とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: インドネシア旅行

こんにちは、とも先生です。

インドネシア・ジャワ島旅行3日目。スラバヤのホテルにチェックインしたのがもう夕方前だったのですが、初めてのスラバヤだし少し街を見たかったので、タクシーを捕まえて一カ所だけ観光することにしました。

特にビッとしてバッとした観光名所がないと言われるスラバヤですが、サンポルナ社のタバコ博物館「House of Sampoerna」は、建物も内部もとても興味深いものでした。

BlogPaint
↑スラバヤ・グブン駅から約7km、車で20-25分の距離にあります。タクシーで敷地内に入り降ろされた目の前がもうコロニアル♡

BlogPaint
↑博物館の入口はどうやらここのようです。有料だか無料だか知らないけど、市内各所を巡回する観光バスがあるみたい、インドネシア人観光客がわらわらバスから降りてきました。

BlogPaint
↑インドネシアの一大タバコメーカーであるサンポルナ社の自社博物館。実際に工場として使っていた建物を博物館にしたそうです。

BlogPaint
↑入場は無料、入口にガイドさんらしきお兄さんお姉さんが何人かいましたが、どのような条件でガイドをしてくれるかは不明。

館内には、当時の貴重な写真や資料が所狭しと展示されています。

ただね、入館してすぐに感じたんですけど、タバコの匂いがすごい!

サンポルナのタバコって、クレテック(丁字/クローブ)が入っていて、その独特な甘い芳香とタバコの香りが強烈に漂っています。

お好きな方にはたまりませんが、タバコが苦手な方にはここちょっとキツいかも。それ以前にここに来ようと思わないかwww


BlogPaint
↑これは人力車かな?当時使っていたのかな。

BlogPaint
↑当時あったタバコの屋台も忠実に再現しています。いや、今でもあるw

BlogPaint
↑これは印刷機かな、実際に使っていた機械も展示されています。

この展示室から2階へ上がるとミュージアムショップがあり、タバコ製造場を上から眺めることができるのですが、2階は写真撮影禁止のため写真ありません。

BlogPaint
↑なんかゴージャスな気分になるなあ。

BlogPaint
↑陽が落ちてからライトアップされた建物も雰囲気があってステキだねえ。

博物館の割に夜まで開いているし敷地内にカフェもあるので、観光の順番的には一番最後でいいかも。ただ、館内は本当にタバコとクレテックの匂いがすごかったw



名称: サンポルナ・タバコ博物館/House of Sampoerna

こんにちは、とも先生です。

インドネシア・ジャワ島旅行3日目。ブリタールから列車に5時間揺られ、首都ジャカルタに次ぐインドネシア第二の都市スラバヤへやってきました。

特にホテルの予約はしていなかったので、あらかじめ目星をつけておいたホテルへ飛び込みでチェックイン。「Hotel Paviljoen」は、とも先生的にはコロニアル建築のステキ宿として泊まったのですが、日本のガイドブックでは予算重視派のバジェットホテルとして紹介されています。

BlogPaint
↑ホテルは通り沿いにあるのですが、看板が小さいのでタクシーで行く時は通り過ぎないように注意。

BlogPaint
↑ホテル前にはなぜだか年代物のベスパがディスプレイされているので、これを目印にしてもいいかもw

BlogPaint
↑建物の中へ入るとそこはもうコロニアル♡高い天井とアンティーク家具でチェックイン前から興奮。時間があればここで一日中読書したいレベル。

BlogPaint
↑フロントは奥にありましたが特定のスタッフが見つけられず、ホテル内をうろうろしているスタッフなのかどうだか分からないお兄さんやオジさんたちがいろいろ世話を焼いてくれました。

BlogPaint
↑ホテルの料金表。お部屋の設備によって値段が変わります。

<料金>
・水シャワー+扇風機のお部屋/148,500ルピア(約1,240円)
・水シャワー+エアコンのお部屋/198,000ルピア(約1,650円)
・お湯シャワー+エアコンのお部屋/220,000-275,000ルピア(約1,840-2,300円)
*パンとコーヒー程度の簡単な朝食付き

とも先生は、どんなにお部屋が狭くてもボロくても構わない代わりにお湯シャワーとエアコンは必須なので、220,000ルピアのお部屋に決定。


BlogPaint
↑はいお部屋ドン!狭いけど天井が高いので圧迫感は無し。ベッドはスポンジマットレスだけど、へたっていないしシーツは清潔だしジメッと湿ってもいなくて快適。

BlogPaint
↑テーブルとテーブルそばにコンセントがあるので、お部屋でブログ作業とかもできるよ。床はタイル張りで清潔、裸足でウロウロしても問題ないよ。

BlogPaint
↑バスルームはインドネシアの一般的なゲストハウススタイル。清潔にはしているけどちょっと古い。お湯シャワーはどばどば出ました。

BlogPaint
↑お部屋の前には椅子とテーブルが置かれているので、ゴロゴロするにはベッドよりここがいいかも。そうそう、チェックイン時にお水1本もらえます。

BlogPaint
↑中庭を取り囲むようにしてお部屋が並んでいるので、都会の安ホテルだけどほんのり開放感とリゾート感有り、ほんのりだけどねw

BlogPaint
↑ホテル前のJl. Genteng Besar通りには、お土産物屋さんが多い割にコンビニがなくてちょっと不便だったよ。用心にこしたことはないけど昼も夜も危険な感じはしなかった。

BlogPaint
↑夕方からホテル前の通りはだんだんと賑やかになってきて、いろいろな料理のワルン(食堂)がオープンするよ。夕飯はここで決まりだね!

ホテル周辺にコンビニが見つからなかったことだけが唯一のマイナスポイントだけど、市内中心部にありながらお手頃な値段で泊まれるホテルとしてオススメしまーす☆



Hotel Paviljoen
Jl. Genteng Besar 94-98 Surabaya 60275
031-5343449
http://hotelpaviljoen.com/

こんにちは、とも先生です。

インドネシア・ジャワ島旅行3日目。今日はブリタールからインドネシア第二の都市スラバヤまで、昨日乗った列車プナタラン号で5時間の鉄旅です。

快適なローカル列車「Penataran号」でマランからブリタールへ
http://tomosensei.net/archives/1068325331.html
ブリタールからスラバヤへの移動方法としては他に大型バスや乗り合いワゴンバスがあるようですが、列車が一番安かったので列車にしました。だって5時間も乗ってたったの15,000ルピア(130円)なんだものw
BlogPaint
↑ブリタール駅。この駅もとても古そうで趣があります。

今日乗る列車プナタラン419号は、10:20にブリタール駅を出発しスラバヤ・グブン駅に15:18到着予定です。


BlogPaint
↑駅内はこじんまりとしているものの、スカルノの大きな写真パネルが飾られ、スカルノが幼年期を過ごしたブリタールらしさが出ています。

BlogPaint
↑列車は驚くことに10:00に入線。出発は10:20だよ?時間に正確っていうか早いし!

BlogPaint
↑インドネシア鉄道はエコノミー、ビジネス、エグゼクティブなどクラスが分かれているのですが、このプナタラン号はエコノミークラスのみ。さあ乗車です。

BlogPaint
↑車内は昨日乗ったものとは違って、赤いシートでちょっと狭い?ほとんどが女性のお客さんです。

BlogPaint
↑今回は窓際の席になりました、旅行者としてはラッキー☆でもやっぱり昨日の列車より足元が狭いかも……車両によってシートが違うんだね。

エアコン効いているし安いし文句はないよ、ありがとう。


BlogPaint
↑おっと!テーブルの下にコンセントがあるー!インドネシアタイプなので、日本のとは形が違うから変換プラグが必要だけど、それでも5時間の長旅にコンセントがあるとスマホのバッテリーの心配しなくていいからうれしい。

BlogPaint
↑驚くことに、プナタラン号は昨日に引き続き今日も定刻の10:20にブリタール駅を出発!一体どうしたんだ!いつからこんなまともな列車になったんだ!w

のどかな田園風景や湖を眺めながらの鉄旅、楽しいね。


BlogPaint
↑途中からお客さんがどんどん少なくなってきたのでシートの写真をパチリ。うん、やっぱり狭いなw

BlogPaint
↑列車がスラバヤへ近付くとともに風景も田園から住宅へと変わってきました。家が密集しすぎてて上手く写真が撮れねえw

BlogPaint
↑驚くことに!列車は定刻よりも5分早い15:13にスラバヤ・グブン駅へ到着。インドネシアの!列車が!定刻より!早く到着だなんて!とも先生アゴが開きっぱなし。

BlogPaint
↑このグブン駅舎もかなり古いですねえ、お好きな匂いがプンプンするよ。

BlogPaint
↑外に出て駅を見たらやっぱり!お好きな方にはたまらないコロニアル建築!

BlogPaint
↑天井の高い駅構内も、近代的な設備になってはいるもののステキ☆

BlogPaint
↑ただ駅前は交通量が多いなあ。タクシー乗り場もないし、どうやって今夜のホテルまで行こうかね。

と思っていたら目の前に流しのブルーバードタクシー(インドネシアで比較的安全と言われるタクシー会社)が!すぐに乗り込んでホテルへ向かいました。

次回は、スラバヤで泊まったお手頃コロニアルホテルをご紹介しますね。



こんにちは、とも先生です。

インドネシア・ジャワ島旅行2日目。ブリタール/Blitarという街のホテルにチェックインしたとも先生は、ベチャ(自転車タクシー)に乗ってさっそく観光に出かけました。

この小さな街ブリタールにある最大にして唯一の観光スポット「Makam Bung Sukarno」は、インドネシア初代大統領であるスカルノが祀られている廟、要するにスカルノのお墓です。

デヴィ夫人の旦那様といえば分かりやすいかな?

BlogPaint
↑トゥグホテル前にいたベチャと交渉して、スカルノ廟までの往復と最大日没までの待機でベチャチャーター(75,000ルピア=約630円)。交渉って言っても言い値で一発OKしちゃった。

ベチャは緑豊かな落ち着いた街並をゆっくり走ります。


BlogPaint
↑トゥグホテルから20分ほどで到着、思ったよりも近かったw。ここは、2004年に博物館を含めた複合施設とした生まれ変わったらしく建物はまだ新しいね。

BlogPaint
↑博物館をズンズン奥へ歩いて行くといきなりスカルノさんが銅像でドカン!かなりデカいので記念写真はぜひここで。有料で撮影してくれるカメラマンらしきおじさんもちらほらいたので必要であればどうぞ。

BlogPaint
↑博物館を過ぎてさらにズンズン奥へ歩くと……バリ島の割れ門?

門へ入る前に係員から記帳登録をするように促され、写真の割れ門右側にある建物で記帳。ここでいくばくかのお布施もします。金額はまあご自分で。


BlogPaint
↑そして割れ門をくぐると奥にようやくスカルノ廟がありました。言葉にするのは難しいのだけど、なぜかここだけ空気感が違っていました。神聖というかピリッと張りつめた感じ。

BlogPaint
↑中央にスカルノ、両脇にジャワ人のお父様とバリ人のお母様が眠っています。

BlogPaint
↑没後47年経った現在でもスカルノ信奉者は多いようで、みなさんずっとずっとお経のようなものを唱えていました。

この廟には墓守兼ガイド的おじいさんが数人常駐していて、いかにも観光客なとも先生に対しても親切丁寧にお話をしてくれましたよ。


BlogPaint
↑さあ、お墓参りも済んだので次は博物館へ行ってみましょう。敷地内への入場自体は無料なので、近所の中学生高校生らしき子たちがたくさんダベっていました。

BlogPaint
↑壁面にはレリーフも設置されスカルノ感満点☆

BlogPaint
↑こちらがスカルノにまつわる写真や資料を展示しているスカルノ博物館です。

が!

16:00で閉館!とも先生が博物館に入ろうとしたのが16:00!

午後の訪問はまず先に博物館、その後で廟へ行きましょうね……後悔(泣)。

<スカルノ博物館>
開館時間 8:00-16:00(金以外)/8:00-11:30,13:00-16:30(金)


BlogPaint
↑敷地内には平和を願う大きな銅鑼もありました。

一般的な観光旅行でブリタールまで来ることはまずないと思いますが、もし機会があればぜひオススメします。あああ博物館にも行きたかったよう!


Makam Bung Sukarno

こんにちは、とも先生です。

インドネシア・ジャワ島2日目。マランから列車に2時間揺られて、ブリタール/Blitarという街へやって来ました。

今日は街一番のホテルであり、インドネシア最古のコロニアルホテルとも呼ばれる「ホテル・トゥグ・ブリタール/Hotel Tugu Blitar」に1泊します。ここはバリ島にもホテルを持つトゥググループのホテルです。

ここでは、ホテルのレストランの夕食と朝食をご紹介。

BlogPaint
↑ホテル内のレストラン「The Colony」。それほど広くはないけど、それ以上にテーブル数を少なくしているのでかなりゆったり。

高い天井とアーチ、インテリアなどコロニアル感満点です。

BlogPaint
↑料理の注文の前にまずはビンタンビール小瓶(22,000ルピア=約180円/+15%)で乾杯〜。

BlogPaint
↑レストランから見える向かいのロビーもいい感じですぜ。

BlogPaint
↑メニューは文章のみですが、英語での説明が書いてあるので分かりやすいと思います。インドネシア料理の他、ステーキや洋食系メニューも有り。せっかくブリタールまで来たので、ここはご当地メニューをいただきましょう。

BlogPaint
↑バナナの葉に盛られたお料理は、ナシ・ペチェル/Nasi Pecel(32,000ルピア=約270円/+15%)という主に朝ご飯として屋台で売られているもの。

ご飯の上に、5種類の野菜料理、豆せんべいなどが乗っています。味付けはピーナッツベースの甘辛いペチェルソース。ジャワ料理の味付けには砂糖を使うので全体的に甘めの味付けですが、ベジタリアンの方も安心していただけます。


BlogPaint
↑こちらはアヤム・グラメラ/Ayam Gula Merah(58,000ルピア=約490円/+15%)

ヤシ砂糖ベースのタレに漬け込んだ半身の鶏肉を、素焼きの壷でじっくり調理したもの。ホロホロに柔らかいお肉と煮物のような甘めの家庭的な味付けにグッときました。美味しい。

BlogPaint
↑翌日の朝食も同じレストランでいただきます。木漏れ日的な優しい日射しで朝から元気でるなあ。

BlogPaint
↑朝食はブッフェではなくいくつかのメニューから選ぶスタイル。とも先生はソト・アヤム/Soto Ayamという鶏肉たっぷりのスープをいただきました。他にご飯、付け合わせ、紅茶。ボリュームたっぷりでお腹一杯!

ブリタール市内にはいくつかレストランがありますが、このホテルに泊まったらホテル内のレストランがいいかも。ホテルにしてはお値段控え目だしとにかく美味しい。



ホテル・トゥグ・ブリタール/Hotel Tugu Blitar
Jl. Merdeka 173 Blitar
0342-801766
https://www.tuguhotels.com/hotels/blitar/

↑このページのトップヘ