とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

2018年12月

こんにちは、とも先生です。

2018年も今日で最後、大晦日がやってきました🌟

今年も振り返ることはたくさんあるのですが、その中でも「旅」を振り返ります。
flightroute2018
↑2018年の飛行ルート

<1月>
パキスタン(カラチ、モヘンジョダロ)
タイ国内(ノンカイ)
<2月>
中国(汕頭)
カンボジア(プノンペン、カンポット)
<3月>
タイ国内(カオサン)
シンガポール(シンガポール)
マレーシア(ジョホールバル日帰り)
<4月>
インドネシア(アンボン、バンダネイラ、バリ島)
<5月>
タイ国内(プーケット)
<6月>
日本(横浜)
<7月>
インドネシア(メダン、サワルント、パダン)
<8月>
スリランカ(コロンボ、ジャフナ、トリンコマリー)
<9月>
シンガポール(シンガポール)
マレーシア(ジョホールバル日帰り)
タイ国内(チャルンクルン)
<10月>
ミャンマー(ヤンゴン)
<11月>
タイ国内(クレット島)
タイ国内(スリン)
<12月>
タイ国内(チェンマイ、ランパーン)
日本(横浜)
タイ国内(ランタ島)

一時帰国も含めたら2018年は21回旅に出かけました。

<2018年の私的ステキ旅先ランキング>
【1位】バンダネイラ(インドネシア)
【2位】サワルント(インドネシア)
【3位】ジャフナ(スリランカ)

BlogPaint
↑【1位】インドネシアに留学していた20代の頃からずっとずっと憧れていたマルク州・バンダネイラ。オランダ植民地時代の貴重なコロニアル建築を始めとした歴史的建造物群、アルフレッド・ウォーレスが「世界で一番美しい海」と絶賛したバンダ海。歴史も大自然もぎゅっと詰まったこのエリアは、本当に本当におすすめです!
とも先生のインドネシア・バンダネイラ旅行
http://tomosensei.net/tag/バンダネイラ?p=6
BlogPaint
↑【2位】インドネシアが世界遺産候補として推している物件のひとつサワルントは、炭坑が発見されたため早くからオランダによる開発がされた町。オランダ植民地時代の建造物群がほぼそのままの形で残る、インドネシア国内でも歴史的に価値の高い町です。世界遺産リストに載る日も近い?!
とも先生のインドネシア・サワルント旅行
http://tomosensei.net/tag/サワルント?p=2
BlogPaint
↑【
3位】2009年に内戦が終わり、外国人観光客も訪れるようになったスリランカ北部の最大都市ジャフナ。タミル文化の息づくこの土地には植民地時代の建築が多く残り、人々も親切で食事もとても美味しく、大変魅力的な街でした。
とも先生のスリランカ・ジャフナ旅行
http://tomosensei.net/tag/ジャフナ?p=3
2019年はどこに行けるかな?

みなさま、良いお年を!


こんにちは、とも先生です。

今年の年末年始はタイのランタ島へ来ています。


↑ランタ島はクラビの南。クラビから車(途中カーフェリー区間有り)で1時間半〜2時間半の距離です。

昨夜、バンコクの南バスターミナルから夜行のVIPバスに乗り約11時間。クラビのバスターミナルでさらに乗り合いワゴンバスに乗り換えて約2時間でランタ島へ到着。

昨年は一人でやって来たランタ島ですが、今回は友人と3人旅。

昨年泊まったホテルが、古いもののオンザビーチで好みだったので今回も同じホテルにしたよ。

BlogPaint
↑今日は何も予定を入れていないので、クロンコンビーチでだらだらしながらサンセットタイム。

BlogPaint
↑冷たいモヒートで乾杯ー🌟

BlogPaint
↑少し雲が出ていたけど、美しいサンセットを楽しみました。

明日はもう2人合流予定なので、にぎやかな大晦日になりそうですw

夜行バスでほとんど眠れなかったから疲れちゃった、今夜はここいらへんでおやすみなさい。


こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

バンコク・エアウェイズのエコノミークラスでランパーンからバンコク(スワンナプーム)へ〜

<2018年12月>

BlogPaint
↑ランパーン空港は街中にあって、頑張れば歩いて行けちゃうくらい街中だよw

BlogPaint
↑現在バンコク線の国内線1路線にしか就航していないこともあってか空港はとてもこじんまり。

BlogPaint
↑ランパーン空港にはバンコク・エアウェイズのラウンジがない代わりに、搭乗待合室の専用コーナーでお茶や軽食がいただけます。バターケーキと餅菓子に紅茶、旨し。

BlogPaint
↑ランパーンからバンコクへ戻る飛行機はATR72という70人乗りのプロペラ機。

BlogPaint
↑横2-2のシートですが特に圧迫感は無く。ただこのフライトは最終的に満席になりました。

BlogPaint
↑1時間35分の国内線フライトですが機内食が出ます。鶏胸肉の唐揚げを甘酢和えにしたもの、キュウリ、ニンジンにチリソース。飲物はお水とオレンジジュースの他、食後にコーヒーか紅茶がいただけます。

午後のフライトだから量もちょうどいいし、機内食にしてはヘルシーだし、かなりいいよね🌟


こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

1泊だけでしたがランパーンの街歩きを楽しみ、あっという間にバンコクへ戻るフライトの時間が近づいてきました。最後は軽くランチでもしようかなーと歩いていたら、マッサージ屋さんを見つけたのでフットマッサージをしてもらったよ。
BlogPaint
↑日中の暑い時間帯だったからかお店の前の通りには人気がないのですがwお店は街の中心部にありますよ。

BlogPaint
↑外国人観光客的には、店頭に英語表記が多いと「ちょっと入ってみようかな?」って気持ちになるよね。とりあえず入店。

BlogPaint
↑店内は特に洗練されているわけではないけど、風通しが良くて素朴な温かい感じ。お店に入るとすぐにオーナーらしきマダムがキレイな英語で対応してくれました。

BlogPaint
↑マッサージは1時間200-399バーツ。とも先生はフットマッサージ(200バーツ=約680円/1時間)をお願いしました。

BlogPaint
↑施術室はエアコンがほどよく効いて快適。マッサージ師の女性とは片言の英語での意思疎通でしたが、マッサージはなかなかの腕前でしたよ。

BlogPaint
↑マッサージが終わるとハーブティーとココナッツミルクの餅菓子を出してくれました。

普通に英語が通じるのでとても気軽に利用できるマッサージ屋さんです🌟


店名: Sankul Thai Massage
場所: 1015/1 Upparat Suan Dok Road, Chang Wat Lampang 52100
電話: 080-7931783
営業: 9:00-21:00
FB: https://web.facebook.com/sankulmassageforhealth/

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

チェンマイから南東約100kmに位置するランパーン。良質の粘土が産出されるため窯業が盛んで、その中でもにわとり柄(鶏柄)の食器は日本人にも人気があることから、食器目当てにランパーンを訪れる人がいるほど。

時間がなかったので駆け足だったのですが、ランパーン市内で食器の買えるお店のうち、観光客も行きやすい2カ所をご紹介します。
BlogPaint
↑まずはここ。なんやコロニアル風建築の裏手にお店が何軒か並んでいます、1軒をのぞいて閉まってるけど!


↑場所はここ。警察関連施設の敷地内なのかな?

BlogPaint
↑朝から唯一開いていたお店を見学。

BlogPaint
↑にわとり柄の食器があります、が、けっこう雑多な品揃え…。

うーん…1軒しか開いていないから品揃えや値段の比較ができないなあ…。

BlogPaint
↑というわけで、どうしたものかと悩みながら歩いていたら偶然見つけました食器集合店。


↑場所はここ。City Ratsada Apartmentという宿の斜め向かい。

BlogPaint
↑ここは各店舗品揃えが豊富ー🌟

BlogPaint
↑にわとり柄の食器の種類もたくさんあるよ。

BlogPaint
↑とも先生いくつかお買い上げ。でもそんなに量を買えないから本当に少しだけ。茶碗サイズの中鉢(10バーツ=約34円/個)。安い!こんなに安いものなの?!

BlogPaint
↑そしてお魚さん型の醤油皿的な小皿(10バーツ=約34円/枚)。これもにわとり柄食器と並んで人気商品なんだそうです、よく知らんけど。

日本のネットショップでいくらで売っているか知らんけど、現地ランパーンで買うと30円台ってことでした🌟食器に興味のある方はぜひー。


↑このページのトップヘ