とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 泊まる

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北部最大の街ジャフナ滞在を終えて列車とバスを乗り継いでやって来たのは、北東部にある港町トリンコマリー。第二次大戦中は、ここにイギリスの軍港があったことから日本の空爆を受けた過去があります。現在は美しい海とクジラウォッチングが楽しめるリゾート地として注目を浴びています。
ジャフナから港町トリンコマリーへ
http://tomosensei.net/archives/1072396729.html
さて、トリンコマリーのバスターミナルに到着したとも先生は、さっそく予約したゲストハウスへ。

スリランカはどこもホテルの値段と質が釣り合わなくて、要するに宿のコスパが悪いの。ここトリンコマリーも例外ではなく、え?エアコン無しの共同バスルームの部屋でこんなに高いの?!みたいな。

そんな中、まだ新しいためかホテル予約サイトでの評価がまったく付いてなくて、でもエアコン&プライベートバスルーム付きの個室がめちゃくちゃ安かったゲストハウス「ダッチ・バンク・イン/Dutch Bank Inn」に思い切って泊まってみたらこれが大正解☆

スリランカにしてはかなりコスパが良いと思われる宿なので簡単ですがご紹介しますね。
BlogPaint
↑ゲストハウスはトリンコマリーの街の西側、ダッチ・バンク・カフェという有名なレストランの裏手にあります。チェックイン/アウトはレストランのカウンターで行うのでまずはレストランへGO。

BlogPaint
↑レストランの厨房の裏手が客室になっています。とも先生が今回予約したのは一番安い「スモールダブルルーム」で建物の1階がお部屋。カテゴリーの高いお部屋は2階以上にあります。

BlogPaint
↑中へ入るとなぜか共用リビングルームがあってテレビと洗面台があります。自分の部屋にもテレビがあるしリビングにはエアコンがないのでここを利用することはありませんでしたw

BlogPaint
↑スモールダブルルームの客室はかなり狭め。でもオープンしてまだ日が浅いからかすべてが新しくエアコンの効きもバッチリで快適☆

写真左手に窓はありますが、採光のためだけなので眺めはまったくありません。ちなみに窓を開けた先はレストランの厨房でしたwww

BlogPaint
↑お部屋には無料の1.5Lミネラルウォーターがあり無くなったらまた補充してくれるとのこと。ウエルカムドリンクはオレンジジュースでした。

BlogPaint
↑お部屋のコンセントはスリランカタイプ(三つ穴)ですが、変換アダプターが置いてあったので日本のものをそのまま挿すことができたのはうれしい。

BlogPaint
↑バスルーム。ホテルのバスルームのようにキレイでピカピカ☆ シャワーのお湯は温度も量もバッチリ。アメニティは、シャンプー、石けん、ハンドソープ、歯ブラシ、トイレットペーパーなど基本的なものは完備。

BlogPaint
↑レストランの2階からは海が一望できて気持ちいいよ。

BlogPaint
↑宿泊代金に含まれる朝食は、開店前のレストランでいただきます。

この日のメニューは、
・スリランカ風フィッシュカレー
・オニオンチャツネ
・ココナツロティ
・バター
・バナナ
・甘いミルクティー

さすがレストランの朝食だけあってどれも美味しい!味も量も朝から大満足です。

BlogPaint
↑海を眺めながら優雅な朝食なんて最高じゃんねー。

各ホテル予約サイトではまだ評価の付いていない新しいゲストハウスですが、一番安いお部屋でもかなり快適でした。自転車は無料で借りられるし、スタッフの方たちもみんなとても親切、可愛いゴールデンレトリーバーが2匹いるのでワンコ好きにはたまらないよ。トリンコマリー滞在の際はぜひここへー☆


名称: ダッチ・バンク・イン/Dutch Bank Inn
場所: 88, Inner Harbour Rd, Trincomalee 31000
電話: +94 77-2690600
URL: http://www.grandthalassic.com/
FB: https://web.facebook.com/Dutchbankcafe/


こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

特急列車インターシティ・エクスプレスにゆられコロンボから北へ400km、ジャフナという街に到着したとも先生は、さっそく予約してあるゲストハウスへ向かいます。暑い…。
コロンボからジャフナへ鉄道の旅
http://tomosensei.net/archives/1072242487.html
BlogPaint
↑各ホテルサイトの位置情報がめちゃくちゃでほんのり迷子になったとも先生ですが、なんとか探し当てましたw まず写真に写っている洋品店の看板に書いている住所がゲストハウスの住所とまったく同じだったんですよね。それでピンと来て脇道を入っていきました。

BlogPaint
↑こんな細い道をビクビクしながら奥へ奥へ…本当にここで合ってるかな…。

BlogPaint
↑突き当たりに民家があったので「あのう…ここゲストハウスですか?」と訊いたら大ピンポンwww

通り沿いにもどこにも看板を設置してないのなんで?!違法営業でもしてるの?!w

今回はAgodaで予約したのですが位置情報全然違っていました。合っていたのはBooking.comとGooglemap。

BlogPaint
↑迷子になってちょいと疲れたけどなんとかチェックイン。スリランカの宿はよほど高級なところでない限り民家ホームステイスタイルが多いよね、ここもそう。

BlogPaint
↑お部屋は狭いけど清潔で一人なら十分。ベッド、物干、写真では見えないけどテーブルがあります。

エアコンも新しくてキンキンに冷えました。暑いジャフナではエアコン付きの部屋に泊まらないとキツいと聞いていたので大正解。日中は外めちゃくちゃ暑いんだものっ!朝晩は涼しかったんだけどね。

BlogPaint
↑コンセントは3つ穴方式だったので変換プラグないとスマホ充電できないよ。数に限りはあるけどゲストハウスでも変換プラグを貸し出ししてくれます。

BlogPaint
↑バスルーム。シャワーは水だけでお湯は出ませんが暑い土地なので特にお湯は必要ありませんでした。全体的に清潔で値段を考えたら文句なし。

ただ、バスルームにはトイレットペーパーしかないので、シャンプーその他必要なものは持参しましょう。

BlogPaint
↑こちらは宿泊客共用のリビングルーム。写真右奥の冷蔵庫は宿泊客も自由に利用することができます。

BlogPaint
↑宿泊料金に含まれる朝食はスリランカスタイルとトースト&ジャムが選べます。

割れ米、米粉、ココナツを混ぜて筒状に固めて蒸した主食にカレーやらなんやらがあって、フルーツは熟れ熟れ完熟の美味しいパパイヤ。それにコーヒーか紅茶を淹れてくれます。

このスリランカ朝食がめためたにウマい!ちょっと辛いけどウマい!

その他…
・オーナーは普通に英語が通じていろいろ面倒見てくれる。
・お部屋の掃除は毎日してくれる。
・スクーターは1日(24時間)1,500ルピーでレンタル可能。
・ジャフナ駅まで約1kmなのでザックなら徒歩で余裕の距離。
・バスターミナルまで約300m。
・大きなスーパーマーケット(Cargills)まで約600m。

ジャフナ市内中心部で「エアコン&プライベートバスルーム付きの個室」を条件に探して最安値だったゲストハウスですが、立地もいいし結果的に大当たりでした。

コスト重視で!でもエアコンないと無理ー!って方にオススメです☆


名称: ゲット・イン/Get Inn
場所: 229-231 Power House Road, Chundikuli, Jaffna, Sri Lanka


こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用して3泊4日の弾丸ツアーでやってきたインドネシアのスマトラ島。

ツアー最後の滞在地であるパダンのお宿は、パダン市内最古のホテルで、市の文化遺産にも指定されているコロニアルホテル「ホテル・パダン/Hotel Padang」です。
BlogPaint
↑パダン市内のビジネスエリアに位置しておりとても静かな環境。本館のエントランスが往年の風格を感じさせます。

BlogPaint
↑本館フロントの裏手はゲストの共用スペースとなっており、ここでおしゃべりしたりお茶を飲んだりと贅沢な空間。

BlogPaint
↑本館の脇のコリドールも雰囲気満点で写真バチバチ撮りまくりw

BlogPaint
↑重厚な本館の廊下を奥へ進んで行くと

BlogPaint
↑裏手の離れの建物が客室棟です。手入れされた庭もステキ。

BlogPaint
↑今回とも先生はデラックスルームに泊まりました。お部屋はきれいにリノベーションされとても快適。少し狭めかな?とも思いますが、大きな窓から差し込む光が気分を明るくしてくれます。

BlogPaint
↑ベッド側から見た室内。エアコンの効きも良くて汗かきとも先生うれしいw

BlogPaint
↑冷蔵庫と湯沸かしポットも完備。

BlogPaint
↑バスルームもとてもキレイで、もしかしたらリノベーションしたばかりなのかな?シャワーのお湯はドバドバで温度も十分。

BlogPaint
↑アメニティは歯ブラシのみですが、シャワーブースに備え付けのシャンプーとボディソープがありました。

BlogPaint
↑部屋の前は広いテラスになっています。インドネシアの古いホテルはこのようにゆったりした造りなのがうれしいんです。

BlogPaint
↑本館と客室棟の間にあるレストランでは、毎日の朝食のほか、アラカルトでランチやディナーもいただけます。冷蔵庫に冷えたビールも入っていたのでお好きな方はどうぞ(パダンではお酒を売っているお店が少ないからね)。

BlogPaint
↑ホテルの朝食は完全インドネシアご飯。種類は多くありませんが、ココナツミルクで炊いたほんのり甘いご飯、ビーフン炒め、野菜炒め、揚げ卵のチリソースなど、なかなか美味しかったですよ。

古いホテルなのでそれほど期待していなかったのですが、お部屋はキレイでとても快適でした。ビジネスエリアに位置しているため周辺にお店が少ないのが唯一の難点(ホテル最寄りのコンビニまで500m)ですが、Gojekなどのアプリを使えばバイクタクシーで簡単に移動できますし問題無いかな。オススメです☆


名称: ホテル・パダン/Hotel Padang
場所: Jl. Bgd. Aziz Chan No.28, Sawahan, Padang Tim., Kota Padang, Sumatera Barat
電話: +62 751 31383
URL: https://www.hotelpadang.com/

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・スマトラ島。

オランダ植民地時代から開発された炭坑の町が暫定世界遺産になっている西スマトラ州のサワルントに到着したとも先生は、あるひとつのことに気付きました。

この小さな町には宿泊施設がほとんど無いwww

実はサワルントのことを下調べしていた際に歴史あるコロニアルホテルが1軒あることを知り、そこへ1泊しようと思っていたんですよ。でもホテル予約サイトでの取り扱いがなかったので当日ウォークインで飛び込んだら「満室です♡」って…w

ホテルの人に相談したら、サワルントの町にはホテルが2軒しかないこと、もう1軒のホテルもコロニアルホテルだということを教えてもらいました。

今回泊まった「Parai City Garden Hotel」は週末料金でちょいと割高感はあったけど、まあ外国人観光客でも不満のない滞在ができるホテルでした。
BlogPaint
↑ホテルのレストラン棟は、1915年に建てられた、近所の病院に勤める欧米人医師の住居だった建物。

BlogPaint
↑アーチがステキ♡ここで毎日の朝食がいただけますしアラカルトでランチとディナーも注文可。

BlogPaint
↑この趣のあるレストランの中を通って奥へ行くと…

BlogPaint
↑レストランの裏手が新しく建てられた客室棟になっています。

BlogPaint
↑今回とも先生が泊まったのはデラックスルーム。本当はもっと安いカテゴリーのお部屋があったのですが、気付いたのは支払いを済ませてからでした…w

BlogPaint
↑お部屋はこざっぱりとしていてシンプルで飾り気無し。テレビ、作業デスク、エアコンなど完備ですが冷蔵庫は無し。

BlogPaint
↑お部屋でコーヒーや紅茶が作れますよ。

BlogPaint
↑バスルームはちょいと狭めで古いのですがまあ1泊だしいいでしょう、という感じ。シャワーのお湯はドバドバ出ました。

BlogPaint
↑お部屋のバルコニーからの眺め。建物が丘の斜面にあるのでほんのり町ビューが楽しめます。

BlogPaint
↑ブッフェスタイルの朝食はインドネシアご飯。野菜のかき揚げ風、ライスケーキの野菜カレーがけ、野菜ビーフン炒め、目玉焼き、豆せんべいと完全ベジタリアンだったよ。それにコーヒー、紅茶、フルーツがありました。

ホテルの数が少ないのでもう選択の余地がないのですが、まあサワルントに1泊する時はここだったらハズレはないかと思います。車だとけっこうな回り道になるんだけど、ホテル専用の階段を降りて行けばほんの200mほど歩くだけで町の中心部へ行けるのすごい便利。


名称: パライ・シティ・ガーデン・ホテル/Parai City Garden Hotel
場所: Jalan Baginda Aziskan, Pasar, Lembah Segar, Kota Sawah Lunto, Sumatera Barat
電話: +62 754 62888
FB: https://web.facebook.com/paraisawahlunto/

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・スマトラ島。

バンコクからまず最初に訪れたのは北スマトラ州の州都メダン。

オランダ領東インド時代の19世紀後半から開発されたメダンには、当時からのコロニアル建築がまだ多く残っています。今回泊まったホテル「グランド・インナ・メダン/Grand Inna Medan」も、もともとオランダ人実業家によって1898年に開業したHotel de Boerが始まりで、その後Dharma Deli hotelと名を変え現在のインナ・ホテルに至っています。

実はとも先生、17年前の2001年にDharma Deli hotelに泊まったことがあるんですw 17年ぶりの滞在だ。
BlogPaint
↑ホテルはメダン駅から約400m。距離的にはとても近いのですが交通量の多い道路をスーツケース転がして横断するのは至難の技w 写真左手はビルディング棟。

BlogPaint
↑そしてこちらが1898年に建てられた本館です。

BlogPaint
↑客室はビルディング棟ですが、チェックインは本館で行います。本館ロビーがステキー☆

BlogPaint
↑客室。通りとは逆側の2階のお部屋です。シンプルなビジネスホテル風だけど広い!

BlogPaint
↑お水は1日2本まで無料。湯沸かしポットもあるのでお部屋でお茶飲めます。

BlogPaint
↑バスルームはシャワーのみですがまあ必要十分。

BlogPaint
↑バスアメニティはこんな感じ。歯ブラシもちゃんとあるよ。

BlogPaint
↑部屋が広い割にテレビは小さめw 残念なのはお部屋に冷蔵庫が無い…。

BlogPaint
↑2階からの眺め。以前はビルディング棟の他にむっちゃ古いコロニアル棟やプールがあったんだけどな…どうやら取り壊しちゃったのかな…2001年の時点でかなりボロかったしねw それよりも17年前の記憶が曖昧ww

BlogPaint
↑ホテルのレストラン。朝食もここでいただけるようですが、とも先生は早朝出発のため食べられませんでした(涙)。

お部屋はかなり古いです。ただ立地はとても良くどこへ行くにも便利なので、観光や出張で1泊2泊する分には使いやすいホテルだと思いますよ。料金もかなりお手頃だしね。


名称: グランド・インナ・メダン/Grand Inna Medan
場所: Jl. Balaikota No.2, Kesawan, Medan Bar., Kota Medan, Sumatera Utara
電話: +62 813-6101-7996
URL: http://www.hotelindonesiagroup.co.id/


↑このページのトップヘ