とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

カテゴリ: 泊まる

こんにちは、とも先生です。

パキスタン旅行6日目。世界遺産モヘンジョ・ダロを見に、最寄りの空港があるサッカルという街へやってきました。

だがしかし!到着したサッカル空港で公安警察に保護され、指定のホテルへ護送されてしまったのです!w

「インダス・ゲストハウス/Indus Guesthouse」は、パキスタンの地方都市の宿泊施設としてはまあまあな内容でしたよ。
BlogPaint
↑ゲストハウス入口。おおよそ宿泊施設の入口とは思えない厳重っぷり。有刺鉄線はかなり痛そうだよ。

BlogPaint
↑こちらは一番お高いVIPルーム。

最初のお値段は1泊5,000ルピーだったのですが、少しゴネたら光の速さで3,500ルピーまでディスカウントwww

パキスタンでは、ホテルでも買い物でもタクシーでも、値札の付いていない物は言い値のおおよそ半分が適正価格だと言われています。

あまり値切ったら気の毒かな…などと遠慮しないでガンガン交渉しましょう。相手も値切られる前提で言い値を高く言ってきますからね。

BlogPaint
↑テレビもエアコンもソファセットもあるし、宿としては不満無し。あ、セキュリティの問題か部屋に窓がないのでそれは覚悟を。

BlogPaint
↑バスルームもなかなかキレイにしているのですが、ですが!

最後の最後までシャワーのお湯が出ませんてした!地域的に仕方ないそうですが!寒い季節に水シャワーはヤダー!

BlogPaint
↑パキスタンのうれしいところは、基本的にコンセントが日本と同じってこと。写真のコンセントは漏電しててビリビリしたけどね!

BlogPaint
↑ゲストハウス内にはレストランがない代わりにルームサービスで対応しています。基本パキスタン料理だけど、中華風料理やサンドウィッチも有り〼。

BlogPaint
↑ゲストハウスのテラスから見た外。とも先生はここから自由に外出できなかったので、テラスから見える景色が周辺を知る唯一の機会でした(泣)。

BlogPaint
↑朝食は宿泊代金に含まれており、パキスタン式朝食がいただけます。逆の言い方をすると選択肢無しw

スパイスの効いた唐辛子入りオムレツ、パラーター(油を折り込んだチャパティ)、チャイが基本セットです。

さあ、次回はドキドキのサッカル市内観光をご紹介しますね。


名称: インダス・ゲストハウス/Indus Guesthouse
場所: House #A-175, Sindhi Muslim Co-Operative Housing, Society Airport Road, Sukkur
電話: 0300-3968808, 0333-3968808
E-mail: indusghouse@gmail.com

こんにちは、とも先生です。

ランタ島4日目。ロック島国立公園テント1泊ツアーを楽しんできたとも先生。最後の1泊はランタ島で一番大きな町(といっても小さいけどw)サラダンに泊まります。

ロック島国立公園に泊まる!宿泊事情やビーチ/海について
http://tomosensei.net/archives/1068810269.html
ロック島国立公園に泊まる!展望台散策やご飯事情について
http://tomosensei.net/archives/1068810296.html
遠浅ビーチ沿いの「Saladan Beach Resort」は、こじんまりしていながらも明るく元気な、楽しい雰囲気のリゾートホテルでしたよ☆
BlogPaint
↑ホテルはサラダンのメインストリートから歩いて5分くらい。道が狭い割に交通量がけっこうあったので歩行注意。

BlogPaint
↑泊まった部屋はエアコン付きの一番安いバンガロー(部屋カテゴリー不明)。典型的な安ホテルって感じの風情で特にリゾート感はないけど清潔です。

BlogPaint
↑無駄に大きな冷蔵庫、テレビ、エアコン、扇風機、基本設備は完備。1棟2部屋タイプのバンガローなので部屋中央にドアがあり、グループ滞在であればコネクティングルームにもできますね。

BlogPaint
↑バスタブは無くシャワーのみ。タイルが白いので古さをダイレクトに感じますが、まあまあ清潔です。

BlogPaint
↑アメニティはこんな感じ。写真奥のは1回使い切りシャンプーかな?歯ブラシはないので要持参。

BlogPaint
↑部屋前のテラスにはイスと物干もあるので便利。ただ、バンガローが密集して建っているのでくつろぎ感は薄いかも。

BlogPaint
↑ビーチ沿いのプールはそんなに大きくはないけどリゾート感ばっちり。お客さんも少ないのでけっこう遊べます。プールサイドにはデッキチェアとパラソルも有り〼。

BlogPaint
↑プールサイドにはレストランとバーも。

BlogPaint
↑ホテルから5分ほど歩くとメインストリートに出ます。周辺にはレストランやスーパーなどがあるので、夕方ぶらぶらするのもいいかもね。

このホテル、フロントからお部屋の清掃からレストランから何から何まですべて女性スタッフしか見かけませんでした。もしかしたら内勤で男性が働いているのかもしれませんが、見た感じすべて女性スタッフ、しかもみなさんフレンドリーで英語もペラペラ。クラビ空港行きバスの手配やら旅行情報などすぐに提供してくれて、とても快適に楽しく滞在することができましたよ☆



名称: サラダン・ビーチリゾート/Saladan Beach Resort
場所: 166 m.1 Saladan, Koh Lanta, Krabi, Thailand 81150
電話: 075-668112
Web:

こんにちは、とも先生です。

ランタ島初日。バンコクから飛行機とバスとフェリーを乗り継ぎでやってきた初めてのランタ島!初めてなのでどこのエリアに泊まるのがいいのか全然わからないとも先生は、

1: 1泊800バーツ(約2,760円)以内。
2: エアコン、お湯シャワー、冷蔵庫有り。
3: お部屋のベランダから海が見える。

という3つの条件でホテルを絞りました。

その結果、クロンコン・ビーチ/Khlong Khong Beachにある「Lanta Darawadee Resort」にチェックイン。古いけどとても快適なホテルで大当たりでした♡

BlogPaint
↑ランタ島を南北に走るメイン道路、だけどの〜んびりしているよ。

BlogPaint
↑ホテルは海沿いにあるので、メイン道路からこの細い道を入って行きます。角にはホテルの看板があるので分かるかと。

BlogPaint
↑ホテルの入口らしくないけどここがホテルの入口w 海に向かってズンズン歩き、レストランのそばにフロントがあります。

BlogPaint
↑とも先生が予約したお部屋はデラックスシービュールーム。口コミ評価では古すぎる、汚い、なんて評価がけっこうあったけど全然そんなことないよ。ただ、お部屋の芳香剤はかなり強く効かせてあるなあw

BlogPaint
↑テレビ、冷蔵庫、作業デスク、ソファーなんかもあってめちゃ充実してるじゃん。

BlogPaint
↑バスルーム。バスタブはありませんがまあ安いホテルだしね。清潔にはしているけど古い。

BlogPaint
↑シャンプーなどのほかに歯ブラシも用意してあるよ。

BlogPaint
↑ベランダにはチェアが二脚あるけど日中は暑くてここじゃ寛げないねw

BlogPaint
↑そしてベランダから海へ目を向けると…うーみー!ヤシの木が生い茂っているのでちょっとわかりにくいのですが、お部屋からプールと広い芝生の庭を望み、その奥がすぐにビーチ!

BlogPaint
↑1泊2,000円台の安ホテルにしてはかなり上等なロケーション!プールも部屋数の割に大きくて、パラソルやデッキチェアが用意されているからゴロゴロも可!

BlogPaint
↑ホテル前のビーチ。プライベートビーチではないけどきちんと掃除しているみたいで、砂浜部分もキレイにしてます。海はキレイだけど感動レベルではないので、ビーチでビール飲みながらゴロゴロするのがいいかな。

朝食込みのプランではなかったのでホテルの朝食は試していませんがレストランは有り〼。季節によって宿泊料金が変動するものと思われますが、12月のハイシーズンでこのロケーションで1泊2,000円台というのはかなりお得だと思いますた!



Lanta Darawadee Resort
162 Moo 2, Klong Khong Beach,T.Saladan,Koh Lanta Yai
+66 870465744

こんにちは、とも先生です。

以前バンコクに住んでいた友人Sが久しぶりに長期でタイへ遊びに来ています。せっかくの再会だし話したいこともたくさんあるしで、いつもつるんでいる友人Gと3人で一泊パタヤへ行ってきました。

今回泊まったホテルは、パタヤのビーチロードに近い「ベスト・ビーチ・ヴィラ/Best Beach Villa」です。かなり古いけど、安いしコスパ的にはかなり良い中級ホテルでしたよ。

BlogPaint
↑ビーチロードからソイ5を約200m入ったところにホテルがあります。最寄りのコンビニまで約200m。

BlogPaint
↑ロビーは古臭くて時代を感じるけどそれがまたお好きな方にはたまらない。

BlogPaint
↑今回泊まったお部屋は「デラックス・シービュー」というカテゴリーのツインルームで、3人1部屋のトリプル予約のため最初からエクストラベッドがセットされています。

お部屋は公称32㎡で、狭くもなければだだっ広くもなく標準的な広さ。


BlogPaint
↑バスタブ付きのバスルーム。清潔ではあるのですが……トイレの水流が弱い!!!2.3回流さないと流れないいいいいいいいいいい!!!この部屋だけの問題なのかホテル全体的にそうなのかは不明ですがこれは困りました。

BlogPaint
↑アメニティは石けん、シャワーキャップ、コットン、シャンプー。日本人宿泊率が比較的高い中級ホテルだそうですが日本人が喜ぶ歯ブラシはありません。

BlogPaint
↑ベランダからの眺め。部屋カテゴリーは「シービュー」なのでビルとビルの間にかすかに海が見えますw

BlogPaint
↑プールは思っていたより大きくてなかなかグッドなのですが、プール脇に客室テラスがあり、常連らしきお客さんたちがデッキチェアで寛いでいることもあり、ちょっと落ち着かないため利用しませんでした。

BlogPaint
↑旅先でも運動した方向けにジムもあります。マシンは一通り揃ってましたよ。

BlogPaint
↑翌日の朝食は1階ロビー奥のレストランで。基本アメリカンブレックファスト+タイ料理各種に加えて、生野菜のサラダバーやお粥もありました。

BlogPaint
↑チャーハンにグリーンカレーかけてソーセージと目玉焼き添えて朝からモリモリいただきます。なんだか懐かしい味のものばかりです。

BlogPaint
↑ホテル前のソイ5は道幅が狭い割にけっこうな交通量で、酔っぱらってふらふら歩いているとクラクション鳴らされまくるのでご注意を。

今回3人で1部屋に泊まって朝食付きで6,000円しませんでした。この内容なら全然アリだしリピしてもいいくらい。トイレの水流の問題がなければねーw



名称: ベスト・ビーチ・ヴィラ/Best Beach Villa
場所:
電話:
Web:

こんにちは、とも先生です。

インドネシア・ジャワ島旅行4日目。ガルーダ・インドネシア航空の国内線でジャワ中部のスマラン空港に到着したとも先生は、空港からエアポートタクシーに乗って目的のホテルを目指しました。

インターネットで偶然見つけて、どうしても泊まってみたかったコロニアルホテル「Hotel Candi Baru」。お手頃なのに雰囲気の良いとてもステキなホテルでしたよ。

BlogPaint
↑空港からエアポートタクシー(55,000ルピア=約460円)で約20分、小高い丘の住宅街の中にあるホテルは横から見るとなんだか要塞みたいw

BlogPaint
↑建物自体はかなり古いけど100年以上は経っているのかな。1992年にスマラン市の文化財に指定されたようです。

BlogPaint
↑ホテルを正面から見たところ。お部屋空いているかなー、空いていたらいいなー。

BlogPaint
↑ホテルのロビーは、なんだろう、言葉にできない雰囲気の良さを感じました。

BlogPaint
↑お部屋空いてたー!フロントに料金表があったのでパチリ。

<宿泊料金>
エコノミールーム: 100,000ルピア
スタンダードルーム: 240,000ルピア
デラックスルーム: 310,000ルピア
VIPルーム: 380,000ルピア
ファミリールーム: 400,000ルピア
スイートルーム: 600,000ルピア
*朝食込み


BlogPaint
↑とも先生はスタンダードルーム(240,000ルピア=約2,000円)に決定。建物の外廊下からお部屋に入るタイプで、ドア前にデスクと寛ぎスペースがあります。

BlogPaint
↑コロニアル建築らしくとても高い天井ですが、お部屋はいたってシンプル。アンティーク家具が置かれているわけでもなく、まあ安いしねw

BlogPaint
↑この歴史あるコロニアル建築をホテルとしてオープンさせたのは1997年だそうで、ホテルとしての設備は一通り揃っていました。

BlogPaint
↑バスルームはバスタブこそないものの清潔で比較的新しい。シャンプーや石けんだけでなく、歯ブラシも用意されててうれしー。

BlogPaint
↑とも先生が泊まった部屋の隣りも雰囲気良いねえ。連泊してのんびりしたいなあ。

BlogPaint
↑残念ながら宿泊した時はホテルのレストランが改装のため休業中で、その代わりなのか簡単な食事だけルームサービスで注文できるようになっていました。

ナシゴレン(15,000ルピア=約120円)紅茶1ポット(12,000ルピア=約100円)など、街のレストランより安いんじゃね?w


BlogPaint
↑こちらホテル建物の裏手にあるレストラン。休業中なのが残念……。ステンドグラスがステキだよー。

BlogPaint
↑階段を上ると2階にも客室があります。用も無いのに行ったり来たりしながら写真パチパチw

BlogPaint
↑ホテルの周囲は閑静な住宅街で、とても落ちついているのですが周囲にスーパーやレストランがない…。観光や食事はタクシーで街中へ出ないといけないのが少し不便かな。

2人で泊まればゲストハウス並みのお値段で泊まれるホテルです。コロニアル建築に興味のある方には猛烈にオススメ! ただ…各種ホテル予約サイトでの取り扱いがないので、事前予約をするには電話するしかないのが少々ハードル高めー。



Hotel Candi Baru Semarang
Jl. Rinjani 21, Bendungan, Gajahmungkur, Bendungan, Kota Semarang, Jawa Tengah

↑このページのトップヘ