とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ:タイ国内旅行 > スコータイ旅行Jun/2016

こんにちは、とも先生です。

ちょっと前の話しですが、スコータイまでマラソンしに行ってきました。マラソンといってもそんなに走れるわけではないので10kmだけ〜。
タイ国内のマラソン/タイ国政府観光庁
http://www.thailandtravel.or.jp/activity/marathon.html
*こういう記事ってマラソン当日にアップしないとダメですよねw
BlogPaint
↑このユニークマラソンは、世界遺産であるカオヤイ国立公園、ここスコータイ遺跡、アユタヤ遺跡を走るマラソン三部作。

BlogPaint
↑まだ明け方4:30…ね、眠い…でも会場はもう照明キンキラでお祭りのよう。

BlogPaint
↑走る距離の長いフルマラソン、ハーフマラソン、10kmマラソン、3.5kmマラソンの順番にスタートします。

フルとハーフのスタートを見送ってから自分もスタート!


BlogPaint
↑スコータイ遺跡に来たのは初めてですが、マラソンしながら遺跡観光もできるだなんて一石二鳥的なw

BlogPaint
↑ゼイゼイバアバア言いながらもなんとか完走! 完走記念のメダルをもらった後は、ゴール周辺のテントでお菓子やらお水やらスイカやら、あとは食事も無料でいただけちゃいます。 お腹が空いてしまったのでオムレツのせご飯をいただきました♪

さあ、次はどのマラソン大会に行こうかな〜。


こんにちは、とも先生です。

ちょっと前にマラソン大会に参加するため行ってきたスコータイ。

宿泊したパイリン・ホテルのレストラン「トラパントン/Trapangtong Restaurant」でマラソン前夜に軽く食事をしました〜♪

BlogPaint
↑レストラン入口〜。スコータイ自体にちゃんとしたレストランが少ない印象なのでここは貴重かも。

BlogPaint
↑…うん、まあ、ちょっと広めの普通のレストランですな。ホテル自体年季が入っ老舗なので、レストランもかなり年…

BlogPaint
↑まずはチャンビール(大瓶110バーツ)で乾杯してから軽くつまみましょう。こちらは豚肉のニンニク胡椒炒め(150バーツ)、鉄板でビールが進む味です♪

BlogPaint
↑そしてメニューにナシゴレン/インドネシアの炒飯(80バーツ)があったので注文。元バリ島在住者としてはこれの一体どこがナシゴレンなんだ?って感じですが、どうやらカレー粉で炒めたのがナシゴレンらしいです…マズくはないけどスーパー薄味でした。

年季の入った老舗のレストランですが、その分なんだか落ち着いて食事やお酒が楽しめそうですよ。タイ料理なら外れがなさそうな感じ。


店名/ トラパントン・レストラン/Trapangtong Restaurant
場所/ パイリン・ホテル内
電話/
営業/ 11:00-23:00

こんにちは、とも先生です。

ちょっと前に参加したスコータイマラソン。負担を減らすためにマラソンのスタート地点であるスコータイ遺跡公園入口から比較的近いホテルを予約していたのですが…まさかのスコータイトラブル発生!w

簡単に書くと、ホテル予約サイトで表示された場所と実際の場所が違っていて、実際のホテルの場所はスコータイから数十キロ離れた隣町!これじゃ意味ないじゃん!ということであわてて現地でホテルを探し直したのですが、多くのマラソン参加者で遺跡そばのホテルはすべて満室!

しかし最後に救いのホテルが!もう疲れて疲れて最後に駆け込んだホテル「パイリン・ホテル・スコータイ/Pailyn Hotel Sukhothai」にようやく空室が見つかり泊まることができたのです!なのでこの素晴らしい素晴らしいホテルをご紹介しますw

BlogPaint
↑ホテル外観。スコータイ遺跡公園から約4km、スコータイ市街中心から約8kmの場所にあります。遺跡まで歩いて行くのはちと厳しいですね…。

BlogPaint
↑ホテルロビーは小さいながらも開放感があります。

BlogPaint
↑フロントの壁には天皇皇后両陛下のお写真が。平成3年のスコータイ遺跡ご訪問時にこのホテルにご滞在されたそうです。

BlogPaint
↑さてお部屋。こちらは一番お手頃なスタンダードルーム(飛び込みで1泊1室朝食込み900バーツ)。清潔にはしていますが年季がかなり入っていますw

BlogPaint
↑こちらバスルーム。バスタブ付きで、浴槽トイレ共にこちらも清潔にしていますが年季がかなり入っていますw

BlogPaint
↑基本的なアメニティは用意されていますが歯ブラシはありません。

BlogPaint
↑ホテルの中庭。緑豊かでリラックス〜♪

BlogPaint
↑写真を撮っただけで利用しませんでしたがプールも気持ち良さそう。

BlogPaint
↑こちらは朝食会場。併設レストランではなく、ここは朝食の時だけオープンするようです。マラソン参加者たちでいっぱいです!

BlogPaint
↑朝食はブッフェで好きなものをいただけますが、タイの方向けなのかかなり辛いおかずが多かったように思います。ただまあ基本的なメニューは揃っていましたよ。

6名+ドライバーさんで計4部屋を利用したのですが、テレビのつかない部屋、エアコンの効きが悪い部屋、シャワーのお湯が出ない部屋など、至るところにメンテナンスの必要な点がありました…。でも、ホテル難民になりそうだった自分たちを救ってくれたホテルです、素晴らしいホテルですw



パイリン・ホテル・スコータイ/Pailyn Hotel Sukhothai

こんにちは、とも先生です。

2ヶ月ほど前の話しになってしまうのですが、マラソン大会に参加するため世界遺産スコータイ遺跡のあるスコータイまで車で行ってきました。実は初めてのスコータイ♪

途中、シンブリー県のプロムブリー群のチャオプラヤ河沿いでランチしてとても美味しかったのだけど、タイ語わからないから正確な場所も店名もわからずw もしかしたら情報に間違いがあるかもしれませんがその時はそっと優しく教えてください。

「パッおじさんの船上レストラン/ร้านอาหารแพลุงเช้า」

BlogPaint
↑途中駐車場らしきところで車を停めててくてく歩くこと数分、チャオプラヤ河が見えてきました。

BlogPaint
↑目の前には河に浮かぶレストランが♪みしみし軋む橋を渡って入店。

BlogPaint
↑店内はまあお店としての統一感とか雰囲気とかそういったものはなく、田舎のレストランといった素朴な風情。ワンちゃんも店内をウロウロしていますw

BlogPaint
↑河から吹き流れてくる優しい風が気持ちいい〜♪リバーフロントですよっ!

BlogPaint
↑さて、6人いるのでガンガンいただきましょう。これは大盛りシーフード炒飯。口の中でパラリとほどける程よい炒め加減と、大ぶりのシーフードが美味しい〜!

BlogPaint
↑これはイカのニンニク揚げ。どこのレストランにもある定番メニューですが、ここのはちょっとイカが固かったかな、味は美味しかったけど。

BlogPaint
↑これが名物でありメインデッシュの大きな焼き海老!プリプリの身と味噌がもう美味しすぎておかわりしたくなる勢い!火の入れ具合が絶妙で完璧!

BlogPaint
↑これは大きなお魚さんをハーブやらと一緒に蒸したもの。酸味の効いたほっこり優しい味付け。

写真のお料理を6人で食べて満足するまでビール飲んで、お会計が2,800バーツでした。連れて行ってもらったお店なので次回自力では行けそうにありませんが、もしこの近くを車で通ることがあればぜひ!


店名/ パッおじさんの船上レストラン/ร้านอาหารแพลุงเช้า
場所/ バンコクから約130km、Googlemap参照。
電話/ 081-437-5391
営業/ 9:00-20:00

↑このページのトップヘ