットゥーは、この写真のバス停から出発します。

BlogPaint
↑バス停の端に机を出したおばあさんからロットゥーのチケットを買います(2017年6月現在)。

BlogPaint
↑帰りのロットゥーチケット(100バーツ=約330円)は14:00発を購入、1時間おきに出発しているようです。

BlogPaint
↑ピーターコン祭りを楽しんだらルーイへ戻りましょう。でも祭り会場付近がたくさんの車で大渋滞!14:00発のロットゥーも渋滞に巻き込まれ、結局出発したのは15:00でした…。

BlogPaint
↑遅れた関係か突然大雨が降り出したからか、途中で中型バスに乗り換えさせられました。

BlogPaint
↑あと1本遅いロットゥーだったら祭り会場でびた濡れになっていたかもね。

BlogPaint
↑ダンサーイ周辺が渋滞していた関係で、帰りは2時間かかって夕方17:00にルーイのバスターミナルへ到着。さ、ホテルで少し休憩したら今夜の夜行バスでバンコクへ戻るよー。

結論としては、タイ語が話せなくても、ツアーでなくても簡単にピーターコン祭り会場であるダンサーイまで往復できることがわかりました。ただ、会場周辺の渋滞具合によって時間がかなり乱れる場合があるので、夜行バスなどに乗り継ぎする方は充分時間に余裕を持たせたほうが安心できると思います。

こんにちは、とも先生です。

年に一度の奇祭「ピーターコン祭り/Phi Ta Khon Festival」を見にタイ東北部イサーン地方のルーイ県までやって来ました。

夕方、少し時間があったのでルーイの街をお散歩したのですが、途中でとってもステキなお店を見つけましたよ☆

ルーイのクラフトビールを始め、世界のビールを飲ませてくれるビールバー「アウトロウ/Outlaw」です。

BlogPaint
↑日没前の開店とともに入店w オーナーは欧米人の若いお兄さんで、タイ人の奥さんは近所でタイ料理屋さんを切り盛りしているとのこと。

まずはこのお店の売りである地元ルーイのクラフトビール「MOSAIC」(140バーツ=約470円)をテラス席でいただきます。


BlogPaint
↑うわー!これ美味しー!シトラス系のフルーティーなアロマがクリスプでグビグビいけちゃう。しかもボトルのラベルもかわいいしセンスいいよね。

BlogPaint
↑ビール飲み始めたら身体が火照ってきたのでw エアコンの効いた店内へ移動。オーナーが自分でデザインしてかなりの部分手作りしたというインテリアもステキだ。

BlogPaint
↑そして店内で2杯目。ニュージーランドの美味しい生ビール、名前忘れたけどニュージー生(140バーツ=約470円)があるというのでいただく。

うわー!これもまた飲みやすくてグビグビ系だな!


BlogPaint
↑どちらのビールもアルコール度数がけっこうあったので2杯でかなりいい気分。

現在(2017年6月)、お店ではフードメニューを提供していませんが、オーナーの奥さんがやってるタイ料理屋さんからタイ料理をデリバリーすることが可能だそうです。

ルーイにこんなオサレなお店があるとは思いませんでした、ルーイ滞在の際はぜひー!



店名: アウトロウ/Outlaw
場所:
電話:
営業: 18:30-24:00(月火休)
FB: https://web.facebook.com/outlawbrewingloei

こんにちは、とも先生です。

年に一度の奇祭「ピーターコン祭り/Phi Ta Khon Festival」を見にタイ東北部イサーン地方のルーイ県までやって来ました。

夕方、少し時間があったので、夕飯の調達も兼ねてルーイの街をお散歩してみます。

BlogPaint
↑うん!何も無い!w

でも、木造の古い建物がまだたくさん残っていて、バンコクではなかなか見られない風景です。気分もなんだかのんびりしちゃいますね。


BlogPaint
↑この建物はかなり古そうだけどいつのだろう?未だ現役の雑貨屋さんとして頑張っています。

歩道がきちんと整備されているわけではないけど、交通量も少なく歩きやすい道。

BlogPaint
↑街の中心部には大きな池と公園があります。公園へ行ってみよう。

BlogPaint
↑市民の憩いの場であるこの公園は、夕方にもなるとジョギングやウォーキングを楽しむ人たちでいっぱい。とも先生は走らないけどw しばらく公園をお散歩しました。

BlogPaint
↑池のほとりには立派な中国寺院も有り。

BlogPaint
↑これはコロニアル調の建物だけどこれも古そうだなあ。

BlogPaint
↑日が落ちるとナイトマーケットの始まりです。通りはたくさんの人で大にぎわい。

BlogPaint
↑街中で何軒かレストランを見かけましたがどこもパッとしなかったので、夕飯はナイトマーケットの屋台で混ぜご飯とオムレツを買ってホテルの部屋でいただきます。

さあ、明日はいよいよお楽しみのピーターコン祭りに参戦だよ!

↑このページのトップヘ