とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 泊まる

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン空港から新しいシャトルバスで市内のスーレーパゴダ近くに到着したら、少し歩いて予約したゲストハウスへ。
空港からヤンゴン市内へのアクセスはめっちゃ簡単で格安だった!
http://tomosensei.net/archives/1072856203.html
ヤンゴン市内には、イギリス植民地時代に建てられたコロニアル建築を利用したホテルやゲストハウスがいくつかあり、とも先生が今回泊まった「501 Merchant B&B」もそのひとつ。快適で安くてとっても満足でしたよー☆
BlogPaint
↑ゲストハウスはスーレーパゴダから約800m、徒歩10分ちょっとのめっちゃ便利な場所にあります。

BlogPaint
↑築100年以上の古いショップハウスを改装して、2016年にゲストハウスとしてオープンしました。

BlogPaint
↑入口。まずはここで靴を脱いで2階へ。

BlogPaint
↑階段を上った2階以上がゲストハウスになっています。フロントでは英語が通じ、ウエルカムドリンクまでいただきました。

BlogPaint
↑ゲストの共用リビングスペース。大きな窓とアーチがとてもステキで、ここでゆっくりお茶飲んだり読書したいなあ。

BlogPaint
↑とも先生が今回泊まったお部屋は一応個室なのですが、コンパクトなお部屋にベッドがあるだけでwトイレやシャワーは共用のものを利用します。

狭いけどとても清潔でエアコンもキンキンに効きます。

BlogPaint
↑写真左側の3階部分は男女別のドミトリーになっています。お値段がとても安いので若いお客さんが多かったです。

BlogPaint
↑こちらはバスルーム。トイレとシャワーが一緒になっていますが清潔なので特に気になりません。シャワーのお湯の量も温度もバッチリで文句無し。シャンプーは備え付けのものがありました。

BlogPaint
↑洗面所にはドライヤーもあってハンドソープもあってかなり充実。

BlogPaint
↑ここは毎日の朝食をいただいたりお茶するスペース。

BlogPaint
↑宿泊代金に含まれる朝食はメニューを選ぶことはできませんが、誰かがテーブルに着くたびにオバちゃんがその都度作ってくれるので出来立てのものがいただけます。

BlogPaint
↑ゲストハウスから見た目の前の通り。交通量がかなり多いのと、歴史的建造物で騒音対策ができていないことから、外からの音がかなり建物の中に入ってきます。

とも先生はそんなに気にならずに熟睡できたけど、気になる人は耳栓を持参するといいよ。

スタッフの人たちは優しくて気が利くし、立地は良いし、雰囲気のあるステキな宿だし、安いしで、かなりおすすめのゲストハウスですよー☆


名称: 501 Merchant Bed & Breakfast
場所: No.(501) Merchant Road, Corner of 39th St & Merchant Road,, 8th Ward, Kyauktada Township,, Yangon 11182
電話: +95 1 385 260

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

ジャフナ→トリンコマリー→コロンボと巡り、旅の最後を飾るのは空港からほど近いニゴンボ。

ニゴンボには植民地時代に立てられたコロニアル建物や教会がたくさん残っているのですが、ここに古い建物を利用したゲストハウス「ハミルトン・ハウス/Hamilton House」を見つけたので1泊してみました。
BlogPaint
↑ニゴンボのバスターミナルからてくてく歩いてゲストハウスへ向かいます。にぎやかな町並みだけど飲食店が少ないなあ…ご飯どこで食べよう。

BlogPaint
↑途中でゲストハウスの看板を見つけたのでAsarappa Roadへ入ります。

BlogPaint
↑この細い道を数十メートル歩くと。

BlogPaint
↑右手にゲストハウスの入口があります。Googlemapだとちょっと分かりにくいのでご参考に。

BlogPaint
↑突き当たりが運河。右手の建物がオーナー住居、左手が客室棟のようです。

BlogPaint
↑とも先生はエアコンとバスルームの付いたシングルルームに1泊します。

とっても古い建物ですが改装してあってキレイにしています。

BlogPaint
↑無料のミネラルウォーターは1.5Lのデカいのがドカン!暑いスリランカでこれはうれしいね。

BlogPaint
↑過剰配置のコンセントw 残念ながらスリランカ式の3つ穴タイプなので変換アダプターが必要です。

BlogPaint
↑バスルーム。コンクリート打ちっぱなしは好きな人と嫌いな人に分かれますが清潔にしてあるよ。

BlogPaint
↑部屋のドアの鍵!いったいいつの時代のもの!

BlogPaint
↑宿泊客が利用できる共用スペース。テレビやソファの他、ポットやコーヒー紅茶が用意されているのでセルフでいつでもお茶が飲めます。

BlogPaint
↑客室棟入口の寛ぎスペース。壁に飾ってある肖像画の人物がこの建物の所有者だそうです。なんでもお医者さんの邸宅だったそうな。

BlogPaint
↑運河沿いになぜか門が?!昔は運河が交通の要だったから、運河から出入りしていたみたいだね。

BlogPaint
↑今でも漁師さんの大切な通り道となっているオランダ運河/Dutch Canal。運河ビューのゲストハウスも面白いね。

宿泊代金に朝食が含まれていない場合は別途5ドル。オーナーは日本へ何回も訪れている羽振りの良いビジネスマンで、このゲストハウスは道楽で経営しているみたいw 良くも悪くもゆるふわーって感じなので、リクエストがある場合はきっちりとね。

ビーチ沿いではありませんが、どこへ行くにも立地が良いのでなかなかおすすめ☆


名称: ハミルトン・ハウス/Hamilton House
場所: No.02 Asarappa Road, Negombo
電話: +94 77 788 8484
FB: https://web.facebook.com/Hamilton-House-Negombo-704573199690966/

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

朝、スリランカ北東部の港町トリンコマリーを出発して、バスと列車を乗り継ぎで一日がかりでコロンボのフォート駅へ到着。
トリンコマリーからコロンボへの移動/アクセス/行き方
http://tomosensei.net/archives/1072401790.html
今夜はコロンボに1泊して明日ニゴンボという街へ移動するんだけどー、今夜のホテルどうしようかなー、安いホステルでもいいんだけどなー。

と、スマホでAgodaやらBooking.comを見ていたら、泊まってみたいと思っていたホテルがまさかの直前割引で激安!!!その場でホテルを予約してそのままホテルへー☆

3年前にレストランだけ利用したコロニアルホテル「グランド・オリエンタル・ホテル/Grand Oriental Hotel」に泊まりまーすウフフ。
BlogPaint
↑夜のホテル外観。ライトアップされていてとってもキレイなんすよ。

BlogPaint
↑ホテルロビーは地味な感じでこじんまりとしています。

BlogPaint
↑ウエルカムドリンクはパパイヤジュース。冷え冷えで美味しい☆

BlogPaint
↑もちろんエレベーターはありますが、ここではぜひ階段も利用してみてください。なんともいえない味があって好きなんです。

BlogPaint
↑1920年の古い写真が壁にかけてありました。

グランド・オリエンタル・ホテルの建物は、1837年にイギリス軍の兵士宿舎として建造され、1875年にホテルとしてオープンしました。その後、何回かの改装を経て現在に至ります。

BlogPaint
↑今回泊まる一番お手頃なスタンダードルーム。元々兵士の宿舎だったからなのかちょっと狭いかも!かわいいお部屋だけど大きなスーツケーツは床で広げられないなあ、ベッドの上で広げるしかないなあ。

BlogPaint
↑狭いながらも設備は一通り揃っています。無料のコーヒー紅茶に湯沸かしポット、テレビに冷蔵庫。

BlogPaint
↑ミネラルウォーターは1日2本無料。ルームサービスは24時間OKみたいなこと言われました。

BlogPaint
↑バスルームもコンパクトだけど清潔なので何も問題無し。バスタブは無くてシャワーのみ。

BlogPaint
↑アメニティはこんな感じ。ちょっと雑ですけどw

BlogPaint
↑お部屋のコンセントは3つ穴タイプなので変換アダプターが必要ですが、バスルームのコンセントだけは日本のものがそのまま差せます。

BlogPaint
↑お部屋から見た景色…まあ周りはオフィス街なので特に眺めがいいとかそういうのはないのですが…。

BlogPaint
↑ホテル上階にあるレストランからの眺めは抜群☆特にディナータイムのレストランはコロンボ港を臨みながら懐かしい洋食系メニューがいただけます。

ぶっちゃけホテルとしてはかなり古いしアレなんですけど、お値段がかなり安いのでコロニアル建築好きは一度泊まってみてもいいかも。あと立地が便利なので、節約派トラベラーにもおすすめ。


名称: グランド・オリエンタル・ホテル/Grand Oriental Hotel
場所: 2 York St, Colombo
電話: +94 112 320 320
URL: http://www.grandoriental.com/


こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北部最大の街ジャフナ滞在を終えて列車とバスを乗り継いでやって来たのは、北東部にある港町トリンコマリー。第二次大戦中は、ここにイギリスの軍港があったことから日本の空爆を受けた過去があります。現在は美しい海とクジラウォッチングが楽しめるリゾート地として注目を浴びています。
ジャフナから港町トリンコマリーへ
http://tomosensei.net/archives/1072396729.html
さて、トリンコマリーのバスターミナルに到着したとも先生は、さっそく予約したゲストハウスへ。

スリランカはどこもホテルの値段と質が釣り合わなくて、要するに宿のコスパが悪いの。ここトリンコマリーも例外ではなく、え?エアコン無しの共同バスルームの部屋でこんなに高いの?!みたいな。

そんな中、まだ新しいためかホテル予約サイトでの評価がまったく付いてなくて、でもエアコン&プライベートバスルーム付きの個室がめちゃくちゃ安かったゲストハウス「ダッチ・バンク・イン/Dutch Bank Inn」に思い切って泊まってみたらこれが大正解☆

スリランカにしてはかなりコスパが良いと思われる宿なので簡単ですがご紹介しますね。
BlogPaint
↑ゲストハウスはトリンコマリーの街の西側、ダッチ・バンク・カフェという有名なレストランの裏手にあります。チェックイン/アウトはレストランのカウンターで行うのでまずはレストランへGO。

BlogPaint
↑レストランの厨房の裏手が客室になっています。とも先生が今回予約したのは一番安い「スモールダブルルーム」で建物の1階がお部屋。カテゴリーの高いお部屋は2階以上にあります。

BlogPaint
↑中へ入るとなぜか共用リビングルームがあってテレビと洗面台があります。自分の部屋にもテレビがあるしリビングにはエアコンがないのでここを利用することはありませんでしたw

BlogPaint
↑スモールダブルルームの客室はかなり狭め。でもオープンしてまだ日が浅いからかすべてが新しくエアコンの効きもバッチリで快適☆

写真左手に窓はありますが、採光のためだけなので眺めはまったくありません。ちなみに窓を開けた先はレストランの厨房でしたwww

BlogPaint
↑お部屋には無料の1.5Lミネラルウォーターがあり無くなったらまた補充してくれるとのこと。ウエルカムドリンクはオレンジジュースでした。

BlogPaint
↑お部屋のコンセントはスリランカタイプ(三つ穴)ですが、変換アダプターが置いてあったので日本のものをそのまま挿すことができたのはうれしい。

BlogPaint
↑バスルーム。ホテルのバスルームのようにキレイでピカピカ☆ シャワーのお湯は温度も量もバッチリ。アメニティは、シャンプー、石けん、ハンドソープ、歯ブラシ、トイレットペーパーなど基本的なものは完備。

BlogPaint
↑レストランの2階からは海が一望できて気持ちいいよ。

BlogPaint
↑宿泊代金に含まれる朝食は、開店前のレストランでいただきます。

この日のメニューは、
・スリランカ風フィッシュカレー
・オニオンチャツネ
・ココナツロティ
・バター
・バナナ
・甘いミルクティー

さすがレストランの朝食だけあってどれも美味しい!味も量も朝から大満足です。

BlogPaint
↑海を眺めながら優雅な朝食なんて最高じゃんねー。

各ホテル予約サイトではまだ評価の付いていない新しいゲストハウスですが、一番安いお部屋でもかなり快適でした。自転車は無料で借りられるし、スタッフの方たちもみんなとても親切、可愛いゴールデンレトリーバーが2匹いるのでワンコ好きにはたまらないよ。トリンコマリー滞在の際はぜひここへー☆


名称: ダッチ・バンク・イン/Dutch Bank Inn
場所: 88, Inner Harbour Rd, Trincomalee 31000
電話: +94 77-2690600
URL: http://www.grandthalassic.com/
FB: https://web.facebook.com/Dutchbankcafe/


こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

特急列車インターシティ・エクスプレスにゆられコロンボから北へ400km、ジャフナという街に到着したとも先生は、さっそく予約してあるゲストハウスへ向かいます。暑い…。
コロンボからジャフナへ鉄道の旅
http://tomosensei.net/archives/1072242487.html
BlogPaint
↑各ホテルサイトの位置情報がめちゃくちゃでほんのり迷子になったとも先生ですが、なんとか探し当てましたw まず写真に写っている洋品店の看板に書いている住所がゲストハウスの住所とまったく同じだったんですよね。それでピンと来て脇道を入っていきました。

BlogPaint
↑こんな細い道をビクビクしながら奥へ奥へ…本当にここで合ってるかな…。

BlogPaint
↑突き当たりに民家があったので「あのう…ここゲストハウスですか?」と訊いたら大ピンポンwww

通り沿いにもどこにも看板を設置してないのなんで?!違法営業でもしてるの?!w

今回はAgodaで予約したのですが位置情報全然違っていました。合っていたのはBooking.comとGooglemap。

BlogPaint
↑迷子になってちょいと疲れたけどなんとかチェックイン。スリランカの宿はよほど高級なところでない限り民家ホームステイスタイルが多いよね、ここもそう。

BlogPaint
↑お部屋は狭いけど清潔で一人なら十分。ベッド、物干、写真では見えないけどテーブルがあります。

エアコンも新しくてキンキンに冷えました。暑いジャフナではエアコン付きの部屋に泊まらないとキツいと聞いていたので大正解。日中は外めちゃくちゃ暑いんだものっ!朝晩は涼しかったんだけどね。

BlogPaint
↑コンセントは3つ穴方式だったので変換プラグないとスマホ充電できないよ。数に限りはあるけどゲストハウスでも変換プラグを貸し出ししてくれます。

BlogPaint
↑バスルーム。シャワーは水だけでお湯は出ませんが暑い土地なので特にお湯は必要ありませんでした。全体的に清潔で値段を考えたら文句なし。

ただ、バスルームにはトイレットペーパーしかないので、シャンプーその他必要なものは持参しましょう。

BlogPaint
↑こちらは宿泊客共用のリビングルーム。写真右奥の冷蔵庫は宿泊客も自由に利用することができます。

BlogPaint
↑宿泊料金に含まれる朝食はスリランカスタイルとトースト&ジャムが選べます。

割れ米、米粉、ココナツを混ぜて筒状に固めて蒸した主食にカレーやらなんやらがあって、フルーツは熟れ熟れ完熟の美味しいパパイヤ。それにコーヒーか紅茶を淹れてくれます。

このスリランカ朝食がめためたにウマい!ちょっと辛いけどウマい!

その他…
・オーナーは普通に英語が通じていろいろ面倒見てくれる。
・お部屋の掃除は毎日してくれる。
・スクーターは1日(24時間)1,500ルピーでレンタル可能。
・ジャフナ駅まで約1kmなのでザックなら徒歩で余裕の距離。
・バスターミナルまで約300m。
・大きなスーパーマーケット(Cargills)まで約600m。

ジャフナ市内中心部で「エアコン&プライベートバスルーム付きの個室」を条件に探して最安値だったゲストハウスですが、立地もいいし結果的に大当たりでした。

コスト重視で!でもエアコンないと無理ー!って方にオススメです☆


名称: ゲット・イン/Get Inn
場所: 229-231 Power House Road, Chundikuli, Jaffna, Sri Lanka


↑このページのトップヘ