とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

2016年10月

こんにちは、とも先生です。

9月の話しですが、友人たちとホアヒン週末1泊旅行へ。実は以前から友人たちから「ホアヒンにワインもハムもチーズも料理も安くてウマい店があるんだ!」と何回も聞かされていて、もう行きたくて行きたくてしょうがないお店があったんです。

それがここ「オールイン・ホアヒン/ALL IN HUA HIN」。オシャレなお店ではありませんが、本当に安くて気持の良いお店でした♪だらだら呑むのに最適w

BlogPaint
↑お店は静かなサラソン通りにあります。ベルギーの方が経営されている、2003年オープンのデリカテッセン併設ビストロ。

BlogPaint
↑店内は二面がオープンエアになっているので、街中にあるのに風通しがとても良くてそれだけでウトウトしちゃいそうw ほかのお客さんがいなくなったすきに撮った写真ですが、実際は入れ替わり立ち替わりお客さんが入っていました。

BlogPaint
↑ビールの種類も豊富〜!でもあまりに豊富すぎて何がなんだかわからじw

BlogPaint
↑とりあえず自分の好き勝手にビールを注文して午前中から乾杯〜♪ 休日の昼間のお酒って最高w

BlogPaint
↑とりあえず酒のアテにハムを100g切ってもらう。皮付きのハムで、皮部分のコリコリした食感がアクセントになって美味しい♪

BlogPaint
↑これはミックスサラダだったかな? ソースで和えたポテトなど意外と手間のかかっている美味しいサラダ。

BlogPaint
↑そしてすぐさまワイン祭りに移行。2リットルボトルを注文したのですが、途中で温くなってしまうということで、ボトルは冷蔵庫に入れてカラフェで少しずつ持ってきてもらいました。

BlogPaint
↑そろそろハム&チーズを頼みましょう。ハムやサラミ等は注文してからスライサーで切ってくれるのでいつもフレッシュ!

BlogPaint
↑サラミ、生ハム、チーズ2種の合計400g強のおつまみプレートで500バーツ。なんだか盆暮れ正月が一度にやって来た気分ww もちろんお味も申し分無しでワインが進みまくり。

BlogPaint
↑口を少しサッパリさせるためにギリシャ風サラダを。サラダ類にはかならずパンが付いてくるのですが、このパンが侮れぬほど美味しい!ちゃんとお店で焼いているそうです。

BlogPaint
↑こちらはポークチョップ。骨付きの厚切りハムにザワークラウトとマッシュドポテトが付いてボリューム満点!ワインが止まらない!

BlogPaint
↑こちらはカマンベールチーズのフライ。大ぶりなチーズにかなり厚めの衣をつけて揚げているので芯までトロトロじゃなかったのが残念だけど、この時点ですでにベロベロだったので美味しくいただきました♪ 添えられたオニオンソースとの相性もバッチリ。

写真のお料理に、ビールを各2杯ずつ、ワイン計3.5リットルを飲み干して、3人でお会計が3,000バーツでした。バンコクにもこのような類いのお店はありますが、ここは何と言ってもお値段が安い! これからホアヒン旅行の際のマスト居酒屋になりそうです♪



オールイン・ホアヒン/ALL IN HUA HIN

032-530067
http://www.all-in-huahin.com/

こんにちは、とも先生です。

9月の話しですが、友人の運転する車で週末ホアヒン1泊旅行へ。友人が予約してくれた「チャバ・シャレー・ホテル/Chaba Chalet Hotel」は、ナイトマーケットにもビーチにも近いお手頃なホテルでした♪

BlogPaint
↑サラソン通りに建つオレンジ色のマンション風建物。色が色なので日中はすぐに見つかると思います。

BlogPaint
↑ただ看板がとっても小さいので、日没後にチェックインする場合は事前にホテルの場所をきちんと調べておいたほうがいいです。いえ、わかりやすい場所ですけどね、一応。

BlogPaint
↑ホテルのフロントは1階のレストランを通り抜けた奥にあります。

BlogPaint
↑スーペリアルーム室内。狭くもなく特に広くもないお部屋ですが、二面に窓があるので意外と明るかったです。ツインベッドのマットは少々柔らかめで、エアコンとテレビは標準装備ですが冷蔵庫はありません。あ、無料のミネラルウォーターはありました。

BlogPaint
↑バスルームは少々古いものの清潔でバスタブがあるのがポイント高し。シャワーのお湯は弱めだったのが残念ですが特に困るというレベルではありません。アメニティはたしか石けんのみ。

BlogPaint
↑朝食は1階のレストランでいただきます。開放的な造りで気持ちいい〜♪

BlogPaint
↑朝食は洋風タイ風など数種類から選べます。洋風朝食は、目玉焼き、ソーセージ、野菜、トースト、バター、ジャムにコーヒーとオレンジジュースといったオーソドックスな内容。普通に美味しくいただきました。

ナイトマーケットまで徒歩5分、ホアヒン駅まで徒歩5分、ビーチまで徒歩10分というかなり便利な立地なので、1泊3000円以下という値段を考えれば充分コスパの良いホテルだと思います♪



チャバ・シャレー・ホテル/Chaba Chalet Hotel
1/18 Srasong Road Hua Hin, Thailand
+66(32)521181
ホテル敷地内に駐車場有り

こんにちは、とも先生です。

9月の話しですが、友人の運転する車でホアヒンビーチへ1泊旅行してきました。バンコクから車で3〜4時間の距離なので、おやつ食べておしゃべりしているうちに着いちゃう気軽な週末トリップ♪

ところが…今回は朝からなぜかお腹の調子が思わしくなく、バンコクを出てサムットサコーンに入ったあたりから緊急事態発生…グルグルグル。

そこで友人にエマージェンシーストップを希望し連れて行ってもらったのが「ポルトチノ・ショッピングモール/Porto Chino Shopping Mall」。もう神様のような存在ですw

BlogPaint
↑ここ…ここか?ここにトイレはあるのか??カメラを持つ手もぶれぶれ。

BlogPaint
↑看板には、スターバックス、フジレストラン(日本食)、MK(タイスキ)、ワインコネクションなどのレストランのほか、24時間営業のスーパーマーケットも入っています。

BlogPaint
↑ポルトチノって言うことは「ポルトガル中国様式の建築」ってこと?敷地内はゆったりした造り。

BlogPaint
↑今回はトイレが目的だったのであまり内部は探検していないけど、フードコートもありそうな感じ。

バンコクからそう離れていないので立ち寄る人は少ないかもしれませんが、肝心のトイレはめちゃくちゃキレイで快適でした!


こんにちは、とも先生です。

先月、中国東方航空という中国の航空会社を利用したのですが、運悪く台風が上海を直撃しフライトキャンセル&乗り継ぎ地の上海で1泊という事態に…。

航空会社から一晩提供された「Water Atrium Resort/水庭酒店」は、空港そばのなかなかキレイなホテルでした。

BlogPaint
上海浦東空港から車で10〜15分。こじんまりとしたトランジットホテルですが、フロントの方はとても親切で英語も通じました。

BlogPaint
↑お部屋はふかふかカーペット敷きでそこそこ広め。ベッドも硬すぎず柔らかすぎずで良い寝心地でした。写真には写っていませんが、ほかにテレビ、エアコン、湯沸かしポット、お茶セット、無料のミネラルウォーターが標準装備。冷蔵庫と室内金庫はありません。

BlogPaint
↑トイレバスルームも清潔で、シャワーはお湯がドバドバ出ました。アメニティはシャンプーと石けん。

BlogPaint
↑朝食は朝6:30〜9:30まで。殺風景な場所にソファがドカンと置いてあります。

BlogPaint
↑朝食はブッフェスタイルでそこそこ種類はありましたが完全中華仕様で洋食の類いは一切無し。ただ、トマトとキュウリだけとはいえ生野菜があったのはうれしかった。飲み物はお茶と豆乳のみ。

今回はフライトキャンセルで仕方なく泊まりましたが、今後トランジットで上海に1泊する時にはまた利用してもいいかな、という感じのホテルです。



Water Atrium Resort/水庭酒店
(+86)21-38930000

こんにちは、とも先生です。

先月、飛行機の乗り継ぎで上海浦東空港を利用したのですが、乗り継ぎ時でも時間があればインターネットやメールチェックをしたいですよね。思っていたよりも簡単に上海浦東空港内でWifiインターネット接続ができたのでごくごくさらっとまとめます。
BlogPaint
↑空港内にはこのようなインフォメーション・キオスク(Information Kiosk)の端末がいくつかあり、空港の各種情報を探すほかにWifiインターネットチケットの発行もできます。

BlogPaint
↑画面右上の赤丸部分、ピンクのWifiマークをタッチするとチケット発行手続き画面に進めます。手続き途中の画面は撮影していませんが、英語で簡単にできたので心配ないと思います。

BlogPaint
↑手続きを進めて行くと「中国の身分証かパスポートをスキャンしてください」と指示されます。試しに写真左下赤丸の読み取り部分に日本のパスポートをスキャンさせてみたところ…写真真ん中の紫丸部分からチケットが出てきましたw

*今思えばパスポートの情報をスキャンさせるのは迂闊だったかも。ご自身の判断でお願いします。

BlogPaint
↑出てきたチケットがこれ。ユーザーネームとパスワードが書いてあります。

Screenshot_20161021-214559
↑それでは実際に接続を。自分のスマホをWifiにつなげようとするとこんな画面になります。自分のスマホにSMSで接続コードを送って入力するため中国SIMのスマホでないと接続できなさそうですが、画面右下の「Login via Wi-Fi」をクリックすると…

Screenshot_20161021-214541
↑ユーザーネームとパスワードを入力する画面に切り替わるので、先ほど入手したチケットに書いてあるユーザーネームとパスワードを入力するとすぐにインターネットが利用可能になりました。

Screenshot_20161021-214547
↑ちなみにWifiインターネットチケットを入手できる場所は空港内に6カ所。

<Wifiインターネットチケット入手場所>
1) ターミナル1 国内線搭乗ゲート8/9
2) ターミナル1 国際線搭乗ゲート19/20
3) ターミナル1 搭乗ホール国際線インフォメーションカウンター(有人)
4) ターミナル2 国内線搭乗ゲートC58
5) ターミナル2 国際線搭乗ゲートD75
6) ターミナル2 搭乗ホール国際線インフォメーションカウンター(有人)


端末操作が苦手だという方は、(3)(4)の有人カウンターでチケットをもらいましょう。ただ、端末から発行したチケットは接続時間に制限がありませんでしたが、有人カウンターでもらったチケットは2時間という利用制限があるようです(空港で知り合った人から聞いた話し)。

インターネットの接続スピードは不安定で全体的に遅めでしたが、まあメールチェックはできるし調べ物もできたのでつながるだけ感謝w

↑このページのトップヘ