とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

2018年11月

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン最終日。来た時と同じように格安のシャトルバスで空港へ向かいます。
ヤンゴン空港から市内までシャトルバスで格安移動!
http://tomosensei.net/archives/1072856203.html
BlogPaint
↑スーレー・パゴダから空港へ向かうバスは5分おきに発車らしいのですが、とも先生が利用した時はだいたい15分間隔の感じでした。

BlogPaint
↑車内でバス運賃(500チャット=約35円)を払い席へ座ります。空港から来た時と同じく車内はガラガラ…大丈夫なのかこれ?!

(ヤンゴン市内から空港へ)


スーレー・パゴダ(Sule Pagoda)

ヤンゴン中央駅(Yangon Central Railway Station)

タマダ・シネマ(Thamada Cinema)

パークロイヤルホテル・ヤンゴン(Parkroyal Hotel Yangon)

ヤンゴン動物園(Zoological Garden)

シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda)

シュエゴンディン(Shwe Gone Dine)

エクセル・ホテル(Excel Hotel)

メリアホテル・ヤンゴン(Melia Hotel Yangon)

ミャンマー・プラザ(Myanmar Plaza)

セドナホテル・ヤンゴン(Sedona Hotel Yangon)

カバルアイェ・パゴダ(Kabar Aye Pagoda)

ナワディ・シネマ(Nawaday Cinema)

ヤンゴンホテル(Yangon Hotel)

8マイル・ジャンクション(8 Mile Junction)

ヤンゴン国際空港(Yangon Int’l Airport)


↑実際の運行ルートはこんな感じ。

バス停ではない場所で人の乗降があったり、バス停に人がいない時などは通過していました。始発のスーレー・パゴダから乗る場合は問題ありませんが、途中のバス停から乗る場合は注意が必要かもね。

BlogPaint
↑スーレー・パゴダを15:00に出発して空港へ着いたのが15:50。行きとほぼ同じ所要時間でした。

バスを降りた向かいの建物が国際線出発口なのですっごく便利だよ。

BlogPaint
↑ヤンゴン空港初めてのとも先生は完全なおのぼりさんw 空港内にチャット建てで買い物ができるコンビニスタイルのお店があってこれはうれしい!お値段も市内とほとんど同じじゃないかな?

BlogPaint
↑古いコロニアル建築も好きだけど、新しい建物も気持ちがいいね。

BlogPaint
↑搭乗口。それではバンコクへ戻りまーす。



こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン3日目の最終日は、バンコクへ戻るフライトが夕方なので午前観光の後にミャンマーカレーランチを堪能。
ギャラリーレストラン「パンスリヤ/Pansuriya」
http://tomosensei.net/archives/1072916925.html
その後再びお散歩しながらコロニアル建築を愛でていたのですが、外は暑いしちょっとビールでも♡というわけでやって来たのは「ラングーン・ティーハウス/Rangoon Tea House」です。
BlogPaint
↑古いコロニアル建築を利用したお店はスーレー・パゴダそば、Pansodan Rd沿いにあります。

BlogPaint
↑メニューは写真無しですが、英語表記で料理の説明も書いてあるのでわかりやすいよ。

ランチタイムの過ぎた午後にお邪魔しましたが店内みっちみちの満席!なので店内写真ありません。

BlogPaint
↑まずは生ビール(大グラス)でカンパーイ☆ミャンマーのレストランはお冷やを出すのがデフォなのかな?

BlogPaint
↑よく考えたらミャンマーの有名な麺料理を食べていないことに気付いたとも先生は、さっきランチしたばかりなのに「モヒンガー」を注文。

だってまだ食べていなかったんだもの、仕方ないじゃんね。

BlogPaint
↑これはナマズのダシでとったスープに米麺や揚げ物、練り物を合わせていただくミャンマー(ビルマ)料理。このお店のモヒンガーは、ナマズを含めた計4種類の魚でダシをとっているという豪華版。

スープの中に麺やおかずを入れていただきますが、ほわんと優しい味でとも先生は大好きになりました♡

BlogPaint
↑さっきランチしたばかりなのにデザートまで食べちゃうよ。これはローズウォーターのゼリーにミルクやアイスクリームを合わせたパフェのようなデザート。ただ、これはちょっと…というレベルで甘さが控え目すぎてイマイチかなw

写真のお料理でお会計(だいたい13,000チャット=約920円)

店内はエアコンがきっちり効いているので外国人観光客だけでなく地元の人にも大人気!立地も良いので観光の合間のランチやお茶休憩にいいと思うよ!ただすっごい混んでる!


店名: ラングーン・ティーハウス/Rangoon Tea House
場所: Ground Floor, 77-79 Pansodan Rd (Lower Middle Block), Yangon
電話: +95 9 979 078681
営業: 7:00-22:00(日-木),7:00-24:00(金土)
FB: https://web.facebook.com/RangoonTeaHouse/

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン3日目、旧ビルマ政庁の内部見学ツアーのあまりのステキさに感激したとも先生は、喜びの放心状態のままランチへ。
旧ビルマ政庁内部見学ツアーは必見!ぜひヤンゴン市内観光に組み込んで!
http://tomosensei.net/archives/1072916906.html
古いコロニアル建築を利用したギャラリー&レストラン「パンスリヤ/Pansuriya」へ行ってきました。
BlogPaint
↑お店のあるBogalay Zay通りは落ち着いた静かな環境。

BlogPaint
↑店内入口そばには古い写真やアンティークなどが展示されています。

BlogPaint
↑店内は広めの造りながらテーブルがゆったりと配置されているので思わず長居しちゃいそう。壁にはアート作品も展示されているよ。

BlogPaint
↑メニューに写真はないけど、英語で料理の材料や調理法が書いてあるのでどんなものか想像しやすいよ。

BlogPaint
↑外が暑かったから喉がカラカラ…まずはレモンジュースをいただきます。お冷やがついてくるの地味にうれしい☆

BlogPaint
↑ここパンスリヤはカレー料理が評判だということで、とも先生はミャンマー風ビーフカレーセットを注文。野菜のおかずもたっぷりでスープまで付いてボリューム満点!お肉はホロホロに柔らかくてとっても美味しかったよ!

BlogPaint
↑野菜のおかずがとっても美味しかったのでナスのサラダを追加注文。これもまあお酒に良く合いそうなさっぱり系イケナイお味でスルンと完食。

写真の食事でお会計(だいたい13,000チャット=約920円)

ちょうどランチタイムちょい前の時間に行きましたが、もうお客さんが入れ替わり立ち替わりで混んで混んでえらいこっちゃ状態💦

外国人にも人気のレストランのようで、欧米人やヤンゴン在住と思しき日本人会社員グループもランチしに来ていましたよー☆


店名: パンスリヤ/Pansuriya
場所: 100 Bogalay Zay St, Yangon
電話: +95 9 778 949170
営業: 8:00-22:00

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン3日目、旅行最終日ですがバンコクへ戻るフライトが夕方なのでそれまでみっちり観光するよ。
BlogPaint
↑やって来たのはヤンゴン市内中心部にある旧ビルマ政庁/Secretariat Office。

イギリス植民地時代の1889年に着工し1905年に完成したヴィクトリア様式の歴史的建造物は、東南アジア各地に残るイギリス植民地時代のコロニアル建築の中で「最高傑作」とも言われています。

BlogPaint
↑申し込んだツアー開始までまだ時間があったので建物の北側を通りから見学。

現在絶賛改装工事中で、2020年に複合大型文化施設としてオープンするそうです。

BlogPaint
↑長年放置されていたこの朽ち果てっぷりがたまらない♡でも順にどんどん改装されて壁も塗り直されているから、廃墟好きはとにかく急いでヤンゴンへ行ってね!

BlogPaint
↑ツアー開始時間が近くなったので、この門から中へ入って右側の建物で待機します。

今回とも先生が申し込んだツアーは「Secretariat Renovation Tour」という、ガイドさんと一緒に改装工事中の旧ビルマ政庁内部を見学できるツアー。土曜日朝9:30のツアーに参加します。

申し込み方法などの詳細はこの記事の一番最後に書いてあるから最後まで読んでね☆


↑ツアー集合場所はここ。

BlogPaint
↑キョロキョロしているとすぐに係の人がやって来て対応してくれます。まずは予約時の名前を確認した後、ツアー誓約書にサインを。

BlogPaint
↑若い男の子のガイドの後に付いて南棟の建物の中へ入ります。なんだか興奮してきたよー!

BlogPaint
↑うおおおおおおおおおおお!なんじゃこれはー!!ステキすぎておしっこ漏らしそう!!!

建物中央部の高い吹き抜けが二重らせん構造の階段になっていて、これがもうコロニアル好きには涙がでちゃうステキレベル!

BlogPaint
↑この吹き抜けはまだ改装工事の手が入っていないようで、とにかくもうため息しか出ないステキ空間。

BlogPaint
↑ツアーの最初からいきなりすごいもんを見せられたとも先生は、なんだかもう夢見心地で外の中庭へ。

中庭はすでにかなりの部分が美しく整備されています。

BlogPaint
↑中庭の中央に建つのは、ここで暗殺されたアウンサン将軍と6人の閣僚たちの慰霊碑。

BlogPaint
↑慰霊碑そばにあるこちらの建物は旧ビルマ議会棟。ここでツアー代金の支払いや説明があるとのこと。

BlogPaint
↑ここで若い男の子から若い女の子のガイドさんにチェンジし、まずはツアー代金(9,000チャット=約630円)を払いチケットをもらいます。

BlogPaint
↑ここは旧ビルマ議会。ガイドさんがタブレットの写真資料などを使って分かりやすく説明してくれます。とも先生は写真撮るのに夢中になっちゃったけどw

BlogPaint
↑議会棟に残されていた瓦。フランスのマルセイユで作られたものなのか、マルセイユから運ばれたものなのかはわかりませんが、とにかくエスプリな瓦。

BlogPaint
↑議会棟見学の後は、ヘルメットを着用して日傘を借りて西棟の建物へ入ります。

BlogPaint
↑西棟の吹き抜けもこれまたステキじゃーん♡黒い階段も含めて、補強工事はするけどなるべくこのままの形で利用していくんだって。

BlogPaint
↑工事は日々着々と進んでいるので、昔の朽ち果てた姿を見たい人はとにかく急いでヤンゴンへ!そして急いでツアーに参加して!

BlogPaint
↑この床のタイルもステキー♡このまま残して欲しいな。

BlogPaint
↑ガイドさんの後を付いて歩くツアーなので建物内を好き勝手に動くことができないのが残念。工事中だからね、仕方ないよね。

BlogPaint
↑これは…当時の洗面台?!水場であることには間違い無さそうだけど、コリドール(回廊)にあるの珍しくない?

BlogPaint
↑そしてまた南棟の吹き抜けに戻ってきました。ここさー、とも先生めちゃくちゃ気に入っちゃったよ。また来たいよここ。

BlogPaint
↑最上階から下を見るとこんな感じ。

BlogPaint
↑最上階から臨む中庭、高いところから見るとめちゃくちゃ広いね!と思ったら、ここ建物だけで東京ドーム1.4個分の広さがあるとのこと。

BlogPaint
↑やべえこの吹き抜けの二重らせん階段に惚れちゃった…フレームは全部イギリスから船で運んだんだって♡

BlogPaint
↑この女性の彫刻はエリザベス女王なんだって♡ああもういちいちため息がでちゃう♡

BlogPaint
↑最後に軽くコリドールをお散歩してツアーは終了。

ツアー時間は1時間の設定ですが、今回とも先生が参加した時は参加者が2名だけだったということもあってか45分ほどで終了。でも満喫しましたっ!

訪れる度にその姿を変えていく旧ビルマ政庁。みなさんもツアーに参加してその目で確かめてみてください!ヤンゴン市内の観光スポットとしてぜひおすすめします!

【英語ガイドツアー催行日時】
月曜日-金曜日/9:30, 11:30, 13:30, 15:30の1日4回
土曜日/9:30のみ
日曜日/お休み

【参加代金】
9,000チャット/人

【申し込み&問い合わせ】
Asia Tours Myanmar
9:00-17:00
09-427273018, 01-8398420
info@asiatoursmyanmar.com
https://web.facebook.com/asiatoursmm/
*ツアー参加前日までに予約が必要

↑名前と参加人数、ツアー参加希望日時を伝えるだけで簡単に申し込みができます。とも先生はFacebookメッセンジャーから簡単な英文で予約申し込みをして、数時間後には予約確認のメッセージが届きましたよ。




こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン2日目、コロニアル市内観光やシュエダゴン・パゴダ観光で丸一日動き回ってけっこうヘロヘロなとも先生。気付いたら夜も21:00を過ぎていて…夕飯どうしよう…冷たいビールも飲みたい。
お寺系に興味がなくても一度はぜひ!のシュエダゴン・パゴダ
http://tomosensei.net/archives/1072916880.html
ヤンゴンって市内中心部でも外国人観光客がパッと入れるようなお店が少ないような気がするんだけど、その中で地元の人でにぎわうビアホールみたいなお店があったので晩酌&ご飯してきました。
BlogPaint
↑お店はマーチャント通り沿いにあります。周囲よりネオンが派手目なのですぐにわかるよ。

BlogPaint
↑店内はオープンエアで4人掛けテーブルがみちみち。とも先生が入店した日曜夜21:00頃は地元のお客さんで満席!写真は22:00過ぎのもの。

BlogPaint
↑メニューは英語表記有りの一部写真付きなので注文は比較的簡単だと思うよ。酒のアテ系がけっこうあってうれしいw

BlogPaint
↑まずはミャンマーの生ビールで乾杯☆軽くて飲みやすい。

BlogPaint
↑とも先生が注文した揚げ豚ご飯。ご飯は白いご飯かと思ったら、豆や青菜の入ったバターピラフ!とっても美味しいんだけど油っこいw

BlogPaint
↑メニューに餃子があったのでこれも注文したら、やって来たのはなんと揚げワンタン!これもビールのアテにはいいんだけど油っこいw

生ビール2杯に料理2品でお会計(10,000チャット=約710円)

宿周辺にあまり夜遅くまでやっているレストランが見つからなかったので、夜ちょっと飲みたい時などにここは重宝しました。ヤンゴン市内に同名の同じ看板のお店をいくつか見つけたので、チェーン店なのかもしれないね。


店名: Lion World Restaurant
場所: Merchant Rd, Yangon
電話: 未確認
営業: 10:00-23:00

↑このページのトップヘ