とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 交通・移動

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

この日は、チェンマイ観光を終えてから午後のバスでランパーンという街へ移動します。スムーズに移動できるかなドキドキ。


BlogPaint
↑とりあえずチェンマイ旧市街の北東郊外にあるバスターミナル「チェンマイ・アーケード」にやってきました。20バーツの路線バスで来ようと思っていたのに、写真撮りながら結局歩いてここまで来ちゃったw

BlogPaint
↑とりあえず下調べなんぞ何もしていないので、とりあえずランパーンへ行きたい旨をあたりの人にそれとなく告白してみる。

BlogPaint
↑すると親切な人が「あそこのカウンターでチケットが買えるよ」と教えてくれたのがここ。ターミナルの建物入ってすぐ左手のカウンター。GRREN BUSだって。バスはバスだけど、ロットゥーという乗り合いワゴンバスに乗るよ。

BlogPaint
↑片言の英語が通じたので次のランパーン行きのバスチケット(73バーツ=約250円)を購入。ランパーン行きのロットゥーは1時間おきに走っているそうです。

BlogPaint
↑ロットゥーは出発の10分前にきちんと到着。自由席なので座りたい席があったら早めに乗り込みましょう。

BlogPaint
↑すぐに満員(14名)になったので定時の15:30にチェンマイを出発。…一人73バーツで定員14名ということは…約1,000バーツで貸し切りチャーターもできそうだね。

BlogPaint
↑秋っぽい緑豊かな車窓風景を楽しみながらブイブイ飛ばします。チェンマイからランパーンまでは約100kmの道のり。

BlogPaint
↑そしてぴったり90分後の夕方17:00にランパーンのバスターミナルに到着。いい色の夕暮れだ🌟

バスターミナルは、観光客が主に泊まるナイトマーケット周辺エリアから3kmほど離れているので、ソンテウ(乗り合いトラック)などを使って移動します。とも先生は夕方のランパーン駅の写真を撮りたかったので、バスターミナルから駅まで歩き、駅からソンテウチャーター(50バーツ=約170円)で3km離れたホテルへチェックインしました。

次回はランパーンで泊まったホテルをご紹介しますね。


こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

まずはチェンマイ空港から市内のホテルまで移動します。
BlogPaint
↑バンコクからチェンマイ空港へ到着したのが夜21:40。たしか空港から市内まではそんなに距離がなかったはずなのでタクシーでぴゃーっと移動しちゃおうと思ったんだけど…なんやバスの看板を発見。

どうやら路線バスで市内まで行けるみたいだね今。

どうせ今夜はホテルにチェックインして寝るだけなので、興味半分でバスに乗ってみることにするよ。

BlogPaint
↑看板の矢印が指す方向(1番出口)からとりあえずお外に出てみます。

BlogPaint
↑お外に出ると左手にタクシー乗り場があって…バスどこ?わからない時はとりあえず直進するとも先生。

BlogPaint
↑タクシー乗り場を過ぎて数十メートル直進したらなんやバス停みたいの発見。

BlogPaint
↑さらに歩いて行くとバス発見!近くに英語の話せる若いお兄ちゃんがいたので話してみたら…

・空港から市内へは、旧市街を時計回りに走る「赤バス」と逆時計回りに走る「黄バス」がある。
・料金20バーツ。
・とも先生の目的地であるターペー門へは黄バスが便利。
・今とも先生の目の前に停まっているのが黄バス。

BlogPaint
↑というわけで、若いお兄ちゃんが料金徴収係だというので彼に20バーツを直接支払い車内へ。バンコクのBTSで利用するラビットカードでの支払いも可能だとのことだったんだけど、なぜか端末がカードを認識してくれず断念。

バスは20分おきに定時運行しているらしく、お客さんは数人だけだったけどすぐに出発。

BlogPaint
↑途中チェンマイ門付近で渋滞に巻き込まれたものの、空港から約20分でターペー門に到着。イム・ホテル/Imm Hotelというホテルの目の前で降ろされたよ。

BlogPaint
↑バスを降りて振り返ると目の前はもうターペー門。

このバスめっちゃ安くていいねルートが決まっているのですべての人におすすめできるわけじゃないけど、朝6:00から深夜23:30まで走っているし、とも先生的には全然アリですわこれ🌟

では予約したホテルにチェックインするよー。


こんにちは、とも先生です。

先々週の話しなんですが、念願の「スリンの象祭り」へ行ってきました!

これは毎年11月にタイ東北部スリン県で開催される象さんのお祭りで、タイ全土から200頭以上の象さんたちが集まり、華々しいパレードやショーが繰り広げられるもの。

さあて、お祭りもたっぷり楽しんだのでバンコクへ戻りまーす。現在スリンとバンコクを結ぶ交通手段は列車かバス。日曜日中にバンコクへ戻りたかったのでバスを利用することにしました。
BlogPaint
↑スリン市内中心部にあるバスターミナル。のんびりした雰囲気で思わずウトウトしちゃいそう。

BlogPaint
↑今回はグループ旅行なのでバスはあらかじめオンライン予約しておきました。バスターミナルのカウンターで予約票を乗車券に引き換えます。

BlogPaint
↑利用するバスは2階建てのVIPバス。12:45発のバンコク・モーチット(北バスターミナル)行きです。


↑約420kmの距離を5時間台で走るというけれど…本当かなあw

BlogPaint
↑車内は横3列シートの広々仕様。とてもゆったりしているのでこれから長旅も楽しくなりそうだよ♡

BlogPaint
↑飛行機のビジネスクラスのように、足元にはフットレストとレッグレストも装備。めっちゃ快適なんですけど!

BlogPaint
↑VIPバスのチケットがとても安かったのでまったく期待していなかったのですが、なんとお弁当が支給されました!これはチャーハン。

BlogPaint
↑そしてこれはカレーかな?ただ…残念ながらとも先生、乗車前におやつやら菓子パンやらをしこたま買い込んでしまい、しかもお腹の調子がイマイチ…ということでお弁当は食べられませんでした💦

BlogPaint
↑この日は日曜日&道路工事区間がけっこうあったということで道路大渋滞!!!スリんからバンコクまで10時間もかかり、しかもバスの故障でターミナル直前のガソリンスタンドで降ろされるとか!w

BlogPaint
↑仕方が無いのでタクシーで本日のホテル「デュシタニ」まで。もうすぐ午前サマだよう。

BlogPaint
↑でもなんとか日付が変わる前にチェックインできました。

さて!無事に旅が終わったので飲もうよ!乾杯しようよ!というわけでこれから夜の街へ…w

こんにちは、とも先生です。

先々週の話しなんですが、念願の「スリンの象祭り」へ行ってきました!

これは毎年11月にタイ東北部スリン県で開催される象さんのお祭りで、タイ全土から200頭以上の象さんたちが集まり、華々しいパレードやショーが繰り広げられるもの。

今年2018年はなぜかお祭り2週間前でもホテルや列車に空きがあったので、急遽友人たちを誘い総勢5名で旅を楽しんできました。まずは寝台列車に乗ってバンコクからスリンへ向かいまーす♡
BlogPaint
↑金曜日の夜、仕事を終えたメンバーたちと国鉄フアランポーン駅前のレストランで待ち合わせ。駅舎のライトアップがとてもキレイだよ。

BlogPaint
↑今回利用する寝台列車は20:30発のウボンラチャタニ行きです。とも先生はヨーロピアンな雰囲気のこの駅舎が好きなんだ。

BlogPaint
↑乗車。ラッキーにも新型車両だったので車内はピカピカでとってもキレイ☆ちなみにバンコクからスリンまでの寝台列車料金は、オンライン予約で下段ベッド(899バーツ=約3,070円)、上段ベッド(799バーツ=約2,730円)。

BlogPaint
↑列車は定刻にフアランポーン駅を出発し、しばらくすると係員が個々の乗客の希望時間に応じてベッドメイキングをしてくれます。でもまだ20:30じゃ興奮して眠れないよねー。

BlogPaint
↑というわけで機内食ならぬ車内食をオーダーしてみました。係員さんがメニューを持ってきてくれたので、とも先生はディナーセット(210バーツ=約720円)をオーダー。カレーと炒め物のおかず2品にご飯、スープ、フルーツまで付いてボリューム満点!味もマイルドで外国人旅行者にも食べやすい味付けでした☆

BlogPaint
↑おしゃべりしながらご飯を食べて、眠る前にベッドメイキングをしてもらいました。ベッドは成人男性でもゆったりくつろげる長さと幅で、枕元にコンセントとライトが付いているのもうれしい配慮。

〜そして寝台列車はスリンへ向けて走る走る〜

BlogPaint
↑まだまだ眠い超早朝の4:10にほぼ定刻でスリン駅に到着。スリンが終点ではないので乗り過ごさないよう注意が必要ですが、係員さんが乗客の降車駅を事前に確認してモーニングコールをしてくれるのは素晴らしいサービスです。

BlogPaint
↑さすが象祭りで有名なスリンの駅だけあってカワイイ象さんがお出迎え。

BlogPaint
↑駅を出ると外はまだ真っ暗w 駅前で待機しているトゥクトゥクに分乗してホテルへ向かいまーす。

次回はスリンで泊まったホテルをご紹介しますね。



こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン最終日。来た時と同じように格安のシャトルバスで空港へ向かいます。
ヤンゴン空港から市内までシャトルバスで格安移動!
http://tomosensei.net/archives/1072856203.html
BlogPaint
↑スーレー・パゴダから空港へ向かうバスは5分おきに発車らしいのですが、とも先生が利用した時はだいたい15分間隔の感じでした。

BlogPaint
↑車内でバス運賃(500チャット=約35円)を払い席へ座ります。空港から来た時と同じく車内はガラガラ…大丈夫なのかこれ?!

(ヤンゴン市内から空港へ)


スーレー・パゴダ(Sule Pagoda)

ヤンゴン中央駅(Yangon Central Railway Station)

タマダ・シネマ(Thamada Cinema)

パークロイヤルホテル・ヤンゴン(Parkroyal Hotel Yangon)

ヤンゴン動物園(Zoological Garden)

シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda)

シュエゴンディン(Shwe Gone Dine)

エクセル・ホテル(Excel Hotel)

メリアホテル・ヤンゴン(Melia Hotel Yangon)

ミャンマー・プラザ(Myanmar Plaza)

セドナホテル・ヤンゴン(Sedona Hotel Yangon)

カバルアイェ・パゴダ(Kabar Aye Pagoda)

ナワディ・シネマ(Nawaday Cinema)

ヤンゴンホテル(Yangon Hotel)

8マイル・ジャンクション(8 Mile Junction)

ヤンゴン国際空港(Yangon Int’l Airport)


↑実際の運行ルートはこんな感じ。

バス停ではない場所で人の乗降があったり、バス停に人がいない時などは通過していました。始発のスーレー・パゴダから乗る場合は問題ありませんが、途中のバス停から乗る場合は注意が必要かもね。

BlogPaint
↑スーレー・パゴダを15:00に出発して空港へ着いたのが15:50。行きとほぼ同じ所要時間でした。

バスを降りた向かいの建物が国際線出発口なのですっごく便利だよ。

BlogPaint
↑ヤンゴン空港初めてのとも先生は完全なおのぼりさんw 空港内にチャット建てで買い物ができるコンビニスタイルのお店があってこれはうれしい!お値段も市内とほとんど同じじゃないかな?

BlogPaint
↑古いコロニアル建築も好きだけど、新しい建物も気持ちがいいね。

BlogPaint
↑搭乗口。それではバンコクへ戻りまーす。



↑このページのトップヘ