とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 空港・ラウンジ

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

まずはバンコクからタイ国際航空でコロンボのバンダラナイケ国際空港へ。
タイ国際航空(TG307)でバンコクからコロンボへ
http://tomosensei.net/archives/1072201226.html
前回のスリランカ旅行時は、インドのジェットエアウェイズを利用したためコロンボへの到着が早朝だったのですが、今回は深夜12時過ぎの到着!ちょいとドキドキでしたが問題無くコロンボ市内へ移動することができました。
2015スリランカ旅行まとめ
http://tomosensei.net/archives/1048004708.html
BlogPaint
↑バンコクからのフライトは約30分遅れの深夜00:35にコロンボ・バンダラナイケ国際航空に到着。

BlogPaint
↑いつもの仏陀さんがお迎えしてくれます。ここで記念写真を撮る場合は、絶対に仏陀さんに背を向けてはいけません。

BlogPaint
↑到着免税店もあるので、お酒やタバコなどが必要な方はこちらで。

BlogPaint
↑入国審査、税関を抜けるとこのような広い到着ホールに出ます。両替屋が何軒も並んでいるので、まずはここでスリランカルピーを調達。空港の割にどのお店もレートは普通に良かったです。

BlogPaint
↑そして奥へ進んで行くと旅行者向けSIMカードを販売するブースがいくつかあるので、お好みのブースへどうぞ。とも先生は比較的接続が安定しているといわれるDialogで申し込みました。

BlogPaint
↑現在(2018年8月)Dialogの旅行者向けSIMカードプランは1種類だけでした。

・料金
1,300ルピー(約910円)

・データ通信
4GB(朝8:00-深夜23:59)+5GB(深夜24:00-朝7:59)=計9GB
・国内通話
350ルピー分
・国際通話
600ルピー分

Screenshot_20180907-062516_1
↑カウンターのおねいさんにパスポートとスマホと1,300ルピーを渡したら10分ほどで手続きしてくれました。開通するまでに1時間ほどかかりましたが接続は安定、速度もまあ旅行中なら十分です。

BlogPaint
↑ほっと一安心したのでしばし空港のベンチで休憩。

空港で両替を済ませSIMカードも調達したのでこれで準備完了なのですが、実は今回コロンボには滞在せずにそのまま早朝5:45発の列車で次の街へ移動なのです。

というわけで、列車の時間が近くなるまで空港待機…。

BlogPaint
↑そして深夜4:00頃、Uberで車を呼んでコロンボ市内のフォート駅へ向かいます。

空港でUberを呼んだ場合の待ち合わせ場所は「Airport Post Office前」。到着ホールを出て左へ少し歩くと英語サインがあるのですぐに見つけられると思います。

BlogPaint
↑早朝5:00、まだ暗いコロンボ・フォート駅へ到着。でも人でごった返していて活気があります。

Screenshot_20180907-062418_1
↑今回、深夜4:00に空港から市内へUberで移動して料金(1,699ルピー=約1,200円)でした。安いね!

それではこのままスリランカの列車の旅が始まるよー。


こんにちは、とも先生です。

春休みはインドネシアのマルク州へ行ってバンダネイラの海や歴史を満喫エンジョーイ。この後そのままバリ島へ移動するため、スラウェシ島のマカッサル空港でトランジットします(アンボン〜バリ島直行便がないのだよ)。

で、トランジットが6時間もあるので、最初はタクシーでちょろっとマカッサル市内へ出て美味しいもの食べてから再び空港へ戻って来るプランだったのですが…

<<<なんかお腹痛い>>>(´;ω;`)

昨日お酒を飲み過ぎたわけでもないし辛い物も食べてないし…なんだろう?

とりあえず市内へ出るプランは中止して空港待機決定。でもこの日のマカッサル空港はとても混雑していて、ホッと落ち着ける場所がないんだよう。

というわけで初めてウォークインで空港ラウンジ「コンコルディア・ラウンジ/Concordia Lounge」を利用してみました。お腹痛い時にたったの900円で極楽を味わったよ☆
BlogPaint
↑ラウンジは国内線搭乗エリアの1番ゲート向かいにあります。プライオリティパスが使えるラウンジはここじゃなくて反対側だからね。

BlogPaint
↑どうしようお腹痛い…もう、ちょっと高くてもいいから入っちゃえ!

とも先生「す、すいません、飛び込みだといくらですか?」
おねいさん「115,000ルピア=約900円です♡」

安っ!速攻で入店!!

BlogPaint
↑ラウンジ内。ここだよここだよ〜。空調がほど良く効いていて空いていて静かでソファがあるの♡ コンセントのあるソファにふわぁっともたれかかって快適なWifiにうっとりしながらしばし紅茶で休憩。

BlogPaint
↑1時間以上ソファでゴロゴロしていたらお腹痛いのすっかり治っちゃったw というわけでなんか食おうかね。国内線ラウンジですが意外にもお料理のバリエは豊富、全部インドネシア料理だけどね。

BlogPaint
↑コーヒー紅茶、ちょっとつまめるようなケーキや揚げ物など。冷蔵庫にカットフルーツもあったよう。

BlogPaint
↑各種フルーツジュースの他にレモンウォーターなんてオサレなものもあってね。

BlogPaint
↑さっきのお腹痛いのどこへ飛んでっちゃったんだろうw ナシチャンプル的に盛り合わせたランチは、チキンカレー、ゴーヤの野菜詰め煮込み、テンペ(インドネシアの大豆発酵食品)の煮物、厚揚げの炒めたの。万人受けするマイルドな味でとても食べやすく美味しい☆

BlogPaint
↑食後は紅茶と一緒に揚げ物、揚げテンペ、コロッケ、パイをいただきながらブログ更新。

結局4時間くらいラウンジでのんびりしちゃいましたw 他にトイレ、シャワー、お祈り室など設備も整っていてこれで900円はめためたに安い!プライオリティパスがなくてもこの値段だったら気軽に利用できるね!


名称: コンコルディア・ラウンジ/Concordia Lounge
場所: マカッサル空港内、国内線搭乗エリア1番ゲート向かい。
電話: +62 411 3656168
営業: 24時間
Web: http://aph.co.id/

こんにちは、とも先生です。

4月のインドネシア旅行は、ジャカルタでもなくバリ島でもなく、スラウェシ島のマカッサルから入国します!インドネシアの地方空港から入国するの久しぶりだよドキドキ!

この日はマカッサルからそのまま国内線に乗り継ぎます。
BlogPaint
↑エアアジアでマカッサルのスルタン・ハサヌディン国際空港へ到着!サウディア(サウジアラビア航空)のハッジチャーター便(メッカ巡礼便)が到着した時間と重なったよ。

BlogPaint
↑入国審査カウンターはインドネシア人用と外国人用それぞれ一カ所ずつしかなかったので、審査が終わるまで45分ほどかかったけど無事に入国。到着エリアで国内線到着客と一緒くたになります。

BlogPaint
↑人ごみにまみれながら外へ出ると…すんごい人の数!!!近くの人に聞いたら、この日はメッカ巡礼から戻ってくるフライトと重なったので、みんな家族総出でお迎えに来ているんだって!いたるところで家族が抱き合って涙ボロボロ流してるの日本では見られない光景。

BlogPaint
↑普段はこんなに混んでないというけれど、もう歩くのも大変でw 荷物持って人をかき分けかき分けしてとにかく左へ歩く。国際線到着口を背にして左側へずんずん歩くと国内線出発口へ行けますよ。

BlogPaint
↑国際線到着口から国内線出発口の間には、レストランやコンビニ、ATMなど旅行者に必要な施設が揃っています。とも先生はまずATMでインドネシアルピアをゲット。

BlogPaint
↑ふう、やっと国内線の出発口に着きましたーって歩いてすぐだけどw

BlogPaint
↑出発口そばにTelkomsel(Simpati)のSIMカードが売っているのでここで調達しましょう。

BlogPaint
↑トータル17GB使えるインドネシアの現地SIMカード(110,000ルピア=約870円)。特に設定をしないで、そのままスマホに差し込んだらすぐに開通しました、便利☆

さあ、これから国内線に乗り継ぎだー!けどお腹空いた…何か食べよう。



こんにちは、とも先生です。

今月はほとんどインドネシアで過ごしていたので、未だに勤務先のタイ人スタッフにTerima kasih(ありがとう)なんて言っちゃうレベルには現状復帰していないとも先生です。

さあ今日から約3週間のインドネシアツアーを少しずつブログにアップしていきます。

ツアー初日は、エアアジアの最終便でバンコクからクアラルンプールへ行き、深夜に約5時間のトランジットをしてからインドネシア行きの早朝フライトに乗る、というスケジュール。

ただ…5時間だろ…トランジットホテルに泊まるほどではないし、かと言って椅子にずっと座って待っているのも嫌、というわけでエアアジアの空港ラウンジ「プレミアムレッドラウンジ」を利用してみました。
BlogPaint
↑深夜のクアラルンプール国際空港(KLIA2)。エアアジアのラウンジはひっそりと目立たない場所にありました。

BlogPaint
↑場所はP.Qゲートへ下りるエスカレーターの手前左側。小さいけどサイン表示があるよ。

BlogPaint
↑近寄ると分かるね。それでは入店。

<ラウンジの利用料金>
ビジネスクラスまたはプレミアムフレックス運賃利用者→無料
事前予約→69リンギット=約1,920円
当日飛び込み→79リンギット=約2,200円


BlogPaint
↑中はそこまで広くはないけど深夜で人が少ないから静か〜。

BlogPaint
↑なんか学食風の風景だな。他にも作業用のコンセント付きテーブルがあって深夜のブログ更新も楽々でWifiもサクサクでしたー。

BlogPaint
↑おジュース系のお飲物はですね、コーラ、ダイエットコーク、スプライトにビール。残念ながらビールは有料(15リンギット=約420円)。高っ!

BlogPaint
↑こちらではエスプレッソだかカフェオレだかが飲めるマシンがありますよ。とも先生はコーヒーを飲まないのでコーヒーの種類に疎いのですw 他に各種お茶、そして青リンゴ。

BlogPaint
↑食べ物系はですね、カレーサモサ、スポンジケーキにドーナツ。

BlogPaint
↑そしてミックスベジタブルチャーハン。こんなところもすっごいローコストなのさすがエアアジア!w

BlogPaint
↑チャーハンとサモサとハーブティーとリンゴ。とりあえずいただきまーす。

うん!不味い!

お茶とリンゴはとっても美味しかったです♡

*深夜帯だったから食事がひどかったみたい(涙)…朝、昼、夜の時間帯は、カレーやナシレマなどそこそこ充実しているらしいですよ。

BlogPaint
↑しかしこのラウンジ、のんびり寛げるスペースがないなあ…と思いながらふと見つけた階段を上っていったら…ありましたw

絨毯を敷いた広いお部屋に人をダメにするクッションがたくさん置いてあって、みなさんここで爆睡!深夜帯は食事をせずに(ちうか食べるものほとんどないし)、ここでとにかく仮眠をとるのがいいみたいだね!



こんにちは、とも先生です。

先月行ったシンガポールの帰り、バンコクに戻るフライトはシンガポール発ではありませんでした…。

シンガポール発のフライトがけっこうなお値段だったので、近所のジョホールバル・スナイ国際空港から飛んだのですが、思っていたよりもマイナー感あふれる空港w
BlogPaint
↑シンガポールから友人夫妻に車で送ってもらいました。空港は到着階と出発階が別れておらず、平屋建てのこじんまりした感じ。

BlogPaint
↑建物内にはお店がたくさんあって楽しい雰囲気なのに照明が暗くてどんよりしてるのなんでw

BlogPaint
↑チェックインカウンターは国内線も国際線もごちゃまぜの一緒くたで、なにがなんだかよくわからないままチェックイン完了w これ良くないと思うぞ。

BlogPaint
↑そして搭乗エリアへはチェックインカウンターから直接行くことができず、一度ショッピングアーケードに出てから入り直す感じ…うーん。

BlogPaint
↑搭乗エリアはだだっ広くてお店もたくさんあるんだけど…国際線はどこから乗るの?

うろうろうろうろ歩いていたら出国審査場があったので出国。

BlogPaint
↑国際線搭乗エリアはお店の改装中かなんかですごく寂しくて、こんなんならギリギリに出国すればよかったと後悔w

BlogPaint
↑そして最後の極めつけ!国際線の搭乗口がここ一カ所!もちろん大混雑!

BlogPaint
↑それでもなんとかエアアジアに乗れました。

まだ国際線の便数が少なくて設備が整っていないからかもしれないけど、ここから国際線に乗るのはあまり楽しくありませんでしたおしまいw



↑このページのトップヘ