とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 交通・移動

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン最終日。来た時と同じように格安のシャトルバスで空港へ向かいます。
ヤンゴン空港から市内までシャトルバスで格安移動!
http://tomosensei.net/archives/1072856203.html
BlogPaint
↑スーレー・パゴダから空港へ向かうバスは5分おきに発車らしいのですが、とも先生が利用した時はだいたい15分間隔の感じでした。

BlogPaint
↑車内でバス運賃(500チャット=約35円)を払い席へ座ります。空港から来た時と同じく車内はガラガラ…大丈夫なのかこれ?!

(ヤンゴン市内から空港へ)


スーレー・パゴダ(Sule Pagoda)

ヤンゴン中央駅(Yangon Central Railway Station)

タマダ・シネマ(Thamada Cinema)

パークロイヤルホテル・ヤンゴン(Parkroyal Hotel Yangon)

ヤンゴン動物園(Zoological Garden)

シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda)

シュエゴンディン(Shwe Gone Dine)

エクセル・ホテル(Excel Hotel)

メリアホテル・ヤンゴン(Melia Hotel Yangon)

ミャンマー・プラザ(Myanmar Plaza)

セドナホテル・ヤンゴン(Sedona Hotel Yangon)

カバルアイェ・パゴダ(Kabar Aye Pagoda)

ナワディ・シネマ(Nawaday Cinema)

ヤンゴンホテル(Yangon Hotel)

8マイル・ジャンクション(8 Mile Junction)

ヤンゴン国際空港(Yangon Int’l Airport)


↑実際の運行ルートはこんな感じ。

バス停ではない場所で人の乗降があったり、バス停に人がいない時などは通過していました。始発のスーレー・パゴダから乗る場合は問題ありませんが、途中のバス停から乗る場合は注意が必要かもね。

BlogPaint
↑スーレー・パゴダを15:00に出発して空港へ着いたのが15:50。行きとほぼ同じ所要時間でした。

バスを降りた向かいの建物が国際線出発口なのですっごく便利だよ。

BlogPaint
↑ヤンゴン空港初めてのとも先生は完全なおのぼりさんw 空港内にチャット建てで買い物ができるコンビニスタイルのお店があってこれはうれしい!お値段も市内とほとんど同じじゃないかな?

BlogPaint
↑古いコロニアル建築も好きだけど、新しい建物も気持ちがいいね。

BlogPaint
↑搭乗口。それではバンコクへ戻りまーす。



こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ミャンマー旅行自体は2回目なんだけど、ヤンゴンへ行くのは初めて!ドキドキ!
ミャンマー南部の離島リゾートでの年越しは控え目に言って最高だった☆
http://tomosensei.net/tag/ニャウンウーピー島
BlogPaint
↑ヤンゴン国際空港に到着!初めて来たけど空港新しいねー。

BlogPaint
↑入国審査では何も質問されることなくスタンプ押されてすぐに終了。

BlogPaint
↑空港で両替したりSIMカード買ったりお手洗いを済ませてから、インフォメーションで市内へ行くバス乗り場の場所を尋ねると…

BlogPaint
↑「とりあえず外に出てひたすらへ歩け」とシンプルなアドバイスをいただきましたw

BlogPaint
↑とりあえず建物の外へ出た…でもわからんw

BlogPaint
↑とりあえず左手に歩いてみる…なんか遠くの方に何か…何か赤いものが!

BlogPaint
↑荷物も少ないのでズンドコ歩いてみる…やっぱり遠くの方に赤い何かがある!

BlogPaint
↑いえーい!シャトルバス発見!ヤンゴン市内のスーレーパゴダまで1本で行くというので即乗車。


↑ちなみにヤンゴン市内行きのシャトルバス乗り場はここ、国際線出発口の向かい。

BlogPaint
バス運賃(500チャット=約35円)を払い車内へ。まだそれほどバスの知名度がないからか、空いていて、とってもキレイで、エアコンがほどよく効いていて最高ー!


↑空港からヤンゴン市内へ向かうシャトルバスには2つの異なるルートを走るバスがあるそうなのですが、とも先生が今回利用したバスは「Pyay Road」を走るルートでした。目的地が終点のスーレーパゴダなら、どちらのバスに乗ってもOK。

BlogPaint
↑空港を朝8:30に出発して、市内のスーレーパゴダそばのバス停(終点)に到着したのが朝9:15。

なんと45分で市内に着いちゃったよ!のんびりバスで1時間半かかると思っていたから意外!

空港から快適なバスに揺られて!乗り換えも無しで!格安運賃で!最高じゃんねこれ!

BlogPaint
↑スーレーパゴダ。お天気が曇り空なのであまり映えないけど、タイとはまた違う形で面白いね。

さて、それではここから少し歩いて、予約したゲストハウスへ向かいまーす。

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

コロンボ・フォート駅前のペター地区でコロニアル散策を堪能したとも先生は、最後の目的地であるニゴンボへ向かいます。
コロンボでコロニアル市内観光
http://tomosensei.net/archives/1072401815.html
コロンボから空港そばのニゴンボまでは、タクシー、バス、列車といくつか手段がありますが、今回はバスターミナルからエアコンバスを利用しました。
BlogPaint
↑コロンボのバスターミナル。思ったよりも大きくないので迷子になる心配もなさそう。

BlogPaint
↑バスターミナル内は行き先によって番号が分かれているので外国人旅行者も分かりやすい。ベンチがたくさんあるのがうれしいね。

写真左手の187番がバンダラナイケ国際空港行きのエアポートバス乗り場です。

BlogPaint
↑とも先生は空港ではなくニゴンボへ行くのでさらに奥へずいずいと歩きます。

BlogPaint
↑あった!ニゴンボ行きのバスは240番だね。

BlogPaint
↑シルバーの車体のエアコンバスに乗り込みます。とも先生が最後の一人だったようですぐに出発💦

BlogPaint
↑バス車内はとても静かで清潔。エアコンの効き具合もほどよくてついウトウトしちゃいそう。

BlogPaint
バスチケット(150ルピー=約110円)は車内で係員のお兄さんから購入します。

〜そして高速道路をひた走り〜

BlogPaint
↑ぴったり1時間でニゴンボのバスターミナルに到着。コロンボのバスターミナルより近代的。

BlogPaint
↑おや、ここで空港行きのバスを発見。

BlogPaint
↑240/3番?とりあえずニゴンボから空港行きのエアポートバスが出ているんだ、明日空港行く時に乗ってみようかな。

さ、それではニゴンボのゲストハウスにチェックインしまーす。




こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

今日は、2泊したスリランカ北東部の港町トリンコマリーを後にしてコロンボへ戻ります。

本当は今夜の夜行寝台列車でコロンボへ行きたかったんだけど満席も満席でチケットが買えず…かといってコロンボまでの直通夜行バスでは腰が耐えられないだろうしどうしよう…。

というわけで、とも先生がとったプランは「途中休憩」。トリンコマリーからコロンボの間の街に1泊して、ホテル予約済のニゴンボへ明日移動しようというプラン。
BlogPaint
↑とりあえずゲストハウスをチェックアウトしてトゥクトゥク(150ルピー=約110円)でバスターミナルへやって来ました、時刻はまだ朝6時すぎ。

BlogPaint
↑バスの時刻表とにらめっこしてとりあえずアヌラーダプラという街まで行くことに決定。世界遺産にもなっているスリランカの古都アヌラーダプラにはまだ行ったことないからほんのり楽しみだよ。

BlogPaint
↑トリンコマリー発アヌラーダプラ行きのバスは毎日朝7時発。835番のバスですよ。

BlogPaint
↑バスが来るまでの間、ゲストハウスで用意してくれた巨大ツナサンドとバナナで朝ご飯。ツナサンドがあまりにも大きすぎて午後になっても全然お腹空かなかったよw

BlogPaint
↑そうこうしているうちに835番のバスがターミナルに入ってきました。

BlogPaint
↑運転手さんが「まだ出発しないけど中で待っとけー」というので一番乗りに乗車して車内待機。

オンボロバスを覚悟していたけど全然オッケーな感じ。座席はちょっと狭いけどねw

BlogPaint
↑一応朝7時発ってことにはなっているけど…お客さんがなかなか集まらないみたいで結局出発したのは朝7:30。

トリンコマリー市内は各バス停に停まるので市内を抜けるまでめちゃくちゃ時間かかったよ。

BlogPaint
↑トリンコマリーからアヌラーダプラまでのバスチケット(192ルピー=約130円)

アヌラーダプラまで約106kmの道のりです。

〜そしてバスはずんどこずんどこ田舎道を走り〜

BlogPaint
↑ちょうど3時間後の午前10:30にアヌラーダプラの駅近くでバスを降りました。

もしかしたらコロンボ行きの列車があるかもしれないからちょっと駅をのぞきに行こうテクテク。

BlogPaint
↑アヌラーダプラ駅。けっこうデカいね。

BlogPaint
↑駅のチケットカウンターで次の列車の時刻を訊こうとしたら、10:50発のコロンボ行きがあるとのこと!すぐの発車じゃん!だったら今日中にコロンボまで行っちゃえ!

BlogPaint
↑というわけでアヌラーダプラ発コロンボ行きの2等列車チケット(290ルピー=約200円)を購入。

アヌラーダプラ10:50発-コロンボ16:05着、206.8kmの道のりを5時間15分かけて走ります。

BlogPaint
↑駅のホームで待っていると10:50発の5865号が入線してきました。

BlogPaint
↑3等車のシート。リクライニングはないけどまあなんとか耐えられるレベル。

ただ…今回うっかりしていたのが「座席予約をしていない」。発車直前のチケット購入だったので仕方がないのですが、2等車自由席はもう人であふれていてとてもじゃないけど座る場所なんてありゃしないw

というわけで2等車のチケットを買ったけどガラガラの3等車に乗ってコロンボへ向かうよ。

途中から満席になったけど、座席を確保できただけでもラッキーだと思わなきゃね☆

BlogPaint
↑列車は10:50ぴったりの定刻にアヌラーダプラ駅を出発し、のどかな風景の中を一路コロンボへ走ります。

BlogPaint
↑とも先生のひざの上で当然のような顔をして昼寝しやがったお子たちw

3等車はにぎにぎやかやかしていて旅に触れ合いを求める人にはうってつけ。

スリランカ人ファミリーと相席したので、お菓子をあげたりもらったり、アイスを買ってあげたり買ってもらったり、おしゃべりしたり写真撮りっこしたりと、普段のとも先生では考えられない触れ合いをしましたw

BlogPaint
↑そしてそろそろコロンボかなーって近郊の駅で列車は急停止、え?!?!

何かトラブル起きた系アナウンスしているけどシンハラ語だからわかんないよー、とアワアワしていたら近くのおじさんが手招きで列車から降りるように教えてくれたよ。

どうやらこの駅でコロンボ行きの別の通勤列車に乗り換えるみたい…。

BlogPaint
↑おじさんがコロンボ駅まで付きっきりで面倒見てくれたので(言葉通じなかったけど)、無事にコロンボ・フォート駅に到着!約1時間遅れの夕方17:15到着でーす。

さて、今夜はコロンボに1泊するよ。泊まってみたかったホテルに1泊するよ。



こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北部最大の街ジャフナの滞在を終えて、この日は東部にある軍港の街トリンコマリーへ移動します。

ジャフナからトリンコマリーへは距離にして約240km。直通バスが走っているのですが、状態の良くない道を状態の良くないバスで走るらしく…所要8-10時間にとも先生耐えられなさそう。


というわけで、ジャフナからバブニヤという街まで列車で移動し、バブニヤからトリンコマリーまでをバスで移動して身体への負担を少しでも軽くする作戦に出ましたw だって腰痛持ちなんだもの。
BlogPaint
↑まだ日も上らない明け方のジャフナ駅。ゲストハウスのオーナーがバイクで駅まで送ってくれました。

BlogPaint
↑一昨日買っておいた列車のチケット。ジャフナ早朝5:56発の特急列車インターシティでバブニヤという街へ向かいます。

ジャフナ発バブニヤ行きインターシティ2等車(450ルピー=約320円/予約手数料込み)

BlogPaint
↑駅は列車待ちの乗客でにぎやかー!今回も定刻通りに列車がやってきました、しゅごい!

BlogPaint
↑この列車には1等車の設定は無く2等と3等のみ。とも先生は2等車に乗りましたが、エアコン無しでもけっこう快適。

BlogPaint
↑ドアを開けたまま爆走するの、眺めはとてもいいけど日本ではあり得ないよねw

BlogPaint
↑インターシティは約140kmの距離を1時間半で走りバブニヤ駅に到着。ホームを出る時に列車のチケットが必要になるので途中で捨てちゃダメですよー。

BlogPaint
↑とっても小さなバブニヤ駅舎。駅前に何も無くてちょっと焦りましたが、流しのトゥクトゥクが頻繁に走っていたので日中は問題無いかも。

BlogPaint
↑トゥクトゥクに乗ってバブニヤのバスターミナルへ向かいます。

トゥクトゥク(150ルピー=約110円)

BlogPaint
↑10分ほどでバスターミナルに到着。意外と大きなターミナルでビックリ。

BlogPaint
↑ターミナル内にはお菓子や飲物を売る売店、有料トイレが有り〼。

BlogPaint
↑バスターミナルには行き先などの詳細案内が見当たらなかったのですが、各バスにバス番号と行き先が英語で書いてあるので助かるー!

BlogPaint
↑マンナール発バブニヤ経由トリンコマリー行きのバスは88/6番。チケットはバス車内で係員から購入します。

約100kmの道のりを走るのにバスチケット(155ルピー=約110円)は激安料金。

BlogPaint
↑車内にはエアコン無いし座席も狭いけど、ラッキーなことに隣りが空席だったのでゆったり気分で乗れたよw

BlogPaint
↑9:00にバブニヤを出発したバスは11:30にトリンコマリーのバスターミナルに到着しました。約2時間半のバス旅。

さて、これから2泊するトリンコマリーのゲストハウスへチェックインしまーす。

↑このページのトップヘ