とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: タイ国内旅行

こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

タイエアアジアのエコノミークラスで
クラビからバンコク(ドンムアン)へ〜
BlogPaint
↑夕方のフライトでバンコクへ戻りまーす。

BlogPaint
↑今回事前に予約した機内食はこれ。
カンパオチキンライス
四川料理のひとつ、ドライチリを使用したスパイシーなカンパオソースが特徴的なチキン料理。 唐辛子、レッドオニオン、カシューナッツがさらに食欲をそそります。 やわらかいごはんとご一緒にお召し上がりください。
https://www.airasia.com/jp/ja/inflight-comforts/hot-meals.page
BlogPaint
↑要するに鶏肉のカシューナッツ炒めご飯なんだけど……カシューナッツじゃなくてピーナッツだよこれwww 濃いめでご飯に合う日本人が好きな味。

BlogPaint
↑追加料金でデザートも付けてみましたよ。カオニャオマムアンという、マンゴーと甘いもち米ご飯。味は普通のカオニャオマムアンだけどなんか量少なめだなあ。


こんにちは、とも先生です。

ランタ島旅行最終日。これからバンコクへ戻ります。

行きはエアアジアのアイランドトランスファーでバンコクからランタ島サラダン埠頭まで一気に来たのですが、帰りは自己手配でクラビ空港まで向かいまーす。

エアアジアのアイランドトランスファーでランタ島へGO!
http://tomosensei.net/archives/1068793411.html
BlogPaint
↑泊まっていたホテルで、クラビ空港行きの乗り合いワゴン(300バーツ=約1,050円)を予約しました。

BlogPaint
↑お迎え時間ぴったりの13:00にワゴンがホテルへ到着。

BlogPaint
↑車内にはすでにたくさんのお客さんが乗っていました。しかもスーツケース置き場がないからもうみちみちのぎゅうぎゅう詰めw

BlogPaint
↑最近できたという橋を渡りワゴンはぐいぐいスピード上げて走ります。

BlogPaint
↑途中でカーフェリーにも乗っちゃうよ。

BlogPaint
↑カーフェリーは頻繁に運航しているようなので待ち時間もほとんど無し。

BlogPaint
↑そして14:30にクラビ空港へ到着。ランタ島のサラダンから空港までわずか90分!

BlogPaint
↑乗り合いワゴンが予想以上に早かったので空港での待ち時間が長かったのですが、エアアジアも定刻で飛び無事にバンコクへ戻りました。

乾季のランタ島&ロック島旅行はこれでおしまい☆



こんにちは、とも先生です。

ランタ島旅行最終日。今日はバンコクへ戻る日ですが、フライトが夜なのでそれまでホテルでのんびりしまーす。

ホテル内のレストラン「Saladan Restaurant」は、超遠浅のビーチを望むなかなかステキなお店でしたよ、チープでカジュアルな感じだけど。

BlogPaint
↑レストランはホテルのプール脇にあるので水着のままの利用ももちろんOK。

BlogPaint
↑びっくりするくらいの超遠浅ですが、潮が満ちてもそんなにキレイではないのでw この超遠浅具合がいいかも。眺めるだけー。

BlogPaint
↑メニューは手作り感満点w 英語と中国語表記有りの一部メニューには写真も有り〼。

BlogPaint
↑まずは冷え冷えのシンハービール大(125バーツ=約440円)で乾杯〜。ジョッキが凍って出てきたのはポイント高い!

BlogPaint
↑これはチキンサテ(140バーツ=約490円)。濃厚なタレを付けてトーストと共にいただくカレー風味の鶏の串焼きです。

BlogPaint
↑そして〆はイカチャーハン(75バーツ=約260円)。イカが冷凍物だったのは残念だけど全体的な味付けは良かったよ。ざく切りトマトがたっぷり入ってさわやか〜!

BlogPaint
↑干潮の時は海があんなに遠くなるけど、ぼんやり眺める分にはとてもよい景色。

サラダンには意外とビーチ沿いのお店が少ないので、泊まっていなくてもビール飲みに行ったらいいと思います!



店名: サラダン・レストラン/Saladan Restaurant
場所: Saladan Beach Resort内。
電話: 075-668112
営業: 8:00-22:00

こんにちは、とも先生です。

ランタ島旅行4日目。今夜は旅行最終日なので何か美味しいもの食べたいんだけど…でも遠出するの面倒だし…ということでホテルから歩ける距離のレストランをチョイス。

「Rung Ruang Restaurant」は、完全ツーリスト向けのぶっちゃけ特に特色のないお店ですが、店主のおじさんがとても楽しくて様子がおかしかったです。

BlogPaint
↑こういう形態のお店はリゾート地のみならずどこにでもありますよね。ただここは店主のおじさんの営業が熱心だったので思わず入ってみました。

BlogPaint
↑メニューは英語表記有りの写真も有りで注文楽々。店主が直々に斜め後ろに立ってずっと注文するのをいつまでも待ってくれるので焦りましたw

BlogPaint
↑まずはレオビール大(たしか80バーツ…約280円)で乾杯〜!

BlogPaint
↑まだ日没前なので他にお客さんはいませんが、この気だるい時間帯が好き。

BlogPaint
↑とも先生の命の糧イカチャーハン(60バーツ=約210円)。ここのイカは冷凍物で残念だけど、味付けがとにかく良い!美味しいの!香ばしくて炒め具合が絶妙!店主やるな!

BlogPaint
↑ビールのアテに頼んだ海老天ぷら(150バーツ=約520円)は、何が一番驚いたかって、衣がザクザクすぎて口切りそうなレベルってことではなく、添え物の緑の天ぷらが「レタスの天ぷら」だってこと!

生まれて初めて食べたレタスの天ぷらはあまり美味しくありませんでした!


BlogPaint
↑そして店主のおじさん、とも先生が一人でご飯食べながら晩酌している姿を遠くのテーブルからじーっと見ていて、あまりにもじーっと見るもんだから困っちゃってw

で、いきなり渡されたのがこれドン!

似顔絵かよ!!!

食後にサービスでくれるキャンディもどうもありがとうおじさん。

なんかお料理は普通だけど、おじさんの様子がとてもおかしかったです。



店名: ルンルアン・レストラン/Rung Ruang Restaurant
場所: サラダンの大きな通り沿い、Googlemap参照。
電話: 087-4644700
営業: 10:00-22:00

こんにちは、とも先生です。

ランタ島4日目。ロック島国立公園テント1泊ツアーを楽しんできたとも先生。最後の1泊はランタ島で一番大きな町(といっても小さいけどw)サラダンに泊まります。

ロック島国立公園に泊まる!宿泊事情やビーチ/海について
http://tomosensei.net/archives/1068810269.html
ロック島国立公園に泊まる!展望台散策やご飯事情について
http://tomosensei.net/archives/1068810296.html
遠浅ビーチ沿いの「Saladan Beach Resort」は、こじんまりしていながらも明るく元気な、楽しい雰囲気のリゾートホテルでしたよ☆
BlogPaint
↑ホテルはサラダンのメインストリートから歩いて5分くらい。道が狭い割に交通量がけっこうあったので歩行注意。

BlogPaint
↑泊まった部屋はエアコン付きの一番安いバンガロー(部屋カテゴリー不明)。典型的な安ホテルって感じの風情で特にリゾート感はないけど清潔です。

BlogPaint
↑無駄に大きな冷蔵庫、テレビ、エアコン、扇風機、基本設備は完備。1棟2部屋タイプのバンガローなので部屋中央にドアがあり、グループ滞在であればコネクティングルームにもできますね。

BlogPaint
↑バスタブは無くシャワーのみ。タイルが白いので古さをダイレクトに感じますが、まあまあ清潔です。

BlogPaint
↑アメニティはこんな感じ。写真奥のは1回使い切りシャンプーかな?歯ブラシはないので要持参。

BlogPaint
↑部屋前のテラスにはイスと物干もあるので便利。ただ、バンガローが密集して建っているのでくつろぎ感は薄いかも。

BlogPaint
↑ビーチ沿いのプールはそんなに大きくはないけどリゾート感ばっちり。お客さんも少ないのでけっこう遊べます。プールサイドにはデッキチェアとパラソルも有り〼。

BlogPaint
↑プールサイドにはレストランとバーも。

BlogPaint
↑ホテルから5分ほど歩くとメインストリートに出ます。周辺にはレストランやスーパーなどがあるので、夕方ぶらぶらするのもいいかもね。

このホテル、フロントからお部屋の清掃からレストランから何から何まですべて女性スタッフしか見かけませんでした。もしかしたら内勤で男性が働いているのかもしれませんが、見た感じすべて女性スタッフ、しかもみなさんフレンドリーで英語もペラペラ。クラビ空港行きバスの手配やら旅行情報などすぐに提供してくれて、とても快適に楽しく滞在することができましたよ☆



名称: サラダン・ビーチリゾート/Saladan Beach Resort
場所: 166 m.1 Saladan, Koh Lanta, Krabi, Thailand 81150
電話: 075-668112
Web:

↑このページのトップヘ