とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 食べる・呑む

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン3日目の最終日は、バンコクへ戻るフライトが夕方なので午前観光の後にミャンマーカレーランチを堪能。
ギャラリーレストラン「パンスリヤ/Pansuriya」
http://tomosensei.net/archives/1072916925.html
その後再びお散歩しながらコロニアル建築を愛でていたのですが、外は暑いしちょっとビールでも♡というわけでやって来たのは「ラングーン・ティーハウス/Rangoon Tea House」です。
BlogPaint
↑古いコロニアル建築を利用したお店はスーレー・パゴダそば、Pansodan Rd沿いにあります。

BlogPaint
↑メニューは写真無しですが、英語表記で料理の説明も書いてあるのでわかりやすいよ。

ランチタイムの過ぎた午後にお邪魔しましたが店内みっちみちの満席!なので店内写真ありません。

BlogPaint
↑まずは生ビール(大グラス)でカンパーイ☆ミャンマーのレストランはお冷やを出すのがデフォなのかな?

BlogPaint
↑よく考えたらミャンマーの有名な麺料理を食べていないことに気付いたとも先生は、さっきランチしたばかりなのに「モヒンガー」を注文。

だってまだ食べていなかったんだもの、仕方ないじゃんね。

BlogPaint
↑これはナマズのダシでとったスープに米麺や揚げ物、練り物を合わせていただくミャンマー(ビルマ)料理。このお店のモヒンガーは、ナマズを含めた計4種類の魚でダシをとっているという豪華版。

スープの中に麺やおかずを入れていただきますが、ほわんと優しい味でとも先生は大好きになりました♡

BlogPaint
↑さっきランチしたばかりなのにデザートまで食べちゃうよ。これはローズウォーターのゼリーにミルクやアイスクリームを合わせたパフェのようなデザート。ただ、これはちょっと…というレベルで甘さが控え目すぎてイマイチかなw

写真のお料理でお会計(だいたい13,000チャット=約920円)

店内はエアコンがきっちり効いているので外国人観光客だけでなく地元の人にも大人気!立地も良いので観光の合間のランチやお茶休憩にいいと思うよ!ただすっごい混んでる!


店名: ラングーン・ティーハウス/Rangoon Tea House
場所: Ground Floor, 77-79 Pansodan Rd (Lower Middle Block), Yangon
電話: +95 9 979 078681
営業: 7:00-22:00(日-木),7:00-24:00(金土)
FB: https://web.facebook.com/RangoonTeaHouse/

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン3日目、旧ビルマ政庁の内部見学ツアーのあまりのステキさに感激したとも先生は、喜びの放心状態のままランチへ。
旧ビルマ政庁内部見学ツアーは必見!ぜひヤンゴン市内観光に組み込んで!
http://tomosensei.net/archives/1072916906.html
古いコロニアル建築を利用したギャラリー&レストラン「パンスリヤ/Pansuriya」へ行ってきました。
BlogPaint
↑お店のあるBogalay Zay通りは落ち着いた静かな環境。

BlogPaint
↑店内入口そばには古い写真やアンティークなどが展示されています。

BlogPaint
↑店内は広めの造りながらテーブルがゆったりと配置されているので思わず長居しちゃいそう。壁にはアート作品も展示されているよ。

BlogPaint
↑メニューに写真はないけど、英語で料理の材料や調理法が書いてあるのでどんなものか想像しやすいよ。

BlogPaint
↑外が暑かったから喉がカラカラ…まずはレモンジュースをいただきます。お冷やがついてくるの地味にうれしい☆

BlogPaint
↑ここパンスリヤはカレー料理が評判だということで、とも先生はミャンマー風ビーフカレーセットを注文。野菜のおかずもたっぷりでスープまで付いてボリューム満点!お肉はホロホロに柔らかくてとっても美味しかったよ!

BlogPaint
↑野菜のおかずがとっても美味しかったのでナスのサラダを追加注文。これもまあお酒に良く合いそうなさっぱり系イケナイお味でスルンと完食。

写真の食事でお会計(だいたい13,000チャット=約920円)

ちょうどランチタイムちょい前の時間に行きましたが、もうお客さんが入れ替わり立ち替わりで混んで混んでえらいこっちゃ状態💦

外国人にも人気のレストランのようで、欧米人やヤンゴン在住と思しき日本人会社員グループもランチしに来ていましたよー☆


店名: パンスリヤ/Pansuriya
場所: 100 Bogalay Zay St, Yangon
電話: +95 9 778 949170
営業: 8:00-22:00

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン2日目、コロニアル市内観光やシュエダゴン・パゴダ観光で丸一日動き回ってけっこうヘロヘロなとも先生。気付いたら夜も21:00を過ぎていて…夕飯どうしよう…冷たいビールも飲みたい。
お寺系に興味がなくても一度はぜひ!のシュエダゴン・パゴダ
http://tomosensei.net/archives/1072916880.html
ヤンゴンって市内中心部でも外国人観光客がパッと入れるようなお店が少ないような気がするんだけど、その中で地元の人でにぎわうビアホールみたいなお店があったので晩酌&ご飯してきました。
BlogPaint
↑お店はマーチャント通り沿いにあります。周囲よりネオンが派手目なのですぐにわかるよ。

BlogPaint
↑店内はオープンエアで4人掛けテーブルがみちみち。とも先生が入店した日曜夜21:00頃は地元のお客さんで満席!写真は22:00過ぎのもの。

BlogPaint
↑メニューは英語表記有りの一部写真付きなので注文は比較的簡単だと思うよ。酒のアテ系がけっこうあってうれしいw

BlogPaint
↑まずはミャンマーの生ビールで乾杯☆軽くて飲みやすい。

BlogPaint
↑とも先生が注文した揚げ豚ご飯。ご飯は白いご飯かと思ったら、豆や青菜の入ったバターピラフ!とっても美味しいんだけど油っこいw

BlogPaint
↑メニューに餃子があったのでこれも注文したら、やって来たのはなんと揚げワンタン!これもビールのアテにはいいんだけど油っこいw

生ビール2杯に料理2品でお会計(10,000チャット=約710円)

宿周辺にあまり夜遅くまでやっているレストランが見つからなかったので、夜ちょっと飲みたい時などにここは重宝しました。ヤンゴン市内に同名の同じ看板のお店をいくつか見つけたので、チェーン店なのかもしれないね。


店名: Lion World Restaurant
場所: Merchant Rd, Yangon
電話: 未確認
営業: 10:00-23:00

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン2日目、市内観光に夢中になっていたらお腹がグーグー鳴り出したので、シャンヌードルの人気店「Aung Mingalar Shan Noodle」でランチしてきたよ。
BlogPaint
↑お店はボージョー・アウンサン・マーケットの約400m北側、Nawaday StとBo Yar Myunt Rdの角にあります。

BlogPaint
↑ちっさいけど看板もあります。漢字で書くと吉祥小吃店なんだね。

BlogPaint
↑日曜日のランチタイムに訪問。店内はけっこうみっちりテーブルが詰め込まれていて席数はありますが、それでもお昼の入店時は満席!おひとりさまは相席が基本みたいだよ。

BlogPaint
↑ここはシャン族のシャン料理がいただけるということで、シャンヌードルという麺料理が美味しいんだって。メニューには英語表記もあるので注文簡単でした。

BlogPaint
↑とも先生はシャンヌードル(豚)/Shan Sticky Noodle(Pork)とレモンジュースを注文。

スープ無しバージョンの油そばみたいのを頼んだんだけど、さっぱり味を予想していたらけっこうなこってり油としっかり味ですっごく美味しい☆付け合わせの高菜みたいのが口をさっぱりさせてくれます。

BlogPaint
↑麺だけだと足りないかなと思ってポークBBQサラダという料理も追加。豚バラ肉を揚げて辛いタレと和えた料理で、ビールに絶対合う美味しい味なんだけど!とにかく激辛!!!ジュースをおかわりしないと泣いちゃうレベルの辛さでしたw

料理2品とジュースでお会計(8,000チャット=約570円)。ディナーというよりランチ向けかな。観光の合間にサクッと食べられる美味しいお店でした☆


店名: Aung Mingalar Shan Noodle Shop
場所: Corner or Nawaday Street, Bo Yar Nyunt Rd, Yangon
電話: +95 1 385 185
営業: 7:00-21:00

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

で、初日なんとか無事にヤンゴン市内のゲストハウスにチェックインしたとも先生。
ヤンゴンのステキコロニアルなゲストハウス「501 Merchant B&B」
http://tomosensei.net/archives/1072867509.html
荷物を置いて身軽になったし、まずは観光の前にランチを!とやって来たのは、古いコロニアル建築を利用したビルマ料理レストラン「バーマ(ビルマ)・ビストロ/Burma Bistro」です。
BlogPaint
↑Googlemapを頼りにやって来たんだけど…ここいらへんのはずなんだけど。

BlogPaint
↑あったあったお店の看板!…でも…入口どこ?

BlogPaint
↑ん…?こんなボロい建物のボロい門が入口…?ウソでしょ?

BlogPaint
↑とりあえず建物の中に入ってみたけど…こんなボロい階段…一応上ってみるけどさ。

BlogPaint
↑あった!w 2階がお店になってる!w わかりにくいなここ!w

BlogPaint
↑ボロい入口とは打って変わって店内は明るくてオシャレ空間♡外国人のお客さん多し。

BlogPaint
↑メニューは一部写真入りで、英語表記&説明も書いてあるからどんな料理か想像しやすいよ。

BlogPaint
↑まずはミャンマー生ビールでグハー!

BlogPaint
↑こちら、伝統的なビルマ料理だというので頼んでみましたOhn Noh Khout Swe。ココナツミルクチキンスープに卵麺、揚げ物、練り物が添えられています。

お味は…なんか優しい味。美味しいけど辛くするか濃くするかして欲しいとも先生は関東舌。

BlogPaint
↑しっかしオシャレなお店だなあ。店員さんも愛想がよくて気持ちいいよ。

BlogPaint
↑せっかくなのでBB Delightというデザートもいただきます。これはお店のオリジナルかな?バナナを合わせたもち米の上にストロベリーアイスが乗っていて砕いたナッツが添えられています。

お味は…もち米が腹にたまる…苦しい…そして思ったより甘くないからもっと甘くして欲しい…。

BlogPaint
↑この日はとても暑かったのでエアコンの効いた店内で食事をしましたが、できたらテラス席を猛烈におすすめします!めっちゃ雰囲気いいね!

ビール2杯に食事とデザートでお会計(13,000チャット=約930円)。ビルマ料理にしたら高いのかもしれないけど、お店の雰囲気がとてもステキだったのでむしろ安いんじゃないかなと思いました!ぜひ!


店名: バーマ(ビルマ)・ビストロ/Burma Bistro
場所: No. 644, First Floor, Corner of Merchant Road & Shwe Bon Thar Road, Yangon
電話: +95 9 40118 3838
営業: 7:00-23:00(月-木)/7:00-24:00(金土日)
FB: https://web.facebook.com/theburmabistro/

↑このページのトップヘ