とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 観光・散策

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン3日目、旅行最終日ですがバンコクへ戻るフライトが夕方なのでそれまでみっちり観光するよ。
BlogPaint
↑やって来たのはヤンゴン市内中心部にある旧ビルマ政庁/Secretariat Office。

イギリス植民地時代の1889年に着工し1905年に完成したヴィクトリア様式の歴史的建造物は、東南アジア各地に残るイギリス植民地時代のコロニアル建築の中で「最高傑作」とも言われています。

BlogPaint
↑申し込んだツアー開始までまだ時間があったので建物の北側を通りから見学。

現在絶賛改装工事中で、2020年に複合大型文化施設としてオープンするそうです。

BlogPaint
↑長年放置されていたこの朽ち果てっぷりがたまらない♡でも順にどんどん改装されて壁も塗り直されているから、廃墟好きはとにかく急いでヤンゴンへ行ってね!

BlogPaint
↑ツアー開始時間が近くなったので、この門から中へ入って右側の建物で待機します。

今回とも先生が申し込んだツアーは「Secretariat Renovation Tour」という、ガイドさんと一緒に改装工事中の旧ビルマ政庁内部を見学できるツアー。土曜日朝9:30のツアーに参加します。

申し込み方法などの詳細はこの記事の一番最後に書いてあるから最後まで読んでね☆


↑ツアー集合場所はここ。

BlogPaint
↑キョロキョロしているとすぐに係の人がやって来て対応してくれます。まずは予約時の名前を確認した後、ツアー誓約書にサインを。

BlogPaint
↑若い男の子のガイドの後に付いて南棟の建物の中へ入ります。なんだか興奮してきたよー!

BlogPaint
↑うおおおおおおおおおおお!なんじゃこれはー!!ステキすぎておしっこ漏らしそう!!!

建物中央部の高い吹き抜けが二重らせん構造の階段になっていて、これがもうコロニアル好きには涙がでちゃうステキレベル!

BlogPaint
↑この吹き抜けはまだ改装工事の手が入っていないようで、とにかくもうため息しか出ないステキ空間。

BlogPaint
↑ツアーの最初からいきなりすごいもんを見せられたとも先生は、なんだかもう夢見心地で外の中庭へ。

中庭はすでにかなりの部分が美しく整備されています。

BlogPaint
↑中庭の中央に建つのは、ここで暗殺されたアウンサン将軍と6人の閣僚たちの慰霊碑。

BlogPaint
↑慰霊碑そばにあるこちらの建物は旧ビルマ議会棟。ここでツアー代金の支払いや説明があるとのこと。

BlogPaint
↑ここで若い男の子から若い女の子のガイドさんにチェンジし、まずはツアー代金(9,000チャット=約630円)を払いチケットをもらいます。

BlogPaint
↑ここは旧ビルマ議会。ガイドさんがタブレットの写真資料などを使って分かりやすく説明してくれます。とも先生は写真撮るのに夢中になっちゃったけどw

BlogPaint
↑議会棟に残されていた瓦。フランスのマルセイユで作られたものなのか、マルセイユから運ばれたものなのかはわかりませんが、とにかくエスプリな瓦。

BlogPaint
↑議会棟見学の後は、ヘルメットを着用して日傘を借りて西棟の建物へ入ります。

BlogPaint
↑西棟の吹き抜けもこれまたステキじゃーん♡黒い階段も含めて、補強工事はするけどなるべくこのままの形で利用していくんだって。

BlogPaint
↑工事は日々着々と進んでいるので、昔の朽ち果てた姿を見たい人はとにかく急いでヤンゴンへ!そして急いでツアーに参加して!

BlogPaint
↑この床のタイルもステキー♡このまま残して欲しいな。

BlogPaint
↑ガイドさんの後を付いて歩くツアーなので建物内を好き勝手に動くことができないのが残念。工事中だからね、仕方ないよね。

BlogPaint
↑これは…当時の洗面台?!水場であることには間違い無さそうだけど、コリドール(回廊)にあるの珍しくない?

BlogPaint
↑そしてまた南棟の吹き抜けに戻ってきました。ここさー、とも先生めちゃくちゃ気に入っちゃったよ。また来たいよここ。

BlogPaint
↑最上階から下を見るとこんな感じ。

BlogPaint
↑最上階から臨む中庭、高いところから見るとめちゃくちゃ広いね!と思ったら、ここ建物だけで東京ドーム1.4個分の広さがあるとのこと。

BlogPaint
↑やべえこの吹き抜けの二重らせん階段に惚れちゃった…フレームは全部イギリスから船で運んだんだって♡

BlogPaint
↑この女性の彫刻はエリザベス女王なんだって♡ああもういちいちため息がでちゃう♡

BlogPaint
↑最後に軽くコリドールをお散歩してツアーは終了。

ツアー時間は1時間の設定ですが、今回とも先生が参加した時は参加者が2名だけだったということもあってか45分ほどで終了。でも満喫しましたっ!

訪れる度にその姿を変えていく旧ビルマ政庁。みなさんもツアーに参加してその目で確かめてみてください!ヤンゴン市内の観光スポットとしてぜひおすすめします!

【英語ガイドツアー催行日時】
月曜日-金曜日/9:30, 11:30, 13:30, 15:30の1日4回
土曜日/9:30のみ
日曜日/お休み

【参加代金】
9,000チャット/人

【申し込み&問い合わせ】
Asia Tours Myanmar
9:00-17:00
09-427273018, 01-8398420
info@asiatoursmyanmar.com
https://web.facebook.com/asiatoursmm/
*ツアー参加前日までに予約が必要

↑名前と参加人数、ツアー参加希望日時を伝えるだけで簡単に申し込みができます。とも先生はFacebookメッセンジャーから簡単な英文で予約申し込みをして、数時間後には予約確認のメッセージが届きましたよ。




こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン2日目、とも先生の大好きなコロニアル建築を見て歩いて見て歩いて一日が終わろうとしたのですが、バンコクの友人から「どんなにお寺系に興味がなくてもシュエダゴン・パゴダには行って!絶対に行って!」と言われたのを思い出しました。
ヤンゴン市内観光はコロニアル建築巡りがおすすめ
http://tomosensei.net/archives/1072907471.html
とも先生…お寺系にはあんまし興味ないんだけどな…。でもヤンゴンの唯一にして最大の観光名所ということもあるし行ってきました「シュエダゴン・パゴダ/Shwedagon Pagoda」
BlogPaint
↑ヤンゴン市内中心部からGrabタクシー(2,600チャット=約180円)に乗ってシュエダゴン・パゴダの東口に到着。時間は夕方17:20くらい。

BlogPaint
↑パゴダへ入る前に注意書きの看板が。靴を脱いで露出の少ない格好だったら問題無し。

BlogPaint
↑なんだかゴールがまったく見えない長い階段を上っていきます。ただ両脇にずらりとお土産物屋さんや仏教系グッズ屋さんが並んでいるので見てて飽きなかったよ。

BlogPaint
↑階段を上りきった所にチケット売り場があるので拝観料(10,000チャット=約710円)を払います。もしここで服装チェックに引っかかった場合は、ロンジー(ミャンマーの腰巻き)を貸してくれますが有料です。

BlogPaint
↑チケットと一緒に日付の入ったシールもくれるので胸元に貼っておきましょう。このシールを見せれば、当日何回でも入退場ができます。

BlogPaint
↑そして中へ…うおおおお!なんかピカピカ! 語彙の少ない自分が憎い!w

BlogPaint
↑日没前の日射しが和らいだステキタイムだからか境内はミャンマー人でえらいこっちゃ状態。外国人観光客もいるにはいますがお祈りに来たミャンマー人のほがはるかに多いー。

BlogPaint
↑うおおおおおお!これがシュエダゴン・パゴダか!

…あれ…でも…なんか…カバーがかかっているみたいなんだけど。

よくよく見てみると、パゴダの上部に竹で足場が組まれています。

実はシュエダゴン・パゴダは5年に一度修復工事を行うそうなのですが、劣化が激しいため1年前倒しの今年2018年9月から修復工事を始めたそうな。

少し残念だけど、でも修復工事中のパゴダは5年に一度しか見られないしね、これはこれでよし!w

BlogPaint
↑お釈迦様もみちみち。

BlogPaint
↑柱の彫刻もすっごく造りが細かくて静かに感動。

BlogPaint
↑もうそろそろ日が沈むよう、って頃になるとみなさんお祈り開始。すごい人の数です。

そしてとも先生は18:00頃に一旦パゴダを出て近所のマッサージ屋さんへーw

BlogPaint
↑夜20:00、再びシュエダゴン・パゴダへ戻ってきました。ここは北口。

BlogPaint
↑うおおおおおおおおおお!!!なんだこ・れ・は!!!美しい!!!黄金!!!

BlogPaint
↑この時間になると、地面はひんやり冷たく気温も落ち着いてきて、とてもさわやかな気持ちで見学できました。

日中の暑い時間はちょっと…だけど、夕方と夜、どちらもそれぞれに美しい姿を見せてくれました。もしお時間に余裕があったら夕方と夜、または早朝と夜の2回行ってみてください!


名称: シュエダゴン・パゴダ/Shwedagon Pagoda
場所: Shwedagon Pagoda, Yangon, Myanmar
拝観: 4:00-21:00
URL: https://www.shwedagonpagoda.com.mm/

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン2日目は、イギリス植民地時代のコロニアル建築が多く残る市内を歩いて観光するよ。
BlogPaint
↑まずは歴史的建造物が軒を連ねるストランド通りを歩きます。写真左手前から、中央郵便局、イギリス大使館、オーストリア大使館跡。

BlogPaint
↑1901年にサーキーズ兄弟の設計で建設されたストランド・ホテル。

The Strand Yangon
https://www.hotelthestrand.com/

BlogPaint
↑ミャンマー・ナショナル航空のオフィスビルもかなり古いね。

BlogPaint
↑ミャンマー港湾ビルの建物は教会にも見えるよ。

BlogPaint
↑旧中央会計士事務所の建物も朽ち果て感がステキだ。

BlogPaint
↑パンソダン通りの建物はほとんどが歴史的建造物で保存対象になっているみたいだよ。

BlogPaint
↑マーチャント通りのインド大使館ビルもステキコロニアル。大使館なのに厳重な警備とかなくて通りからダイレクトインというカジュアルさw

BlogPaint
↑マーチャント通りにあるインド・マーチャンタイル銀行跡(写真右)と香港上海銀行跡(写真左)。

BlogPaint
↑ミャンマー経済銀行の建物は白とブルーの色合いがステキ。

BlogPaint
↑重厚で大きな建物は一体なんだろう?と思ったらヤンゴン中央病院でした。コロニアルな病院!

BlogPaint
↑白亜のヤンゴン市庁舎。

BlogPaint
↑1912年に建設された中央消防署。

BlogPaint
↑旧最高裁判所は、ミャンマーの首都がネーピードーに遷都するまで使われていました。

ヤンゴン市内に残るコロニアル建築の数があまりにも多すぎてとも先生ビックリ!

主要なコロニアル建築は市内中心部に比較的密集しているので徒歩で観光することができます。街中には歴史的建造物一覧マップがいくつか設置されているので、興味のあるものを探しながら散策するのも楽しいですよ☆




こんにちは、とも先生です。

先日、友人から「ねえねえ、ヤワラートに古い中国家屋があるらしいんだけど、興味があったら一緒に行かない?」とお誘いを受けました。送られてきたリンクをたどり写真を見ると、とも先生好みの朽ちる寸前のお好きな方にはたまらない建物でもうこれは行くしかないでしょ!

というわけで、友人親子と3人で週末にお出かけしてきたよ。

築230年以上と言われる福建スタイルの商家「So Heng Tai」は、一風変わった古民家カフェでした☆
20181103_210749_0001
BlogPaint
↑国鉄&MRTフアランポーン駅から約900m、のんびりぷらぷらお散歩しながらで徒歩15-20分くらいかな。

えー?!こんな細い路地を入っていくの?ってところを入っていきますが、Googlemapを見ながら行けば迷わずに一発でたどり着けます。

BlogPaint
↑ここが入口。ザ・中国スタイルって感じですよね。タイ人や中国系の観光客に人気の穴場スポットらしく、みんな入口をバックに記念写真を撮っていました。

BlogPaint
↑赤い門をくぐり中へ入ると、目の前に飛び込んできたのはプール?!中庭にプールがあるんですけど!

BlogPaint
↑実はここ、オーナーの趣味で中庭にダイビングプールがあるんですw しかもここでオープンウォーターライセンス取得に必要なプール講習を受けることもできます。

歴史的建造物の中国古民家とダイビングプール…なんだか不思議な空間です。

BlogPaint
↑ここは入場無料となっていますが、1人1つ以上飲物などを注文してください。

BlogPaint
↑建物の入口で靴を脱いで中へ入ります。きちんと維持管理している感じはないのですが、逆に朽ち果てそうなギリギリの雰囲気がたまらない!

BlogPaint
↑プールを取り囲む建物のテラスにはテーブルと椅子があるので、ここで休憩しましょう。ほんのり吹いてくる風が気持ちいいよ。

BlogPaint
ライチソーダ(60バーツ=約210円)ブルーベリーレアチーズケーキ(75バーツ=約260円)。冷たい飲物とひんやりデザートが、火照った身体を優しく冷やしてくれます。

周辺はほとんど観光開発されていないエリアなので、お散歩するだけでローカルな雰囲気を楽しめますよ。もう乾季に入ったことだし、次の週末のお散歩にいかがですかー。


店名: So Heng Tai
場所: 282 Soi Wanit 2, Khwaeng Talat Noi, Khet Samphanthawong, Bangkok 10100
電話: 080-2187000
営業: 9:00-18:00(火-木),9:00-21:00(金土),月曜お休み
FB: https://web.facebook.com/Sohengtai/


こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ出発前日、空港そばのニゴンボのゲストハウスにチェックインしたとも先生。
ニゴンボのコロニアルゲストハウス「ハミルトン・ハウス」
http://tomosensei.net/archives/1072401825.html
部屋に荷物を置いたらさっそく観光に出かけますよー。

ここニゴンボは、植民地時代に建てられた教会が20以上もあるという、カトリック教徒の多いビーチ沿いの街。どことなくヨーロピアンな薫りのするニゴンボには、コロニアルな建物がたくさん残っているというので楽しみ☆
20181010_205714_0001

BlogPaint
↑テクテクと歩いてまず最初にやって来たのはOur Lady of Snows Church。1910年に建てられたカトリック教会です。外壁は定期的に塗り直されているようでとてもキレイ。

BlogPaint
↑そして運河沿いをお散歩。このオランダ運河(ハミルトン運河)/Dutch Canal(Hamilton Canal)は、植民地時代に物資輸送のために造られたもので、現在は漁師さんたちが船で海へ出るための大切な通り道になっています。

運河の水はあまりキレイではないんだけどwお散歩するにはとても気持ちいいよ!

BlogPaint
↑街外れまで歩くと何やら看板が…SRI LANKA PRISON…ってスリランカ刑務所?!

BlogPaint
↑刑務所手前左手の丘の上には聖ステファン教会。すでに門が閉まってしましたが、門番さんのご好意で中へ入れてくれました。独特の形をしているけど何スタイルなんだろう。

BlogPaint
↑教会のそばにオランダ植民地時代の要塞跡があるというのでとりあえずこの小汚いトンネルをくぐったのですが、これが要塞跡でしたwww 要塞はほとんど残っていないようですね。

BlogPaint
↑トンネルの上の部分は絶賛修復工事中。完成形はどんな形になるんだろう。

BlogPaint
↑この門の向こうが刑務所。残念ながら面会の家族以外は中に入れないみたい(当たり前か!)。

BlogPaint
↑刑務所を後にして海へ向かってテクテク歩くと魚市場/Negombo Fish Market発見。明日出発なのでお魚さんは買えないけど、楽しそうだから見学ー。

BlogPaint
↑うおー!イメージ的に品揃えは貧相かと思っていたんだけど!魚!海老!イカ!貝類などけっこう種類豊富!マグロさんもお刺身でいけそうなほど新鮮だったよ!

BlogPaint
↑市場の横にはこのような畑?が広がっているんだけど…何?

BlogPaint
↑魚おおおおおおお!よく見たら全部魚!小魚!天日干しにしているんだね!

BlogPaint
↑聖メアリーズ教会は、スリランカにあるカトリック教会の中で最古のひとつ。ちょうど礼拝時間だったので遠慮して内部は見学しませんでしたが、祭壇などはヨーロッパから船で運んだんだって。

BlogPaint
↑教会の隣りに建つこの黄色い建物もかなり古いなあ。どうやら教会に隣接する聖メアリーズ大学の校舎のようです。

ニゴンボっていうと、空港から近いためトランジットステイで1晩(夜〜翌朝)だけ滞在する観光客が大半らしいんだけど、1泊してお散歩してみるとかなり楽しいよ!日程に余裕があればニゴンボステイもおすすめです!

ではでは、観光に夢中になってご飯食べていなかったので遅いランチに行ってきまーす。




↑このページのトップヘ