とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ:タイ国内旅行 > チェンライ旅行Dec/2014

こんにちは、とも先生です。

2014年12月の情報ですが、備忘録として過去の旅行をアップします。

バンコクから2泊3日で行ったタイ北部のチェンライでは、インターネットで偶然見つけた「バンブー・ネスト/Bamboo Nest de Chiang Rai」に泊まりました。ホテル予約サイトでは取り扱っていない、若いタイ人夫婦が切り盛りするエコフレンドリーな温かい宿でしたよ

BlogPaint
↑チェンライ市内から北西に約30km、公共交通機関で行くのはほぼ無理なので宿の送迎車を利用。宿泊日数に応じて送迎料金が無料になります。

*行きは夕方で暗かったのでこれは帰りの写真。


BlogPaint
↑途中で橋を渡って

*行きは夕方で暗かったのでこれは帰りの写真。

BlogPaint
↑途中で山岳民族の村の中を通らせてもらって

*行きは夕方で暗かったのでこれは日中の写真。

BlogPaint
↑段々細く険しくなる道をひたすら上り

*行きは夕方で暗かったのでこれは日中の写真。

BlogPaint
↑チェンライのバスターミナルを出発してから1時間半近くかかって宿に到着〜

*行きは夕方で暗かったのでこれは日中の写真。

BlogPaint
↑宿は山の傾斜に建てられていて、レセプション兼レストランが一番高い中央部にあります。

BlogPaint
↑ここには宿で飼っている山ワンコが3匹います。とても人懐っこくてカワイイんだ

BlogPaint
↑レストランから見た宿の全景。手入れされた緑豊かな庭に各バンガローが点在しています。

ちなみにこの宿、携帯の電波がほとんど入らないのでインターネットできませんからね

BlogPaint
↑緩やかな傾斜の山肌にぽつんぽつんとコテージが建っているのでプライベート感満点

BlogPaint
↑今回は、ネットで事前に集めた情報を元に、一番眺めが良いとされる「ファミリーコテージ」に宿泊。ダブル+ツインの2部屋が内扉でつながっている、家族やグループ旅行向けのお部屋です。

全て竹を組んで作られたコテージは、ギシギシ音はするしすきま風は入るけど、雰囲気満点で欧米人が大好きそうな感じ。

夏は涼しくて気持ち良さそうですが、泊まった12月は寒かったですw でも余分に毛布を貸してもらえたので暖かく眠ることができました。

BlogPaint
↑シャワーは普通にお湯が出るし、写真には写っていませんが水洗トイレもばっちり完備。

BlogPaint
↑コテージのテラスはとても広く、ハンモックも用意されているのでダラダラするのに最高

ワンコたちもちょこちょこ遊びに来てはテラスでお昼寝していました

BlogPaint
↑テラスからの眺め。標高が高いわけではないので絶景感はありませんが、明らかに視力が回復しそうな一面緑の優しい風景。

BlogPaint
↑宿の朝食。近所にレストランなんて無いので、朝昼晩の食事は自動的に宿のレストランでいただきます。どれも美味しかったけど、洋食メニューばかりでタイ料理が少ないのは欧米人宿泊客が多いからかな。

宿では周辺の山岳民族や温泉や川下りや象乗りやトレッキングなど各種ツアーの手配もしてくれます。自然が好き、ワンコが好き、ネット断食したい、ちょっと変わったところに泊まってみたい、という方に猛烈オススメですよ



バンブー・ネスト/Bamboo Nest de Chiang Rai

こんにちは、とも先生です。

2014年12月の情報ですが、備忘録として過去の旅行をアップします。

バンコクから2泊3日で行ったタイ北部のチェンライでは、現地の日系旅行会社「Jトラベル」さんに1日ツアーをアレンジしてもらいました。
BlogPaint
翠峰茶園で茶畑を見学した後は、車でゴールデントライアングルへ。

写真手前がタイ、右上がラオス、左上がミャンマーと、河を境界に3カ国が一望できるスポットです。

日本に住んでいると絶対にお目にかかれない光景ですよね。

BlogPaint
↑みんなここで記念写撮るよねw でも看板がかなり朽ちる寸前なので寄りかからない方がいいですよ。

BlogPaint
↑近くには寺院もあり内部を見学できますが、女人禁制とのことで残念ながら入れるのは男性だけです。

BlogPaint
↑ゴールデントライアングルを見た後、オピウム(阿片)博物館へ立ち寄り、メコン川のボート乗り場へ。

BlogPaint
↑ガイドさんがいると楽チンですね〜 貸し切りボートでショートトリップへ出発風が気持ちいい〜

BlogPaint
↑しかしボートは河の中州的なところでなぜか停船。何事かと思ったらどうやらここも観光スポットの模様。

BlogPaint
↑どうやらこの中州はラオス領のドンサオ島というとこらしい。ラオス領ではあるけど、特別に出入国手続き免除という面白いところwww

BlogPaint
↑ただし島内で自由に散策できるのはこの土産物店周辺のみ。店頭には各種土産物の他に免税品的なお酒やタバコが山のように売られていました。ただ、残念ながら見た感じ本物ではないな〜との印象w

BlogPaint
↑そしてドンサオ島を後にして再びボートに乗り、夕方チェンライのバスターミナルへ到着。

約7時間の1日観光でしたが楽しかった〜

さ、ここで今夜泊まる宿のスタッフと待ち合わせなのですが…会えるかな?w

こんにちは、とも先生です。

2014年12月の情報ですが、備忘録として過去の旅行をアップします。

バンコクから2泊3日で行ったタイ北部のチェンライでは、現地の日系旅行会社「Jトラベル」さんに1日ツアーをアレンジしてもらいました。

BlogPaint
↑朝9時にチェンライ空港へ到着。空港出口でガイドさんと合流し車は一路北へ。市街地を抜けるとあたりはすぐにのどかな風景へ

BlogPaint
↑目の前に広がるパイナップル畑。チェンライはパイナップルの一大産地だそうで、少し小振りのまんまるなパイナップルが驚くほど甘くて美味しかった

BlogPaint
↑1時間ほどで「翠峰茶園/Choui Fong Tea Plantation/ชาฉุยฟง」というティー・プランテーションに到着、まあ要するに茶畑。

BlogPaint
↑一面に広がる茶畑はタイ人観光客に大人気 快晴ですが、12月の乾季真っ盛りなので日射しも柔らかく気持ちのよい日でした。

BlogPaint
↑工場見学もできます。ここで栽培、製品化されるお茶は、台湾やシンガポールなどの近隣諸国へ輸出されるほど品質が良いとのこと。

BlogPaint
↑雲南料理を食べさせてくれるレストランやカフェもあるのでちょっと休憩。抹茶ラテと抹茶ミルクレープは、お茶の香りが強くほろ苦濃厚で美味しかった

公共交通機関を使って個人で行くのは面倒みたいなので、ツアーで立ち寄ってもらうか車をチャーターしてしまうのが楽かと思いますよ



店名: 翠峰茶園/Choui Fong Tea Plantation/ชาฉุยฟง

↑このページのトップヘ