とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 空港・ラウンジ

こんにちは、とも先生です。

中国の汕頭(スワトウ)旅行を終えて間もない先月、何気なーくチェックしていたエアアジアの特典航空券に偶然週末の空席があったので!思わず!発券を!してしまいましたカンボジアw

今までカンボジアは、アンコールワットを見にシェムリアップしか行ったことないんだけど、今回は首都のプノンペンとカンポットという小さな街を巡りました☆
BlogPaint
↑バンコク・ドンムアン空港から出発ー。最近旅行ばかり行っているとも先生w

BlogPaint
↑バンコクからわずか1時間でプノンペンへ到着ー!なんだけど大雨!今乾季のベストシーズンのはずなのに初日から雨かよおい!

BlogPaint
↑空港でビザ取って入国審査も問題無くて到着ロビーに到着。まずはネット確保のためにSIMカード買わねば。

BlogPaint
↑右奥にSIMカードを売る各社カウンターが並んでいるのですが、料金的に一番安いかなーと思った「セルカード/CELLCARD」という会社のSIMを買ってみるよ。

BlogPaint
↑セルカードの空港カウンターで販売している旅行者向けSIMカードは2種類。

(2ドル): ネット1400MB分、有効期間7日間
(5ドル): ネット3000MB分、有効期間30日間


とも先生は2ドルのSIMカードを購入。

パスポートと自分のスマホを渡すと10分ほどで開通させてくれました。ただ、SIMの入っていたパッケージはくれなかったので現物写真はないよ。

BlogPaint
↑プノンペン市内中心部のホテルの部屋で回線速度チェックした結果。

BlogPaint
↑カンポット市内中心部のホテルの部屋で回線速度チェックした結果。

もう十分!動画もスムーズ!2ドルだし文句なんてないよ!ありがとうセルカード!

次回はプノンペンで泊まった中級ホテルをご紹介しまーす。



こんにちは、とも先生です。

インドネシア・ジャワ島旅行最終日。今日は朝のフライトでスマランを出発し、クアラルンプールで乗り継いでバンコクへ戻りまーす。スマラン楽しいからもうしばらくいたいけど!

スマランのアフマド・ヤニ国際空港は、国内線がメインの小さな平屋建て空港ですが、コンパクトにまとまっていてなかなか便利な空港でした。

BlogPaint
↑空港は市内西部にあり、タクシーで約15-20分の距離。平屋建ての建物がほのぼのしたローカル感を出しています。

BlogPaint
↑この空港、実は国内線と国際線の乗客の区別無くみんな同じ建物内へ入ります。一体どこで出国審査を受けるんだ?w

BlogPaint
↑空港内は広くはないものの、レストラン、スターバックスコーヒー、本屋、土産物屋、カフェなどなどお店は意外と充実しています。

BlogPaint
↑こちらは国内線乗客用の待ち合い場所。ジャワ風の装飾が施された天井です。

BlogPaint
↑国際線の出発口は、ちうか出国審査はどこで???とウロウロしていたら発見。

サークルK横の小さな暗いカウンター(写真左)が、国際線の発着時間に合わせてのみオープンするプチ出国審査場でした。


BlogPaint
↑出国審査を終えて搭乗待合室へ。ここは狭くてトイレ以外の設備が何も有りませーん!急いで出国しなくてもいいかもしれないよ!

BlogPaint
↑フライトは国内線がメインで、国際線は現在クアラルンプールとシンガポールへの2路線だけです。

BlogPaint
↑搭乗が始まるとドアが開き、歩いて飛行機へ向かいます。

ちょっぴりマイナーなジャワ島の都市を巡る旅行記は、全25回とちょっと長くなってしまいましたがこれにておしまい。ありがとうございました☆



こんにちは、とも先生です。

週末のハイフォン旅行を終えてバンコクへ戻ります。

最初はハイフォンから列車でハノイへ戻り、ハノイからバンコク行きのフライトを利用しようと考えていたのですが、ハイフォンからバンコク行きの直行便フライトがあったのでラッキー☆

というわけで、ハイフォンのカットビ国際空港の様子を軽くご紹介します。

BlogPaint
↑空港はハイフォン市内中心部から南東約5kmの場所にあり、2016年に国際空港になりました。空港ビルはピカピカ〜☆

ハイフォン市内のホテルでタクシーを呼んでもらって、空港までのタクシー代金(100,000ドン=約500円)でした。市内から所要15分くらい。

BlogPaint
↑まだ真新しい空港ですが…昼間だから?なんか暗くない?国内線のチェックインも国際線のチェックインも写真のカウンターで行います。

BlogPaint
↑今回利用するフライトはベトナムのLCCであるベトジェットエア。LCCですがバンコクのスワンナプーム空港発着です。

BlogPaint
↑こちらは国内線搭乗口への入口。いくつかお土産屋さんやカフェがあります。

BlogPaint
↑国内線は、ベトジェット、ベトナム航空、ジェットスターの3社が就航しているね。

BlogPaint
↑そしてこちらが国際線搭乗口への入口。写真奥に小さな出国審査場があって、あまりにも国際線が少ないからか審査官のおにいさんおねいさんたちはずっとスマホをピコピコいじってました。

BlogPaint
↑出国審査と手荷物検査を終えると国際線の搭乗待合室です。こじんまりとした狭いスペースですが、カフェやお土産屋さん、免税店など基本的なお店はあります。

BlogPaint
↑現在(2017年9月現在)、ハイフォン発着の国際線はバンコク線とソウル線の2路線のみ。ハノイが近いからね、この空港はそんなに発展しなさそうな予感…w

BlogPaint
↑一応CIPラウンジという空港ラウンジもありますが閉まっていましたw 現在LCCだけしか飛んでないからね、仕方ないよね。

BlogPaint
↑さて搭乗です。ボーディングブリッジはありましたがなぜか国際線のバンコク行きは歩いて飛行機へ向かいます。お天気だからいいけど雨の日は嫌だよ。

BlogPaint
↑この日のバンコク行きのフライトは搭乗率50%くらい…もしかしたらそんな遠くない先にこの路線撤退するんじゃないか?w

こんにちは、とも先生です。

8月のバリ島旅行の帰り、ハイシーズンだったからかバンコクへ戻る直行便のフライトがかなりお高く、しかも他の経由便もけっこう強気なお値段で困ってしまったとも先生。

仕方がないのでスカイスキャナーで調べまくって、

バリ島→クアラルンプール:エアアジアX(ビジネスプロモ運賃)
クアラルンプール→バンコク:タイ国際航空(エコノミー)

という、普段ならあり得ない組み合わせが一番安かったので即購入。

今回は、クアラルンプール空港でのターミナル移動のお話です。

BlogPaint
↑エアアジアXでクアラルンプール空港のKLIA2ターミナルに到着して税関を出たところ。これからタイ国際航空へ乗り換えるために、KLIAターミナルへ移動しなければなりません。

だがしかし!とも先生ターミナル移動初めてでしかも事前学習まったく無し!


ビルが違っても同じ空港なんだから簡単にチャッチャやろ!

BlogPaint
↑頭上のサインを見上げると、KLIAへ行くシャトルバスがあるじゃん!

BlogPaint
↑サインを頼りにずんずん前進していきます、簡単だね。

BlogPaint
↑まだまだ前進。シャトルバス乗り場はどうやらレベル1という階にあるらしいぞ。

BlogPaint
↑前進を続けると左斜め前方に下りエスカレーターが見えました。近くの係員らしきおじさんに尋ねると、シャトルバスは下の階から出発だと。確かにサインもあるしね。

BlogPaint
↑エスカレーターでレベル1へ下りていきます。キレイだけどなんだか暗いなここ。

BlogPaint
↑さあ!レベル1に到着!そして!

いきなりサインが消えた!!!

近くに係員もいないしインフォメーションセンターのおねいさんもいない!!!

どこからバスに乗るんだ?あ!外に出ればいいのか!


でも!外に出たけどシャトルバスの表示がどこにも無いし!!!

他の乗り継ぎ客もとも先生と同じように困っていて、みんなでバス乗り場どこだろうどこだろうと探していると、

車体に「無料」と書かれたシャトルバスが目の前をビューンと通過ー!!!えー!!!

みんな猛ダッシュしたよw

BlogPaint
↑そしてなんとか無料シャトルバスに乗れました!目の前のパパなんて子どもを振り落とすんじゃないかレベルでベビーカー爆走してたしw

KLIA2の無料シャトルバス乗り場は、レベル1から外へ出て一番左端のバス停に止まります。いいですか、一番左端ですからね(2017年8月現在)。


BlogPaint
↑シャトルバスは夕暮れの空港を予想以上にのんびりしたスピードで走ります。

BlogPaint
↑さあ!KLIAターミナルに着いたよ!と思ったらなんや辺鄙な場所でバス停車。どうやらここは空港の駐車場のようです。運転手さんに尋ねたら、

KLIA2→駐車場→KLIA→KLIA2というルートで走るらしい。

急いでいる時はたまらんな!

BlogPaint
↑そしてやっとKLIAターミナルの4番バス停に到着。これで一安心♡

KLIAからKLIA2へ行く時は、ここから乗ったらいいと思うよ。


BlogPaint
↑けっこうな汗かいてやっとKLIA出発階に到着ー。これからチェックインだ。

KLIA2の税関を出たところからKLIAの国際線出発階までちょうど50分かかりました。予想していたよりも時間かかったから、乗り継ぎには余裕もってね!

こんにちは、とも先生です。

トルコ旅行1日目。

インドネシアのバリ島から、クアラルンプールとドーハを乗り継いでトルコの首都アンカラへやって来ました。20時間以上の移動だったのでもうこの時点でかなりヘロヘロですが、天気が良いので気分はさわやか。

BlogPaint
↑アンカラのエセンボーア国際空港は、首都の割にこじんまーりとしたコンパクトな空港。

ここから10日間のトルコ旅行が始まるわけですが、まず最初にやることは

「現地SIMカードの入手」

旅行情報を集めたり、現在位置を確認したり、メールチェックしたりなんだりで必要なんですよね。

1階の国際線到着エリア付近には通信会社のカウンターが見つからなかったので、ツーリストインフォメーションで尋ねると、どうやら3階の出発エリアにあるとのこと。


BlogPaint
↑エスカレーターで3階へ行くと、国内線出発エリアに「Turk Telekom」というカウンターがありました。カウンターのおねいさんは英語が話せる!よかった!

BlogPaint
↑おねいさんの話しでは、現在(2017年4月)一番安いのはこのカード。

450分無料通話、1000回分のSMS、6GBのデータ通信でお値段90リラ=約2,700円。

2.3日の短期だと割高だけど、今回は10日間の旅行だしまあいいでしょ。

支払いをしてパスポートとスマホと渡すと、10分くらいでインターネット開通させてくれました。おねいさん仕事速いし対応も親切でした。


Screenshot_20170419-150851
↑これはアンカラの空港内での速度測定結果。アップロードがなぜかダメダメだけど、これは一時的なものでした。まあ不便のない速度。

Screenshot_20170419-150857
↑これはイスタンブール市内(ガラタ塔付近)での速度測定結果。こちらもまあ不便のない速度で、とも先生にとっては充分。

トルコの現地SIMカードは短期滞在にはちょい割高ですね…。

トルコテレコム
https://www.turktelekom.com.tr/

↑このページのトップヘ