とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 世界遺産

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・西スマトラ州のサワルント。

オランダ植民地時代に開発された炭坑の町がユネスコの暫定世界遺産として世界遺産にリストアップされていることを知り、このサワルント/Sawahluntoという小さな町に興味をもちました。

弾丸旅行のためたった1泊2日の滞在ですが、お天気も良いことだし隅々まで散策したいと思います。
BlogPaint
↑サワルントのメインストリートは全長数百メートルw とってものどかでのんびりした雰囲気です。

BlogPaint
↑中国のエッセンスを取り入れ1917年に劇場として建てられたこの建物は、現在インドネシア政府の信託銀行。

BlogPaint
↑中国商人によって1906年に建てられたかわいいこの建物は現在個人の住居。

BlogPaint
↑Gedung Koperasi ONS BELANGは、炭坑で働く欧米人技術者のための生活協同組合所として1920年に建てられました。現在はなんと1階がコンビニw

BlogPaint
↑町の中心にあるHotel Ombilin Heritageは1918年に建てられた古いコロニアルホテル。とも先生はここに泊まりたかったのですが残念なことに満室でした…。

BlogPaint
↑聖バーバラ教会は、もともと1942年に建てられた軍の寮だそうです。

BlogPaint
↑教会のとなりには聖ルチア小学校があります。ここは当時の炭坑で働く欧米人技術者たちの子弟が通うヨーロッパ系の学校でした。

BlogPaint
↑1916年に鉱山会社の事務所として建てられたGedung Ombilin Meinen。なんだか教会のようなたたずまいですね。

サワルントは隅から隅まで歩いても半日でまわれてしまう小さな町。他にもたくさんの魅力あふれる建築があったのですが、また別の機会にご紹介しますね。



こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島旅行。この日は車をチャーターして朝からバリ島一日観光☆
キンタマーニ高原を臨む展望レストランでブッフェランチ☆
http://tomosensei.net/archives/1071187791.html
美味しいランチで満腹満足したら、お次は世界遺産「ティルタ・エンプル寺院/Tirta Empul Temple」へ。

バリ島には、2012年にユネスコの世界遺産に登録された「バリ州の文化的景観 : トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム」という世界遺産があるのですが、これは特定の場所や建造物を指すものではなく、バリ島の稲作における水利システムを構成する哲学、宇宙観、文化、場所、建物などすべてを指すようで、ティルタ・エンプル寺院も世界遺産を構成する一部となっています。

聖水の湧き出るパワースポットとして最近さらに人気の寺院ですが、ここでは外国人観光客も沐浴体験をさせてもらえるんですよ。
BlogPaint
↑ウブドから車で30分ほどの距離ですが、公共交通機関を使ってここまで来るのは至難の技なので、オプショナルツアーに参加するか車をチャーターして来るかのどちらかですね。

BlogPaint
入場チケット(15,000ルピア=約120円)を購入してから中へ。お寺へ入る前にサロンを借りて腰に巻きます。

BlogPaint
↑聖水で沐浴しお祈りをするためにバリ人もたくさん訪れます。

BlogPaint
↑こちらが沐浴場。外国人観光客も沐浴させてもらえるので、鍵付きロッカー(10,000ルピア=約80円)に荷物を入れたら最後尾に並びましょう。

とも先生?やらないよ?だって水がすっごく冷たいの知ってるからw

ここは友人H君に身体を張ってもらいましょう。

BlogPaint
↑列が長かったのでしばらく時間がかかりそう…というわけでとも先生は一人境内を散策。

BlogPaint
↑天気がいいのはうれしいんだけど暑い…。

BlogPaint
↑沐浴場の奥に聖なる水の湧く場所があります。なんとも神秘的な色だね。

BlogPaint
↑そろそろH君の番が近づいて来たのでとも先生も写真の準備を。

BlogPaint
↑うわあ冷たそう!沐浴はルールというか作法があるので、あらかじめガイドさんの説明をよく聞いてから沐浴してくださいね、禁止事項もあるからね。

BlogPaint
↑沐浴はまだまだ終わらない、そろそろ身体が冷えてくる頃だけど頑張ってH君。

BlogPaint
↑だんだんとH君の沐浴が激しくなってきているのは気のせいだろうか?w

湧き水なので年中冷たいから暑い時は気持ち良さそう!って思ってやる人のほとんどが「さっむい!」と言いながら戻ってきます。ここで沐浴をしてパワーを浴びまくってみてはいかがでしょう。


名称: ティルタ・エンプル寺院/Tirta Empul Temple
場所: Jalan Tirta, Manukaya, Tampaksiring, Gianyar, Bali
開館: 9:00-17:00

こんにちは、とも先生です。

2018年お正月!
いよいよやって来ましたパキスタンのモヘンジョ・ダロ!

紀元前2500〜1800年の間に繁栄して最大で4万人が住んでいたとされるインダス文明の都市遺跡で、1980年にユネスコの世界文化遺産に指定されています。

<ユネスコ的な名称>
モヘンジョ・ダロの考古遺跡
Archaeological Ruins at Moenjodaro

実はこのモヘンジョ・ダロ、なんでも現在に至るまでインダス文字の解読ができておらず、いつ・誰が・どのように都市を作ったのか全然分からないため、世界4大文明の中で一番謎の多いミステリーな遺跡とされています。

BlogPaint
↑それではこの門をくぐり抜けて遺跡見学スタート!午前11時になりやっと気温が上がってきました。

BlogPaint
↑まずは学校の教科書に必ず載っているといってもいいインダス文明の「神官王」がお出迎え。

BlogPaint
↑乾季で湿度が低くて大地がキメの細かいパウダー状の土なのでめっちゃ埃っぽい!サングラス以外にリップクリームと保湿液とウエットティシュ必携です!

とも先生は何一つ用意してこなかったがな!


BlogPaint
↑しばらく歩くといきなり視界が開けてきて目の前遺跡が佃煮。

BlogPaint
↑遺跡見学を初めて一番最初に目につくのがこのストゥーバ。インダス文明の遺跡の「上」に後になってから作られた仏教遺跡で、高さ15mほどあるため全体を見渡せる展望台の役割もしています(観光的に)。

BlogPaint
↑おっと、いきなり写真撮影の依頼が。パキスタンの人たちは写真を撮るのが大好き。それも、滅多に見ない外国人と一緒に写真を撮るのが大好き。

お互いのカメラで撮りっこしておしゃべり、近所のラルカナから来たそうです。

とも先生…ウルドゥ語まだ少し覚えてる…せっかく勉強したんだから忘れないようにしなきゃな。


BlogPaint
↑遺跡は基本的にどこも一定サイズのレンガで作られています。この「一定サイズ」というのが重要らしく、厳密な階級制度が有り中央集権制度が整っていたことを示すそうです。

BlogPaint
↑これは水路。でも水路かもしれない、というだけで正確なところが全く分かっていないところになんだか魅力を感じます。

BlogPaint
↑井戸も有り〼。

BlogPaint
↑もちろん涸れているけどね。

BlogPaint
↑崩れた遺跡周辺はなんだか白っぽい。これ全部「塩」。地中から上がってきた塩分がレンガを浸食してどんどん崩壊させているんですね。

なので、このままではいつか完全に遺跡が消えて無くなってしまうとも。


BlogPaint
↑先ほどのストゥーバを過ぎてさらに奥へやって来ました。ここは集会所だったとされる場所。

BlogPaint
↑ふと遠くを見やると地平線。なんもねえなあ…。

BlogPaint
↑なんか変な形の遺跡があるなあ、と遺跡内を歩いていて違和感をおぼえたのですが、これレンガの上から土をかぶせているんですよね。どうやらこれは塩害の進行を少しでも遅らせるための苦肉の策だそうです。

BlogPaint
↑ここは沐浴場だとされている場所です。なんでもレンガの隙間にタールを塗込んできちんと防水加工していたというから驚き。

BlogPaint
↑ここも水路のようですが2m以上ありそうな高さ。一体何を流していたんだろうねえフフ。

BlogPaint
↑ここは穀物庫として使われていたそうな。ただ穀物の痕跡が一切発見されていないということでw 研究者たちは一体なぜここを穀物庫だと推測したのか?ww

BlogPaint
↑沐浴場からストゥーバを臨む。定番のショットですね。

BlogPaint
↑おっと記念撮影2回目。お次はハイデラバードからやって来た大学生グループです。政治学部で勉強してるんだって。

BlogPaint
↑さて、遺跡を満喫したのでそろそろ次へ移動しましょう。モヘンジョ・ダロの敷地内は意外にも緑が豊かで、時間があればのんびりできそうですよ。

BlogPaint
↑駐車場のそばに唯一のお土産物屋さんがありました。ショッピング初心者がどう優しく見てあげても欲しい物ががなさげだったのでパス。出土品のレプリカが中心のようです。

昔々、学校の授業で習った「モヘンジョ・ダロ」。机の上で聞いた場所にまさか本当に来ることができただなんて感謝感激!

次回は、コート・ディジー砦へ向かう道中のお話をしますねー。



モヘンジョ・ダロの考古遺跡/Archaeological Ruins at Moenjodaro
<遺跡・博物館入場料>
大人300ルピー
子ども100ルピー
<遺跡開館時間>
夏期8:30-19:00/冬期9:00-17:00
<博物館開館時間>
夏期8:30-12:30,14:30-17:30/冬期9:00-16:00

こんにちは、とも先生です。

パキスタン旅行7日目。今日はサッカルを出発して車で丸1日観光をします。目的地は世界遺産モヘンジョ・ダロの考古遺跡コート・ディジー砦。1日で2カ所行っちゃうよ!

今回は、公共交通機関を使ったバックパッカー的な旅行が時間や治安の問題で難しいので、1人旅だけど車をチャーターしちゃいました。仕方ないよね。

ちなみに車チャーターのお値段ですが、滞在しているインダス・ゲストハウスにお願いしてなおかつ値切って、ガソリン代込みで車チャーター(7,500ルピー=約7,500円)

BlogPaint
↑今日は1日観光ツアーの後そのまま夜のフライトでカラチへ戻るため、ツアー出発時間は早めの朝8:00でお願いしました。

BlogPaint
↑車は相当なポンコツを覚悟していたのですが予想外になんとカローラ☆しかもゲストハウスのオーナーが運転&案内をしてくれるというのでこりゃ安心だ。

BlogPaint
↑まずは警察との待ち合わせポイントへ向かいます。サッカル・バレッジ(堤防)の上を走って郊外へ。

BlogPaint
↑だがしかしいきなりの大渋滞!しかもまわりは大型トラックやタンクローリーばかりで怖ええ!

BlogPaint
↑やっとサッカル市内を抜けたところでシンド州警察のパトカーが待機していました。

外国人の陸路移動には必ず警察の護衛を付ける、というシンド州のルールに従います。


BlogPaint
↑で、護衛役の警官が一人こちらのカローラに乗り込んで来るのかと思っていたのですが、どうやら様子がおかしい…え?

BlogPaint
↑パトカーがずっと先導してくれるんだって〜www まさかの展開!!!

BlogPaint
↑車は何も無い広い大地をひた走ります。パキスタン中南部ってもっと茶色だらけの乾燥した土地かと思っていたけどけっこう緑豊かだね。

BlogPaint
↑途中、管轄エリアごとにパトカーが待機していて順次交代します。これ全部とも先生一人のためだけにやってくれているの考えたら本当に感謝感激だよなー。

BlogPaint
↑最後にモヘンジョ・ダロまで先導してくれたパトカー。

BlogPaint
↑拡大。警官なんだけどゴツい銃持ってるし布で頭隠しているから、なんか一瞬テロリストに見えちゃってゴメンナサイゴメンナサイ!と、心で謝るとも先生。

BlogPaint
↑サッカルから南西へ約110km、渋滞に少し巻き込まれたもののちょうど2時間で世界遺産モヘンジョ・ダロに到着しました。

次回はモヘンジョ・ダロ博物館についてご紹介しますね☆




こんにちは、とも先生です。

トルコ旅行6日目。

天候が不安定な4月のトルコ。天気が良いうちに世界遺産イスタンブール歴史地区をぐるっと観光します。アヤソフィアとトプカプ宮殿を見たので、次はブルー・モスク(スルタンアフメト・モスク)地下宮殿へ。今日は盛りだくさんー。

BlogPaint
↑イスタンブールの主要観光スポットは旧市街の徒歩圏内にほとんど集まっているからとても楽。トプカプ宮殿を観光した後にアヤソフィア横を過ぎてブルー・モスク(スルタンアフメト・モスク)へやってきました。

BlogPaint
↑なんか入口がわからないんですけど。土産物屋の横だけど…ここから入っていいのかな?

BlogPaint
↑看板、ちうかプレートがあるからここなのかな?

BlogPaint
↑ここで正解でしたw 入口はいくつかあるんだね。

BlogPaint
↑モスクなのできちんと服装規定があります。特に女性は頭を隠すショールのようなものが一枚あれば大丈夫。

BlogPaint
↑ここは中庭かな?観光客でかなりざわざわしてます。

BlogPaint
↑そうそう、観光客は専用の入口から中へ入ります。途中で靴を脱いで袋に入れましょう。

BlogPaint
↑モスク内部。広い!デカい!そしてすげえ混雑!!そして予想以上に賑やか!!!

BlogPaint
↑天井には数えきれないほどの小窓があってステンドグラスが美しい。

みなさんあちこちで記念撮影してました。アヤソフィアより賑やかだったので厳かな雰囲気は…そんなに感じなかったな。

さあ、サクッと見たので次は地下宮殿へ。

BlogPaint
↑モスクを後にして10分ほど歩くと地下宮殿に到着。入口が写真のように地味なので通り過ぎてしまうところでしたw ここはミュージアムパスが使えないので別途入場料(20リラ=約600円)

BlogPaint
↑地下への階段を下りていくと、そこはいきなり別世界。

4世紀から6世紀に造られた貯水池で内部はひ〜んやり。写真は明るく加工したもので、実際はもっともっと暗いです。


BlogPaint
↑コリント式の柱がたくさん並んでいて不思議な風景。あ、実際はもっと暗いです。

BlogPaint
↑1984年の改修工事の時に発見された「逆さメデューサ」。なぜかみんなコイン投げ込んでいるし…ご利益あるのか?w

BlogPaint
↑こちらは横向きメデューサ。ほとんどの観光客がメデューサと一緒に記念写真撮っていたんだけど、かなり有名なのかね。

BlogPaint
↑内部がひんやりし過ぎて少し冷えてきたので地上に戻ります。実はこの地下宮殿、入口と出口の場所が300mほど離れています。通りも違うので、待ち合わせなんかはしないほうがいいと思いますw

さて、次は新市街のほうに行ってみようかな。でもお腹空いたなあ。

↑このページのトップヘ