とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 観光・散策

こんにちは、とも先生です。

インドネシア・ジャワ島旅行3日目。スラバヤのホテルにチェックインしたのがもう夕方前だったのですが、初めてのスラバヤだし少し街を見たかったので、タクシーを捕まえて一カ所だけ観光することにしました。

特にビッとしてバッとした観光名所がないと言われるスラバヤですが、サンポルナ社のタバコ博物館「House of Sampoerna」は、建物も内部もとても興味深いものでした。

BlogPaint
↑スラバヤ・グブン駅から約7km、車で20-25分の距離にあります。タクシーで敷地内に入り降ろされた目の前がもうコロニアル♡

BlogPaint
↑博物館の入口はどうやらここのようです。有料だか無料だか知らないけど、市内各所を巡回する観光バスがあるみたい、インドネシア人観光客がわらわらバスから降りてきました。

BlogPaint
↑インドネシアの一大タバコメーカーであるサンポルナ社の自社博物館。実際に工場として使っていた建物を博物館にしたそうです。

BlogPaint
↑入場は無料、入口にガイドさんらしきお兄さんお姉さんが何人かいましたが、どのような条件でガイドをしてくれるかは不明。

館内には、当時の貴重な写真や資料が所狭しと展示されています。

ただね、入館してすぐに感じたんですけど、タバコの匂いがすごい!

サンポルナのタバコって、クレテック(丁字/クローブ)が入っていて、その独特な甘い芳香とタバコの香りが強烈に漂っています。

お好きな方にはたまりませんが、タバコが苦手な方にはここちょっとキツいかも。それ以前にここに来ようと思わないかwww


BlogPaint
↑これは人力車かな?当時使っていたのかな。

BlogPaint
↑当時あったタバコの屋台も忠実に再現しています。いや、今でもあるw

BlogPaint
↑これは印刷機かな、実際に使っていた機械も展示されています。

この展示室から2階へ上がるとミュージアムショップがあり、タバコ製造場を上から眺めることができるのですが、2階は写真撮影禁止のため写真ありません。

BlogPaint
↑なんかゴージャスな気分になるなあ。

BlogPaint
↑陽が落ちてからライトアップされた建物も雰囲気があってステキだねえ。

博物館の割に夜まで開いているし敷地内にカフェもあるので、観光の順番的には一番最後でいいかも。ただ、館内は本当にタバコとクレテックの匂いがすごかったw



名称: サンポルナ・タバコ博物館/House of Sampoerna

こんにちは、とも先生です。

インドネシア・ジャワ島旅行2日目。ブリタール/Blitarという街のホテルにチェックインしたとも先生は、ベチャ(自転車タクシー)に乗ってさっそく観光に出かけました。

この小さな街ブリタールにある最大にして唯一の観光スポット「Makam Bung Sukarno」は、インドネシア初代大統領であるスカルノが祀られている廟、要するにスカルノのお墓です。

デヴィ夫人の旦那様といえば分かりやすいかな?

BlogPaint
↑トゥグホテル前にいたベチャと交渉して、スカルノ廟までの往復と最大日没までの待機でベチャチャーター(75,000ルピア=約630円)。交渉って言っても言い値で一発OKしちゃった。

ベチャは緑豊かな落ち着いた街並をゆっくり走ります。


BlogPaint
↑トゥグホテルから20分ほどで到着、思ったよりも近かったw。ここは、2004年に博物館を含めた複合施設とした生まれ変わったらしく建物はまだ新しいね。

BlogPaint
↑博物館をズンズン奥へ歩いて行くといきなりスカルノさんが銅像でドカン!かなりデカいので記念写真はぜひここで。有料で撮影してくれるカメラマンらしきおじさんもちらほらいたので必要であればどうぞ。

BlogPaint
↑博物館を過ぎてさらにズンズン奥へ歩くと……バリ島の割れ門?

門へ入る前に係員から記帳登録をするように促され、写真の割れ門右側にある建物で記帳。ここでいくばくかのお布施もします。金額はまあご自分で。


BlogPaint
↑そして割れ門をくぐると奥にようやくスカルノ廟がありました。言葉にするのは難しいのだけど、なぜかここだけ空気感が違っていました。神聖というかピリッと張りつめた感じ。

BlogPaint
↑中央にスカルノ、両脇にジャワ人のお父様とバリ人のお母様が眠っています。

BlogPaint
↑没後47年経った現在でもスカルノ信奉者は多いようで、みなさんずっとずっとお経のようなものを唱えていました。

この廟には墓守兼ガイド的おじいさんが数人常駐していて、いかにも観光客なとも先生に対しても親切丁寧にお話をしてくれましたよ。


BlogPaint
↑さあ、お墓参りも済んだので次は博物館へ行ってみましょう。敷地内への入場自体は無料なので、近所の中学生高校生らしき子たちがたくさんダベっていました。

BlogPaint
↑壁面にはレリーフも設置されスカルノ感満点☆

BlogPaint
↑こちらがスカルノにまつわる写真や資料を展示しているスカルノ博物館です。

が!

16:00で閉館!とも先生が博物館に入ろうとしたのが16:00!

午後の訪問はまず先に博物館、その後で廟へ行きましょうね……後悔(泣)。

<スカルノ博物館>
開館時間 8:00-16:00(金以外)/8:00-11:30,13:00-16:30(金)


BlogPaint
↑敷地内には平和を願う大きな銅鑼もありました。

一般的な観光旅行でブリタールまで来ることはまずないと思いますが、もし機会があればぜひオススメします。あああ博物館にも行きたかったよう!


Makam Bung Sukarno

こんにちは、とも先生です。

インドネシア・マラン滞在2日目。この日はマランからブリタールという街へ移動するので、朝ご飯を食べてから列車のチケットを買いにマラン駅へお散歩。

途中の橋をテクテク歩いていると、何やらカラフルな風景が目に飛び込んできました……何ここ?!?!家がみんなレインボーだよ?何これwww

BlogPaint
↑ここどこだよw とツッコミ入れたくなるカラフルで面白い風景。

世界一カラフルな村とも呼ばれているここ「カンプン・ワルナワルニ/Kampung Warna Warni(カラフルな村)」は、低所得地域の治安対策や観光振興の一貫として政府の支援を受けて行われているプロジェクト。現在ではマランの観光スポットとしてインドネシア国内から多くの観光客が訪れています。

要するに、家をみんなカラフルに塗っちゃえばみんな気分もハッピーになるし、インスタ映えするからお客さん来るんじゃね?という発想です。


ここの存在は以前から知っていたけど、マランにあったんだ!偶然見つけられてとも先生うれしー!列車のチケット買う前に見学しまーす!


BlogPaint
↑カンプン・ワルナワルニは、ジョディパン地区、トリディ地区など、いくつかの集落から成り立っています。とも先生は橋のたもとにあるジュアンダ地区から入場。

BlogPaint
カンプン・ワルナワルニ入場料(2,000ルピア=約17円)。チケットがド◯えもん風なのは気にしないw

BlogPaint
↑まだ朝なので他の観光客はほとんどおらず静かな村内。子どもたちが遊んでいたり、おばあさんが洗濯していたり、日常の光景も垣間みられます。

BlogPaint
↑建物をカラフルに塗るだけではなく、傘や風船などオブジェ的なものもたくさん飾られているよ。途中、軽食や飲み物を売るお宅もあるので、お腹の空き具合によってどうぞ。

BlogPaint
↑村は川岸にあるので坂道が至るところにあって道もけっこう入り組んでいます。少しだけ体力が必要だけど、散策的にはそれが楽しいよね。

BlogPaint
↑坂を下りて川岸の方へ行ってみます。村内はけっこう広いのですが、何カ所か有料の公衆トイレもあるので安心。

BlogPaint
↑塗料メーカーの宣伝が至るところにwww このプロジェクトに関して、この塗料メーカーがかなり援助しているんだろうね。このカラフルな村自体が自社製品の宣伝になるものね。

BlogPaint
↑全景を見渡せる橋へ上ってみました。が、床面がガラスになっているので高所恐怖症のとも先生はこれ以上前進できず……この写真は渾身の一枚。

BlogPaint
↑どこを撮っても写真映えする風景。現在約240棟の建物がカラフルに塗られていて、プロジェクトの成功をふまえて今後さらに数を増やすそうです。

見学時間は30分もあれば充分かと思います。カラフルでとても面白い村ですが、その背景も知るとまた一層興味深いですね。マラン滞在時にはぜひ☆


Kampung Warna Warni
場所: マラン駅から徒歩約10分。
営業: 6:00-18:00
http://macigo.com/kampung-warna-warni-dan-kampung-tridi-jodipan/

こんにちは、とも先生です。

ジャワ島旅行最初の滞在地マラン。スラバヤに次ぐ東ジャワ第二の都市だけど、こじんまりしていて落ち着いた雰囲気だなー。それほど標高は高くないはずだけどなんだか涼しいよ。

市内には特に目立った観光スポットはなさそうだけど、お散歩しながら古い街並をぶらぶら歩いてみました。

BlogPaint
↑マラン駅前から続く本通りは、植え込みや歩道やベンチが美しく整備されていてそれだけで気持ちいい。歩く人々もどこか穏やかな顔をしています。

BlogPaint
↑おそらく民家。広い芝生のお庭に平屋建ての古い建物があって、こんな家に住みたいよう!

BlogPaint
↑これもまた古いねえ。どうやら町内会館や市民文化センター的な場所みたいです。歴史あるコロニアル建築が未だ現役で利用されているのしゅごい。

BlogPaint
↑インドネシアの中でも、教会が街並にキレイに溶け込んでいる風景も珍しい。

BlogPaint
↑マランの伝統芸能芸術センター的な施設の前に立っていた像。伝統的な衣装なのかな。

BlogPaint
↑夜になると街中がライトアップされます。ここは中心部のマラン市庁舎。

そして日中より気温が下がり、暑がりのとも先生ですら何か羽織るものが欲しくなるレベルの涼しさ……ここインドネシアなんですけど!

BlogPaint
↑マラン駅前も明るくライトアップされて、みんな屋台でご飯食べたりお外でおしゃべりしていて楽しそう。

でも涼しい!長袖盛持ってきてねえよ!

BlogPaint
↑駅前にはでかいライオン像が。マランのマスコット?

マランは郊外のブロモ山観光等への拠点として機能しているので、市内に特にこれといった観光スポットはありませんが、古い街並をお散歩しながら愛でるにはとても楽しいところでした。

まあ、お好きな方向けですね!w

こんにちは、とも先生です。

初めてやって来たベトナムのハイフォン。

ハノイよりも落ち着いた街並で、コロニアル建築が未だ残るステキシティだとガイドブックに書いてあったのでやって来ましたが、うん、まあ、お散歩は楽しかったけど観光という点では特に何もないとこでした!

「コロニアル建築」や「古い街並」なんてキーワードに全く興味の無い方には地獄!

BlogPaint
↑ホテルで少し休憩してから外へ出てみました。さっき降った雨が止んだのでとってもムンムン蒸し暑い。

BlogPaint
↑お散歩がてらまず最初に来たのがハイフォン博物館/Hai Phong City Museum。古代から近現代までのハイフォンの歴史を中心に、約2万点もの展示品があるということでじっくり見てまわりたいと思います!楽しみ〜♡

BlogPaint
↑本日休館日!!!

BlogPaint
↑ええと…もう行くとこなくなっちゃったテヘ。とりあえずベトナム名物の爆走バイクを撮る。

BlogPaint
↑行くとこなくなっちゃったので民家の洗濯物を勝手に撮る。こういうお家に住みたいな。

BlogPaint
↑そしてMAPS.MEを見たところ近くにお寺があるというので行ってみることに。チュアハン通りはザ・ローカルって感じでなんや町民からの視線がすっごい突き刺さるんですけど!でもこの道を通らないとお寺にイケナイの!通らせて!

BlogPaint
↑なんかここ?着いたのはドゥハン寺/Du Hang Pagoda。とっても小さな入口だけど、係のおっちゃんが手招きしてくれたので遠慮なく入店。特に入店料みたいのはなかったよ。

BlogPaint
↑境内の英語看板には「◯◯はいいけど△△は撮影禁止!」などすっごく細かくルールが書いてあって、全部読んで理解する前に写真バンバカ撮っちゃった☆ 敷地は狭いけど仏教テーマパークみたいで楽しい。

BlogPaint
↑この奥が僧坊みたいで、お坊さんがひっきりなしに出たり入ったり入ったり出たり。

BlogPaint
↑お寺見たらお腹空いて来たのでホテル方面へ戻ります。途中で見つけたユニクロは他国ではまず見られない斬新な業態で、こんなに間口の狭いユニクロがあるんだ!看板手書きなんですけど!!w

BlogPaint
↑あ!見るとこがなさすぎてコロニアルのこと書くの忘れてた!うん、街中にはステキなコロニアル建築がたくさん残ってましたおしまい。

あ、ちなみに、ハイフォン郊外のドーソンという岬には、日本からたくさんお買い物の人たちがやってくるくらいの置屋エリアがあるそうです☆ どうりでハイフォンの街中にけっこうな数の日本人男性がい

さ、ハイフォン名物を食べに行くよ〜。

↑このページのトップヘ