とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

2018年03月

こんにちは、とも先生です。

友人親子と3人でふらりやってきた週末カオサンお泊まり旅。

夕食の前に近所のベーカリーカフェでお茶したんですが、実はこのお店も今回のカオサン1泊旅行の目的だったんです。

実はこのカオサンに日本人が経営しているパン屋さんがあって、なんとトリップアドバイザーのベーカリー部門でバンコク1位(2018年3月現在)というすごいお店!PAULより上なんだぜ?
トリップアドバイザー・バンコクのベストベーカリー
https://www.tripadvisor.jp/Restaurants-g293916-zfg9901-Bangkok.html
というわけで、以前から気になっていた「コンニチパン・ベーカリー/Konnichipan Bakery」へ行ってきました。デニッシュが美味しかったよー!
BlogPaint
↑お店はバス通り沿いにありますが…街並に溶け込んでいてどこかわかんねえww

BlogPaint
↑ああここですここです。目立たないから通り過ぎちゃうかもしれないよ。

BlogPaint
↑でも店先には看板が出ているし、テラス席が1テーブルだけあって欧米人客がひっきりなしに座っているからすぐに分かるとは思う。

BlogPaint
↑店内。お客さんがいなくなった時を見計らってパチリ。午後遅い時間に行きましたがお客さんが切れ目なく来るの。人気店だねー。

BlogPaint
↑美味しそうなパンはひとつ30-40バーツくらいの価格帯。テーブルブレッドから惣菜パン、ケーキや焼き菓子などもあってバラエティ豊か。

BlogPaint
↑席数は多くありませんがイートインもできます。アイスカプチーノ(40バーツ=約140円)

BlogPaint
アスパラガスベーコンクリームチーズデニッシュ(35バーツ=約120円)はサクサクのデニッシュと食べ応えのある具材で軽めの食事にピッタリ。アプリコットタルト(46バーツ=約160円)はかなり本格的なお味でホールで買って持ち帰りたいレベルの美味しさ!

BlogPaint
↑他にも美味しそうなパンがたくさんあったので、お土産用にいろいろ8個買い込み(268バーツ=約910円)

クロワッサンやデニッシュ系のパンはサクサクで軽くてとっても美味しかったんだけど、バゲット系など他のパンは…まあ…普通かな…。

でも、デニッシュ系の惣菜パンやお菓子パンはわざわざカオサンまで買いに来てもいい!と思えるお味でした。カオサンへお越しの際はぜひー☆


店名: コンニチパン・ベーカリー/Konnichipan Bakery
場所: Chakrabongse Rd, Khwaeng Talat Yot, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200
電話: 02-6293270
営業: 7:30-20:00(毎週日曜日と毎月第一月曜日お休み)
FB: https://web.facebook.com/pages/Konnichipan-Bakery/211597668929709

こんにちは、とも先生です。

友人親子と3人でふらりやってきた週末のカオサン。バンコクに住んでいるのでバンコク市内でわざわざホテルに泊まる必要もないのですが、そこを敢えて1泊してみると急に心がのんびりして旅行者気分になれるんですよねw

今回は、友人Tちゃんが探してくれたリバーサイドのお宿「V Varee Bnagkok」に泊まってみました。決して高級なところではないけど、ゆっくりリラックスできる気持ちのよいホテルでしたよ。
BlogPaint
↑ホテルはバス通りから細い道を少し奥に入っていきます。そろそろ迷子になりそうかな?ってところで要所要所に看板が出ているので迷わずにたどり着けました。

BlogPaint
↑道の突き当たりに黄色い看板があるので、看板の下のこの細い路地をさらに入っていきます。

BlogPaint
↑あと少し!もう少し奥!w

BlogPaint
↑新築の民家のようなたたずまいですがここがホテルです。

BlogPaint
↑中へ入るとすぐにフロント。写真右奥の階段を上っていくと各客室へ。左側はリバーサイドのレストランバーがあります。

BlogPaint
↑とも先生が予約したのはバルコニー付きの3階のお部屋。部屋によって間取りがかなり異なるようなので要確認です。

BlogPaint
↑ベッドサイドには地味にうれしいユニバーサルコンセント。スマホを充電しながら枕元に置けるのって本当に便利だよ。

BlogPaint
↑お部屋はかなりコンパクトな造りですが、まだ新しいし明るいのでOK。エアコンもよく効きます。他に、冷蔵庫、セイフティボックス、テレビなどなど基本設備もバッチリ。

BlogPaint
↑湯沸かしポットとコーヒーお茶セット、冷蔵庫に入っているお水は無料。

BlogPaint
↑小さいけどかわいいバルコニー。

BlogPaint
↑バルコニーから身を乗り出すと川が見えます。落ちないでくださいね。

BlogPaint
↑バスルームもピカピカに新しくてとても清潔。ただ、このお部屋だけかもしれませんが、バスルームへのアクセスが「バルコニー経由」と少し特殊なんだよw

BlogPaint
↑翌日の朝食はリバーサイドのレストランで。

BlogPaint
↑朝だからまだそんなに暑くもなくて、川から吹くゆるい風が気持ちいいぞー!

BlogPaint
↑簡単なものからけっこうガッツリしたものまで、お腹の空き具合によっていろいろ選べます。

BlogPaint
↑とも先生はエッグ&チーズトーストとコーヒーの朝食セット(80バーツ=約270円)を。けっこうボリュームがあって朝から元気出たよー。

ホテルっていうかどちらかというと「築浅の民宿」って感じなんだけど、リラックスして過ごせたし、とにかくリバーサイドのレストランはおすすめですー。


名称: V Varee Bnagkok
場所: 22 Samsen Rd, Khwaeng Wat Sam Phraya, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200
電話: 02-0449909
FB: https://web.facebook.com/Vvareebkk/

VALU優待実行できるかな。

【海外のどこかで撮った記念写真に貴方のVALUアカウントをほんのり宣伝します】
DSC00525
第六弾は「北畠徹也@VALUコレクション数4桁」さん!
http://valu.is/kitahata

今回の撮影場所は、シンガポールの有名なマリーナベイサンズホテル!の40階のお部屋のテラスからの夜景とともに!キラキラすぎてどこだかわかりにくいかもしれませんがシンガポールです!

ほんのりブレててごめんなさい!

今後もよろしくお願いします。

こんにちは、とも先生です。

ちょいと前に友人親子と3人でカオサンへ行ってきました、しかもご飯食べにじゃなくてお泊まりしに。バンコクに住んでいるのにお泊まりしにw

カオサンていうと1990年代ですか、日本の大学生やらバックパッカーがみちみちの佃煮でにぎわっていた時代がありまして、安いゲストハウスに泊まってビール飲んでダラダラしながら次の目的地どこにしよっかー、ってな旅だったようです。

とも先生は20代のバックパック旅をほとんどインドネシアに捧げてきたので、正直カオサンにはそこまで思い入れがないんですけどねw

でもカオサンには古い街並が残っているし静かで落ち着いたエリアもあるし美味しいお店もたくさんあるというので、週末を利用して行ってきましたー!
BlogPaint
↑カオサンまでは路線バスに揺られてのんびり向かいました。ここらへんかな?ってとこで勘で下車。

BlogPaint
↑ホテルへチェックインする前に少しお散歩。この建物は改装しているけどなかなか古そうだぞ。

BlogPaint
↑カオサンエリアにありながらどこかのんびりした雰囲気、川に近いからかな。

BlogPaint
↑昔ながらのショップハウスもまだまだ現役で残っています。

BlogPaint
↑PHRA SUMEN FORT?砦ってことかな?ちょいと見学ー。

BlogPaint
↑1783年に建てられた八角形のレンガ造りの砦だそうです。バンコクの中心部ではこういう建物見ないよね。

BlogPaint
↑砦の周辺は川沿いに公園があって、たくさんの人が思い思いに楽しんでいるよ。

BlogPaint
↑公園からホテルへ向かう途中の橋もなんかいい感じ。かなり古そう。

BlogPaint
↑夕飯はホテルのリバーサイドレストランで涼しい風を受けながら。

BlogPaint
↑バンコクでこんな贅沢ができるだなんて!いつものビールが何倍も美味しー!

BlogPaint
↑特に珍しくもないピザやサラダやイカフライがいつもよりとっても美味しく感じるのはリバーサイドマジック?

BlogPaint
↑食後はお散歩がてらカオサンの賑やかなストリートへ。びっくりするほど日本人がいないねー。もうバックパック的な旅をする人が少なくなっているのかな、それともカオサン以外のエリアに泊まるようになったのかな。

カオサンってあまり交通の便が良くないからほとんど来ることはないんだけど、1泊するとのんびり散策できて街の様子もゆっくり観察することができました。

バンコクに住みながら週末はバンコクを旅する、いいかも♡



こんにちは、とも先生です。

最近、なんとなく定期的に集まってみんなで巨大料理を食べる「大盛り会」みたいなイベントがあるのですが、今回もなんとなく行ってきました。
大皿巨大特盛りスペアリブ完食!
http://tomosensei.net/archives/1069451782.html
今回は、サパンクワイの「シールアン・ポーチャナー/Sri Lueang Pot Chana」で巨大カオマンガイ(チキンライス)に挑戦!前回はお肉だったけど今回は米だよ!
BlogPaint
↑BTSサパンクワイ駅でみんなと待ち合わせていざお店へ!

…あれ?お店がない?

BlogPaint
↑どうやら最近移転した模様。地図を頼りに再びお店探しの旅へ。

BlogPaint
↑ありました☆Saliratthawiphak RdとSutthisan Winitchai Rdのどちらからでも入店できます。写真はSutthisan Winitchai Rd側から見たお店。

BlogPaint
↑移転したばかりのようで店内未だけっこうな内装工事真っ盛り!でも満席!

BlogPaint
↑メニューはオンリータイ語なのでとも先生にはわかりません。

BlogPaint
↑ビールが飲みたい人は外で買って持ち込みましょう。

BlogPaint
↑お店はとにかく大賑わい。盛られたご飯とお肉がどんどん流れていきます。

BlogPaint
↑今回の挑戦、3kgカオマンガイ(550バーツ=約1,870円)!写真のスプーンとフォークからその大きさが伝わりますか?デカい!

BlogPaint
↑友人にお皿を持ってもらいました、デカい!

お肉が1kg、ご飯が2kgだそうです。

BlogPaint
↑みんなで大皿をつつきあうのもアレなので、小皿によそって上品にいただきますw

カオマンガイ自体はとても美味しい!お肉ふっくら柔らかで、ご飯もモチモチでいいお米使っているなって感じ。

BlogPaint
↑タレは2種類、他に瓜のスープもあるのでお口直しや味変にどうぞ。

BlogPaint
↑そして完食!6人(男3、女3)で3kgだから、まあ楽勝といえば楽勝なのかな。

隣りのテーブルで同じものを食べていた若い男子二人組は、お肉だけ食べてご飯はほとんど残していました。男子とはいえさすがに二人じゃキツいよねえ。

6人以上いれば完食できると思います、ぜひー!


店名: シールアン・ポーチャナー(Sri Lueang Pot Chana)
場所: Saliratthawiphak RdとSutthisan Winitchai Rdに挟まれた感じ、どちらの通りからも入店可能。BTSサパンクワイ駅から約600m、徒歩8-10分。
電話: 086-326-8586
営業: 10:00-19:00〜20:00らへん
FB: https://web.facebook.com/sri.yellow.m

↑このページのトップヘ