とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ:タイ国内旅行 > ムック島旅行Dec/2013

こんにちは、とも先生です。

2013年12月の情報ですが、備忘録として過去の旅行をアップします。
当時のレート: 1バーツ=約3.2円
BlogPaint
↑ムック島からトランへ戻ってきて今日は「U-Sabuy Trang」に後泊してからバンコクへ戻ります。

が…この宿、場所がわかりにくかった宿のある通りは駅からすぐそばなのですが、肝心の宿が見つからない

この通りを何回も往復してふと「まさかこの建物じゃねえよなあ?」というところが宿でしたw

写真の建物ですからね、通り沿いに看板が出ていないので気をつけてくださいねw


BlogPaint
↑フロントでは英語があまり通じませんでしたが優しく対応してくれました。お部屋はとてもキレイで1泊するだけならなんら問題無し。テレビやエアコンも標準装備。

BlogPaint
↑バスルームも清潔でうれしー。

IMG_2238
↑ただお部屋にこんな張り紙が。「シーツや毛布を汚したらお金払ってもらうからね」と。そんなに汚す人多いんですかねw

駅前のスリトランホテルが満室の時にいかがでしょうか。

U-Sabuy Trang

こんにちは、とも先生です。

2013年12月の情報ですが、備忘録として過去の旅行をアップします。
当時のレート: 1バーツ=約3.2円
BlogPaint
↑ムック島での滞在を終えてトランへ戻ってきました。お腹が空いたので駅前の「1952 Cafe」へ。

BlogPaint
↑実はこのカフェ、友人のオススメでハンバーガーが特にウマいっていうんで食べたかったのですが、まさかのバーガー用パン売り切れ!ということでBLTトーストサンドを注文。

ボリューム満点で美味しかったです値段忘れちゃったけど安かった。


BlogPaint
↑駅前ということもあって、店内は外国人旅行者が入れ替わり立ち替わり。港行きのバスが出発する時間や列車の時間は混むみたい。


店名: 1952 Cafe
場所: トラン駅前。駅出て左斜め向かい。
電話: -
営業: 07:00-21:00

こんにちは、とも先生です。

2013年12月の情報ですが、備忘録として過去の旅行をアップします。
当時のレート: 1バーツ=約3.2円
BlogPaint
↑コ・ムック・チャーリー・リゾートのレストランはシーフードが売りですが、洋食やタイ料理のメニューも豊富で、島リゾートの割にかなりお手頃なお値段で食事ができました。これはある日のお昼ご飯。

BlogPaint
↑これはビーチでの夕食、海老のカクテル、海老フライなどシーフードに…右のお料理なんだと思います。トマトの上にスライスチーズが乗っているの…実はこれトマトとモッツアレラチーズのサラダ!

ちょっとなんかアレ?wと思うお料理もありましたが、味はよかったですよ。


BlogPaint
↑これはある日のシーフードBBQ。どれも新鮮なので素材の良さが伝わってきます。

BlogPaint
↑さらにビックリなのはお酒も安いこと。島リゾートとは思えない良心的なお値段で飲ませてくれましたw

BlogPaint
↑これは朝食。朝食はかなりシンプル…というか簡素です。でも2泊までなら大丈夫なレベル。

BlogPaint
↑これは最後のディナーかな?シーフードピザにタイ料理てんこ盛り。

乾季真っ盛りスーパーハイシーズンに泊まると割高感を感じますが、乾季に入る前のギリギリオフシーズンの時期に泊まるとお得感出ると思いますよ〜

こんにちは、とも先生です。

2013年12月の情報ですが、備忘録として過去の旅行をアップします。
当時のレート: 1バーツ=約3.2円
BlogPaint
ムック島のチャーリービーチは、ボートが発着するので水が多少汚れているのでは?という不安を消し去るキレイなビーでした。朝は散歩がさわやか〜

BlogPaint
↑基本海が売りなので、ホテルの施設自体は本当にシンプル。これはレストランとは別にビーチ沿いにあるバー。ごろんと寝転がることもできますよ。

BlogPaint
↑日中は暑いので人影もまばらです。

BlogPaint
↑このホテルの個人的なオススメは「プール」。客室数の割にけっこう大きめのプールがビーチを臨む場所にデーンと。ここのプールに漬かってビーチを眺めるのが好きでした。

BlogPaint
↑でもやはりビーチは最高周辺には他にも島がたくさんあるので、自分のお気に入りをひとつ見つけるのもいいですね

BlogPaint
↑夕方。ボートの発着が終わると、ビーチは宿泊客たちだけのもの。ゆっくり時間が流れます。

さあ次はホテルの食事がどんなものだったか写真とともにご紹介しますよ。

こんにちは、とも先生です。

2013年12月の情報ですが、備忘録として過去の旅行をアップします。
当時のレート: 1バーツ=約3.2円
BlogPaint
↑本土の港を出発してムック島へ向かいます。この日はかなりいい天気で甲板でくつろぐ人多数。

BlogPaint
↑1時間くらいかな、ムック島のチャーリービーチに到着。ホテルはこのビーチ沿いにあります。

BlogPaint
↑ホテルはすべてこのようなコテージスタイルで、ビーチが見えるかどうか、ビーチからの距離でお値段が変わるようです。

BlogPaint
↑ただ、部屋からの眺めや位置が異なるだけで、コテージ自体はどれも同じみたい…。眺めにこだわらなければ一番安いコテージでいいかもね。

BlogPaint
↑お部屋はちょっと狭めながらも清潔でもちろんエアコン完備。

BlogPaint
↑冷蔵庫なんかもあるので、まあ中級ホテルと変わらないファシリティですね。

BlogPaint
↑バスルームはシャワーのみでバスタブはありません。清潔にはしているけどちょっと古さを感じます。

BlogPaint
↑テラスにはテーブルと椅子があるので、ここでだらだらするのもいいですね。

さあ次はリゾートの設備やビーチのことを書きますね。


コ・ムック・チャーリー・リゾート/Koh Mook Charlie Beach Resort

↑このページのトップヘ