とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 食べる・呑む

こんにちは、とも先生です。

2019年1月、ふらっとやって来たタイ東部の街チャンタブリー。

あっという間にバンコクへ戻る時間が来てしまいましたが、最後の最後までチャンタブリーを楽しみたいと思います!チャンタブリーの名物といえば!大聖堂!新鮮なフルーツ!!そしてシーフード!!!さらにはクイッティアオ(米麺)!!!!

オールドタウンには、シーフードをふんだんに使った料理をリーズナブルに食べさせてくれる庶民的なお店がいくつかあるというので、とも先生朝からはしごしてきました🌟
BlogPaint
↑まずやって来たのは、オールドタウン北端にあるJe Ong Seafood Noodles。角にある木造の古いお店です。

BlogPaint
↑朝から店内席はお客さんで混んでいたのでとも先生は通り沿いのオープンエア席へ。

BlogPaint
↑英語はまったく通じなかったのですが、写真入りのメニューがあったので指差し注文。頼んだのはシーフード・トムヤンクン・ヌードル(70バーツ=約240円)

BlogPaint
↑トムヤンクンスープの細い米麺(センレック)の上に、シャコ、カニ爪、エビさんがこんもり盛られています。もうビジュアルだけで美味しそうだよね!

スープはそれほど辛くなく旨味たっぷり!シーフードは茹でてあるだけなので、スープに浸しながら美味しくいただきました🌟

他にも、シーフードをご飯に乗せたものや、茹でシーフード盛り合わせなど、いくつかメニューがありましたよー。


店名: Je Ong Seafood Noodles
場所: Tambon Wat Mai, Amphoe Mueang Chanthaburi, Chanthaburi 22000
電話: 081-3992899
営業: 9:00-16:00
FB: https://web.facebook.com/jeongseafoodnoodles/

BlogPaint
↑そして2軒目!オールドタウン南端近くにあるJe Eed Seafood Noodlesです。古い木造家屋の狭い間口の1階がお店ですが、通りから見える位置に看板があるのですぐに見つかると思うよ。

BlogPaint
↑週末は大行列ができるほどの人気店なんだそうですが、平日の朝はこんな感じで落ち着いています。

BlogPaint
↑ゆっくり食べられそうなのでまずはジュース(20バーツ=約70円)を。カラマンシーだったかな?柑橘系のフルーツジュースは甘酸っぱくて朝から元気になれそう!

BlogPaint
↑注文したのは、海鮮スープの幅広米麺(クイッティアオ)の上に、これまたシャコ、カニ爪、エビさんたちがたっぷり乗ったシーフード・クイッティアオ(100バーツ=約350円)

ここもシーフードは茹でてあるだけなので、スープに浸したり自分で味付けをしていただきます。薄味スープとモチモチ麺が美味しい🌟

こちらもシーフード・ライスやシーフード単品の注文ができます。


店名: Je Eed Seafood Noodles
場所: 44 Sukhaphiban Rd, Tambon Wat Mai, Amphoe Mueang Chanthaburi, Chang Wat Chanthaburi 22000
電話: 039-314738
営業: 9:00-16:00

【まとめ】
どちらのお店のシーフード麺も美味しかったです!が!特にどちらが劇的にずば抜けて美味しかったというほどの違いは感じられませんでした!どこのお店も外れはなさそうです!w

こんにちは、とも先生です。

2019年1月、バンコクからふらっと1泊2日で行ってきたタイ東部の街チャンタブリー。

夕飯は、宿泊ホテルそばにあるレストラン「Chanthorn Pochana Restaurant」で、チャンタブリーの地元料理をいただきます。美味しくて思わず笑みがこぼれてしまうお店でした🌟
BlogPaint
↑お目当てのお店はチャンタブリー市内に2店舗あり、とも先生が行ったのは観光エリアに近いBenchamarachuthis通り店。写真手前の建物1階がお店です。

BlogPaint
↑人気のお店なのでかなり混むらしい、とのネット情報を得ていたので17:30に入店したのですが、平日ということもあってかお客さんはほとんどいません。どうやら混むのは週末だけみたいだね。

BlogPaint
↑メニューは一部写真付きの英語併記なので注文は難しくないよ。片言の英語が話せる店員さんがいたので、おすすめの料理を3品頼みました。

BlogPaint
↑お店が混んでいないからか、注文して10分くらいですべてのお料理が来ました。早い!

BlogPaint
↑まずこちらは海老と月桂樹の若枝の炒め物(150バーツ=約520円)。月桂樹の葉(ローリエ)はさまざまな料理に使うスパイスですが、これは月桂樹の若くて柔らかい枝(茎?)の部分をスライスして海老と炒めたもの。

月桂樹がとってもさわやかな香りで海老がめちゃくちゃ美味しいんですけど、若い枝(茎)自体は繊維質で口触りが良くないので、海老だけをほじくり出していただくのがいいみたいw

BlogPaint
↑お次はインゲンの海老ペースト炒め(100バーツ=約350円)。素揚げしたインゲンを干し海老、海老ペーストとともに炒めたものです。

これねえ…

頭が割れそうなほど美味しいぃいいいいいぃいいいっ!!!

歯触りの良いインゲンとカリカリクリスピーな海老ペーストとの相性が抜群で、わざとなのかなんなのか、お酒や白ご飯に合うようにちょい濃いめの味付けになってます!最高っ!

BlogPaint
↑そして最後の〆はチャンタブリー風カニのパッタイ(小サイズ50バーツ=約170円)。チャンタブリーの麺は独特のモチモチ感があって、たっぷりの生野菜とスパイシーな味付けがちょうど良いバランス。麺の上には揚げたカニが乗っていて、パリパリ香ばしく殻ごと食べられるよ。

BlogPaint
↑店内にはオーナー一家の写真がたくさん飾られていて、他所様のお宅の歴史を強制的に見せられてるようw 家庭的で温かみがあるって言えばいいのかw

川沿いのオールドタウンや主要ホテルから近い場所にあるので行きやすいと思います。とにかくインゲンの海老ペースト炒めはめちゃくちゃ美味しかったよ🌟機会があればぜひ!ぜひ!!


店名: Chanthorn Restaurant(Benchamarachuthis Branch)
場所: Benchamarachuthis Rd, Tambon Wat Mai, Amphoe Mueang Chanthaburi, Chang Wat Chanthaburi 22000
電話: 039-302350
営業: 9:00-21:00

こんにちは、とも先生です。

2019年のお正月をランタ島で迎えたよと思ったらもう1月も下旬じゃないですか!来月の旅行はすでに計画済だけどソンクランはどうしよう!あーだこーだと迷っているうちにまたエアチケットが高くなりそうなので早めに決めなきゃ!

というわけで今回は、同い年の友人たちと新年会で行った居酒屋さん「羽枡/Hanemasu」をご紹介します。ソイ・プロムシー(ソイ39と49の間の道)に2018年6月にオープンした、手羽先揚げと鶏皮揚げが名物のお店です。ちょっとここの鶏皮揚げが美味しすぎてもう大変だったよう🌟
BlogPaint
↑お店はラケットクラブ4号館、ボイス・ホビークラブのある建物の1階です。提灯がわんさか飾ってあるのですぐに見つかると思うよ。

BlogPaint
↑店内1階にはやぐらが組んであってお祭りできる勢いの楽しい雰囲気なんだけど、うっかり写真撮っていなかったのでお店の外から撮った写真でなんとなく想像してくださいw

BlogPaint
↑とも先生たち4人は2階の個室へ案内されました。個室にはなっているけど、パーティションで大人数にも対応できる設計になっているから(要するに壁がすっごく薄い)あんまりあんまりな会話を大声でするとけっこう隣りに聞こえちゃう予・感。

BlogPaint
↑お料理を注文する前にまずは90分飲み放題(499バーツ=約1,730円/+17%)を。生ビール、ハイボール、日本酒、各種サワーがあるけど、90分っていうのは他店に比べて短いねー。

BlogPaint
↑さあ90分気合いを入れて飲みましょう!スタッフのおねいさんたちは、ジョッキのお酒が1/3になるとすぐに「おかわり?」と聞いてくれ次のお酒をジャンジャカ運んでくれるので、空のジョッキがテーブルに並ぶことはありませんでした。うれしいけどやっぱ90分は短いよう!

BlogPaint
↑メニューは総合居酒屋的に何でもあるけどお刺身とお寿司系はないね。ここは名物の手羽先と鶏皮揚げをガンガンいくよー。

BlogPaint
↑肉巻きもここの名物みたいなのでわけぎ巻き(1本55バーツ=約190円/+17%)。わけぎの香りと歯触りが良くてさっぱりといただけます。

BlogPaint
レタス巻き(1本65バーツ=約230円/+17%)は、レタスのシャキシャキした食感とお肉のジューシーさが合って美味しい。

BlogPaint
骨付きジャンボソーセージ(2本120バーツ=約420円/+17%)はボリューム満点!粒マスタードを付けてガブッといきましょう!…でもどこの居酒屋さんにでもありそうなメニューで珍しくはないねw

BlogPaint
↑ふわふわの山芋とチーズのコクがたまらない山芋チーズ鉄板焼き(240バーツ=約830円/+17%)

BlogPaint
↑そしてお待ちかね、名物の羽串(10本240バーツ=約830円/+17%)!鶏皮串を超高温の油で揚げて、白胡椒と秘伝パウダーをまぶしたものだそうです!

それではパクッ…

うーまーいー!!!

パリッパリに香ばしく揚がった鶏皮は、臭みや脂っぽさを微塵も感じない!高級スーパーのプライベートブランドの高級スナック菓子を食べているような、めちゃくちゃ美味しいんだけどどこかジャンキーっていう背徳感というか!とにかく美味しい!!!1本から注文できますが一人で10本余裕だよ!

BlogPaint
↑お肉が続いたので野菜で小休止するよオニオンスライス(98バーツ=約340円/+17%)

BlogPaint
タワーサラダ(120バーツ=約420円/+17%)には胡麻ドレをたっぷりかけていただきます。

BlogPaint
↑そしてこれ枝豆(88バーツ=約300円/+17%)。なんとつかみ取りwww もちろんメンバーの中で一番手の大きいT氏につかんでもらいました。

BlogPaint
↑まだまだ飲みますのでアテの続きはうずら卵のピクルス(68バーツ=約240円/+17%)。これ、ゆかり(シソふりかけ)で漬けてあるんだって!シソの香りと酸味がたまらなく美味しい!

BlogPaint
牛タン焼き(280バーツ=約970円/+17%)は不格好だけどけっこうな厚切りなので食べ応え十分。

BlogPaint
↑こちらの上品なお料理はお店の方からサービスでいただきました。どういった状況下でサービスが発動するのかはわかりませんが、うれしいよね。

BlogPaint
↑そしてもうひとつの名物である手羽先揚げ(それぞれ3本で135バーツ=約470円/+17%)。スタンダードな「白」、甘辛の「黒」、激辛の「赤」の3種類があるのでお好みで。外側パリパリの中ふっくらで美味しいよ。でも鶏皮揚げが美味しすぎて手羽先がちょっと霞んじゃうw

BlogPaint
↑この日は炭水化物で〆ない代わりにバター醤油フレンチフライ(150バーツ=約520円/+17%)を最終オーダーとしました。もうこれ食べる前から美味しいに決まってるじゃんね!美味しかったよ!

とも先生的には、とにかく鶏皮揚げ(羽串)が異常に美味しくて発狂するかと思いましたw 他のお料理も全体的になかなかイケてると思います!また鶏皮揚げ食べたい!思う存分パリパリしたい!w


店名: 羽枡/Hanemasu Japanese Wing's Izakaya & Sake
場所: 165/413 Sukhumvit 49, Khlong Tan Nuea, Wattana, Bangkok 10110
電話: 02-1197249
営業: 11:30-14:30/17:30-深夜2:00
WEB: http://mercato.sukho-thai.co.jp/index.html


こんにちは、とも先生です。

最近、食後に猛烈な眠気がやって来ることがあり(満腹になるまでたくさん食べた日が多いね)、どうしてもどうしようもない時は少しだけ横になるのですが、昨夜は友人からのディナーのお誘いチャットにも気付かずぐっすり3時間!いくらなんでもあんまりなので、これからは顔面に保冷剤を貼付けて緊張感を持ちながら生きていこうと思います!

というわけで、先日ですが友人たちと2019新年会をしてきました。場所はスクンビットソイ33にある「蕎麦十番/Soba Juban」。2015年にオープンした手打ちそばと日本料理のお店ですが、実はとも先生今回が初めて!めっちゃ楽しみー🌟
BlogPaint
↑お店はBTSプロンポン駅から約400m、徒歩5-7分ってとこかな。人気イタリアン「ザ・ばーる」の向かいにあります。

BlogPaint
↑お店に入るとすぐカウンターがあり、上を見上げると…うおおおお!日本酒のボトルがインテリアとしてディスプレイされているよ!オサレだよ!

BlogPaint
↑今回はみんな大きな声でよくしゃべるのでw個室。個室は気兼ねなく楽しめるからいいよね。

BlogPaint
↑メニューに写真はないけど、とても分かりやすいので料理のイメージもしやすいよ。

BlogPaint
↑まずはアテ的に揚げそば抹茶塩(90バーツ=約310円/+17%)自家製塩辛(160バーツ=約550円/+17%)。これ、最初から飛ばしてしまいそうな勢いw

BlogPaint
蕎麦前盛り合わせ(430バーツ=約1,480円/+17%)はお蕎麦屋さん的なアテの盛り合わせ。板わさ、蕎麦味噌、鴨ロース、鰊切り込み、もずく酢がお酒スピードを加速させます。

BlogPaint
↑手打ち蕎麦と日本料理のお店なので日本酒を合わせたいところなのですが、とも先生はしばらく前から日本酒を飲むと頭のネジが緩んでしまうことが多くなってきたので日本酒摂取はストップしていますw というわけでパイナップルサワー甘さ控え目で旨し!

BlogPaint
↑本日のおすすめメニューから金目鯛刺身(520バーツ=約1,800円/+17%)。炙った皮目の香ばしさと、ねっとりとした身の旨味が最高ー!

BlogPaint
鶏レバーパテ(180バーツ=約620円/+17%)もお酒をすすませちゃう濃厚で美味しいやつー。丁寧に仕込まれていて臭みなんぞまったくないよ。

BlogPaint
若鶏竜田揚げ(210バーツ=約720円/+17%)は、キメの細かい衣のサクサク感とお肉のジューシーさがたまらない。

BlogPaint
↑帆立やイカがたっぷりのぬた和え(250バーツ=約860円/+17%)で延々と呑める!約束する!

BlogPaint
↑初めていただいた蛸つみれ(150バーツ=約520円/+17%)は、蛸のプリプリした歯触りと濃いめの出汁が美味しい。

BlogPaint
↑とも先生が愛するいか刺身(230バーツ=約790円/+17%)。もちろん最高なので文句などありません。

BlogPaint
↑さわやかな香りを閉じ込めたみょうが天ぷら(260バーツ=約900円/+17%)

BlogPaint
納豆磯辺揚げ(120バーツ=約410円/+17%)。これ!外カリッの中ねっとりでウマい!

BlogPaint
↑酢飯の代わりに蕎麦を使ったそばずし(240バーツ=約830円/+17%)は、重たくないのでペロリといけちゃいます。

BlogPaint
つけ物盛り(90バーツ=約310円/+17%)。写真右の長芋のたまり漬けがめちゃめちゃに美味しかった!

BlogPaint
↑最後は季節の野菜天せいろ(350バーツ=約1,210円/+17%)で〆。挽きぐるみ蕎麦と田舎蕎麦から選べます。蕎麦の香りも天ぷらの揚がり具合もバッチリ!

美味しい日本料理と手打ちそばが個室でゆったり楽しめる蕎麦十番、オススメでっす🌟


店名: 蕎麦十番/Soba Juban
場所: 4/16 Sukhumvit 33 Alley, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Bangkok 10110
電話: 02-2620584
営業: 17:30-23:30(日曜お休み)
Facebook: https://web.facebook.com/Jubanbangkok

こんにちは、とも先生です。

2018-2019の年末年始は友人たちとランタ島へ行ってきました🌟

この日はランタ島滞在最後の夜。先にバンコクへ戻った友人もいて、今夜はGenoとCさんと3人でシーフードBBQにかぶりつきました。
BlogPaint
↑お店はクロンコンビーチの幹線道路沿い。ランタ島はなぜか同じような店構えのお店ばかりだからどこがどれか分かんないw

BlogPaint
↑ここは夕方店頭にシーフードを並べていたので興味を惹かれて入店♡

BlogPaint
↑まだ日没前なのでお店がガラガラ。でも雰囲気はいいよ、蚊が多いけどw

BlogPaint
↑メニューには写真入りのものもあり英語表記なので分かりやすいと思うよ。

まずは大瓶ビール(100バーツ=約340円)で乾杯ー!どうやらビールの在庫を置いていないらしく、注文があってからお外にビールを買いに行ってましたw

BlogPaint
海老ー!(350バーツ=約1,200円)。プリプリでビールがすすむー!

BlogPaint
イカー!(350バーツ=約1,200円)。プリプリでビールがすすむー!

BlogPaint
海老のパネンカレー!(90バーツ=約310円)、ご飯がすすむー!

BlogPaint
大きなお魚ー!(350バーツ=約1,200円)。お腹一杯ー!

観光地なので、庶民ツーリスト向けレストランにしてはお値段ちょっと割高系かもしれませんが、せっかく海に来たんだしいいよね🌟


店名: バンブー・レストラン/Bamboo Restaurant
場所: Tambon Sala Dan, Amphoe Ko Lanta, Chang Wat Krabi 81150
電話: 未確認
営業: 未確認ですが昼〜夜営業は確実かとw

↑このページのトップヘ