とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 泊まる

こんにちは、とも先生です。

備忘録振り返り旅行記インドネシア・アロール諸島編

*すべて2011年3月当時のお話ですので軽く流してください。


2011年、当時住んでいたバリ島で突然会社をクビになりまして、思わず飛行機に飛び乗ってやって来た傷心のアロール諸島。カラバヒの町で1泊した翌朝、フランス人一家が経営しているというバンガロー「La P'tite Kepa」を目指します。こんなど田舎にエスプリが住んでるんだってよ。

BlogPaint
↑カラバヒのホテルをチェックアウトして再びオジェック(バイクタクシー)にまたがり15kmほど離れた船着き場へ。ここで目の前のケパ島まで渡し船に乗ります、といってもほんの数百mなんだけどね。

BlogPaint
↑昨日の雨模様とはうって変わって今日はお天気なんだけど、海がねえ、かなりキレイだよう。

BlogPaint
↑ケパ島に到着!うん!何もない素大地!www こんなところにエスプリバンガローがあるのか?!

BlogPaint
↑なんかありました。でも人気も無いし掘建て小屋みたいだし…本当にここ?

BlogPaint
↑ここで正解ジャン!ビーチ沿いにバンガローが建ち並んでいるよ!

インドネシア語ペラペラのフランス人の奥さんを捕まえてやっとチェックイン!どうやらここはダイビングのお客さんのためのリゾートで、日中はみんなダイビングに行っちゃうから誰もいないんだって!

BlogPaint
↑とも先生は予約をしていなかったので一番安い部屋しか空いていませんでしたジャン!ここいらへんの伝統的な造りのバンガローなんだって!

これ!お部屋なんだって!ここに泊まるんだって自分!

ただの東屋じゃん

BlogPaint
↑とりあえずお部屋に入ってみるよ!うん!360度どこからでも見られちゃう!見られ好きにはたまらない興奮もののお部屋だよね!

BlogPaint
↑と、半分泣きそうになっていたらハシゴを上った屋根裏が寝室になっていましたwww

コンセントはないけど一応夜だけランプは点くし、蚊帳も付いているし、風通しはいいし、ドアがないから鍵なんてかけられないけどまあいいや!

あ!Wifiはなかったけどインドネシアの現地SIM挿していれば普通にネット通じたよ。

BlogPaint
↑1階の東屋エリアが最高に気持ちいいっす!風がねえ、ちょうど気持ちいい具合に当たるんだよ。

このお部屋で1泊3食付き250,000ルピア(=約2,000円)でしたたたしか。現在の料金はこちらで確認を。

食事はエスプリの旦那も含め毎回他のゲストと同じテーブルを囲んでワイワイと。海の幸がふんだんに出てきてどれもとても美味しかった記憶、写真無いけどw ただ、欧米人ダイバー客とずっと一緒なので普段のコミュ力が試されます。

BlogPaint
↑とも先生、一応念のためにCカードを持って来ていたので2ダイブだけお試しダイビング。魚さんのこと全然くわしくないのでなんとも説明できないんだけど、ド初心者の感想としては

潮の流れが激しすぎて楽しむどころじゃねえ!

って感じでした♡

BlogPaint
↑でも海はめためたにキレイだったよう☆

BlogPaint
↑ケパ島の周囲にビッとしてバッとしたビーチはなくてゴツゴツ岩場なんだけど、お水の透明度がかなりよろしいのでとてもよろしかったです。朝夕に散歩するだけでも癒されたよ。

とも先生は季節外れの3月に行ったから運良く飛び込みで泊まれたけど、ヨーロッパからのお客さんがわんさかやって来る夏場のピークシーズンは予約必須だそうです。ノンダイバーでも楽しめると思うよ。


名称: La P'tite Kepa
場所: Pulau Kepa, Desa Alor Kecil, Kabupaten Alor, Nusa Tenggara Timur.
電話: +62 813-3910-2403
URL: http://www.alor-diving-kepa.com/

こんにちは、とも先生です。

ちょいと前の5月の話しになりますが、ある日ハイボール晩酌をしながらスカイスキャナーを流し検索していたら、週末のプーケット激安往復チケットを発見!数日後の出発でしたがすっごく安かったので思わずポチリ購入。1泊2日でプーケットへ行ってきました。

おひとりさまだし、たった1泊だし、雨季だし、ということで、今回はビーチステイではなく「タウンステイ」。古い街並が残るプーケットタウンのゲストハウス「The RomManee Classic Guesthouse」に泊まってみました。
BlogPaint
↑プーケットタウンの中でも古い街並が多く残るエリアにあるため、散策にとても便利な立地。

BlogPaint
↑古いショップハウスを改装したロビーには当時の古い写真なども飾られています。

BlogPaint
↑ロビーの隣りにはオサレな雑貨屋さん。外からちょこっとのぞいただけですがカワイイものがたくさんありそうな予感。

BlogPaint
↑お部屋へは、フロントを抜けて建物裏のバックヤードを通り階段を上っていきます。土足厳禁なのでここで靴を脱いでくださいね。

BlogPaint
↑今回とも先生が泊まったのは一番お手頃なスタンダードルーム。最上階の4階にあるけどエレベーターなんてないからねw 部屋ごとに眺望や間取りやインテリアが全然違うので、こだわりがある人は事前に調べてリクエストしたほうがいいよ。

BlogPaint
↑洗面台はバスルームではなく部屋の中にあります。ドライヤーも完備。

BlogPaint
↑ゲストハウスだけどバスアメニティも基本セット有り〼。

BlogPaint
↑バスルームはシンプルだけど熱いお湯がザンザン出るので快適☆写真には写っていないけどトイレも新しくてとても清潔でした。

BlogPaint
↑お水は1日2本無料。木の床のゲストハウスなので館内禁煙です。

BlogPaint
↑階段の途中にはゲスト共用の冷蔵庫があり、飲物やフルーツを冷やしておくこともできますよ。要するに各部屋には冷蔵庫が無いってこと。

ゲストハウスの人もとても親切で快適に過ごすことができました。エレベーターがないこと以外に特に不満は何もなかったです。コロニアル的な、クラシック的な雰囲気がお好きな方はぜひどうぞ☆


名称: The RomManee Classic Guesthouse
場所: 83000 Amphoe Muang Phuket, Phuket, Thailand
電話: 089 728 9871
FB: https://web.facebook.com/TheRomManeeClassic/

こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島旅行は、日本からの友人と合流したり北部へ一人旅したりと盛りだくさんでしたがいよいよラストスパート。最後の2泊はサヌールに滞在します。

今回はどこのホテルにしようかな、といろいろ悩んだ結果、サヌールのメインストリートであるダナウ・タンブリンガン通りにある「バリ・ウィラサナ・イン/Bali Wirasana Inn」に初ステイ。

いや、値段考えたら文句なんてございませんレベルの高コスパ安ホテルでした☆
BlogPaint
↑ホテルから徒歩3分圏内にスーパーやコンビニがあり、レストランもたくさん。とても便利な立地です。

BlogPaint
↑フロント棟。ホテルは通りに面しておらず、細い道を少し奥へ入ったところにあるので静か。ホテル目の前まで車が入ってこられるので雨の日や深夜も安心だね。

BlogPaint
↑フロント棟から各部屋へはこのような緑あふれる道を歩きます。

BlogPaint
↑お部屋は2階建てのコテージスタイル。ゆったりした敷地は古いホテルならでは。

BlogPaint
↑今回予約したのは一番安いスタンダードルーム。そんなに広くはないけどベッドもシーツも清潔、エアコンもキンキンに効いてるよ。

BlogPaint
↑小さいながらテレビや冷蔵庫も完備。

BlogPaint
↑お水は1日2本無料。湯沸かしポットやカップはあるけど、コーヒーやティーバックは自分で用意する必要があります。

BlogPaint
↑お部屋は全然OKなんだけど…やはり安いホテルだからか安い部屋だからか、バスルームがかなり古いよ。あ、お湯はドバドバ出ます。

BlogPaint
↑ベッドルームとバスルームの間に変な空間が。洗面台と机。微妙に使いづらいっちゅうか。

BlogPaint
↑お安いホテルですがちゃんとセイフティーボックスもありますよ!w 持ち運びサイズの金庫なんてまあオシャレ♡

BlogPaint
↑部屋前にはテラスがあって、蚊対策をきちんとすれば快適にダラダラできます。

BlogPaint
↑部屋の前には変形リゾートプール。ちっさいけど、部屋の数を考えたら十分な大きさです。欧米人ゲストはここで毎晩酒盛りして楽しそうでしたよ。

一番安い部屋はかなり古いけど、立地や設備を考えるとめためたにお得感の高いホテルでした。ただ、人気があるようで時期によっては連日満室!予約が取れたら次回もここにしようかな☆


名称: バリ・ウィラサナ・イン/Bali Wirasana Inn
場所: Jl. Danau Tamblingan No.126, Sanur, Denpasar Sel., Kota Denpasar, Bali
電話: +62 361 288632
URL: https://baliwirasanainn.com/

こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島北部2泊3日おひとりさま旅行。

シンガラジャのコロニアルを堪能したとも先生は、ロビナビーチのゲストハウスをチェックアウトして次の目的地ムンドゥック/Mundukへ。

オランダ植民地時代に開発されたというこの高原避暑地ムンドゥックには、当時建てられたコロニアル建築が未だいくつか残っています。今回は、そのコロニアル建築をゲストハウスとして利用している「ベンデサ・マス・イン/Bendesa Mas Inn」に泊まるよワクワク☆
BlogPaint
↑ここはムンドゥックのメインストリート!…と言っても山の尾根を伝う細い道w この通り沿いに宿が集中しています。

BlogPaint
↑通りから細い路地を少し入ったところにBendesa Mas Innがあります。4月に行ったけどオフシーズンなのかな?他にお客さんがいなくてなんか工事中www

BlogPaint
↑無事にチェックインすることはできたのですが、ゲストハウスのオーナーが不在で部屋の鍵が無いということで、今回は一番古いお部屋に泊まることができませんでした…。でもこのお部屋もステキ。

BlogPaint
↑年中涼しい気候の土地なのでエアコンはありません。お部屋はシングルベッドが2台のみのシンプル仕様でまあまあ清潔です。

BlogPaint
↑窓際に椅子と机があったけど壊れそうな状態だったので触らずw

BlogPaint
↑バスルームもシンプル。エアコンはなくてもいいけどお湯シャワーは必須です!朝晩寒かったよー!!!(4月)

BlogPaint
↑ゲストハウスの庭には芝生が植えられ、メインストリートより一段高い位置にあるためなかなかの眺め。

BlogPaint
↑写真をバッチンバッチン撮っていたら、管理人のおじさんが一番古い建物へ案内してくれました。あまりにも古くて宿や住居には使えないらしく、現在は倉庫として使っているそうな。木の部分はそれほど古くありませんが、基礎部分はかなり古そう。オーナー一家の先祖らしき写真が壁にたくさん飾ってありました。

BlogPaint
↑ゲストハウスは朝食付きだったので、朝起きて芝生のテーブルへ行ったら…?

ねえねえ管理人のおじさん。これ…なあに?

え?これが朝ご飯?www

朝からチョコウエハースとバニラウエハースが食べ放題!ある意味朝食ブッフェ!!!

*ちなみに、欧米人観光客が押し寄せるハイシーズンでも、朝食は揚げバナナだけみたいですよ(某ホテル予約サイトの口コミより)

BlogPaint
↑朝食はあまりにアレだったけどゲストハウスの庭からの眺めはかなりいいよー!

設備的には猛烈オススメな宿ではないけど、値段がとにかく安いのとコロニアルな雰囲気が感じられるのとで、お好きな方にはたまらないと思います!ぜひ1泊くらいどうぞ!


名称: ベンデサ・マス・イン/Bendesa Mas Inn
場所: Gg. Jeruk, Munduk, Kabupaten Buleleng, Bali
電話: +62 812-3686-3789

こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島北部おひとりさま2泊3日ツアー初日。

プラマ社のツーリストバスでロビナビーチに到着したとも先生は、バス会社オフィスから歩いてすぐの安ホテル「プリ・マンダラ・ゲストハウス/Puri Mandhara Guesthouse」にチェックイン。

ロビナに来たのどのくらいぶりだろう…16.7年ぶりくらいかな?w
BlogPaint
↑バス会社オフィスを出て、キャリーをころころ転がしながら約300m。この角を海側へ入ります。

BlogPaint
↑Booking.comなどで取り扱いのある宿だけど、飛び込みで入っても同じ値段で1泊素泊まり(たしか150,000ルピア=約1,200円)でした。

BlogPaint
↑建物はまだ新しいのか最近塗り直したのかキレイ。お部屋の入口にくつろぎソファセットがあるのはいいね。

BlogPaint
↑室内。エアコンとテレビはあるけど冷蔵庫は無し。壁紙がちょいとはがれていたりするけどw全体的に清潔でそして広いよ。エキストラベッドが最初からセットされているので3人1部屋でもイケそう。

BlogPaint
↑バスルームはこんな感じ。無駄に広くてシンプルすぎて何もないよw

BlogPaint
↑ここはレセプション兼レストラン。典型的なゲストハウスの雰囲気。ここでイルカウォッチングツアーなどの手配や、車、バイクのレンタルもできます。

ちなみに、ここで車を手配するとムンドゥックまで片道300,000ルピアだそうですー。

BlogPaint
↑敷地中央には芝生、木もたくさん植えられていて全体的な雰囲気はいいよ。

BlogPaint
↑すぐそばのロビナビーチ。ロビナの中でもレストランやホテルが集まっているエリアからは3kmほど外れているためここは寂しいなあw

ちょうどロビナの繁華街エリアとシンガラジャの街の中間あたりに位置しているので、宿のレンタルバイク(1日60,000ルピア=約480円)を使えば行動範囲が広がるよ。免許は用意してね。


名称: プリ・マンダラ・ゲストハウス/Puri Mandhara Guesthouse
場所: Jalan Kubugembong Desa Anturan, Tukadmungga, Buleleng, Bali
電話: +62 812-3615-748

↑このページのトップヘ