とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 観光・散策

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

初めて訪れたランパーンは、木材などを北部地域からバンコクへ運ぶ中継地とされ、市内には当時からの古い建築物が多く残っています。というわけで歩いて探しまくってみたよ。
BlogPaint
↑鉄道の敷設とともに1916年に建てられたランパーン駅。1階がコロニアル風建築で2階が中国風という変わった造り。

BlogPaint
↑ああん、このアーチがたまらない。何度でも往復してアーチをくぐりたいw

BlogPaint
↑駅に改札はないので、利用客でなくても誰でも構内に入れます。

BlogPaint
↑夕方ののんびりしたホーム。列車の本数が少ないためか、市民のみなさんホームでくつろいでいますw

BlogPaint
↑Talat Gao通り周辺にはこのようなウォールペインティングも。カラフルなにわとりさん。

BlogPaint
↑こちらは1908年に建てられたMoung Ngwazin building。当時は木材関連の西洋人ビジネスマンのためのホテルだったそうな。現在は1階部分がカフェになってるよ。

BlogPaint
↑Yean si tai li ki buildingは、1913年に中国人実業家によって建てられた、当時この地域で一番大きな中国系デパートだったそうです。現在は建物の一部がゲストハウスとして利用されています。

BlogPaint
↑1917年建築のBaan Komsonは一般住居。中には入れないので外からちらっと眺めるだけ。

BlogPaint
↑中国人建築家によって1901年頃建てられたFong Lee building。現在はカフェ&ホステルになっています。

BlogPaint
↑タイ銀行博物館は、1930年に建てられたサイアム・コマーシャル銀行ランパーン支店の建物を利用しています。開館日であることを確認してから訪問したのですが…入口が固く閉ざされていました…。

実はこのタイ銀行博物館、事前に博物館に電話をして訪問予約をしないといけないそうです。
電話: 05-422-1976または05-422-5062

特にビッとしてバッとした見所のないランパーンですが、このような古い建築を訪ね歩くのもゆるふわで味わい深いですよー🌟


こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

チーク材などの集積地として栄えたランパーンには、ワン川に沿って古い木造建築が建ち並ぶエリア(カー・コン・ター/Kad Kong Ta)があります。その周辺で、週末だけナイト・マーケットが開催されるというのでちょこっとのぞいてみたよ。


↑ワン川に近いTalat Gao通りの約600mに渡ってたくさんのお店が出ます。

BlogPaint
↑ナイト・マーケットは週末の土日のみ、17:00〜22:00くらいの開催みたい。外国人観光客向けではなく地元の人が楽しむものだから、チェンマイに比べて規模は小さいけどローカル気分が味わえるよ。

BlogPaint
↑民芸品を始めとしたお土産屋さんもたくさんあったよ。タイ人観光客向けかな。

BlogPaint
↑橋のそばはアンティークのお店が並んでいました。若い人たちの出店が多くて、ここだけなんかオサレな感じ。

BlogPaint
↑日本では露店でお寿司販売なんて考えられないだろうけどタイでは普通w 一口サイズの小振りなお寿司たちが1つ10バーツで売られていたよ。

BlogPaint
↑サボテン屋さん、意外と繁盛してる。

BlogPaint
↑ナイト・マーケットが行われる通り沿いには古い木造建築が残っていて、夜にはライトアップもされてとってもキレイだよ。

BlogPaint
↑イサーンソーセージやネーム(発酵ソーセージ)が美味しそうだったので、真空パックのものをお土産に購入。

BlogPaint
↑そしてランパーンご当地Tシャツがたったの100バーツと安かったのでこれもお買い上げ。

夏休みに遊びにいった田舎のおじいちゃん家の小さな町で行われる夏祭りにこっそり参加したような感じ。週末にランパーン滞在をする方はお散歩がてらぜひー🌟


こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

チェンマイというと、ランナー王朝の都として栄え独特の文化が未だ息づくバンコクとはまた違う雰囲気の街なのですが、市内のいたるところに古い建築物が残っています。

タイは他国の植民地(コロニー)になった歴史がないため、いわゆるコロニアル建築というものは存在しません。しかし、フランス植民地だったラオスやカンボジア、イギリス植民地だったミャンマーやマレーシアといった周辺諸国から影響を受けたと思われるコロニアル風の建築が多く残っています。

というわけで、チェンマイ市内でコロニアル風建築を探してみたよ。
BlogPaint
↑ターペー門からターペー通りをピン川方面へ歩いて行くと、古い建物がいくつか目に入ってきます。

BlogPaint
↑これもランナー様式だけでなくどことなく欧風の香りもする。

BlogPaint
↑ピン川のそばにあるこの建物は1910年に建てられたもの。現在はチェンマイ郵便博物館/Chiang Mai Philatelic Museum。

BlogPaint
↑キレイに塗り直されてはいるもののベースはそのままみたい。

BlogPaint
↑郵便ポストもかわいい♡が…とも先生が訪れた日は博物館は改装休館中でした(2018年12月上旬)…いつ再オープンするんだろう。

BlogPaint
↑郵便博物館の道路はす向かいにも同じような建物がありましたが、こちらも入口が閉ざされていて中を見ることはできませんでした…なんだよう💦

BlogPaint
↑ピン川のほとりに建つのは築100年以上の旧Sri Prakard Hotel。

BlogPaint
↑現在は、Studio Three tofu general storeという日本人経営のお豆腐屋さん&カフェなんだって。

BlogPaint
↑今回は時間がなかったけど次回は必ずここで豆腐ランチする!w

BlogPaint
↑そして最後はVila Ciniという古いショップハウス。現在は1階にシルクショップだか雑貨屋さんだかが入っています。

他国の植民地になったことのないタイに、なんでこんなにコロニアル風の建物がたくさん残っているんだろうね。少しずつ勉強しよう。

 

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

チェンマイ観光っていうとお寺以外にすぐ思い浮かばないんだけど、旧市街に博物館が集まっているエリアがあったのでゆっくり見てきました。チェンマイ歴史センター、チェンマイ市芸術文化センター、ランナー民俗生活博物館の3館です。
BlogPaint
↑まずはチェンマイ歴史センター/Chiang Mai Historical Centreから見学します。

BlogPaint
↑各博物館の入館料は90バーツなのですが、3館共通入館チケット(180バーツ=約620円)があったので購入。3それぞれ一度ずつ入ることが出来ます。

BlogPaint
↑ここはチェンマイの過去から現在に至るまでの歴史をジオラマや映像をふんだんに使った展示で楽しませてくれます。でも…展示の内容はそんなに深くないかなw

BlogPaint
↑館内には、ここで出土した遺跡がそのまま保存されています。まるごと残すんだね。

BlogPaint
↑次は、歴史センターの隣りにあるチェンマイ市芸術文化センター/Chiang Mai City Arts & Cultural Center。この建物は、1924年に建造された旧チェンマイ市庁舎を改装したもの。

BlogPaint
↑古い建物を利用した施設のため各展示室が狭くて、それなのに展示物をみちみちに並べちゃうもんだから見にくいったらありゃしないw

BlogPaint
↑チェンマイの生活文化を忠実に再現したコーナーはけっこう楽しかった。

BlogPaint
↑ここも展示内容に統一性がないというか、見ていて引き込まれるものがあまりありませんでした。まあ、とも先生はこの建物自体に一番興味があるので展示内容は二の次なんですけどねw

おおふ…館内のコリドールがステキ♡

BlogPaint
↑ここはミュージアムショップ、というかオサレ系雑貨屋さんが入っていました。店内写真撮影禁止だったから写真ないけどなかなか充実の品揃え。

BlogPaint
↑うおおおおおおおおふ。中庭が素晴らしい。ため息がでちゃう。

BlogPaint
↑中庭にはカフェもあるので時間に余裕があればどうぞ。

BlogPaint
↑そして最後に、芸術文化センターの向かいにあるのがランナー民俗生活博物館/Lanna Folklife Museum。ここもなんだか古い建物だなあと思ったら、1935年に建てられた旧チェンマイ裁判所を改装したものなんだって。ヨーロピアンでとてもステキだ。

BlogPaint
↑ここはランナー王朝時代からの宗教、祭礼、衣食住など生活や文化に関わるものの展示が中心。

BlogPaint
↑これは有名なカントークディナーかな。食品サンプルを使った展示もあります。

BlogPaint
↑こちらは2階にある織物のコーナー。

BlogPaint
↑旧裁判所だっただけあって裁判所のコーナーもありました。

3つの博物館はどれも頑張ってはいると思うんだけど、それぞれの独自性がないというか、重複している部分もあり、じっくり見学するには内容が薄いって感じ。でも、お散歩がてらぶらぶら流し見学する分には楽しめると思います🌟


ランナー民俗生活博物館/Lanna Folklife Museum
チェンマイ市芸術文化センター/Chiang Mai City Arts & Cultural Center
チェンマイ歴史センター/Chiang Mai Historical Centre

開館時間: 8:30-17:00(月曜休館)
URL: http://www.cmocity.com/centre_museum.html


こんにちは、とも先生です。

11月のとある日曜日に日帰りで行ってきたラフティング🌟
子どもも楽しめるラフティングツアーに行ってきたよ!
http://tomosensei.net/archives/1073123086.html
カオヤイ国立公園エリアの緑豊かな自然を満喫して、川沿いでランチも堪能して、さあ道が混まないうちにバンコクへ戻ろう!

でも…せっかくここまで来たから…あれが食べたい。

そ、ソフトクリームwww

とも先生の脳内では「大自然→牧場→乳牛→濃厚ソフトクリーム」という図が出来上がっていて、どうしてもソフトクリームが食べたいの!

とうわけで、わがままを言って帰り道にKhonyok Sheep Farmという牧場へ寄ってもらいました。

牧場というより異次元のパラレルワールドだったけどね💗
BlogPaint
↑牧場入口!さっそくバブル期の清里感がにじみ出ています!

BlogPaint
↑中へ足を踏み入れると、両脇には営業してるんだかしてないんだかの土産物屋が並び雰囲気抜群🌟

BlogPaint
↑入場料50バーツの他、牧場の動物さんたちへあげるエサセット30バーツも購入。

BlogPaint
↑園内へ足を進めるとなぜかペガサスがお出迎えしてくれたのでそのまま踵を返して退場するところでした。なんかもうダメな感じがするの。

BlogPaint
↑でも白いクジャクさんは珍しくてみんなで写真パチパチ。かわいいね。

BlogPaint
↑園内奥へ行くと、そこには羊さんたちが佃煮。ニンジンを持った小学生男子に視線が集中します。

BlogPaint
↑じーっ。

BlogPaint
↑ニンジンを前に出すとみなさん必死に顔を突き出してもうえらいこっちゃ状態。

BlogPaint
↑池にはなぜか過剰な数の錦鯉。かなりアグレッシブでパッシンパッシン跳ねていました。

BlogPaint
↑それでは最後に園内を散歩してみましょう。まずは気の触れたキリンくんのベンチ。

BlogPaint
↑眠剤過剰摂取で立っているのもやっとな羊さん。

BlogPaint
↑ヤク中ポン中のダブル仕様で瞳孔が開きっぱなしのカバたん。

BlogPaint
↑農薬飲んで肌の色が変わっちゃった男の子。いやなんかのキャラクターだろこいつ。

BlogPaint
↑そしてどこをどうやったらこんな風に作れるのかえらくステキ下品なカフェも併設されています💗パフェやプレートデザートのメニューが豊富でインスタ映え間違いないのだけど味が…味が…💦

入場料が安いのでぜひ一度お試しください🌟

ソフトクリームはありませんでした(怒)!


店名: Khonyok Sheep Farm
場所: Hwy 3049, Tambon Sarika, Amphoe Mueang Nakhon Nayok, Chang Wat Nakhon Nayok 26000
電話: 084-1823666
営業: 7:30-18:00

↑このページのトップヘ