とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 空港・ラウンジ

こんにちは、とも先生です。

週末のハイフォン旅行を終えてバンコクへ戻ります。

最初はハイフォンから列車でハノイへ戻り、ハノイからバンコク行きのフライトを利用しようと考えていたのですが、ハイフォンからバンコク行きの直行便フライトがあったのでラッキー☆

というわけで、ハイフォンのカットビ国際空港の様子を軽くご紹介します。

BlogPaint
↑空港はハイフォン市内中心部から南東約5kmの場所にあり、2016年に国際空港になりました。空港ビルはピカピカ〜☆

ハイフォン市内のホテルでタクシーを呼んでもらって、空港までのタクシー代金(100,000ドン=約500円)でした。市内から所要15分くらい。

BlogPaint
↑まだ真新しい空港ですが…昼間だから?なんか暗くない?国内線のチェックインも国際線のチェックインも写真のカウンターで行います。

BlogPaint
↑今回利用するフライトはベトナムのLCCであるベトジェットエア。LCCですがバンコクのスワンナプーム空港発着です。

BlogPaint
↑こちらは国内線搭乗口への入口。いくつかお土産屋さんやカフェがあります。

BlogPaint
↑国内線は、ベトジェット、ベトナム航空、ジェットスターの3社が就航しているね。

BlogPaint
↑そしてこちらが国際線搭乗口への入口。写真奥に小さな出国審査場があって、あまりにも国際線が少ないからか審査官のおにいさんおねいさんたちはずっとスマホをピコピコいじってました。

BlogPaint
↑出国審査と手荷物検査を終えると国際線の搭乗待合室です。こじんまりとした狭いスペースですが、カフェやお土産屋さん、免税店など基本的なお店はあります。

BlogPaint
↑現在(2017年9月現在)、ハイフォン発着の国際線はバンコク線とソウル線の2路線のみ。ハノイが近いからね、この空港はそんなに発展しなさそうな予感…w

BlogPaint
↑一応CIPラウンジという空港ラウンジもありますが閉まっていましたw 現在LCCだけしか飛んでないからね、仕方ないよね。

BlogPaint
↑さて搭乗です。ボーディングブリッジはありましたがなぜか国際線のバンコク行きは歩いて飛行機へ向かいます。お天気だからいいけど雨の日は嫌だよ。

BlogPaint
↑この日のバンコク行きのフライトは搭乗率50%くらい…もしかしたらそんな遠くない先にこの路線撤退するんじゃないか?w

こんにちは、とも先生です。

8月のバリ島旅行の帰り、ハイシーズンだったからかバンコクへ戻る直行便のフライトがかなりお高く、しかも他の経由便もけっこう強気なお値段で困ってしまったとも先生。

仕方がないのでスカイスキャナーで調べまくって、

バリ島→クアラルンプール:エアアジアX(ビジネスプロモ運賃)
クアラルンプール→バンコク:タイ国際航空(エコノミー)

という、普段ならあり得ない組み合わせが一番安かったので即購入。

今回は、クアラルンプール空港でのターミナル移動のお話です。

BlogPaint
↑エアアジアXでクアラルンプール空港のKLIA2ターミナルに到着して税関を出たところ。これからタイ国際航空へ乗り換えるために、KLIAターミナルへ移動しなければなりません。

だがしかし!とも先生ターミナル移動初めてでしかも事前学習まったく無し!


ビルが違っても同じ空港なんだから簡単にチャッチャやろ!

BlogPaint
↑頭上のサインを見上げると、KLIAへ行くシャトルバスがあるじゃん!

BlogPaint
↑サインを頼りにずんずん前進していきます、簡単だね。

BlogPaint
↑まだまだ前進。シャトルバス乗り場はどうやらレベル1という階にあるらしいぞ。

BlogPaint
↑前進を続けると左斜め前方に下りエスカレーターが見えました。近くの係員らしきおじさんに尋ねると、シャトルバスは下の階から出発だと。確かにサインもあるしね。

BlogPaint
↑エスカレーターでレベル1へ下りていきます。キレイだけどなんだか暗いなここ。

BlogPaint
↑さあ!レベル1に到着!そして!

いきなりサインが消えた!!!

近くに係員もいないしインフォメーションセンターのおねいさんもいない!!!

どこからバスに乗るんだ?あ!外に出ればいいのか!


でも!外に出たけどシャトルバスの表示がどこにも無いし!!!

他の乗り継ぎ客もとも先生と同じように困っていて、みんなでバス乗り場どこだろうどこだろうと探していると、

車体に「無料」と書かれたシャトルバスが目の前をビューンと通過ー!!!えー!!!

みんな猛ダッシュしたよw

BlogPaint
↑そしてなんとか無料シャトルバスに乗れました!目の前のパパなんて子どもを振り落とすんじゃないかレベルでベビーカー爆走してたしw

KLIA2の無料シャトルバス乗り場は、レベル1から外へ出て一番左端のバス停に止まります。いいですか、一番左端ですからね(2017年8月現在)。


BlogPaint
↑シャトルバスは夕暮れの空港を予想以上にのんびりしたスピードで走ります。

BlogPaint
↑さあ!KLIAターミナルに着いたよ!と思ったらなんや辺鄙な場所でバス停車。どうやらここは空港の駐車場のようです。運転手さんに尋ねたら、

KLIA2→駐車場→KLIA→KLIA2というルートで走るらしい。

急いでいる時はたまらんな!

BlogPaint
↑そしてやっとKLIAターミナルの4番バス停に到着。これで一安心♡

KLIAからKLIA2へ行く時は、ここから乗ったらいいと思うよ。


BlogPaint
↑けっこうな汗かいてやっとKLIA出発階に到着ー。これからチェックインだ。

KLIA2の税関を出たところからKLIAの国際線出発階までちょうど50分かかりました。予想していたよりも時間かかったから、乗り継ぎには余裕もってね!

こんにちは、とも先生です。

トルコ旅行1日目。

インドネシアのバリ島から、クアラルンプールとドーハを乗り継いでトルコの首都アンカラへやって来ました。20時間以上の移動だったのでもうこの時点でかなりヘロヘロですが、天気が良いので気分はさわやか。

BlogPaint
↑アンカラのエセンボーア国際空港は、首都の割にこじんまーりとしたコンパクトな空港。

ここから10日間のトルコ旅行が始まるわけですが、まず最初にやることは

「現地SIMカードの入手」

旅行情報を集めたり、現在位置を確認したり、メールチェックしたりなんだりで必要なんですよね。

1階の国際線到着エリア付近には通信会社のカウンターが見つからなかったので、ツーリストインフォメーションで尋ねると、どうやら3階の出発エリアにあるとのこと。


BlogPaint
↑エスカレーターで3階へ行くと、国内線出発エリアに「Turk Telekom」というカウンターがありました。カウンターのおねいさんは英語が話せる!よかった!

BlogPaint
↑おねいさんの話しでは、現在(2017年4月)一番安いのはこのカード。

450分無料通話、1000回分のSMS、6GBのデータ通信でお値段90リラ=約2,700円。

2.3日の短期だと割高だけど、今回は10日間の旅行だしまあいいでしょ。

支払いをしてパスポートとスマホと渡すと、10分くらいでインターネット開通させてくれました。おねいさん仕事速いし対応も親切でした。


Screenshot_20170419-150851
↑これはアンカラの空港内での速度測定結果。アップロードがなぜかダメダメだけど、これは一時的なものでした。まあ不便のない速度。

Screenshot_20170419-150857
↑これはイスタンブール市内(ガラタ塔付近)での速度測定結果。こちらもまあ不便のない速度で、とも先生にとっては充分。

トルコの現地SIMカードは短期滞在にはちょい割高ですね…。

トルコテレコム
https://www.turktelekom.com.tr/

こんにちは、とも先生です。

12月に2泊3日で行ったカンボジアのシェムリアップ。アンコール遺跡観光を満喫して美味しい物もたくさん食べて、あっという間にバンコクへ戻る日です。

BlogPaint
↑市内からトゥクトゥク(5ドル)で20分くらい、平屋建てのシェムリアップ国際空港に到着。

BlogPaint
↑最近できたんだか改装されたんだかで空港はピカピカ。ここはチェックインカウンター。

BlogPaint
↑ちょうど時期がクリスマス前だったのでクリスマスちっくな作品も。

BlogPaint
↑搭乗エリアへ向かう手前に免税店がドカン!

BlogPaint
↑最近の空港レイアウトの流行なのかもしれませんが、店内をぐるり巡り歩かないと搭乗エリアへ辿り着けない仕組み…。

BlogPaint
↑搭乗エリアはこじんまりしていますがレストランやカフェ、土産物屋さんなど一通り揃っていました。

BlogPaint
↑こんなところに吉野家があってビックリ!そして牛丼高いのにもビックリ!そして入れ替わり立ち替わりけっこうお客さん入っているのにもビックリ!w

BlogPaint
↑国際空港ではありますが搭乗ゲートはのーんびり。それほど便数も多くないからか静かでした。

BlogPaint
↑搭乗開始になったので歩いて飛行機まで向かい、午後便のエアアジアでバンコクへ。

バンコク発2泊3日のカンボジア・シェムリアップは満喫満足の旅行でした☆

こんにちは、とも先生です。

12月に3連休があったので、お隣の国カンボジアへ行って世界遺産アンコールワット(アンコール遺跡群)を観光してきました。今までカンボジアにそれほど興味なかったのですが、なんで急に行こうと思ったかというと…

来年からアンコールワットの入場料がすっごく値上がりするから〜!

<2017年1月31日まで>
1日券:20ドル
3日券:40ドル
7日券:60ドル

<2017年2月1日から>
1日券:37ドル
3日券:62ドル
7日券:72ドル

特にほとんどの人が購入するであろう1日券が20ドル→37ドルの約2倍!!!

というわけで、値上がり前に駆け込み観光をしてきたわけですwww


BlogPaint
↑バンコクのドンムアン空港からエアアジアに乗って1時間ちょいで到着しましたシェムリアップ国際空港。アンコールワットの最寄り空港です。

BlogPaint
↑小さな空港なのでみんな歩いて空港ビルへ向かいます。雨の日は嫌だな…。

BlogPaint
↑ビルと言っても平屋建て。とってもコンパクトなこじんまり空港だけど最近建て替えたのかな?とても新しくてピカピカ!

BlogPaint
↑右がアライバルビザ取得カウンター、左が入国審査場です。ビザをまだ取得していない人はまず右側へ、すでにビザを取得している人は迷わず左側へ。

BlogPaint
↑非常にのーんびりとしたw入国審査を終えると目の前が預け荷物の受け取りレーン。

BlogPaint
↑右へ進んで行くと空港内に両替所がありましたので2016年12月11日のレートをご参考までに。後で知りましたが、市内と比べるとかなりレートが悪いので、ここで両替する場合は必要最小限にとどめておいたほうがいいですね。

BlogPaint
↑到着免税店もあるので、空港を出る前に免税価格でお酒なども購入できます。

BlogPaint
↑空港を出るとたーくさんの人がネームプレートを持って待ち構えています。予約したホテルに空港送迎を頼んだのですが…自分の名前のプレートが見つからない…。

BlogPaint
↑しばらく時間をおこうと思い、先に空港でSIMカードを買いました。

BlogPaint
↑15分ほどして改めて周りを見回したら自分のネームプレートを見つけましたw トゥクトゥクという三輪バイクタクシーの送迎でホテルへ向かいます。

BlogPaint
↑うわー、トゥクトゥク乗ったの久しぶりー、気持ちいー!

さあ、シェムリアップ市内のホテルまでは15-20分ほどだそうです。

↑このページのトップヘ