とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ:タイ国内旅行 > ホアヒン旅行Sep/2016

こんにちは、とも先生です。

9月の話しですが、友人たちとホアヒンへ週末1泊旅行へ。バンコクへ戻る道すがら、途中のペッチャブリにある「カオルアン洞窟/Khao Luang Cave」へ立ち寄ったのですが、あまりに神秘的な美しい光景に心癒されまくりました♪

BlogPaint
↑ホアヒンからバンコクへ戻る途中に通るペッチャブリ。この市内に洞窟があるというのでGoGo!途中、洞窟への指示標識がところどころあるので、Googlemapと併用すれば簡単に行けると思います。

BlogPaint
↑洞窟のある丘の麓へ到着。以前は自家用車で丘の頂まで行けたようなのですが、現在は麓の駐車場に車を止め、写真のソンテウ(乗り合いバス)で頂まで行かねばなりません。

BlogPaint
↑丘の頂を往復するソンテウは一人15バーツ。チケットは失くさないようにね。

BlogPaint
↑ソンテウに揺られること数分で丘の頂に到着。でもここからさらに写真中央の階段を上って洞窟を目指します。

BlogPaint
↑ゼイゼイバアバア!階段(坂だったかな?)をしばらく上ると洞窟の入口が見えました。早速入場!

BlogPaint
↑せっかく上ったのにすぐまた下りるだなんて…と思いながら急な階段を下りて行きます。

BlogPaint
↑この階段、けっこう急なので急がすゆっくり上り下りしてくださいね。

BlogPaint
↑さて、下まで下りると右手に小さな仏像が並んでいます。横目に仏像を見ながらさらに奥へ入りましょう。

BlogPaint
↑ずんずん中へ入って行くと、品のない色のライトに照らされたなんだかコテコテ観光地のような雰囲気になってきました…大丈夫かなドキドキ。

BlogPaint
↑うおおおおおおおおおお!魚おおおおおおおおお!!天から聖なる光が〜!!!

写真では見たことあったけど実際目の前にしてみたら土下座したくなるほど感動!


BlogPaint
どんなに心が真っ黒で薄汚れていても誰でも聖人になれそうなそんな神秘的空間!

BlogPaint
↑さらに奥へ進んで行くとまた別の穴がありますが、こちらはあまり手を加えていないようでナチュラルな穴。

BlogPaint
↑洞窟内部には大きな仏像もございます。

BlogPaint
↑あまりに荘厳で神秘的な場所にいると、なんだか自分が今どこにいるのかわからなくなってしまいます。

BlogPaint
↑拝観者はほとんどタイの方で、みなさん真剣にお祈りしてはりました。

光の射す加減で、訪れるのは天気のよい午前中がオススメのようです。バンコクから日帰りでも行けるし、ホアヒン旅行などの行き帰りにも立ち寄れるスポットなのでぜひ!



カオルアン洞窟/Khao Luang Cave
Thong Chai Muang Phetchaburi, Phetchaburi
08:30-16:00
拝観料は任意で寄付、駐車料金10バーツ、駐車場から洞窟までのソンテウ往復15バーツ

こんにちは、とも先生です。

9月の話しですが、友人たちと行ってきたホアヒン週末1泊旅行。もう昼間からワインをがぶがぶ飲んでしまってその後おぼろげな記憶を頼りにホテルへ舞い戻り数時間爆睡。

夜、やっと少し復活してきて「せっかくだからシーフード食べよう!」ということになりホアヒンのナイトマーケットへやって来ました。「カイムック・シーフード/Khaimuk Seafood」はタイシーフード料理のレストランでした〜♪

BlogPaint
↑ホアヒンのナイトマーケット。土曜の夜ですがいつもより人通りが少ないそうで、歩きやすかったのがラッキー。

BlogPaint
↑屋台で食べるのもいいけどちゃんと座りたいよね、ということで目についた「Khaimuk Seafood」へ入店。

BlogPaint
↑昼間飲み過ぎたのでここでのドリンクはなんとペプシ!www ペプシをがぶがぶ飲みながらシーフードの春雨和えをいただきます。海老もイカもたっぷり入っているけど…辛いっ!

BlogPaint
↑こちらはシーフード(海老、イカ、ムール貝)を茹でて野菜に乗せたもの。これはさっぱりとしていて美味しい。

BlogPaint
↑これは豚肉団子とお豆腐のスープかな?あまりスープ類は飲まない人なので飲んでません。

BlogPaint
↑最後にシーフード炒飯。お米がパラパラに仕上がっていて優しい味でとても美味しい♪

BlogPaint
↑店内はまあカジュアルなタイ料理屋さんといった風情で気軽に利用できます。

写真のお料理をいただいてペプシを2リットルくらい飲んで3人でお会計が1,000バーツちょいだったと記憶。入りやすいお店だけど、なんか辛そうな料理がけっこうあったので注文時に確認したほうがいいですね。



店名/ カイムック・シーフード/Khaimuk Seafood
場所/ ホアヒンのナイトマーケット内、テスコエクスプレス(スーパー)の隣り。
電話/ ー
営業/ 夕方〜深夜、雑でゴメンナサイ。

こんにちは、とも先生です。

9月の話しですが、友人たちと
タイ王室の保養地でもあるホアヒンへ週末1泊旅行に行ってきました。まあ昼間からお店でお酒を浴びるほど呑んじゃっていい気分でベロベロでほとんど記憶が無い状態でその後ホアヒンビーチへ行ってきたようですw

泳ぐには…ですが、ビーチ沿いでゴロゴロするには最適なステキプレイスですた♪(記憶無し)

BlogPaint
↑ホアヒンビーチが具体的にどこからどこの場所を指すのかイマイチわからないのですが、この写真のゲートをくぐってビーチへ向かったようです(記憶無し)

BlogPaint
↑どうやらこの道をまっすぐ進んで行ったようです(記憶無し)

BlogPaint
↑ビーチへ出ると右を向いても左を向いてもビーチパラソルの密集した場所があり、ここで食事や飲み物も注文できるそうなので入店(記憶無し)

BlogPaint
↑曖昧な記憶では、たしか料理を2品以上注文すれば場所代はタダ、だったと思います。とりあえずベロベロなのでココナツジュースをガブガブ飲んだようです(記憶おぼろげ)

BlogPaint
↑こちらタイ風シーフードスパイシーサラダ。海沿いのお店のお料理なので、お値段を考えるとちょっと…なお味とクオリティですが仕方ないですね(と言っても記憶ほとんど無し)

BlogPaint
↑こちらはタイ風フライドチキン。ササミか胸肉を特に何も手を加えずに揚げているのでかなり歯ごたえがあった印象(記憶がねえ、無し)

BlogPaint
↑ホアヒンビーチは時間帯のせいかな、砂浜というよりは泥地で、なんだかムツゴロウがヌッと出てきそうなビーチでした。でも天気はいいし風は気持ちいいし最高〜♪(と言っても記憶ほとんど無し)

BlogPaint
↑海水の透明度も特によろしいわけではないし遠浅なので積極的に泳ぐ気にはなりませんが、ビーチでだらだらビールを飲む分には最高に気持ちいい!都会のストレスぶっ飛び〜!(と言っても記憶ほとんど無し)

ビーチへは素面で行くのがいいと思いました。

こんにちは、とも先生です。

9月の話しですが、友人たちとホアヒン週末1泊旅行へ。実は以前から友人たちから「ホアヒンにワインもハムもチーズも料理も安くてウマい店があるんだ!」と何回も聞かされていて、もう行きたくて行きたくてしょうがないお店があったんです。

それがここ「オールイン・ホアヒン/ALL IN HUA HIN」。オシャレなお店ではありませんが、本当に安くて気持の良いお店でした♪だらだら呑むのに最適w

BlogPaint
↑お店は静かなサラソン通りにあります。ベルギーの方が経営されている、2003年オープンのデリカテッセン併設ビストロ。

BlogPaint
↑店内は二面がオープンエアになっているので、街中にあるのに風通しがとても良くてそれだけでウトウトしちゃいそうw ほかのお客さんがいなくなったすきに撮った写真ですが、実際は入れ替わり立ち替わりお客さんが入っていました。

BlogPaint
↑ビールの種類も豊富〜!でもあまりに豊富すぎて何がなんだかわからじw

BlogPaint
↑とりあえず自分の好き勝手にビールを注文して午前中から乾杯〜♪ 休日の昼間のお酒って最高w

BlogPaint
↑とりあえず酒のアテにハムを100g切ってもらう。皮付きのハムで、皮部分のコリコリした食感がアクセントになって美味しい♪

BlogPaint
↑これはミックスサラダだったかな? ソースで和えたポテトなど意外と手間のかかっている美味しいサラダ。

BlogPaint
↑そしてすぐさまワイン祭りに移行。2リットルボトルを注文したのですが、途中で温くなってしまうということで、ボトルは冷蔵庫に入れてカラフェで少しずつ持ってきてもらいました。

BlogPaint
↑そろそろハム&チーズを頼みましょう。ハムやサラミ等は注文してからスライサーで切ってくれるのでいつもフレッシュ!

BlogPaint
↑サラミ、生ハム、チーズ2種の合計400g強のおつまみプレートで500バーツ。なんだか盆暮れ正月が一度にやって来た気分ww もちろんお味も申し分無しでワインが進みまくり。

BlogPaint
↑口を少しサッパリさせるためにギリシャ風サラダを。サラダ類にはかならずパンが付いてくるのですが、このパンが侮れぬほど美味しい!ちゃんとお店で焼いているそうです。

BlogPaint
↑こちらはポークチョップ。骨付きの厚切りハムにザワークラウトとマッシュドポテトが付いてボリューム満点!ワインが止まらない!

BlogPaint
↑こちらはカマンベールチーズのフライ。大ぶりなチーズにかなり厚めの衣をつけて揚げているので芯までトロトロじゃなかったのが残念だけど、この時点ですでにベロベロだったので美味しくいただきました♪ 添えられたオニオンソースとの相性もバッチリ。

写真のお料理に、ビールを各2杯ずつ、ワイン計3.5リットルを飲み干して、3人でお会計が3,000バーツでした。バンコクにもこのような類いのお店はありますが、ここは何と言ってもお値段が安い! これからホアヒン旅行の際のマスト居酒屋になりそうです♪



オールイン・ホアヒン/ALL IN HUA HIN

032-530067
http://www.all-in-huahin.com/

こんにちは、とも先生です。

9月の話しですが、友人の運転する車で週末ホアヒン1泊旅行へ。友人が予約してくれた「チャバ・シャレー・ホテル/Chaba Chalet Hotel」は、ナイトマーケットにもビーチにも近いお手頃なホテルでした♪

BlogPaint
↑サラソン通りに建つオレンジ色のマンション風建物。色が色なので日中はすぐに見つかると思います。

BlogPaint
↑ただ看板がとっても小さいので、日没後にチェックインする場合は事前にホテルの場所をきちんと調べておいたほうがいいです。いえ、わかりやすい場所ですけどね、一応。

BlogPaint
↑ホテルのフロントは1階のレストランを通り抜けた奥にあります。

BlogPaint
↑スーペリアルーム室内。狭くもなく特に広くもないお部屋ですが、二面に窓があるので意外と明るかったです。ツインベッドのマットは少々柔らかめで、エアコンとテレビは標準装備ですが冷蔵庫はありません。あ、無料のミネラルウォーターはありました。

BlogPaint
↑バスルームは少々古いものの清潔でバスタブがあるのがポイント高し。シャワーのお湯は弱めだったのが残念ですが特に困るというレベルではありません。アメニティはたしか石けんのみ。

BlogPaint
↑朝食は1階のレストランでいただきます。開放的な造りで気持ちいい〜♪

BlogPaint
↑朝食は洋風タイ風など数種類から選べます。洋風朝食は、目玉焼き、ソーセージ、野菜、トースト、バター、ジャムにコーヒーとオレンジジュースといったオーソドックスな内容。普通に美味しくいただきました。

ナイトマーケットまで徒歩5分、ホアヒン駅まで徒歩5分、ビーチまで徒歩10分というかなり便利な立地なので、1泊3000円以下という値段を考えれば充分コスパの良いホテルだと思います♪



チャバ・シャレー・ホテル/Chaba Chalet Hotel
1/18 Srasong Road Hua Hin, Thailand
+66(32)521181
ホテル敷地内に駐車場有り

↑このページのトップヘ