とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 観光・散策

こんにちは、とも先生です。

2019年1月、バンコクから1泊2日でタイ東部の街チャンタブリーへ行ってきました。

バンコクからバスにゆられて4時間半のチャンタブリーは、湿度が高いのかなんなのかバンコクよりも暑いよう💦 今回はショートトリップなので、お天気の良いうちにバイクで郊外を観光することにしました🌟
BlogPaint
↑チャンタブリー市内を抜けて一路南へ。のどかな田舎道は交通量も少なくて気持ちいいのう!

BlogPaint
↑道中にはいくつか橋もあって風景が刻一刻と変わるから飽きないよ!楽しいよ!

BlogPaint
↑チャンタブリー市内から約25km、途中で道に迷ったりしながら1時間近くかかってレムシン・ビーチ/Laem Sing Beachに到着。のんびりした小さな町です。

BlogPaint
↑とも先生のお目当てはこれ、Tuek Daeng (French-occupied Chanthaburi Administrative Center)。幅7m、長さ32mの赤い建物は1893年にフランス軍によって建てられ、軍駐留本部ならびに兵士住居として利用されていました。

ここチャンタブリー県はとなりのトラート県とともに、1893年から1904年までの11年間、フランス軍に占拠されていた土地なんです。この11年の間にフランス軍によって建てられたコロニアル風建築が現在もいくつか残っているみたい。

BlogPaint
↑館内中央には当時の大砲が展示され、となりの部屋には建物の歴史を説明していると思われる展示パネルが設置されていました。ですが…すべてタイ語表記でしかも維持管理が雑なようで…ちょっと観光施設としての魅力はないかな…w

以前は町の図書館として機能していたそうなので、図書館に戻した方がいいと思うぞ!w

BlogPaint
↑ここは外側から建物をサラッと見るだけで十分かと思います。とも先生はコロニアル好きなので、なめるように時間をかけて見学しましたがw

BlogPaint
そしてTuek Daengから400mほど離れた道路沿いにあるのがKhuk Khi Kaiという捕虜収容所跡。ここもTuek Daengと同じく1893年に建てられました。なんだかレンガ造りのサイコロみたいな形してるー。

BlogPaint
↑小さな入口をくぐって中へ入ると、小さな穴がいくつも開いた高さ7mの壁が迫ってきます。

BlogPaint
↑あれ?収容所なのになぜ屋根がないかというと…実は屋根部分には金網が設置され、そこで大量の鶏を飼っていたそうなんですね。鶏さんだってご飯食べますよね…そしておトイレにも行きますよね…

そう…上から鶏さんたちのウ◯コが落ちてくるんです!!!

フランス軍に抵抗したタイ人は捕らえられ、この収容所に入れられたそうです…ひいいいいい!

…さて、次は眺めの良さげな高いところに行ってみようかな🌟



【2019年1月追記】
管理事務所の方に直接確認しましたが、現在ロック島での宿泊はできませんのでご注意ください。ツアー各社はロック島日帰りツアーのみ催行しています。


こんにちは、とも先生です。


2018-2019の年末年始は友人たちとランタ島へ行ってきました🌟

今回は一人旅ではなく友人たちとのグループ旅行なので、せっかくだから何かツアーに参加したい!キレイな海をスノーケリングしたりビーチでウフフアハハ言いながら追いかけっこしたい!

というわけで、前回とも先生がおひとりさまで参加したロック島ツアーにみんなで行くことにしたよ!

↓2017年12月上旬に参加したロック島ツアーの様子は過去記事をご覧下さい↓

ランタ島からロック島への行き方・アクセス
http://tomosensei.net/archives/1068810244.html
ロック島の宿泊事情とビーチ/海について
http://tomosensei.net/archives/1068810269.html
ロック島の展望台散策と島のご飯事情について
http://tomosensei.net/archives/1068810296.html
ロック島からランタ島へ戻ります
http://tomosensei.net/archives/1068908720.html
ちなみに、前回も今回も利用したツアー会社はパイレーツキング社↓
パイレーツキング/Piratekings Speedboat
https://web.facebook.com/Piratekings-Speedboat-484592561744274/
2017年12月に、とも先生が英語でチャットで申し込んだ時は1,200バーツ。

2019年1月に、とも先生が英語でチャットで問い合わせた時は1,300バーツ。

2019年1月に、友人がタイ語で電話で申し込んだ時は1,100バーツ。

料金が若干変わるようですw

BlogPaint
↑この日も朝から良い天気ー!クロンニンビーチから高速ボートに乗り込みます。

BlogPaint
↑1時間ほどでロック島へ到着し、希望者はそのまま約2時間のスノーケリングツアーへ。

BlogPaint
↑前回はGoproを忘れて海中写真撮れなかったからね!w 今回はバッチリ撮るからね!

BlogPaint
↑ロック島に限らずここいらへんのサンゴさんたちはあまり具合がよろしくありませんが(ハードコーラルはたくさんあるけど)、水の透明度はかなりのものです!

BlogPaint
↑午前のスノーケリングを楽しんだらロック島へ上陸、お待ちかねのランチです!

BlogPaint
↑ランチはツアー会社ごとにブースが別れていて、ぶっかけご飯スタイルでいただきます。

鶏肉のマサマンカレー、フライドチキン、野菜炒め、ご飯、フルーツ、カップケーキ、水、コーラ、パイナップルジュースってな感じのメニューで、お外で食べると美味しいね🌟

BlogPaint
↑食後は出発時間までしばしのフリータイム。ビーチでごろごろするもよし、日陰で読書するもよし。

BlogPaint
↑とも先生は友人Genoと浅瀬でキャッキャ言いながらモルディブごっこをしたりして遊びました。

BlogPaint
↑今回ビックリしたのが「キャンプ場が無くなってる!」。前回泊まったキャンプサイトが更地になっていて、年末年始のハイシーズンなのにバンガローも空っぽ!前回は、この写真の場所にテントが20張ほどあったんだよー!

管理事務所の方に尋ねたら、現在ロック島には宿泊できないとのこと。片言の英語同士でのやり取りだったため事の経緯まではわかりませんでしたが、これが一時的なものなのかどうなのか気になるところです。

BlogPaint
↑名残惜しいけどロック島に別れを告げランタ島へ戻ります。帰りにもう一カ所のポイントでスノーケリングをして終了、最後はきちんと宿泊ホテルまで送ってくれます。

日帰りツアーだけの催行になってしまったけど、それでも十分楽しめるツアーですよー🌟



こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

初めて訪れたランパーンは、木材などを北部地域からバンコクへ運ぶ中継地とされ、市内には当時からの古い建築物が多く残っています。というわけで歩いて探しまくってみたよ。
BlogPaint
↑鉄道の敷設とともに1916年に建てられたランパーン駅。1階がコロニアル風建築で2階が中国風という変わった造り。

BlogPaint
↑ああん、このアーチがたまらない。何度でも往復してアーチをくぐりたいw

BlogPaint
↑駅に改札はないので、利用客でなくても誰でも構内に入れます。

BlogPaint
↑夕方ののんびりしたホーム。列車の本数が少ないためか、市民のみなさんホームでくつろいでいますw

BlogPaint
↑Talat Gao通り周辺にはこのようなウォールペインティングも。カラフルなにわとりさん。

BlogPaint
↑こちらは1908年に建てられたMoung Ngwazin building。当時は木材関連の西洋人ビジネスマンのためのホテルだったそうな。現在は1階部分がカフェになってるよ。

BlogPaint
↑Yean si tai li ki buildingは、1913年に中国人実業家によって建てられた、当時この地域で一番大きな中国系デパートだったそうです。現在は建物の一部がゲストハウスとして利用されています。

BlogPaint
↑1917年建築のBaan Komsonは一般住居。中には入れないので外からちらっと眺めるだけ。

BlogPaint
↑中国人建築家によって1901年頃建てられたFong Lee building。現在はカフェ&ホステルになっています。

BlogPaint
↑タイ銀行博物館は、1930年に建てられたサイアム・コマーシャル銀行ランパーン支店の建物を利用しています。開館日であることを確認してから訪問したのですが…入口が固く閉ざされていました…。

実はこのタイ銀行博物館、事前に博物館に電話をして訪問予約をしないといけないそうです。
電話: 05-422-1976または05-422-5062

特にビッとしてバッとした見所のないランパーンですが、このような古い建築を訪ね歩くのもゆるふわで味わい深いですよー🌟


こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

チーク材などの集積地として栄えたランパーンには、ワン川に沿って古い木造建築が建ち並ぶエリア(カー・コン・ター/Kad Kong Ta)があります。その周辺で、週末だけナイト・マーケットが開催されるというのでちょこっとのぞいてみたよ。


↑ワン川に近いTalat Gao通りの約600mに渡ってたくさんのお店が出ます。

BlogPaint
↑ナイト・マーケットは週末の土日のみ、17:00〜22:00くらいの開催みたい。外国人観光客向けではなく地元の人が楽しむものだから、チェンマイに比べて規模は小さいけどローカル気分が味わえるよ。

BlogPaint
↑民芸品を始めとしたお土産屋さんもたくさんあったよ。タイ人観光客向けかな。

BlogPaint
↑橋のそばはアンティークのお店が並んでいました。若い人たちの出店が多くて、ここだけなんかオサレな感じ。

BlogPaint
↑日本では露店でお寿司販売なんて考えられないだろうけどタイでは普通w 一口サイズの小振りなお寿司たちが1つ10バーツで売られていたよ。

BlogPaint
↑サボテン屋さん、意外と繁盛してる。

BlogPaint
↑ナイト・マーケットが行われる通り沿いには古い木造建築が残っていて、夜にはライトアップもされてとってもキレイだよ。

BlogPaint
↑イサーンソーセージやネーム(発酵ソーセージ)が美味しそうだったので、真空パックのものをお土産に購入。

BlogPaint
↑そしてランパーンご当地Tシャツがたったの100バーツと安かったのでこれもお買い上げ。

夏休みに遊びにいった田舎のおじいちゃん家の小さな町で行われる夏祭りにこっそり参加したような感じ。週末にランパーン滞在をする方はお散歩がてらぜひー🌟


こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

チェンマイというと、ランナー王朝の都として栄え独特の文化が未だ息づくバンコクとはまた違う雰囲気の街なのですが、市内のいたるところに古い建築物が残っています。

タイは他国の植民地(コロニー)になった歴史がないため、いわゆるコロニアル建築というものは存在しません。しかし、フランス植民地だったラオスやカンボジア、イギリス植民地だったミャンマーやマレーシアといった周辺諸国から影響を受けたと思われるコロニアル風の建築が多く残っています。

というわけで、チェンマイ市内でコロニアル風建築を探してみたよ。
BlogPaint
↑ターペー門からターペー通りをピン川方面へ歩いて行くと、古い建物がいくつか目に入ってきます。

BlogPaint
↑これもランナー様式だけでなくどことなく欧風の香りもする。

BlogPaint
↑ピン川のそばにあるこの建物は1910年に建てられたもの。現在はチェンマイ郵便博物館/Chiang Mai Philatelic Museum。

BlogPaint
↑キレイに塗り直されてはいるもののベースはそのままみたい。

BlogPaint
↑郵便ポストもかわいい♡が…とも先生が訪れた日は博物館は改装休館中でした(2018年12月上旬)…いつ再オープンするんだろう。

BlogPaint
↑郵便博物館の道路はす向かいにも同じような建物がありましたが、こちらも入口が閉ざされていて中を見ることはできませんでした…なんだよう💦

BlogPaint
↑ピン川のほとりに建つのは築100年以上の旧Sri Prakard Hotel。

BlogPaint
↑現在は、Studio Three tofu general storeという日本人経営のお豆腐屋さん&カフェなんだって。

BlogPaint
↑今回は時間がなかったけど次回は必ずここで豆腐ランチする!w

BlogPaint
↑そして最後はVila Ciniという古いショップハウス。現在は1階にシルクショップだか雑貨屋さんだかが入っています。

他国の植民地になったことのないタイに、なんでこんなにコロニアル風の建物がたくさん残っているんだろうね。少しずつ勉強しよう。

 

↑このページのトップヘ