とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: ヨーロッパ旅行

こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

カタール航空のエコノミークラスでドーハからバンコク(スワンナプーム)へ〜

BlogPaint
↑ドーハからバンコクへ帰りますー。最後のフライトはA380、デカっ!

BlogPaint
↑座席番号は68D。実はこの座席、前が一席分すっぽり空いているんです。なんでも緊急時に二階席からハシゴが下りてくるためにこのスペースを空けてあるそうなのですが…足元広くて楽チン☆

BlogPaint
↑深夜2時にドーハを出発するので、機内ではまず軽いおやつが出てきます。

ピザパンみたいのにカップケーキ、ビール。炭水化物たっぷりで完食したら眠れなくなるねw

BlogPaint
↑バンコク到着前に、朝食として機内食が出てきました。

揚げた白身魚のあんかけに野菜とご飯、マフィン、ヨーグルト、パン、バター、お水、オレンジジュースといった内容。メインの魚は朝なのにかなり濃いめの味付けで、お好きな方はこれをアテにビール頼んじゃいそうw

こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

カタール航空のエコノミークラスでイスタンブール(サビハ・ギョクチェン)からドーハへ〜
BlogPaint
↑夜19:30発のフライトなので、ちょうど空の上から日没を見ることができました。

BlogPaint
↑名残惜しいけどまたねトルコ!また来るからね!

BlogPaint
↑機内では夕食が出ました。トルコ料理なのかなこれ?

チキンとトマトと豆のシチュー、ピラフ、コールスローサラダ、オレンジチョコケーキ、パン、バター、チョコ、お水といった内容。特に素晴らしく美味しいってわけではないけど完食できるお味でした。

深夜にドーハに到着したらそのままバンコク行きへ乗り換えます。

こんにちは、とも先生です。

初めてのトルコ旅行も無事に終了。

何が楽しかったって?それは「スーパーマーケット巡りとお土産探し」

旅先ではお土産探しも含めて必ず現地のスーパーマーケットをのぞくのですが、こんなに買い物が楽しいだなんてビックリしましたイスタンブールすげえ!

というわけで、今回の旅行で買ったお土産をほんのりとご紹介します。

BlogPaint
↑イスタンブール市内にはカルフール(Carrefour)やミグロス(Migros)といったスーパーがけっこうあちこちにあって、お土産を物色するにはもってこい。

BlogPaint
↑こちらは新市街で見つけたカルフールの店内。所狭しと商品が並んでいてそれだけでワクワク。

BlogPaint
↑これはインスタントスープコーナーかな?スーパーってお国柄がもろに反映されるので楽しいですよねー。

BlogPaint
↑これはキョフテ(トルコハンバーグ)のスパイスミックス。牛挽き肉(または羊挽き肉)とこのスパイスミックスを手でこね合わて小さく成形してからフライパンで焼くと、もうそこはトルコの薫り。

あまりクセの強いスパイスは入っていないようなので、とても食べやすかったです。

BlogPaint
↑これはインスタント粉末スープ。キノコ、豆、トマトなど種類は豊富で、この粉末スープと1リットルの水を合わせて軽く煮込むだけで美味しいスープの出来上がり。これは鍋で作る大パックですが、カップで一人前ずつ作る小パックもあったのでバラマキ土産には最適かも。

写真右から二つ目のキノコのスープが特に美味しかったです〜。


BlogPaint
↑こちらはチーズ盛り合わせとトルコのビーフソーセージ。

トルコって乳製品が安くてビックリしました!ソフトなチーズは持ち帰りが大変そうだったので、なるべく賞味期限の長い硬めのチーズを選んでお土産に。

写真左真ん中、緑パッケージのハルミチーズは、フライパンで焼いて食べる溶けないチーズで、適度な塩気と濃いミルク感が最高に美味しかったです!

写真右上、中央のビーフソーセージは、薄切りにしてからフライパンで焼くと脂がジュワッと出てきてえもいわれぬ良い香り!濃い目の味がビールにピッタリでした!


BlogPaint
↑そしてナッツにチョコレートにお茶。どれもスーパーで買うと安くてカゴ一杯に買っちゃいましたw

お茶はアップルティーを。でもお茶というよりは薄めたリンゴジュースのような味。でもほのかな酸味と甘みでとても美味しかったです!

チョコレートは、ピスタチオやカカオニブの入ったダークチョコレートを。これがまたお酒に合ってあっという間に食べ尽しちゃいましたw

ナッツ類も安くて、ちょっと変わったところでローストしたヘーゼルナッツを買い込みました。カリカリコリコリとても小気味良い歯触りで美味しい!

イスタンブールのスーパーマーケットで探すお土産。チョコレートバーや小袋のナッツなどはかさばらないし安いしで、バラマキ系のお土産にも最高ですね。

そうそう!買い物の値段なんですけど、ひとつひとつチェックはしていないのですが、上記のようなお土産をカゴ一杯に買い込んでだいたい3,000円前後ってとこでした。

以上、どなたかの参考になれば幸いです。

こんにちは、とも先生です。

トルコ旅行9日目。

ボスポラス海峡クルーズを楽しんだので、あとは買い物して空港へ向かおうと思ったのですが、クルーズの途中で見た「ユスキュダル」というところがどうにも気になったので時間ないけどサクッと行ってみることに。

BlogPaint
↑ホテルそばのスィルケジ駅からマルマライという近郊列車に乗って一駅、ボスポラス海峡をくぐる形で深いトンネルを走ります。

BlogPaint
↑ユスキュダル駅を出ると目の前がすぐボスポラス海峡!新市街や旧市街が見えます。

BlogPaint
↑あまり時間はないのですが海沿いを少し歩いてみます。雰囲気の良いカフェなんぞがあって、もっとここに早く来ればよかったと後悔。

BlogPaint
↑そしてこのユスキュダル、イスタンブールのアジア側なのですが、古くからの木造建築がまだ一部残っていてお好きな方が撮影でやってくるそうです。今にも朽ち果てそう。

BlogPaint
↑この建物も木造ですが、人の出入りがあったので現役なんだろうね!

BlogPaint
↑そしてさらに歩くと、先ほどクルーズから見た乙女の塔が!ここから船で行けるみたい。

乙女の塔への船(20リラ=約600円/往復)

【2017年4月の時刻表】
9:00〜18:30の間で15分おきの運航


BlogPaint
↑いいなあ行きたいなあ。塔の中にカフェがあるんだってよ、絶対に最高なはずだよ!でも時間がないんだよあああああ。

というわけで、後ろ髪を引かれる思いでホテルへ戻ります…。


BlogPaint
↑ユスキュダルの海沿いには、このような屋外カフェがたくさんあってみんな気持ち良さそうにお茶飲んでました。

もっと早くここを知っていれば!ここでお茶飲みたい!のんびりしたい!

でも、次回トルコ旅行のお楽しみにとっておきましょう…。この後ホテルへ戻り、エアポートミニバスで空港へ向かいまして今回のトルコ旅行は終了です。

また!絶対に!行く!というレベルでトルコ気に入りました♡


こんにちは、とも先生です。

トルコ旅行9日目。

いよいよトルコ旅行最終日ですが、夜のフライトまでイスタンブール満喫しますw 今日はビックリするほどの快晴!というわけでボスポラス海峡クルーズへ。

BlogPaint
↑クルーズはエミノニュ埠頭から出航します。クルーズ会社はいくつかあるようですが、とも先生はすぐ目についたTURYOLという会社の午前11:00発のクルーズに参加します。

TURYOL社の90分ショートクルーズ(15リラ=約450円)


【2017年4月の時刻表】
10:00〜18:00まで1時間おきに出航


BlogPaint
↑乗る船はこちら。大きすぎず小さすぎず、しかも新しそうで安心安心。

BlogPaint
↑クルーズ船は午前11:00ぴったりに出航。左手に新市街やガラタ塔が見えます。

BlogPaint
↑快晴ですが風がとても冷たいので薄着だと風邪ひきますよ!

BlogPaint
↑まず最初に見えるのは、昨日訪れたイスタンブール現代美術館。海側から見るとただの倉庫だねw

BlogPaint
↑これはなんだろうなにかの宮殿かな?と思ったら、どうやらミマール・スィナン美術大学という大学のようです。素晴らしい環境ですねー!

BlogPaint
↑オスマン帝国の宮殿だったドルマバフチェ宮殿が見えてきました。建物の全貌は海側からしか見られないようです。

BlogPaint
↑クルーズはアジア側ユスキュダルで一旦停船しお客さんが乗り降りします。

BlogPaint
↑クルーズは再び出航。写真の通り冷たい風がひゅんひゅん通り抜けるので、寒くなったら温かいお茶を注文することもできます(有料)。

BlogPaint
↑これはチュラーンパレスという、元宮殿を改装したケンピンスキー系列の超高級ホテルだそうな。

BlogPaint
↑海に建つオルタキョイ・メジディエ・ジャーミィというモスク。

BlogPaint
↑そして雄々しいオスマン帝国の要塞ルメリ・ヒサルが見えてきました。

BlogPaint
↑ルメリ・ヒサルを過ぎると第二ボスポラス大橋。クルーズはここでUターンします。

BlogPaint
↑こちらはオスマン帝国の王様の夏の離宮だったベイレルベイ宮殿。クルーズで海側からしか見られない建築がたくさんあるので非常に面白いね。

BlogPaint
↑そろそろエミノニュに戻ります。最後の撮影スポットは写真右の小さな小島乙女の塔。税関や灯台などに利用された後、現在は展望台とレストランになっているそうです。ここ行ってみたいなあ。

BlogPaint
↑クルーズは定刻より10分ほど遅れた12:40にエミノニュに戻りました。

ボスポラス海峡クルーズ、90分のショートコースから半日のロングコースまでいろいろなコースがあるようですが、とも先生は90分のショートで充分満喫しました!

ところで…さっき見た乙女の塔に行ってみたいな…時間あるかな…。

↑このページのトップヘ