とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 買い物・お土産

こんにちは、とも先生です

先月、友人のお誕生日をお祝いするためにシンガポールへ行ってきました。バースデイパーティーのために国際線フライトに乗るだなんて日本にいたら考えられないんだけどw 東南アジアを網の目のように飛ぶLCC各社の低価格運賃のおかげだよ☆

今回は、シンガポール在住の友人に連れて行ってもらったスーパーのLCC「バリュー・ダラー/Value Dollar」をご紹介します。

シンガポールにももちろん100円ショップのダイソーがあって、ひとつ2シンガポールドル(約160円)で売っているのですが、ここバリュー・ダラーはなんと1シンガポールドル(約80円)! ダイソーより安いじゃん!
BlogPaint
今回はバスに揺られて、郊外のSembawang Shopping Centreへやって来ました。オーチャード通りでは感じられないローカル感あふれるエリア。

BlogPaint
↑お店は…「$1」の大きな値札があちこちにあるのですぐに分かりますねw

BlogPaint
↑店内にはお菓子、乾物、調味料、日用品などが陳列されています。ここはお菓子コーナーですがどれもひとつ1ドル!中にはお土産になりそうな箱入りのお菓子もあって、時間をかけて物色してみたーい!

BlogPaint
↑こちらは各種お茶コーナー。普通のスーパーではなかなかのお値段で売っている商品もなぜかここでは1ドル!別に賞味期限が近づいているとか箱が壊れているとかではありませんよ、なぜ1ドル?w

BlogPaint
↑陳列商品は基本1ドルですが、一部商品は2ドル以上、そして逆に2個で1ドルというお値打ち商品もあり。

BlogPaint
↑今回購入したのは、ロシア産リプトンのマンダリンオレンジグリーンティー。これ、シンガポールの普通のスーパーではひとつ5ドル近かったんです。それがここでは1ドル!

商品によってはめちゃめちゃお得にお買い物ができるので、お土産探しはまずバリュー・ダラーでチェックしてからスーパーへ行くのがいいかもしれませんね!

ただ…残念ながらこのお店…シンガポールの中心部には店舗がないみたいで、旅行滞在中に観光エリアで見つけるのは難しいかも。というわけで、以下サイトから調べてみてくださーい。

Valu Dollarを運営するRadha Exports社サイト
http://www.radhaexports.com/

店名: バリュー・ダラー/Value Dollar

こんにちは、とも先生です。

初めてのトルコ旅行も無事に終了。

何が楽しかったって?それは「スーパーマーケット巡りとお土産探し」

旅先ではお土産探しも含めて必ず現地のスーパーマーケットをのぞくのですが、こんなに買い物が楽しいだなんてビックリしましたイスタンブールすげえ!

というわけで、今回の旅行で買ったお土産をほんのりとご紹介します。

BlogPaint
↑イスタンブール市内にはカルフール(Carrefour)やミグロス(Migros)といったスーパーがけっこうあちこちにあって、お土産を物色するにはもってこい。

BlogPaint
↑こちらは新市街で見つけたカルフールの店内。所狭しと商品が並んでいてそれだけでワクワク。

BlogPaint
↑これはインスタントスープコーナーかな?スーパーってお国柄がもろに反映されるので楽しいですよねー。

BlogPaint
↑これはキョフテ(トルコハンバーグ)のスパイスミックス。牛挽き肉(または羊挽き肉)とこのスパイスミックスを手でこね合わて小さく成形してからフライパンで焼くと、もうそこはトルコの薫り。

あまりクセの強いスパイスは入っていないようなので、とても食べやすかったです。

BlogPaint
↑これはインスタント粉末スープ。キノコ、豆、トマトなど種類は豊富で、この粉末スープと1リットルの水を合わせて軽く煮込むだけで美味しいスープの出来上がり。これは鍋で作る大パックですが、カップで一人前ずつ作る小パックもあったのでバラマキ土産には最適かも。

写真右から二つ目のキノコのスープが特に美味しかったです〜。


BlogPaint
↑こちらはチーズ盛り合わせとトルコのビーフソーセージ。

トルコって乳製品が安くてビックリしました!ソフトなチーズは持ち帰りが大変そうだったので、なるべく賞味期限の長い硬めのチーズを選んでお土産に。

写真左真ん中、緑パッケージのハルミチーズは、フライパンで焼いて食べる溶けないチーズで、適度な塩気と濃いミルク感が最高に美味しかったです!

写真右上、中央のビーフソーセージは、薄切りにしてからフライパンで焼くと脂がジュワッと出てきてえもいわれぬ良い香り!濃い目の味がビールにピッタリでした!


BlogPaint
↑そしてナッツにチョコレートにお茶。どれもスーパーで買うと安くてカゴ一杯に買っちゃいましたw

お茶はアップルティーを。でもお茶というよりは薄めたリンゴジュースのような味。でもほのかな酸味と甘みでとても美味しかったです!

チョコレートは、ピスタチオやカカオニブの入ったダークチョコレートを。これがまたお酒に合ってあっという間に食べ尽しちゃいましたw

ナッツ類も安くて、ちょっと変わったところでローストしたヘーゼルナッツを買い込みました。カリカリコリコリとても小気味良い歯触りで美味しい!

イスタンブールのスーパーマーケットで探すお土産。チョコレートバーや小袋のナッツなどはかさばらないし安いしで、バラマキ系のお土産にも最高ですね。

そうそう!買い物の値段なんですけど、ひとつひとつチェックはしていないのですが、上記のようなお土産をカゴ一杯に買い込んでだいたい3,000円前後ってとこでした。

以上、どなたかの参考になれば幸いです。

こんにちは、とも先生です。

7日間のバリ島旅行が終わりました、楽しかったなあ

いつもならスーツケースにお土産を満杯のギチギチに詰めてバンコクへ帰るのですが、実は今回バリ島の後にもまだまだ旅が続く関係でお土産の量をめちゃくちゃ絞りました。

その中で、自分で買ったもの、バリ島在住の友人たちからいただいたものをご紹介します。いや、別に大したものじゃないんだけどねw

BlogPaint
 ↑今回のバリ島旅行で買ったもの/もらったもの。写真の他にもたくさんお土産もらったんだけど、いわゆるバリ島土産ではないのでここでは省略。

BlogPaint
↑とも先生がバリ島を訪れるたびに何があっても必ず買うのがこういったスパイス類。中身はペースト状になっていて、お肉やお魚、あとココナツミルクがあれば簡単に家で本格的なインドネシア料理が作れちゃいます。

写真右はルンダンという牛肉のココナツスパイシー煮込みのペースト、写真左はカレといういわゆるインドネシアカレーのペースト。どちらも応用がきくので、例えばルンダンのペーストで豚肉を煮込んでも美味しいのです。

メーカーにもよりますがスーパーで一袋4,000〜6,000ルピアってとこでしょうかね。50円くらいで買えるので、料理好きな友人にも買って帰ります。


BlogPaint
↑こちらはバリ島在住の友人からもらったアラム・センポールのプロダクツ。

メントール入りのナチュラルソープ、レモンピールのフェイススクラブ、ユーカリ&ラベンダーの保湿クリーム…男性でも普通に使えるものが多いよね

アラム・センポール/Alam Zempol
http://www.alamzempol.com/jptop.html
BlogPaint
↑これは最近お土産としてよく売れているという、バリ島東部で採れるカシューナッツ。ハニー&ジンジャー、ガーリック&ペッパー、ココナツ&カラメルなどなどオサレなフレーバーがたくさんあって楽しめそう

BlogPaint
↑これは…正確にはバリ島土産というにはアレなのですが…。元職場のおねいさんからいただいたインドネシアのインスタントラーメン。話しのネタにはいいかもしれませんね。

旅先でのお土産選びって本当に楽しいですよね

バリ島でたくさん面白いもの見つけてくださいね〜

こんにちは、とも先生です。

突然ですが「KOPIKO/コピコ」ってお菓子知ってます?

これは現在世界45カ国で販売されているインドネシア製の有名なコーヒーキャンディ。原料にちゃんとコーヒー豆を使っているとても美味しいキャンディなんですよ。

バンコクのコンビニでも普通に売っているくらいポピュラーなキャンディで、日本ではカルディや成城石井にありそう…多分

そのKOPIKOブランドのコーヒードリンクがバンコクで新発売になったというので、コンビニで買って飲んでみましたよという小さな枠のお話。
kopiko
↑これはキャンディ。黒いパッケージが意外と目立つね。インドネシア旅行のお土産としても定番です。

P_20170501_193744
↑そのKOPIKOのコーヒードリンクがコンビニに置いてあったので買ってみました。通常1本13バーツのところ2本で15バーツのプロモーション中。

P_20170501_195212
↑味は2種類。赤黒いボトルは「STRONG TASTE/ストロング」、オレンジ色のボトルは「SMOOTH TASTE/スムース」。

P_20170501_195424
↑よく冷やしてからグラスに注いでみました。ストロングのほうはまんまコーヒー色、スムースのほうはミルク感が強そうな色。

それでは実飲

うんどちらも予想を遥かに上回る甘さ控え目具合 ストロングは見たまんま微糖ブラックコーヒー、スムースは見たまんまミルクコーヒーですがミルク感はそこまで強く無し。

甘さ控え目でとても飲みやすいけど、どちらも若干の水っぽさを感じました…普段コーヒーを飲まないとも先生の感想なのでまったく参考になりませんけどねw


コンビニで見かけたらお試しを〜

こんにちは、とも先生です。

あと1ヶ月ちょっとでソンクラン(タイ正月)。ソンクラン時期は長いお休みが取れるので、毎年一時帰国したり他国在住の友人を訪ねて海外旅行へ出かけます。

ただ、いつもいつもいつもいつも困るのが「お土産」。今日本の地方にも普通にタイ料理屋あるしネットショッピングでなんでも買えるしで、タイのお土産なんにしよう…と頭を抱える時期到来。

どうしようかなあ、とスーパーをふらふらしていたところ普段見慣れないインスタントヌードルを見つけたので試しに買って食べてみましたという小さな枠のお話。


BlogPaint
↑タイのスーパーの棚にはたくさんのインスタントヌードルが。どれも一袋20円くらい。

BlogPaint
↑たくさんの商品の中で唯一包装がマット仕上げで光沢のないパッケージが逆に新鮮で、このインスタントヌードルが気になったので買ってみました(6バーツ=約20円)@グルメマーケット。

社名がTHE DECENT NOODLES FACTORY(直訳:きちんとした麺工場)。化学調味料不使用を謳うだけあって社名もナイスですw

BlogPaint
↑クリーミー・トムヤンクン味でカロリーは280kcal。NO MSG(化学調味料、その中でもグルタミン酸ナトリウム不使用)という身体に優しい内容。ま、インスタントヌードルに優しいも何もないかもしれないけどさw

BlogPaint
↑開封の儀式。中は麺、粉末スープ、調味チリペーストの3点。丼に入れてお湯を注ぐだけ〜

BlogPaint
↑出来上がり。素の麺だとあまりにあんまりなので煮卵だけトッピング。

そして実食…

うん、麺には特に個性がないけど、スープの辛みはそれほど強くなく酸味もほどほど、ココナツミルクのクリーミーさも出ているが濃すぎることもなく、海老出汁感もなかなか出ていてこれは日本人的に食べやすい美味しさ

一番の驚きは食後のさっぱり感、インスタントヌードルの重たい感じがそんなにないの。NO MSGって書いてあるからプラシーボ効果的なものかもしれないけどw

インスタントヌードルだから誰にでも勧められるわけではないけど、20円でこの内容ならお土産に買って帰ろうかなあと思いましたおしまいw

↑このページのトップヘ